スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

平成が終わる前にコナンの映画をイッキ見した


平成が終わることも令和が始まることも全く関係ありませんけどねw

風邪ひいて暇なので、最近またhuluで配信が始まったコナン映画を色々見てます。
コナン面白いですよねー!子供の頃から大好きな作品です。
映画もよく連れてってもらってました。

で、観てたら感想を書きたくなったので、今回はそんな感じの内容です。
風邪による語彙力の低下で(嘘)、あらすじとか上手く書けないので、観たことない人にはピンと来ないと思いますがw懐かしくなった方はぜひhuluで!

※ネタバレがあるかもしれない。さすがに犯人の名前は書いてませんがw
※最新作(紺青の拳)は一切書いてないのでご安心ください!まず観てない。




【時計仕掛けの摩天楼】
記念すべき第1作目。連続爆破モノ。
最近のコナンは別に爆弾じゃなくてもいいけど、とりあえず爆破させとくか的なところがありますが、この作品はちゃんと犯人にとって「爆破しないといけない」理由がかなりぶっとんでますがあるので緊迫感が増します。
コナン(新一)と爆弾犯とのやり取りも当時はハラハラしながら観てました。
ただ犯人はすぐ分かりますw一応ミスリードはありますが、TV版や他の劇場版を見たことある方(大半の人)はもうコイツしかいないじゃんって思われるかとw
でも見所は多分そこじゃない。あと、ラストで蘭がある色を選んだ理由が超絶可愛い



【14番目のターゲット】
2作目は連続殺人モノ。
トランプの数字の順に小五郎の身近な人が襲われて被害者が増えていく。
事件が起こるテンポの良さと身近な人が狙われるという不気味感が最高。(ただし後半はほぼ無関係。そこで初めて会った人とかもいたりするw)でも何らかのモチーフに準えた事件ってワクワクしますよね。
どうでもいいけど私が一番好きな作品です。そして動機のぶっ飛び具合も恐らく一番。ただ私はこの犯人でら好きなんですよねw犯人として完璧なくらい狂ってるのでw
あと、小五郎が刑事を辞めた理由が分かるのもこの話。
そしてその小五郎がめちゃくちゃかっこいい。
この映画がきっかけで一番好きなキャラになりましたw
クライマックスで流れる「キミがいれば」の演出は完璧すぎて鳥肌。うつむくーその背中にーがかかるタイミング完璧。最高。


【世紀末の魔術師】
映画にキッド初登場です多分。
ロマノフ王朝の財宝を狙うキッドと登場人物たち。
歴史ミステリ的雰囲気が最高。歴史ミステリ大好きw
個人的に、キッドが出てきたら「誰がキッドなのか」「どうやって盗むのか」がメインになって事件がおろそかになりがちなのであんまり楽しめないんですが、ぶっちゃけ怪盗モノはルパンの方が好き、今回は割かしちゃんとミステリーしてて「誰が犯人なのか」もきちんと推理できるので2重で美味しい作品でしたw
ただラストが鳩wちょww鳩www


【瞳の中の暗殺者】
次々と狙われる警察関係者、そして蘭が記憶喪失に!?という最初からスリリングな展開。
記憶喪失になった蘭も命を狙われて緊迫感が凄い。
あと警察の偉い人がたくさん出てくる分、警察の闇みたいなところも描かれるので全体的に暗めというか重めな作品なのですが推理モノの雰囲気が色濃く、3番目くらいに大好きな話です。
ストーリーが推理8割、キャラ2割くらいで、全作品中最もバランスの良い作品なのではないかと。
というか、私がこれくらいの比率が好きなだけ。
クライマックスで記憶を取り戻した時の蘭がめちゃくちゃかっこいい。
蘭ねえちゃんが覚醒したらもう犯人が雑魚になるw


