スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

平成が終わる前にコナンの映画をイッキ見した


平成が終わることも令和が始まることも全く関係ありませんけどねw

風邪ひいて暇なので、最近またhuluで配信が始まったコナン映画を色々見てます。
コナン面白いですよねー!子供の頃から大好きな作品です。
映画もよく連れてってもらってました。

で、観てたら感想を書きたくなったので、今回はそんな感じの内容です。
風邪による語彙力の低下で(嘘)、あらすじとか上手く書けないので、観たことない人にはピンと来ないと思いますがw懐かしくなった方はぜひhuluで!

※ネタバレがあるかもしれない。さすがに犯人の名前は書いてませんがw
※最新作(紺青の拳)は一切書いてないのでご安心ください!まず観てない。




【時計仕掛けの摩天楼】
記念すべき第1作目。連続爆破モノ。
最近のコナンは別に爆弾じゃなくてもいいけど、とりあえず爆破させとくか的なところがありますが、この作品はちゃんと犯人にとって「爆破しないといけない」理由がかなりぶっとんでますがあるので緊迫感が増します。
コナン(新一)と爆弾犯とのやり取りも当時はハラハラしながら観てました。
ただ犯人はすぐ分かりますw一応ミスリードはありますが、TV版や他の劇場版を見たことある方(大半の人)はもうコイツしかいないじゃんって思われるかとw
でも見所は多分そこじゃない。あと、ラストで蘭がある色を選んだ理由が超絶可愛い



【14番目のターゲット】
2作目は連続殺人モノ。
トランプの数字の順に小五郎の身近な人が襲われて被害者が増えていく。
事件が起こるテンポの良さと身近な人が狙われるという不気味感が最高。(ただし後半はほぼ無関係。そこで初めて会った人とかもいたりするw)でも何らかのモチーフに準えた事件ってワクワクしますよね。
どうでもいいけど私が一番好きな作品です。そして動機のぶっ飛び具合も恐らく一番。ただ私はこの犯人でら好きなんですよねw犯人として完璧なくらい狂ってるのでw
あと、小五郎が刑事を辞めた理由が分かるのもこの話。
そしてその小五郎がめちゃくちゃかっこいい。
この映画がきっかけで一番好きなキャラになりましたw
クライマックスで流れる「キミがいれば」の演出は完璧すぎて鳥肌。うつむくーその背中にーがかかるタイミング完璧。最高。


【世紀末の魔術師】
映画にキッド初登場です多分。
ロマノフ王朝の財宝を狙うキッドと登場人物たち。
歴史ミステリ的雰囲気が最高。歴史ミステリ大好きw
個人的に、キッドが出てきたら「誰がキッドなのか」「どうやって盗むのか」がメインになって事件がおろそかになりがちなのであんまり楽しめないんですが、ぶっちゃけ怪盗モノはルパンの方が好き、今回は割かしちゃんとミステリーしてて「誰が犯人なのか」もきちんと推理できるので2重で美味しい作品でしたw
ただラストが鳩wちょww鳩www


【瞳の中の暗殺者】
次々と狙われる警察関係者、そして蘭が記憶喪失に!?という最初からスリリングな展開。
記憶喪失になった蘭も命を狙われて緊迫感が凄い。
あと警察の偉い人がたくさん出てくる分、警察の闇みたいなところも描かれるので全体的に暗めというか重めな作品なのですが推理モノの雰囲気が色濃く、3番目くらいに大好きな話です。
ストーリーが推理8割、キャラ2割くらいで、全作品中最もバランスの良い作品なのではないかと。
というか、私がこれくらいの比率が好きなだけ。
クライマックスで記憶を取り戻した時の蘭がめちゃくちゃかっこいい。
蘭ねえちゃんが覚醒したらもう犯人が雑魚になるw


【天国へのカウントダウン】
タイトルがかっこいいシリーズ。
少年探偵団が大活躍します。
歩美ちゃんの特技が可愛いだけじゃなく、ちゃんと伏線になってるのがすごい。
黒の組織も絡みます。コイツら映画になるとやることが更にすげえなw
そしてラストが普通にかっこいい。洋画みたい。
個人的なこの作品の魅力は、全てを割り切ったいつもの灰原さんではなく、1人の人としての灰原さんの素顔が垣間見えるところ。


【ベイカー街の亡霊】
VRを先取りした作品。これプロの推理作家が脚本書いたんだっけ?
ゲームの中の仮装現実と実際の現実の事件が絡み合うストーリー、そしてゲームの舞台が18世紀のロンドン(シャーロック・ホームズ!)と、もう世界観だけでワクワクが止まらない。
ゲームの中での事件の展開は本当に冒険しているみたいで面白いです。
真相解明はちょっと不親切でしたけどねw
蘭の行ったコナンの救い方が潔すぎだしカッコよすぎ。これも3番目くらいに好きな作品ですw


【迷宮の十字路】
主人公は服部です。めちゃくちゃ可愛いですw
これで服部が大好きなキャラになったw小五郎の次にw
ストーリーは義経記に絡んだ連続殺人、舞台が京都ということで、私の大好きな歴史ミステリ感もアリ。
服部が小さい頃に見かけた初恋の女の子が歌っていた歌が事件を解決する手がかりになっていたり、そこから初恋の女の子の正体が明らかになったりと、推理モノとキャラ(ラブコメ)モノのバランスも丁度よくて、2番目に好きな作品です。そして犯人の動機がガチでしょうもな(ry
関係ないけど、クライマックスで流れる「キミがいれば」の和風っぽいアレンジ好きですw


【銀翼の奇術師】
飛行機のヤツ(何も伝わらないw)
タイトルの通りキッドが飛行機でどーのこーのする話。
ただ、事件自体は正直しょぼいですw
劇団員と一緒に乗った飛行機で起こった事件をいつもの要領で解決するだけキッドの狙う宝は事件となんの関係もないし、殺人事件もササッと解決して
クライマックスの30分くらいずーっと飛行機の操縦してます。
正直飽きます。
ただキッドがラストで良い仕事するので、それが見どころかな・・・キッドじゃなきゃ出来ない手法でコナン達を助けるのはかっこよかった。


