【討鬼伝2】金髪で美女って最高ですね




そんなに進んでませんが
※ネタバレ注意!




八雲の近衛を救出した後。

自宅で博士とカラクリについて話していたら、突然体が光りだす怪現象が発生!

さっき獲得したミタマの柳生十兵衛
「俺が生きた時代を見せてやるよ!」
とか頼んでないのに言い出して異界に飛ばされました。
なんて奴だ、まだ武器鍛えてないのに/(^^)\


飛ばされたのは、どうやら異界「安」の領域の奥地。
そこには大きな穴が開いていて、そこから竜のような鬼…
というかむしろ魔物ネームの方がしっくり来るやつが飛び出してきました。
ますますRPGっぽいw

不味くね?武器鍛えてないし/(^^)\
と思ったら金髪美女が助けてくれました。
イベント戦闘だったからよかったけど、あの魔物でら強かった。

そこで金髪美女を拾いましたよ\(^^)/
グウェンさん!

お持ち帰り決定です。
しかし中がしょこたんです残念ごめんなさい


どうやらグウェンさんは博士の古い友人のお孫さんだそうで。
博士、歳いくつだよ。
彼女は魔物鬼と戦うためにマホロバの里を目指していたところだそう。
そこであの謎の穴を見つけて魔物鬼が来ちゃったわけですね。



しばらく博士の元でグウェンさんを預かることになったので、八雲にテキトーに事情を知らせることに。
博士曰く、八雲はそういう人の出入りだとかにうるさいそうなので。
村長的なポジションなのか、八雲って。


ナイスツッコミ。



さて。
依頼が増えてたので、やりにいきます。

まずは紅月からの依頼。
「夜に声のする場所へ行き正体を突き止める」
どうやら子供たちが夜な夜な声のする方へ夢遊病のようにふらふら歩いていくそうな。
夢患いだったっけ?
前作でもそういうのが出てきましたね。

マホロバ街道に出ると鬼の痕跡が残っていました。
これを辿っていくと鬼が出現したので討伐。
八雲の部隊の近衛を助けに行った時に安の領域にいたやつでした。
簡単、簡単。
っていうか今回は味方がでら強いから何もしなくても多分勝てますw
ただ、グウェンさんはタマフリ(壊)を使うタイミングがちょっとアレなんで、とりあえずそのミタマ私に貸して。



続いての依頼はミタマのなんかやってくれる人から。名前覚えろよ!
前作で言うところの櫁。
趣味で小料理屋を営んでいる彼女に、新メニューのための材料を取ってくるようにお願いされたんですけど
「ミフチ1体」「カゼキリ1体」

海外のゲテモノ珍味かよ。
ここからどんな料理ができるのかww
絶対食べたくないw


御役目所で任務を受けて、ミフチとカゼキリを倒しに行きます。

今回は任務を受けなくてもストーリーが勝手に進むから、御役目所の存在感が皆無。
特定の鬼を倒したいときはいいかもしれないけど。

ミフチは普通に倒して終了。
カゼキリからは水戸光圀のミタマが取れました。
念願の「空」キタ\(^^)/

でもこれ

絶対に食べたくないですね……w


共同作戦が展開中。

【討鬼伝2】カラクリの説明書を下さい



そんなに進んでませんが
※ネタバレ注意!





本部に帰ると今度は依頼共同作戦のどちらかを達成する流れに。
里を出ても普通に民がいるので、その人たちからの依頼を受けるか、既に戦っている部隊に手を貸すかすればいいらしい。
共同作戦って面白そうですね。


とりあえずなんかマークが出てるとこに行ったら、あれこれを取ってきてと言われ、既に持っていて渡したら自然達成しました(報告)

依頼ってこんな感じなのかー。
この広大な地でわざわざ依頼人を探さないといけないのはちょっと面倒くさいなw
でも依頼を受けてからそのままマップを動き回って報告できる流れは楽っちゃ楽ですね。



すぐ終わっちゃったので、とりあえずマホロバ街道を探索。
他の依頼人を探すついでに素材も探そう。


山の中に依頼人発見!