【天国へのカウントダウン】
タイトルがかっこいいシリーズ。
少年探偵団が大活躍します。
歩美ちゃんの特技が可愛いだけじゃなく、ちゃんと伏線になってるのがすごい。
黒の組織も絡みます。コイツら映画になるとやることが更にすげえなw
そしてラストが普通にかっこいい。洋画みたい。
個人的なこの作品の魅力は、全てを割り切ったいつもの灰原さんではなく、1人の人としての灰原さんの素顔が垣間見えるところ。


【ベイカー街の亡霊】
VRを先取りした作品。これプロの推理作家が脚本書いたんだっけ?
ゲームの中の仮装現実と実際の現実の事件が絡み合うストーリー、そしてゲームの舞台が18世紀のロンドン(シャーロック・ホームズ!)と、もう世界観だけでワクワクが止まらない。
ゲームの中での事件の展開は本当に冒険しているみたいで面白いです。
真相解明はちょっと不親切でしたけどねw
蘭の行ったコナンの救い方が潔すぎだしカッコよすぎ。これも3番目くらいに好きな作品ですw


【迷宮の十字路】
主人公は服部です。めちゃくちゃ可愛いですw
これで服部が大好きなキャラになったw小五郎の次にw
ストーリーは義経記に絡んだ連続殺人、舞台が京都ということで、私の大好きな歴史ミステリ感もアリ。
服部が小さい頃に見かけた初恋の女の子が歌っていた歌が事件を解決する手がかりになっていたり、そこから初恋の女の子の正体が明らかになったりと、推理モノとキャラ(ラブコメ)モノのバランスも丁度よくて、2番目に好きな作品です。そして犯人の動機がガチでしょうもな(ry
関係ないけど、クライマックスで流れる「キミがいれば」の和風っぽいアレンジ好きですw


【銀翼の奇術師】
飛行機のヤツ(何も伝わらないw)
タイトルの通りキッドが飛行機でどーのこーのする話。
ただ、事件自体は正直しょぼいですw
劇団員と一緒に乗った飛行機で起こった事件をいつもの要領で解決するだけキッドの狙う宝は事件となんの関係もないし、殺人事件もササッと解決して
クライマックスの30分くらいずーっと飛行機の操縦してます。
正直飽きます。
ただキッドがラストで良い仕事するので、それが見どころかな・・・キッドじゃなきゃ出来ない手法でコナン達を助けるのはかっこよかった。


【水平線上の陰謀】
海上の豪華客船で起こる殺人事件という舞台設定は完璧。
まさかのコナンより先に犯人を当てるという、小五郎が珍しく大活躍する話。
起きてても犯人を当てられた理由に小五郎特有のダサさと切なさとかっこよさの全てを感じて、更に小五郎が好きになりましたw
ただ、クライマックスで蘭がピンチに陥る定番の場面への持っていき方が残念すぎる。
いつもなら蘭は理不尽な理由で巻き込まれてしまうのですが、今作は自らピンチに突っ込んでいくという・・・
ぶっちゃけあのまま逃げてたら助けられるまでもなく普通に助かってたじゃんそれもう自業自得じゃんって言いたくなるような持っていき方だったのが残念。


【探偵たちの鎮魂歌】
探偵の大サービス。
コナン、小五郎、服部、白馬にキッドと、探偵たち(+怪盗)がメインで進むストーリー。
こんなメンバーなのでミステリー要素の比重が大きく、規模も大きい(ようで、実際はコナン達が横浜をぐるぐる回ってるだけだったりもしますw)
レギュラーはほぼフルメンバー総出演なのでキャラメインで観ても面白い作品だと思います。
個人的にアクション要素のバランスはこれくらいがベストw
しかしこの犯人やることがすごい。しょぼい割にやることだけはすごい。
関係ないけど、映画で「キミがいれば」を流したのはこれが最後だったかな・・・最近のコナンこれ流さないからダメ