【水平線上の陰謀】
海上の豪華客船で起こる殺人事件という舞台設定は完璧。
まさかのコナンより先に犯人を当てるという、小五郎が珍しく大活躍する話。
起きてても犯人を当てられた理由に小五郎特有のダサさと切なさとかっこよさの全てを感じて、更に小五郎が好きになりましたw
ただ、クライマックスで蘭がピンチに陥る定番の場面への持っていき方が残念すぎる。
いつもなら蘭は理不尽な理由で巻き込まれてしまうのですが、今作は自らピンチに突っ込んでいくという・・・
ぶっちゃけあのまま逃げてたら助けられるまでもなく普通に助かってたじゃんそれもう自業自得じゃんって言いたくなるような持っていき方だったのが残念。


【探偵たちの鎮魂歌】
探偵の大サービス。
コナン、小五郎、服部、白馬にキッドと、探偵たち(+怪盗)がメインで進むストーリー。
こんなメンバーなのでミステリー要素の比重が大きく、規模も大きい(ようで、実際はコナン達が横浜をぐるぐる回ってるだけだったりもしますw)
レギュラーはほぼフルメンバー総出演なのでキャラメインで観ても面白い作品だと思います。
個人的にアクション要素のバランスはこれくらいがベストw
しかしこの犯人やることがすごい。しょぼい割にやることだけはすごい。
関係ないけど、映画で「キミがいれば」を流したのはこれが最後だったかな・・・最近のコナンこれ流さないからダメ


【紺碧の棺】
海底に眠る財宝を探す宝探しアドベンチャー!
みたいな雰囲気は良かった。
孤島、海、トレジャーハンターという世界観や舞台設定も良かった。
それ以上はもう何も言うまい。
あ、高木刑事の指紋のとり方がかっこよかったです。


【戦慄の楽譜】
ソプラノ歌手の女性が謎の人物に狙われる。
普通に観ても面白いのですが、音楽というかクラシック好きならより一層楽しめます。
ゲストヒロインのソプラノ歌手が珍しく感じが悪いのですが、実はツンデレだっただけというw超可愛いw
あと歌が良かったw
クライマックスの展開は結構好きです。
例によって爆弾が絡みますが、爆発させないために・・・ネタバレ自重

 
【漆黒の追跡者】
黒の組織絡み・・・
っていうか、どちらかと言うと大筋の事件+αで組織って感じ。
しかしこいつら映画になると本当に何でもしますねw
大詰めでアイツを誘き寄せるジンがでらかっこよかった。
あとはまぁ・・・ちゃんと名前があるキャラにタレント使うのはやめてほしいですwDAIGOさんちょっとキツいっすw

 
【天空の難破船】
誰も死なないコナン。
飛行機、キッド、ということで銀翼の奇術師と若干こんがらがるw
コナンとキッドが組めば最強。そんな感じです(またしても何も伝わらない)
新一とキッドの素顔が似てるのはお馴染みですが、それにしても蘭はすぐ気付いて欲しかったw

 
【沈黙の15分】
そんな理由でいちいち爆破するなよ
クライマックスは最初の15分で、その後は割かし地味なシーンが続きます。
あと2、3人死ねば面白くなったかもしれない。
わざわざ劇場版じゃなくてもよかった。TV版スペシャルでもよかった


【11人目のストライカー】
スタジアムが狙われる話だったか(曖昧)
ゲストキャラに本物のサッカー選手を使ってるんですが、それが本当に棒読みで、いや失礼ですけど、にしてもガチで棒読みで、それが忘れかけてた頃に何度もリフレインされるから、全然話入ってこない(自重


【絶海の探偵】
船で起こる殺人事件。水平線上の陰謀と若干かぶるw
なんとあのイージス艦が舞台です。海上自衛隊が実際に取材だかに協力したとか何とか。
イージス艦が舞台なのでさすがに爆破させられない爆破しないコナンとか久しぶりw
スパイが紛れ込んでいる、というストーリーもスリリングで前の2作に比べたら結構楽しめたんですけど、ぶっちゃけイージス艦すげーってのしか印象に残って無いw私は航空自衛隊の方が好き


【異次元の狙撃手】
なんか事件起きたっけ?
FBIとか出てくるアクションモノ。
私は「誰が犯人なんだろう」と考えながら見るのが好きなのですが、その視点から見ると「なんの犯人推理してんだっけ?」ってなるくらいアクションしかなかった気がする。
なんか事件起きたっけ?


【業火の向日葵】
キッドがゴッホのひまわりを狙う話。
そんなことで爆破するなよ
キッドらしくない行動が目立つが真相は・・・みたいな話なので、キッドが好きなら楽しめると思います。 私は怪盗モノはルパンの方がry
一番良かったのはポルノの主題歌です。
エンドロールでずーっとゴッホのひまわりの絵ばっか流すのでさすがになんなのwって思ったけど、よく考えてみたら今回爆破した舞台が完全に架空の建造物だから実写流せないわけかwなるほどw
(※エンドロールで舞台やモデルとなった場所の実写背景を流すのが定番)



 【純黒の悪夢】
なんか事件起きたっけ?
FBIとか出てくるアクションモノ。さっきも似たようなこと書いた気がww
最近人気のアムロやシャア赤井さんも出てくるので、その辺が好きなら楽しめると思います。
個人的に、FBIが出てくると私は楽しめないのですがそんなことよりガンダム最高
警視庁ならまだしもFBIって日本人的感覚だと規模が大きすぎるので、いくら何でもコナン(工藤新一でも)が関われる領域を超えてると思うんですよね。
コナンは一応ミステリーモノっていう前提があるので最低限のリアリティは残しといてほしいんですが、FBIの捜査にまで首突っ込み出したらもうそれが崩れるんですよw
語彙力ないので上手く書けないんですが、早い話があんまり面白くない。
 