と思いきや……

試練かよ。
前作でもそういうおっちゃん居ましたねw
マフウ50匹倒してみせよ!みたいなやつ。
しかし名前がテキトー過ぎである。人のこと言えないけどw


この影シリーズを探していたら……


天孤ちゃん発見\(^^)/
でらかわ


天孤ちゃんに入ったミタマの壱与に頼まれて鬼を倒すことに。
これで天孤ちゃん(とついでにミタマ)が解放されるらしい。
可愛い天孤のためなら何だってやります。

崖の下にいたミフチを倒して壱与に報告したら
「今ちょっと持ち合わせがないから代わりにミタマとして手を貸すわ」
みたいなこと言われたのですがそんなことはどうだっていい天孤ちゃんは?
天孤ちゃん来てくれないの?
うそーん/(^o^)\9割がた天孤ちゃんのために頑張ったのにw



あとは、よろず屋に夜に出てくるミフチを倒してくれと遠回しにお願いされたり、あれやこれや。
夜ミフチ、結構強くて苦戦しました。
くそっ、ミフチごときに…
と思ったらそういえば初期装備だった\(^^)/


今作から昼夜の設定があります。
動き回ってたらだんだん日が暮れて、また動き回ってたら夜が明ける。
自分の家の囲炉裏でさっと変えることもできるから、夜まで自宅待機も可能。


それから武器や防具の作り方も教わり、博士の発明した鬼ノ手(私自身よく分かってないので説明省く)を試したり、そういう流れで里の生活にも段々慣れてきた頃。




御役目所(任務受けるとこ)へ戻ると何やら物々しい雰囲気が……

どうやらイケメン陰陽師(※八雲)の部隊の近衛兵が鬼を追ったきり行方不明になったらしい。
助けに行こうと己の力量も弁えず立ち上がるニドラン。
絶対大型鬼が出てくるパターンじゃんこれ。
防具作ってから行こ。


まかせろイケメンだなほんと



監視小屋(中継地点みたいなところ)から、近衛の痕跡を辿って「安」の領域に行くことに。
ちなみに「安」は江戸〜明治。

オープンワールドだから当たり前だけど、領域は普通に繋がってるんですね
前は御役目を受けてから領域に飛んでたので。
今回は監視小屋を抜けたらそのまま地続きで安の領域に侵入した。
これは新鮮。



さて、と。
さっそく近衛を探しましょう!

しかし!行動限界があります。
異界は瘴気に満ちており行動できる時間の限界がある模様。
鬼を倒したりすれば伸びたり空間を比較的安全に出来るらしいのですが……
ま、要するに制限時間のことですね。
前作で言うところの。
異界だの瘴気だの言われても地続きだからピンとこないけどw


瘴気を払いつつ奥へ進んでいくと、大きな開いた場所で倒れている近衛を発見。
救出しようとしたら大型鬼が現れます。
防具作ってきて良かった。


初めましての鬼です。
極の時からいた?

そんなに強くないので普通に戦ってたのですが、突然こいつがあらぬ方向に走り出すから鬼千切はずしたわ何かと思ったら、時継/(^^)\

時継(カラクリ)は武器が銃なので、鬼とそこそこの距離をとって攻撃するんです。
そこを鬼に狙われたわけですね。
私が接近武器だから、あんまり距離とられるといちいち追いかけるか鬼ノ手使うかしないといけなくてかなり面倒。カゼキリの想い出が蘇る。
鬼ノ手を使えば一発で飛んでけるけど、双刀だから気力を大量に消費する鬼ノ手はそんなに使いたくないんだよなー。

時継を「指示:集」にしとくか。

これで鬼の突然の進路変更がなくなるはず。
少し鬼と距離が開くとただ突っ立てるだけになる使えない指示なので、あまり使いたくありませんが。
っていうか、時継、銃だから接近したら意味なくね?