【紺碧の棺】
海底に眠る財宝を探す宝探しアドベンチャー!
みたいな雰囲気は良かった。
孤島、海、トレジャーハンターという世界観や舞台設定も良かった。
それ以上はもう何も言うまい。
あ、高木刑事の指紋のとり方がかっこよかったです。


【戦慄の楽譜】
ソプラノ歌手の女性が謎の人物に狙われる。
普通に観ても面白いのですが、音楽というかクラシック好きならより一層楽しめます。
ゲストヒロインのソプラノ歌手が珍しく感じが悪いのですが、実はツンデレだっただけというw超可愛いw
あと歌が良かったw
クライマックスの展開は結構好きです。
例によって爆弾が絡みますが、爆発させないために・・・ネタバレ自重

 
【漆黒の追跡者】
黒の組織絡み・・・
っていうか、どちらかと言うと大筋の事件+αで組織って感じ。
しかしこいつら映画になると本当に何でもしますねw
大詰めでアイツを誘き寄せるジンがでらかっこよかった。
あとはまぁ・・・ちゃんと名前があるキャラにタレント使うのはやめてほしいですwDAIGOさんちょっとキツいっすw

 
【天空の難破船】
誰も死なないコナン。
飛行機、キッド、ということで銀翼の奇術師と若干こんがらがるw
コナンとキッドが組めば最強。そんな感じです(またしても何も伝わらない)
新一とキッドの素顔が似てるのはお馴染みですが、それにしても蘭はすぐ気付いて欲しかったw

 
【沈黙の15分】
そんな理由でいちいち爆破するなよ
クライマックスは最初の15分で、その後は割かし地味なシーンが続きます。
あと2、3人死ねば面白くなったかもしれない。
わざわざ劇場版じゃなくてもよかった。TV版スペシャルでもよかった


【11人目のストライカー】
スタジアムが狙われる話だったか(曖昧)
ゲストキャラに本物のサッカー選手を使ってるんですが、それが本当に棒読みで、いや失礼ですけど、にしてもガチで棒読みで、それが忘れかけてた頃に何度もリフレインされるから、全然話入ってこない(自重


【絶海の探偵】
船で起こる殺人事件。水平線上の陰謀と若干かぶるw
なんとあのイージス艦が舞台です。海上自衛隊が実際に取材だかに協力したとか何とか。
イージス艦が舞台なのでさすがに爆破させられない爆破しないコナンとか久しぶりw
スパイが紛れ込んでいる、というストーリーもスリリングで前の2作に比べたら結構楽しめたんですけど、ぶっちゃけイージス艦すげーってのしか印象に残って無いw私は航空自衛隊の方が好き


【異次元の狙撃手】
なんか事件起きたっけ?
FBIとか出てくるアクションモノ。
私は「誰が犯人なんだろう」と考えながら見るのが好きなのですが、その視点から見ると「なんの犯人推理してんだっけ?」ってなるくらいアクションしかなかった気がする。
なんか事件起きたっけ?


【業火の向日葵】
キッドがゴッホのひまわりを狙う話。
そんなことで爆破するなよ
キッドらしくない行動が目立つが真相は・・・みたいな話なので、キッドが好きなら楽しめると思います。 私は怪盗モノはルパンの方がry
一番良かったのはポルノの主題歌です。
エンドロールでずーっとゴッホのひまわりの絵ばっか流すのでさすがになんなのwって思ったけど、よく考えてみたら今回爆破した舞台が完全に架空の建造物だから実写流せないわけかwなるほどw
(※エンドロールで舞台やモデルとなった場所の実写背景を流すのが定番)



 【純黒の悪夢】
なんか事件起きたっけ?
FBIとか出てくるアクションモノ。さっきも似たようなこと書いた気がww
最近人気のアムロやシャア赤井さんも出てくるので、その辺が好きなら楽しめると思います。
個人的に、FBIが出てくると私は楽しめないのですがそんなことよりガンダム最高
警視庁ならまだしもFBIって日本人的感覚だと規模が大きすぎるので、いくら何でもコナン(工藤新一でも)が関われる領域を超えてると思うんですよね。
コナンは一応ミステリーモノっていう前提があるので最低限のリアリティは残しといてほしいんですが、FBIの捜査にまで首突っ込み出したらもうそれが崩れるんですよw
語彙力ないので上手く書けないんですが、早い話があんまり面白くない。
 