【から紅の恋歌】
主人公は服部。
これは久々に好き!と思える作品でした。
服部の婚約者を名乗る、かるたがなんか超すごい(語彙力)女の子と対決する事になって燃える和葉が超可愛い。
一方で爆破事件も起こって服部とコナンが捜査に乗り出す。
ミステリー部分もわりとしっかり作られてて、推理とアクション、キャラ(ラブコメ)のバランスもよく楽しめました。
かるた大会はちはやふる既視感ありましたけどw
ラストの服部はめちゃくちゃカッコいいので、ぜひ見てください。
やっぱり京都が舞台の倉木麻衣は良い。


【ゼロの執行人】
さっきTVでやってましたねw
ちょうどこの記事を編集してる時に放送が始まったのでなかなかタイムリーでしたw

アムロさんが主役のアクションモノ。サイバーテロで公安や裁判がメインで進むのではっきり言って面白くない。
さっきも似たようなこと書きましたが、殺人事件ならまだしも最終的に宇宙規模のテロってもうコナンが関わるには規模が大きすぎるのでつまらない。
アムロさんが好きな人のための作品ですきっと。


 
後半あんまり好きな作品がなくて批評が多いですが、コナン作品は概ね楽しんで見るので、風邪が治ったら最新作も観にいきます。なんだかんだ言いつつ観るw
あらすじ見た感じだとあんまり面白くなさそう園子と京極さんがメインで出てくるみたいですね!
園子はコナン女キャラの中で一番好きだし、このカップルも好きなのでそこを楽しみにしてますw

 
ちなみに私は金田一派です。
Rくっそつまんなかったですけどねww
※20年くらい前は、月曜19時から金田一、その後コナンを放送してたんですよ懐かしー。

大谷吉継(アメリカ合衆国出身)というパワーワード



お久しぶりです!暑いですねー。
先日、会社に「気温が高くて熱中症になりそうなので、今日は休みます」と電話する夢を見ましたw 仕事行きました。
1週間くらい何も考えずに休みたい/(^^)\

さて、最近は全然無双やってないですが、真田丸をやりかけのまんま放置してるのでそろそろ再開しようかなぁと。
とは言えどこまで進めてたか全然覚えてなかったので、こういう時プレイ記って役に立つなとすごく実感しておりますw
前回のを読む限りだと佐助が出てきたところからですね、次の記事からプレイ記再開します。


それはさておき。
今日当ブログによく登場する三成好きの友人と遠出したんですけど、友人の車に乗せてもらうとBGMがだいたいアニメとかゲームとかのキャラソンなんですよ。
これで紅月の曲を聴いて、あんさんぶるスターズにハマりましたw あんスタって良い曲が多いですね。


それで今日かかってたのが戦国無双のキャラソンだったんですが、これ吉継も歌ってたのか。ビックリ。
アニメやってた頃に歌出してたみたいですね。今さら知ったw
いや三成のは歌が良かったしたけぽんなのでキャラソン持ってるんですけど、自分の場合こういうのは作品が好きでも歌自体が好みじゃなかったら聴かないので(三成のは完全にたけぽんで買いましたがw)全く存じ上げませんでした。

だもんで県道走ってる時に歌が流れて友人が「あ、これ吉継だよ!」と教えてくれたとき、ビックリしすぎて午後ティー吹きそうになりましたほんと危なかったw
2時間午後ティーの匂いが充満する車でドライブとか勘弁ですもんwそれに友人の車だし←
吉継のキャラソン聴いたことある方います?
私じっくり聴いてみて、だんだん歌よりも歌い方の癖なのかそっちの方が気になってきて、なんかこう、歌唱力よりむしろ語学力高そう。
なんていうんでしょう…こう…上手いですねっていうより、流暢な日本語ですねって感じなんですよw伝わります?←
(ここまでが前置き)


そういう流れで吉継のキャラソンの話になった時の会話を投下しますw

私「歌い方が語学力高そう」
友「まぁ吉継はアメリカ出身だからね」
私「?!」

ア…アメリカ出身??

友「確かサンフランシスコだったかな」
私「?!?」

アメリカ合衆国サンフランシスコ…??

友「帰国子女なんだよー吉継って。だから英語喋れるんじゃない?」
私「??!」

帰国子女…?
え…英語…しゃべれる…??

友「歌い方にそれが出てるんじゃない?」
私「………」

いや、大谷吉継は正真正銘、生粋の日本人だろ。

私「wwwwww」
友「え?何?何?なんで笑ってんの?」
私「大谷吉継(アメリカ合衆国サンフランシスコ出身)www」
友「え?そこ笑うとこ?むしろすごくない?」
私「吉継はwww日本人だろwww」
友「いや日本人だけど、アメリカ出身なんだって!」
私「そうじゃwwwなくてwww」

〜会話のズレを修正すること小一時間〜

友「wwwwww」
私「wwwwww」

この後サービスエリアまでずっと車内に笑いが充満しておりました。


要は友人は、吉継の中の人である日野聡さんがアメリカ出身らしいよーって教えてくれたんですけど、そこを“吉継が”アメリカ出身とか言うからもう「大谷吉継(アメリカ合衆国サンフランシスコ出身)」の破壊力が凄まじいwww

友「だってwあんた声優の名前言っても分かんないじゃんw」
私「でも吉継がアメリカ出身とか言われたらww」
友「日野聡が、って言っても分かんなかったでしょ?ww」
私「そうだけどwwそうだけどねwww」

しばらく引きずりそうです、これww



そんなことはさておき、日野聡さんお誕生日おめでとうございます。

【英国探偵ミステリア】ロンドン旅行帰りの勢いで乙女ゲームやった


しばらく更新サボってる間にロンドンに行ってきました。
ベイカーストリートのシャーロック・ホームズの家ちょう楽しかった!
そんなお土産話を当ブログでちょいちょい登場する三成好きの友人にハイテンションでしたら「あんたに紹介したいゲームがある」と押し付けられた貸してくれたのが
英国探偵ミステリアです。


その名の通り、英国の探偵たちと恋愛できるゲームだそうです。
いわゆる乙女ゲーム。私にとっては人生2度目の乙女ゲー。
(以前買わされた下天の華PSPは志半ばで売りました←)