時継の正しい使い方を教えてください、博士。



それはさておき…
これを倒すと柳生十兵衛のミタマが仲間になりました。
なんだ、隠か…

「空」早く来ないかなー。今はデフォルトの義経(攻)使用中。
ミフチの真正面を攻撃してる時ほんと空の瞬間移動がほしかった。
何故なら私はとりあえず突っ込むし守ることも避けることも考えてないから\(^^)/



さて、と。
行方不明の近衛4人のうち一人しか救うことはできませんでしたが……

「か、感謝する…」


イケメン陰陽師、ツンデレだったかー。
なんかなーツンデレ属性はなー
私あんまツンデレキャラにはキュンと来ないんですよ(どーでもいい)




風呂に入って本日は終了です。



※女湯の時間
アンタ最低だなww

【討鬼伝2】モノノフ誕生〜2始動・後〜


討鬼伝2始動でございます!

まだ体験版で既に配信されていた範囲しか進んでおりませんが、念のため…
※ネタバレがございますのでご注意下さい!




主人公を作成すると、いよいよ物語スタートです。


戦艦が守る広大な太平洋(※日本海かも。適当です)を縦横無尽に駆け回るカゼキリ(※アマキリかも。適当ry)やヒノマガドリ(※アメノカガドリかも。適t)の群れ。
戦艦をその巨大な尾で払い、横浜の都市を破壊していきます。
近代ワードきた、ヨコハマ。

…ちょっと話逸れるんですけど、横浜の海は太平洋側であってますよね?
地理苦手なんですよねー。それ以前の話
天気予報でもよく聞くだろ日本海側とか太平洋側とかって自分でも思うけど、天気予報って自分の住んでる地域くらいしか見ないじゃないですかw
この話ほんとどうでもいいですね!バカ晒しただけだったスイマセン/(^^)\



主人公(以後ニドランとします)九葉の隊の子らしい。
ちなみに九葉は前作・極で登場する霊山(モノノフ総本部)の偉い人です。
横浜の都市を守るためにモノノフとして戦います。
雰囲気的には明治時代っぽい。

そこで突如、空中から現れた何かの鬼。
その鬼が出てきた宙の渦に飲み込まれ……

と、ここまでがオープニング。



気がつくと、マホロバの里へ。
少女の博士とそのカラクリに助けられました。


博士も可愛いんですけど、それよりカラクリがでらかわ

しかも声が山寺さんですよ!
山寺さんと大塚さんの洋画吹き替えで育ってきた世代の私としては嬉しい限り\(^^)/


どうやらニドランは、横浜で戦っていた以前の記憶がないみたいです。
記憶喪失というやつですね。
しかし博士によると、横浜はどうやら10年前のオオマガドキで放棄されたらしい。
オープニングがオオマガドキだとすると…
ということは、この子も前作の初穂みたいに時の迷い子なのかな?

それなら、このマホロバの里でモノノフになっちゃえばいいじゃないか!
記憶が戻るかもしれないし、元の時代に帰れるかもしれないし!
という博士の提案で、ここで活動するモノノフになるために…


なにはともあれ、まずは里の皆さんにご挨拶です。
狭い里の中、人間関係は大事ですからね。

と思ったけど、里けっこう広かったw

この「!」の人達と話せばストーリーが進むみたいです。
誰がどの機能を担っているかの説明でした。
鍛冶屋とか、ミタマの機能とか。

どこにいるか分からない場合はスタート画面でも一発で確認可能。

次に何をすればいいかも分かるのが親切ですね。
しかしそこはかとなくRPGっぽい。


里の皆さんに挨拶を済ますと、今度は神垣ノ巫女の元へ。
神垣ノ巫女は里に鬼が侵入しないように結界を張っている守り神的な超重要な方。
その巫女さんがいる謁見の間へ赴いたのですが

そんなことより、この陰陽師がでらイケメンなんですけど/(^^)\
字デカくするとこ間違ってるww

なんかいちいち気に障るようなこと言うけどイケメンは正義


どうやらこの人は別の部隊の隊長さんらしいですね。
ということは…一緒に討伐に行けないっぽいな。残念。
私が好きなの何故かこういうのばっかw
前作の秋水とか、任務に連れていけない系ww
 