【から紅の恋歌】
主人公は服部。
これは久々に好き!と思える作品でした。
服部の婚約者を名乗る、かるたがなんか超すごい(語彙力)女の子と対決する事になって燃える和葉が超可愛い。
一方で爆破事件も起こって服部とコナンが捜査に乗り出す。
ミステリー部分もわりとしっかり作られてて、推理とアクション、キャラ(ラブコメ)のバランスもよく楽しめました。
かるた大会はちはやふる既視感ありましたけどw
ラストの服部はめちゃくちゃカッコいいので、ぜひ見てください。
やっぱり京都が舞台の倉木麻衣は良い。


【ゼロの執行人】
さっきTVでやってましたねw
ちょうどこの記事を編集してる時に放送が始まったのでなかなかタイムリーでしたw

アムロさんが主役のアクションモノ。サイバーテロで公安や裁判がメインで進むのではっきり言って面白くない。
さっきも似たようなこと書きましたが、殺人事件ならまだしも最終的に宇宙規模のテロってもうコナンが関わるには規模が大きすぎるのでつまらない。
アムロさんが好きな人のための作品ですきっと。


 
後半あんまり好きな作品がなくて批評が多いですが、コナン作品は概ね楽しんで見るので、風邪が治ったら最新作も観にいきます。なんだかんだ言いつつ観るw
あらすじ見た感じだとあんまり面白くなさそう園子と京極さんがメインで出てくるみたいですね!
園子はコナン女キャラの中で一番好きだし、このカップルも好きなのでそこを楽しみにしてますw

 
ちなみに私は金田一派です。
Rくっそつまんなかったですけどねww
※20年くらい前は、月曜19時から金田一、その後コナンを放送してたんですよ懐かしー。

【戦国4】関ヶ原でその時何をしてたかって?


データ消えた戦国無双4無印を今更ながらに再プレイ中。
ミッション埋めるのを頑張ってます。ちょっと飽きてきた
織田、真田、その他地方はクリアしてミッション埋めたので、残すは天下統一の章のみ。


このシナリオ1番の見せ場は関ヶ原の戦いだと思うんですよ。
ステージも西軍側と東軍側が用意されていて、それぞれプレイ出来る。本能寺もそれ用意してyo!

そして西軍だけ選んだキャラによってミッションや展開の流れが変わるんですよね。
主役の三成ルート、静観してた島津ルート、あとは謎の左近ルート。


まず島津ルート。選べるのは島津の2人のみ。
彼らは本陣守ったり誰でもいいから敵将を潰してったりと負け戦を足掻く展開だったので、楽しくプレイできました。
エンディングの敵中突破はかっこよかったです。豊久が義弘を助けて逃げ、その後追っ手と戦うシーン。
作戦名みたいなやつ何だっけ…島津の退き口みたいな…これぞ島津の…つつもたせ、だっけ?いや絶対違うな。ちょっとド忘れした
島津の章オープニングで義弘に助けられる豊久、あれを今度は豊久がやったわけですね。カッコイイ。
しかしラストの女子プロ直虎なんやねんww
あと関ヶ原はやけにムービー多いんですけど、よく見たら豊久ってめちゃくちゃ可愛いんですよ顔が。なんかFFにいそう。そんなん言ったら隆景なんてもっとそうだけどw