一通りやってみて、なんか言いたいのでプレイ記です。
それなりに楽しめたしわざわざ最後までやったのでせめてブログネタにしたい←
そういうわけで興味のない方、ネタバレNGの方はスルーですよ。



※ ご注意 ※
当方、乙女ゲーム初心者です。
(あまりやって無いジャンルなので、ぶっちゃけ乙女ゲームが何なのか、鉄則みたいなものとか、なんか色々よく分かってません)

そんな私への友人のツッコミも交えつつ、それではどうぞ。



●あらすじ
18世紀イギリス、ロンドン。
良家のお嬢様エミリー(主人公)は、女王陛下の猫を見つけたことで「貴女、探偵の素質があるざます」的な流れで、探偵学校への入学を許可された。
そこでホームズの息子やワトソンの息子など、個性的なクラスメイトと共に日常ミステリー的な事件に挑む。
だいたいそんな感じ。


攻略キャラはホームズJr、ワトソンJr、ルパンJr、ジャック、明智健一郎の5人。
ホームズJrとワトソンJrは、あの有名なシャーロック・ホームズが元ネタですね。作中ではホームズやワトソンの息子さんとして彼らは登場します。ジャックは…イギリスでジャックと言ったらやっぱりジャックザリッパーじゃないかなと。
ルパンJrはアルセーヌ・ルパンの息子さんでしょうかね。
明智で探偵といえば明智小五郎が有名なので、元ネタは江戸川乱歩かな。

私「あれ?モーリス・ルブラン(ルパンの作家)ってフランスじゃない?」
友「それ言い出したら明智だってそうだよ、気にしないの」
私「でも英国探偵って…」
友「英国で縛ったらシャーロック・ホームズくらいしかないじゃん、だから色々登場させてるんだよきっと。気にしないの」
私「解せぬ」


英国探偵モノといえば、クリスティ女史のエルキュール・ポアロがいるじゃないか。
(ただしポアロはベルギー人←)

で、彼らにプラスして女の子の友達マープル、明智の相棒の小林くんのルートがサブみたいな感じであるらしい。
あと誰ともくっつかずに終わるやつも。
友「あんた最初にそれやりそうだね」
私「それな」




まず最初に誰から攻略するか決めよう。
流れでやったら誰ともくっつかずに終わりそうなので、ここは最初にきちんと決めときますw
見た目の好み的には、明智>ホームズ>ジャックワトソンルパン、みたいな感じ。銀髪いいよね!
なので明智狙いでいきます。
ちなみに友人は「やったら絶対ルパン>>>その他になるから!」だそうです。おk。


最初はハリントン学園への入学。
(入学に至る経緯はあらすじで書いたので省略)
執事ペンデルトンから探偵としての素質を試すとかで簡単なクイズ(ABCで筆跡が違うのは?とか、残った宝石の数は何個?とか)をさせられましたが、残念だったな、私こういうの得意やねん。どやぁ
探偵だし簡単なクイズ形式で謎を解いていく感じのゲームかな?いや乙女ゲームだよ

私「この執事攻略できんの?」
友「できん」
以上!



やり出して知ったんですが、これテキスト系なんですねw
選択肢を選んでいくやつ。
てっきり下天の華みたいに自分であっちこっち行って合間に仲良くなるやつかと思ってたw

さて、学校に入学。
しばらくホームズやらワトソンやらマープルちゃん(でらかわ)やらと事件追っかけたり青春したり何やかんやしてたんですが
狙ってる明智出てこねえ/(^o^)\

私「ん?なんかホームズの仲良し度ばっか上がるよ?」
友「明智にするならワトソンと交互に上げなきゃ、ホームズルート入るよ」
私「あ、なるほど」
そんなん言われたって、どっちが上がるとか選択肢を選んでみないと分からんがな/(^^)\


印象的には、ホームズは冷静な自信家、ワトソンは犬みたいな元気系、マープルちゃんはひたすら可愛い。可愛い。可愛い。
あと、ルーピンは学園ではドジっ子ですが、怪盗ルパンになると急に主人公を口説くチャラい人なります。
チャラい系ダメなので、友人の予言通りにはならなそうw

私「あれ?ルパンの声って虎さん?」※無双の高虎
友「そうだよ」
私「あー…私やっぱ合わん気がする」
友「まーそこは好みがあるからね。でもストーリーでら良いよ!」
私「チャラいと思ってたやつが主人公にだけ紳士になる、みたいな話?」
友「」


友人が黙したので、ルパンルートは恐らくそういう流れなんでしょう。
あいにくギャップ萌えは自分には無いのでハマらない予感。

それはさておき思ってた以上にジャックがいい感じです。
声の感じとか喋り方とか結構好みw
でも元ネタがあれだろうから話暗くなりそうだなー。


と、各キャラがなんとなーく分かってきたところで、ようやく今回の本命・明智さんが登場しましたw
が。

キャラがぜんぜん好みじゃねえ/(^o^)\
見た目はすごい好きなんですよ!
ただキャラが…なんていうの?敬語で丁寧系?自分に厳しいみたいな真面目な感じ。
ダメだエミリーちゃんはともかく、やってる私はこういう子とは1から10まで合わないんですよw
くっそww見た目好みなのにww


なので。
現状1番仲良し度が高かったホームズJrルートに変更です。
というか、たぶんここから明智さんを頑張ってもホームズルートに入ってたと思う。

というか、後から他のキャラやって知りましたが、学園入学〜みんなでピクニックまでは全キャラ共通のストーリーっぽいですね。


では、サクッと行きます。
ここから全員分書くのでw

友「下天の華は途中でやめたのに、今回は全員やるんだねw」
私「やるよ、Vitaはトロフィーあるもん」
友「え、そこ?」
私「トロフィー一覧に出るゲームは全部100%で揃えたい」
友「え?え、そこ?そんなこだわり?」





はい、ではサクッと書きます。
大いにネタバレしております!!