このマホロバの里にはいくつかの隊があるみたいです。
前作のウタカタの里は比較的小さな里でモノノフも少数でしたが、ここは大きなところだからなのか分かるだけでも3つはあるようで。
陰陽師(っぽい格好)の八雲が率いる鬼内中心のイケメン隊と、その反対側にいる外様中心のサムライの隊。
ちなみに、オオマガドキを基準にして鬼内はそれ以前から里に住む者、外様はそれ以降に里に住んだ者の呼び方らしく、二つは対立状態にあるようですね。
ニドランが配置されたのはそのどちらでもない紅月さんが隊長を務める隊。
我れらが隊長、紅月さんはでら美人ですが、折角だしイケメン陰陽師のとこ行きたかった\(^^)/



さて。
正式なモノノフになるには試練をこなさなければならないそう。
紅月の課した試練は「餓鬼10体の討伐」「鉄鉱石2個の採取」のふたつ。
なんだ、おつかいか。


簡単そうなんでさっそく行ってきます!
いよいよオープンワールドの世界へ!



ろーい\(^^)/
スゴイ、迷子になりそう。
地図見ても分かんなくなりそう。

段差をジャンプして上ったり、広大な地を走り抜けたり。

素材もその辺に落ちているので、わざわざ任務を受けなくても取りに行けて楽ですねー。
小型鬼も普通に出てきます。



さてと。
なんだっけ、餓鬼10体の採取だっけ。
なんでやねん。討伐だし採取は鉄鉱石だし。先行き不安wそりゃ紅月さんも簡単な任務にするはずだわ。

簡単だったのでここはあっさりクリア。
最後に中型の鬼が出てきたけど、そんなに強くなかったしそもそも味方の方が普通に強いので任せておいたら終わってましたw

これで、正式に里を守るモノノフになりました。
モノノフ・ニドラン誕生\(^^)/
逆に退治されそうな名前だけどww

【討鬼伝2】届きました〜2始動・前〜



討鬼伝2届きました\(^^)/
2日くらい前にww

いらん前置きはせず、さーっそく開始!



まずは主人公を作ります!
私は体験版で既に作っていたので、引き継いだだけですが…作成はこんな感じ。


前作までは顔は数種類の中から選ぶだけだったし髪型しかいじれなかったけど、今回は主人公の見た目をかなり細かく設定できるのです!いえい!

これから長い付き合いになる子ですからね!
しっかりじっくり作りこまないと……


で、2時間かけて作ったうちの子がこちらです。

\どーん!/

結局いつものやつかいwww

我が家ではお馴染みのニドラン雌です。
髪型違うだけで随分印象が変わるな。
まぁ顔はほぼ一緒ですけどねw
あとはほくろがあれば……!見えないだろうけどw

でもこれ、無双クロニクルやエンパで作った新武将とほぼ同じ顔を作れるくらい自由度が高いってことですから!
(ちなみに髪型と眉は後からでも変えられます)

体型も身長から太さ、女の子は胸の大きさまで自由に出来ますし、声の種類も20くらいあって高低までいらえるので完全オリジナルキャラが作れます。
無双の新武将を作るときとほぼ同じくらい色々設定できる。

妙に気になるのが、装飾品の眼鏡の数の多さですがww
ほんと、なんでこんなにメガネあるの?ってくらいw
むしろ眼鏡しかないww
フェチの方はいいかもしれない。



今回から新たに加わった武器!

盾剣
モン●ンとかフロ●ティアゲートとかの狩りゲーでは結構よく見るタイプの武器かなと。
むしろ今まで無かったんだよね、このタイプ。

体験版で使った感じでは盾と剣を切り替えながら攻撃していく攻守バランス型(まんま)
盾ゲージが溜まると剣で一気に攻撃みたいなのがあったように思うけど、一回しか使ってないしそもそも自分は守ること考えてないのでよく覚えてないw



もう一個が仕込鞭
鎖鎌の存在感が更に稀薄に……

中距離から攻撃できるのは勿論、忍者のように鎖を放って一気に間合いを詰めたり、敵の体内に針みたいなものを仕込んで爆発させたりと攻撃が多彩で慣れたら面白い武器だと思います。
空中攻撃も出来るし。


面白そうな武器が増えていますが、とりあえず突っ込めが信条の私は引き続き双刀でいきます。
色々使ってみたけどこれが一番性に合う。


次はいよいよステージへいきます!
いざ、オープンワールドの世界へ\(^^)/

なんせここまで設定するだけで2時間弱かかったのでww

<<prev next>>