次は左近ルート何すんの?
本来は先頭打者デッドボール負傷退場の左近ですが、まぁ選べるからには割と最後まで居ます。
殿の援護というより、杜撰な西軍(主に砦から出てこない彼らとか裏切ったアイツとか、弁当とか)の対処ばっかりしてた感じでしたがw
とはいえ、殿を生かすために奮戦するところはさすが三成に過ぎたるもの、かっこよかったです。
すいませんエンディングあんま印象に残ってない/(^^)\
それよりボーナスミッションの「2分以内に敵兵300人撃破」が地味にキツかったというw
左近を使ってなかったせいでレベル1でしたからねw
神速も全然成長してなくて、仕方ないので相方に選んでいたピンクアフロに頑張ってもらいましたw


最後は主役・三成のルート。
相方に選んだのはもちろん吉継です。なんたって操作性残念な三成のバランサーとしてお友達ですからね!
三成のルートが関ヶ原ステージのメイン的な展開。
まず左近が負傷退場して、動かない島津に発破かけて、吉川は弁当食べてて、小早川が裏切って、再出陣した左近が死んで、エンディングで吉継が自刃して、三成が捕まる。大体そんな感じ。

この戦、西軍はそもそも総大将が出て来ないし、味方は動かないし、逃げるし、裏切るしといった散々な展開なので、最初から赤ゾーンが多いんですよね。
しかも本陣に入られたらアウトなので、敵将がワラワラ出て来て西軍本陣に突撃してくるところをなぎ倒しつつミッションをこなし、うまく立ち回らないといけないわけですよ。

どいつもこいつも、あっちこっちから敵将が現れて本陣目掛けてくる中で…
その時私が何やってたかというと、ひたすら小西行長と宇喜多秀家の救援をしておりました。(ボーナスミッション)

放っておくとミッション発生する前にすぐ敗走するんですよねー
行こうと思ったら、あれ?宇喜多おらんやん!ってなる。
まぁミッションちゃっちゃとこなせたらいいんですけどね、三成を操作してたら手間取るんで。
半分は私の下手さのせいだけど、もう半分は三成が悪い。

ただ泣けるのは、どいつもこいつも裏切るのに、それでも三成(西軍)を信じてくれる人たちが確かにいることを感じられる言葉の数々です。
左近や吉継はもちろん、小西とか宇喜多とか裏切ってない毛利勢とかね。
「待たせたな!さあ我らも加勢するぞ」って来てくれる人達の有り難さ。
本当、助けて良かった小西行長、宇喜多秀家。


そういえば終盤、左近が死ぬと三成が「左近…!左近ー!!」って悲痛に叫ぶんですけど(ここ泣けるとこ)
その時ちょうど殺陣が発生してて、扇子クルクル回しながら「さこーん!」って叫ぶ楽しそうな三成になってしまいました残念。さすがに笑った

超私的・戦国無双4のカッコイイ台詞5選


真田丸を再開した矢先いきなり天正壬午の乱で直江に見つかって詰んでるので、息抜きに戦国無双4無印やってます。
久しぶりに起動したら、見事に織田の章しかやってませんでしたwww
たぶんこれだけでもう満足したんだと思う。織田軍大好きw


さて、皆さんは戦国無双で好きな台詞ってありますか?
私いつもプレイ中は聞き流してることが多いんですが←
武将達のセリフをちゃんと読んでたら「これはカッコイイ!」と感じるものが多かったので、数多くある台詞の中から特に感動したものを選りすぐってご紹介したいと思います。
私が楽しいだけです(^q^)


今回は、天下統一を除く各地方の章から選抜しました。
あ、織田の章も入れてません。だって信長は大抵コワイカッコイイし松永は何言ってても面白いので除外しましたw
そのうち織田の章だけでセリフ選抜やりたいw





【超私的・戦国無双4のカッコイイ台詞5選】



●島津義弘「命を捨てられる戦は一度きり。この戦がそうだと言えるか?」

耳川の戦い(九州の章)にて、豊久が単身で立花に突っかかって見事に突き返された時、彼を救出に来た義弘が言った台詞。
台詞というか、格言っぽいですよね。
何かと突っ走りがちな豊久を諭す言葉。