●ホームズJr
色々あってエミリーがルパンに拐われ、彼女を助け出すためにホームズがルパンとチェスで対決。
無事エミリーを助け出したホームズ。
それから裏でルパンと手を組んでいた黒幕(?)の…なんだっけ…名前…えーと……ムスカ大佐みたいな…絶対違うなこれ。ま、いいや仮にムスカ大佐とします。
ムスカ大佐(仮)に連れ去られたワトソンを助けに来たホームズとエミリーちゃん。
こちらも無事彼を取り返すことができ、一件落着。
しかし…裏で糸を引く本当の黒幕がいそう(絶対モリアーティだろ、ホームズときたら大抵そう)

ホームズJrは名探偵パパホームズと比べられることが嫌で、それで自信家な態度をとっていたのが、エミリーたちと打ち解けていくことで徐々に変わっていく過程がね…良かったと思います(語彙力)
あくまで学園モノという感じでラストは屋上で告白とかキスとかしちゃうところが青春だなぁと、ホンワカした気持ちになりました(語彙力)

あとは…まぁこれは私が残念なだけなんですけど、ホームズに助けられるシーンの時つい
??「すまない留三郎」
と脳内再生されてしまいましたw
??「同室じゃないか」

感想:すまないホームズ

友「それ感想?」



●ワトソンJr
切り裂きジャックに遭遇したエミリーを助けるために戦うワトソン。
2度目の対戦で見事に勝利した彼は少年ジャンプのノリで敵であるジャックを助けます。代わりにジャックは黒幕が女王陛下を狙っていることを匂わせ、その情報を頼りにワトソン達は黒幕を捕まえるためキツネ狩りの会場に突入。
そこにいたのは事件の黒幕……の手下であろう…ホームズの話でも出てきたムスカ大佐(仮)結局名前は覚えてないw
エミリーを人質に取ったムスカ大佐と1対1の勝負(あれ?)。ピストルを構えた彼らの撃ち合いの果て(この展開はまさか…?)、見事エミリーを救い出したワトソン。
想いを伝えあった2人はその後何やかんやで結ばれたのでした

ピストルで1対1の対決場面、ワトソンがムスカ大佐(仮)に捕まってるエミリーの肩(急所じゃないところ)をあえて狙って、大佐が倒れた彼女と共に体制を崩した隙に倒すっていう展開だったんですけど、私それコナンの映画で見たことあった/(^^)\
(あの時、毛利小五郎めちゃくちゃカッコイイやん!って感動したw)
たぶん既視感なければ「ワトソンめちゃくちゃカッコイイやん!」ってなってたと思う自分残念w

感想:でもなんだかんだ言って王道ってカッコイイよね

友「ピュアかよ」



●ルパンJr
チンピラに絡まれたエミリーを助けるためにドジっ子ルーピンからルパンに変身(してないけど)、そんな感じでエミリーに正体がバレてしまい、ルパンの時は散々口説いてきたくせにもう会わないと言い出す。
それ以来ルーピンとしても突き放したり素っ気なくしたり、それにしっかり振り回されるエミリー。
彼は彼の目的=自分の母親の仇をとることに専念し出し、憎きモリアーティ(ここで出てくるのかよw)と対決。
そこに突撃してきたエミリーと共に、仇討ちはしてないけど代わりに母の形見を取り戻して、最後は「やつは大変なものを奪っていきました貴女の以下略」みたいなノリで結局ふたりはくっつきますめでたしめでたし。

甘ったるいグッドエンドより、サッドエンドの方が私は好みでしたwやっぱりチャラい系キャラは苦手ですwというか甘ったるいのが既に苦手ですw乙女ゲーに向いてない性格
ちなみにサッドエンドは「ルパン!あなたは私が絶対に捕まえてみせるんだから!」みたいなドタバタコメディ的なノリ。

感想:サッドエンドGJ

友「甘い方がよくない?」



●ジャック
イーストエンドの街を騒がす切り裂きジャック事件。
そんな中、クラスメイトのジャックの犯行を目撃してしまったエミリー。しかし彼はエミリーを逃がします。
彼女を逃がしたことをムスカ大佐(仮)に知られたジャック。
ちなみに、なんとムスカ大佐(仮)はジャックの養父でした。
エミリーを始末しろとの命令に背き、彼女に身の危険を知らせに行きます。愛ゆえに。
街では尚も切り裂きジャックの犯行が続いており……しかし、とある犯行時間エミリーに会いに行っていたジャックにはアリバイが成立。
実はジャックは、過去には確かにムスカ大佐(仮)の組織の邪魔になる人間を命令通り殺していましたが、今回のイーストエンドの連続殺人には関わっていませんでした。
しかし、何やかんやでジャックは逮捕されロンドン塔に収監、それを知って面会に行くエミリー(すげえな)
そしてジャックの無実を証明するために本物の切り裂きジャックをおびき寄せる作戦を立てます。で、見事釣り上げたエミリー、本物の切り裂きジャックと対決するジャック、ホームズとワトソン、そしてヤードの皆々様。
一連の事件は無事解決し、何だかんだあって最終的にジャックはエミリーの家の執事になります。すげえな。

いや重いわ。展開も重いしジャックちょっとめんどくさいしw
だからこそ、その分グッドエンドで結ばれた(?)ふたりには幸せになってほしいと思えますね。
しかしペンデルトン何者だよw
どうやら彼はただの執事ではなく警察や国の機関の人間でもあるという風な会話がありましたので真相が気になるところ。
過去にあれだけの罪を犯したジャックを表向きは逮捕されたことにして自分のとこに連れて来れるとか、どういう権力持ってる人なんだろうwそこは乙女ゲーム的な都合?w
いや私てっきりペンデルトンが真の黒幕だと思ってたわ。

感想:セーブデータめっちゃ作った
(ジャックだけバッドエンド2つ、デッドエンド1つ、サッドエンド、そしてグッドエンドとエンディングが5つあったw)

友「それな」



●明智さん
人身売買される子供、そしてその中に放り込まれた(というか自分から突っ込んでった)エミリーを助けるべく、船に乗り込んだ明智さんと相棒の小林くん。
そこで…名前が全く思い出せない……ウェーブヘアのイケメン…黒幕組織のウェーブイケメンと対決。
で、何だかんだありイケメンを倒した彼らは、インド経由でエミリーを日本に連れ帰ることになりめでたしめでたし。
全然これっぽっちも伝わらないwww