●黒田官兵衛「何をしに来た。卿らが来なければ宗治の命一つで戦が終わったのだぞ」
  小早川隆景「上月城を見捨てなかったあなたに言われたくありませんよ」

備中高松城の戦い(中国の章)、毛利軍の清水宗治の守る城に水攻めを行った羽柴軍の官兵衛と、宗治の救援に来た隆景の会話。
官兵衛は理由を分かった上で言ってて、だから隆景も当たり前じゃん大切な家臣だもん、みたいに返した後でこの台詞。
敵対していても互いを認め分かりあっているのが伝わるこの会話、胸熱。



●黒田官兵衛「ご運が、開けましたな」

本能寺の変勃発を知った時、狼狽える秀吉に官兵衛が言った台詞。どの章で見たっけw覚えてないw
早い段階から官兵衛は信長が世を去った先の未来を見ていたという設定ですし、だからこそ出た台詞なのでしょうね。
秀吉の世を望む(?)官兵衛の口から出た言葉だからこそゾクゾクしますw

ただ…惜しむらくは秀吉黒幕説が採用されていないことですねw
実は本能寺の変の黒幕は秀吉で、官兵衛は何も知らされてなかったけど「全部お見通しやで、本当はお前が黒幕なんやろ?」みたいな意味を込めての台詞だったらもっとカッコよかったwww
※こんな設定ありませんw




●武田勝頼「あの世で父に詫びて参れ!」

天目山の戦い(真田の章)にて、裏切った家臣達に放った台詞。
武田存亡の危機というこの窮地で、信玄の時代から武田に仕えていた家臣達の裏切りは単に痛手というだけでなく、本当に大きなショックだったのだろうなと。武田とは何だったのだと。
だからこそ”詫びて参れ”がいいですよね。
台詞のカッコ良さはモブ随一だと思います。



●上杉謙信「会いに来たぞ、宿敵」

むちゃくちゃカッコ良かったので大きな文字で書きましたw
川中島の戦い(上杉の章)にて、武田本陣に単騎突入した時の台詞。
超絶カッコイイ。ものすんごくカッコイイ。心とコントローラー持つ手が震えた。
相手は宿敵ですよ?なのに”覚悟!”とかじゃないんですよ?
”会いに来たぞ”ですよ?
何これ、もう、超絶カッコイイ。
これ以上言う必要がありますかw




楽しかった!\(^O^)/
ほとんど最後の「会いに来たぞ、宿敵」が超絶カッコイイ胸アツ!ってのを言いたいがために書きましたがw
注目してみると武将達のカッコイイ台詞って結構あるもんだなぁと、そんなこんなで再プレイを楽しんでますw

【真田丸】副戦場・山崎の戦い【プレイ記】

本能寺の変の副戦場に行ってきます。


●山崎の戦い
羽柴側ですね。
安定のハタキで行きます。
パートナーは松永さんにしましたw
本戦の方をクリアしてたら副戦場はプレイキャラ誰でも選べるんですよ。これ便利。


戦前イベントがちょっと面白かったなー。
子飼いの将たちが話し合っている時
高虎「(秀吉が信長の後継者となり得るなら)安心して手柄を立てられるな」
三成「貴様も手柄を欲しているのか」
吉継「俺は流れに乗るだけだ」

そう流れに乗るだけ。
しれっと高虎のお零れに肖れるかもしれないがそれも流れに乗ったまで。
吉継の口ぐせって結構便利なフレーズですよねww



次の一手
・ねねが味方を鼓舞
・ガラシャを黒田官兵衛の一言で錯乱←なんぞwww
・忍者隊長の移動速度上昇


手柄
「柳生宗矩を無双奥義で撃破」
「羽柴秀吉の体力を一度も半減させずに勝利」
「味方武将を一人も敗走させない」

無双奥義で撃破って結構忘れちゃうんですよねw
普通に倒したあと、あーそういえばってパターンが多いw


味方敗走がNGなんで敵の士気が高い赤ゾーンの時、ねねの鼓舞を使ったんですけど
清正のテンションが上がっただけでしたwww
ちなみに三成「おねね様、俺は結構です」www