明智さんルートはやっぱりハマりませんでしたw
なんていうんでしょうね、明智さん相手だとエミリーは守られるキャラになっちゃうというか…極端な話、足引っ張る系ヒロインになってしまった感じがするんですよ。私がそういう一昔前の少女マンガみたいな子ダメなのでサラッと終わりました。

感想:マジでペンデルトン何者だよ
船に乗ってた悪党が全員死滅してたんですが、これはどうもペンデルトンがやったっぽいんですよねー。
捕まってた明智さんと小林くんに、姿を見せずに「悪の組織を倒してこい」みたいに言って小林くんがエミリー宅に置き忘れた七つ道具を返したり…これってペンデルトンが持ってきたわけですよね。でも全て終わってからしれーっと「今やっと追いつきました」的な感じで出てくるし。
でも彼は警察や国の機関に関係する人なわけでしょ?(ジャックルートより)
うーん、これは益々真相が気になってきました。

友「ペンデルトンの話しかしてないじゃんw」



●その他
小林くんルートでは、彼らが日本に帰る前にエミリーと屋敷の庭で線香花火をして将来を語り合うみたいな、ホンワカしたエンディング。
マープルのルートは、ふたりが双子の姉妹みたいに仲良く田舎の家にいってケーキ作ってたり、なんかそんなの。
ちなみに誰ともくっつかずに終わるベイカー街エンドは、爆発物に奔走される演奏会みたいな感じでした。



こんな感じで(あまり伝わらない)、全キャラのエンディングを見た上で最終的に良いなと思った順は
明智・小林<ルパン・ジャック<ワトソン・ホームズ
<<<マープル
ですw

なかよしこよしとかあまり好きではないんですが、マープルとエミリーはお互いをきちんと大切に思っていて友情してるのが素敵だなぁと。あと可愛い子と可愛い子の友情とかもう可愛いしかないww

総合的な感想:エミリー(主人公)攻略したい

友「え、そこ?!」






全キャラのエンディング埋めて、よっしゃトロフィー!と思ったら「本を持った人物が現れました」的な表示が。
友人曰く「真相エンディング出たよ!」とのことでしたので、まだ明かされていない主人公の両親の真相が分かるのでしょう。
せっかくここまでやったので、真相も追いかけます。


さらにこの先に物語の核心となる大いなるネタバレが待ち構えております。



●真相(ネタバレ!!)

エミリーちゃんは幼い頃に両親をある事件で亡くしてて、それを調べるためにロンドンへ戻ってきたのですが。
ご両親は慈善団体を仲間たちと立ち上げていたのですが、その内の1人が不正を行っていて、それがエミリーの両親にバレて口封じのためにモリアーティ教授の組織と手を組んで殺したそう。

え、何その火サスみたいな動機。


さらにエミリーのパパは実は政府の諜報機関の人間だったそうですが、その設定要る?
執事のペンデルトンも同じ諜報機関の人で間違いはないでしょうね。ジャックルートでそんなこと言ってたし。
だから何なんだって話ですが。

なるほどね、そういう事だったのか普通だな。

友「普通って、何を期待してたのw」
私「動機は普通だし、真の黒幕がやっぱりモリアーティとかホームズの定番中の定番じゃん」
友「そりゃそうでしょw」
私「そうなんだけどさぁ…真相ルートってもっとこう…え?!その人が黒幕なの!?ビックリ!!みたいな展開があるかと思ってたんだよね」
友「え、ビックリする黒幕?」

私「ここは絶対、黒幕ペンデルトンだろ」

友「それあんたずっと言ってるじゃんwwもし本当にそうだったとしても、もうビックリしねーよ!w」

自分で書いた攻略を見ながらプレイする気持ち悪さ

どーん!

アカウントを消してしまって、オールゲームニューリトライプレイ中です\(^O^)/

あんだけ頑張った戦国無双4-2の無限城も4エンパもクロニクル3もオールリセットですよ最初からですよ〜
PS3以降のゲームはセーブデータがアカウントと連携してるから、アカウント消しちゃったら同じデータは使えないんだってさ。
面倒な時代になったもんだ、まったく…

ま、討鬼伝の引継ぎ特典だけは無事だったのでいいんですけどね!
無印のデータがPSPのものだったので、PC経由でvitaの極にインストールしたらちゃんと取り直しできました。アナログ最高。
ダウンロードコンテンツはまた金払って買いなおせばいいけど、引継ぎ特典だけは配信されてないからどうにもならないしね。
無印からまたやり直しとかキツすぎるww


そんなこんなで最初からやり直してるわけですが、戦国無双4と4-2は再プレイが全然苦になりませんw
なんせ楽だから\(^O^)/
4はレア武器取るのがとにかく楽。流浪演武で回ればいいだけですからねw
家宝(そんなんあったなw)も取れる条件分かってるし、適当に戦ってもう半分くらい埋まりました。

4-2は元々がメインストーリーをクリアした程度でレア武器取ってたのも吉継だけだったし、まーまたやればいいかと。
無限城100階をもう一度行くのが面倒ですけどねw

ということで、今は無双クロニクル3を全力再プレイ中です。
自分で言うのもなんですが、このブログに攻略記事を書いていたおかげでわりとスムーズに回収できてます。
が、自分で書いた記事を見ながら自分でプレイするって結構気持ち悪いモンですねww
しかも、大事なところで攻略通りにいかないwww

あれ?私ここでこのミッションが出るって書いてるけど、全然発生しないじゃんなんで?
友人「友好度が足りないんじゃない?」
あーそういうのあったな、そういえば。くっそ。

クロニクルは友好度上げがとにかく大変でしたw
茶室使えばどうにでもなるけど、お気に入りのくのいちと吉継と松永さんだけはどうしても自力で仲良くなりたくて、デフォルトで選べるステージと練武館をひたすらマラソンしてなんとか自由に使える状態にしたところですww
我ながらまた面倒なことしてやがるw
ステージは史実ルートとif今川ルートをクリアしたところです。
以前のデータに早く追いつきたい。


データ消えた愚痴でした\(^^)/

【下天の華】人生初の乙女ゲームをやってみました。


友達に勧められてコーエーの乙女ゲーム「下天の華」というのをやってみました。


下天の華 - PSP

コーエーテクモゲームス


戦国武将をお相手に恋愛できるゲームだそう。
人生初。乙女ゲームデビューです。
難易度も易しいらしいので、初心者の私でも楽しめるんじゃないかということでした。
前世代機PSPにしてはソフトがでら高かったですけどね/(^^)\←買わされたヤツ
もうPSPのソフトはワンコインで買えるもんだと思ってたからビックリ。



そういう流れで、ちょっとしたプレイ日記です。
苦手な方はスルーしてくださいな。

※色々と残念なことになっているので、好きな方は特にご注意ください。
ちなみにネタバレしてます。




大まかなあらすじ。
主人公は伊賀の忍びで、雇われて姫に扮して安土城に潜伏する。
そして様々な任務をこなしながら、武将たちと仲良くなる流れ。

主人公のデフォルト名は「ほたる」だったのですが、せっかく名前を変えられるので、当ブログではおなじみの「ニドラン」にしました。
うちではコーエー歴史ゲームの主人公はほぼ全部これでいってます。※真面目です

さて、お相手の武将のラインナップは……
織田信長羽柴秀吉徳川家康のほととぎす組。
それから織田軍ナンバーツーの明智光秀、小姓の森蘭丸、信長の弟の織田信行、主人公の師匠の忍びの百地尚光の計7名。
なかなか多いです。これ普通?

この中の誰かと恋愛する流れなんですが…
なんか不思議なラインナップですね。

ほととぎす組と光秀、蘭丸は有名だから分かるんですよ。
百地も主人公側の人としてはアリなのかな。
でも何故に信行?

私「弟より信忠の方が有名じゃない?」
友「…あんたバカなの?それ息子じゃん」
私「ん?そうだけど…え、ダメなの?」
友「息子が出てくるとさぁ……信長(攻略相手)が結婚してることになるじゃん
私「………あぁ」

なるほど。そういうことか。失敬。

お相手は特に決めてなかったので、これは流れに任せることに。
ちなみに私の好みでは……やっぱり信長かな。イケメンだし。
いや、全員イケメンなんですが。



さて、ようやくストーリーのスタートです。


まずは雇い主のところに行くことになったのですが……
なんで天主で会う約束してるのw
え、見つかったらダメなんですよね?忍びだし。

そういう流れだからてっきり信長が雇い主かと思いましたが、主人公(以下、ニドランとします)を雇ったのはどうやら明智光秀のようです。
目的は、大雑把にいえば信長様が天下統一を成し遂げられるよう画策すること。波乱の予感\(^^)/
しかしわざわざ雇ったにしては結構アバウトですね。
※この辺の詳細は後で判明しました

それはさておき、雇い主・光秀の中の人が三國無双の陸遜と同じ人だった\(^^)/
光秀にしようかな…w (単純)
私「陸遜だあ\(^^)/」
友「他の作品を持ち出さない!」
私「え、あ、なんかごめん」
そこまで怒られるとは思わなかったw


さてさて、妹姫として武将たちへ挨拶周りに出向くことになったのですが
庭でつまづいてあの信長様の胸元に倒れこむという大失態を犯したニドラン。

光秀の”変わり者”の妹ということで許して貰えましたが、この子じゃなかったら即刻打ち首ですね。
こんな恐ろしい出会い方するのか。あなどれんな、乙女ゲーム。


それはさておき、私お相手の第一候補は信長様だったのですが
信長、虎さんかぁ…

いや声がね、たぶん無双の高虎と同じ方なんですよ。
友「他のを持ち出すなと」
私「いやぁ虎さんはね、無双のイメージがね、ちょーっと強くて」
友「は?何?陸遜は良くて高虎はダメなの?」
私「」



ついでにどっかの階段で秀吉にも出会いました。
イメージ通り会って早々口説かれていきなり瓢箪もらいましたが、そんなことより森久保/(^^)\
愛ゆえ敬称略、失礼致します。

秀吉の中の人が森久保さんなんですけど/(^^)\
友「今度は何?なんで笑ってんの?」
私「森久保さwwんwwなんwwだwwけどww」
友「他の作品を」
私「いや森久保さんがwww」
友「いや、だから何なの?っていうかあんた何なの?」
もうダメ、私の中では森久保さんは全部ギャグになる(愛ゆえに)



さてと。
チュートリアルでボタンゲーム(戦闘)を教わったあとでいよいよ本格的な任務。

最初の任務は「韋駄天の君」に挨拶すること。
光秀様の思いつきで決まりました。
そんなこと?そんな行き当たりばったりな任務でいいんすか?

そういう流れでさっそく韋駄天というカッコいいニックネームを持つ家康武将は家康誰なのか調べに行きます。

「!」マークが出ているところに行けばストーリーが進行するみたいなんですが、皆に情報を聞いて回れみたいなことを言われたので、とりあえず会いにいける人物のところへレッツゴー。
信長や蘭丸、森久保秀吉のところにも行ったんですけど、普通に話したり蘭ちゃんにお城を案内してもらえた(最高ですね、このゲーム)だけで肝心の”韋駄天の君”のことは聞けず。
そんなこんなしてたら任務の期限がきて、解雇されました。


終わった\(^O^)/

あれ?結構簡単って聞いてたんですけど…難しくないすか、これ?
誰も韋駄天の君のこと教えてくれないんですけど。
というか聞けよ、ニドラン。


友「あんたバカなの?」
「ここでゲームオーバーになるとかwwイベントコンプ目的でわざとやるやつなんだけどww」
だってさ\(^^)/


聞くとどうやら「!」マークのところに行けばいいだけでしたww
「武将と交流」とゲーム的な「任務」は別らしい。
話を聞いて回れみたいなこと言われたから、てっきり交流して情報を得ながら任務をこなすのかと思ってた。