ねねの鼓舞って一体何なのw
応援してくれるんですかね?w 頑張ってね!(はーと)みたいな?w


あとガラシャを動揺させる官兵衛の一言ってなんだろうと思ったら、
「お前がそんな反抗的だと仲良しの茶々が困るんじゃね?」みたいな感じでしたでら普通。
てっきり「師匠のピンクアフロはもっとクネクネしとったぞ」的な感じかと思ってたwなわけねーだろ


特に何事もなくクリアしましたが、やっぱ松永さん連れてってて良かったなぁと。
吉継は雑魚ラッシュなら使いやすいけど敵将相手だと弱いw武器鍛えとくんだったw
属性付いてないから敵のHP全然削れなかったw
松永さん辺りはデフォルトで属性付いてますもんねー。

【真田丸】本能寺の変【プレイ記】


ひっさびさに再開、真田丸。
どこまでやったか全然覚えてなかったww



【本能寺の変】


(あらすじ)
本能寺の変勃発。
明智の軍勢から逃げるため、幸村たちは安土脱出を図る。


●安土脱出
お、いきなり佐助が使えました。
武器はクナイかな?半蔵とくのいちを足して2で割った感じですね。
ま、忍者だし使いにくいことはなかろう。
メインは佐助、パートナーくのいちの忍者コンビでいきます。

次の一手
・幸村が味方を鼓舞
・村松殿の居所を発見

あ、そうか。姉上を助けなきゃいけないんですよね。
これは両方使うパターンだな。

手柄
「人質をすべて救出」めんどくさ
「幸村、茶々、村松殿の体力半分以上で勝利」
「6分以内に勝利」

時限あるし、人質救出はめんどくさい姉上探さなきゃいけなかったし、のんびりできませんでしたwま、忍者ですからねw
マップがめんどくさい本能寺の使い回しだったので6分は無理w




●伊賀越え
え、うちらもこれやるの??w

と思ったら、先の戦後しれっと消えた佐助がメインでした。
伊賀忍者として家康を三河まで帰す役割。面倒くさほっとけよ

メインは佐助。
パートナーは他に忠勝と直政がいましたが最初は半蔵しか選べませんw


佐助が徳川側の人間なのは微妙だなぁ(自分が相容れないのでw)って思ってたんですけど、イベントで印象変わった。

佐助「茶々だっけ?明智の人質になるのはまずそうだったから助けといたよ」
家康「おお!茶々殿は無事か!よくやった!」
佐助「そりゃどーも」
そりゃどーもwww
直政「……斬り捨ててよろしいですか、家康様」
斬り捨ててwww

これといって面白みのない徳川家に佐助の投入は意外とナイスですねw
なにより直政がいい味出してるww

あと、佐助が師匠(半蔵)史上主義ですw
この人のために命をかける的なキャラっていいですよねw私的に美味しいなこの子w

この後、真田を探るために佐助は真田家に潜り込むことになります。なるほど、そういう流れかw


次の一手
・プレイヤーの移動速度上昇
・忠勝が味方を鼓舞
・味方の体力回復

手柄
「雑賀孫市を協力奥義で撃破」うわ苦手
「味方を敗走させない」
「すべての敵将を撃破」


あ、これ無理なやつw

だって佐助使いにくかったんだもんwww
さすがあの半蔵の弟子。
またかよ私の好きなのに限って使いにくいパターン。
いろいろいますけどね、謙信(遅い)とか信長(無双当たらん)とか、声が好きなだけだけど三成(何も言うまい)とか。



撃破した後の彼のセリフが今回のハイライトです。

孫市「俺はどこまで中途半端なんだ…クソッ!」

キャラが?

<<prev next>>