私「逆転裁判みたいな感じかと思ってたんだ…」
友「あんたバカなの?これ、乙女ゲームだから。テキストアドベンチャーとは違うから」
私「うーん、私向いてないかもしんない」
友「いやいや。それはあんた次第だよ。頑張って!」

一体何が私次第なのか。



やり直しスタート。
とにもかくにもすぐ「!」マークのところへ。

どうやら主人公は変化の術という、人や物に化けられる能力を持っている模様。
まず忍法帖を開いて変身する対象の姿を記録しウンたらカンたら…
早い話が写メって変身できる種類と数を増やすってことですね。
1写メにつき3回分変身可能。

まずお城で働く「女房」の姿を覚えて、それに変化して情報を仕入れました。

「韋駄天の君」とはなんと、徳川家康のことでした!
うん、知ってた。


そうと分かれば早速ご挨拶へ。
家康は女性が苦手らしいので、門の前で遭遇した信長と一緒に会いに行きます。

が。
突然ぶっ倒れられました。
主人公に向かって。多分ここキャー/^^\ってなるとこ。
いや、私もとあるGが超絶苦手だけど、さすがに気絶はしない。
どこ行ったかわかんなくなる方が怖いし。


どうやら家康の女性嫌いは想像以上だったようです。
そのうち近づいただけで
「エクスペリアームズ!!」
とかされそうな勢い。

友「やめなさwwいwww」
私「あ、笑った!今笑った!」



どうでもいいけど、信長の「家康」の呼び方がちょっとツボでした。

信長「イエアァス」

\イエアァス!!/

\イエアァース!!/

(すみません)



さてさて、イエアスと話して茶会に招いて頂きました。
これで任務完了です。ちょろいぜ(1回ゲームオーバーになったことは忘れる)


で……
あと4日くらい残ってるんですけど…どうしよう。
とりあえず秀吉に「瓢箪の礼をしに来い」って言われてたので行くか。
勝手に押し付けておいて図々しいですね。

あとは…変化集めようかな。
小鳥チャージと若武者チャージは完了。女房はまだあるからいいかな。姫として潜伏してるわけだし、そんなに使う場面なさそう。

さて、どうしようかな。あと2日もあるな…
うーん…やることないし、やっぱ女房チャージしとこうかなあ。
それかもっかい小鳥チャージに

友「あんたバカなの?」


この期間に武将と交流して仲良くなれってことらしいです。
マジかまだ相手決めてない/(^^)\

ここまでの印象だと…
意外と師匠の百地が良い感じです。
まだ回想シーンでしか見てませんが、渋いイケメンだし声が独眼流の方の「バカめ!」
友「他のを…もういいわ」
呆れられた\(^^)/


しかし。
好きなお相手を見つけた!と思ったら

友「師匠は二周目以降じゃないと攻略できないんだよね」

隠しキャラ的な存在だった/(^^)\



現状で仲良し度が一番高かった秀吉にしました。森久保さん面白いし
会いに行って趣味の話を聞いたりしてたら個人イベント?が発生。
ストーリーとは別に武将に「!」マークが出て、どうやらこれが恋愛イベントみたいです。
なるほど、ようやく勝手が分かってきた。

さて、秀吉の屋敷に招かれて行くと宴会やってました。
昼間っから酒とは、結構飲兵衛ですね。
帰りにお香入りのラブレターを貰って、回想の中で秀吉の声で読んでくれるんですけど…やっぱり選択ミスったかも。

キュンキュンくるであろう場面でもこの人だと何故か面白くなってしまう/(^^)\
(すいません)

私「これって途中から相手変えられる?」
友「縁(仲良し度)次第かなぁ。変えるの?なんで?あんなに笑ってたのに」
私「それ。話に入り込めないw」
友「だから他のを持ち出すなって言ったのに」


そういうことで、なんとなく家康にルート変更を試みたわけです

が。
イエアスなんも話さない\(^^)/

会いに行ってみたんですが、全然会話にならないww
女性が苦手らしいですからね。
ここから仲良くなれるかが腕の見せ所ですね。
頑張れニドラン。

友「よく考えたらさぁ」
私「うん?」
友「あんたも主人公をニドランとかいうふざけた名前にしてるじゃん。相手を誰にしても入り込めなくない?」
私「」


おっと、ここで夜になってイベントが発生。

世話役の女房さんが不逞の輩に絡まれているところを目撃します。
ニドラン、忍び姿だったので出て行くことはできなかったのですが、屋根の上から石を投げるという王道の手で撃退。どうせならそのままやっちゃえばよかったのに。忍びなんだし。

で、人に見られる前に隠れようという流れになったわけですが。
さっそく木の上で寝ていた秀吉と遭遇するハプニング発生。
正体バレちゃったんですけど。
マジか、これマズイ?ゲームオーバー?

と思いきや、見逃してくれるようです。
これもストーリーのうちなのか。
助かりましたがちょっと……信長様への忠義を疑いたくなりますね。

でも木の上から見下ろす秀吉のスチルはちょっとカッコよかった。
声で笑ってまったけど/(^^)\


さてさて。
随分前にイエアスに招かれた茶会に参加した帰り。
光秀が扇子を忘れたというので取りにいくことに。家来に行かせろよ。
どうやらニドランの忍びとしての能力が気になるようです。また気まぐれに。忍びの使い方間違ってる気がする。

その最中で曲者発見!
変な仮面つけてたけど、曲者は主人公の師匠っぽい。
なるほど、敵として出てくるから二周目以降のキャラなわけですね。

信長様を狙う曲者をどうにか退けたニドラン。
それを光秀に報告すると、次の任務は曲者を捕らえることになりました。
やっと忍びっぽくなってきた。



とりあえず今回はここまで。
今までやったことのないジャンルなだけに、選択肢がちょーっと難しいですが、ミニゲームなんかもあって結構楽しいです。あと変化チャージ面白い。
続きはまた今度。機会があれば\(^^)/

<<prev next>>