かきあつめたる、言の葉の。



なんとか無事、2014年もやり過ごせたようです。


来年も平穏無事に過ごせますように、と祈る年の瀬です。


…最近は親より先に死んだらあかんよね?というのが最低限の目標だったりしております 



紅白か笑ってはいけないかを見ながら古今集やって、ちょっとお酒飲んで寝ます。


2日はダンナ仕事だから、寝正月確定です。
甥っ子が7時に遊びにくるかも知れないので普段通りに起きはしますけど(笑)


それでは、よいお年を。 

自堕落な晩ごはん。


………1ロール、いけるかな?と挑戦し、半分でリタイアしました 

米粉のスポンジはしっとり。
中は生クリームとカスタードとフルーツがっつり入ってます。


うん。この質実剛健な感じに敗れたのね、ワタシ。


1人だとたまに、こういう事やらかしてしまいます。


………年末だもの。



さてと。
ダンナは宿直だし、古今和歌集やりますか!


あ〜百人一首やりたいなぁ。

お疲れさまでした。



ムック本のおまけのレスポのカード入れ。
映画のチケット入れに使ってましたが、今日をもってお役御免であります。

映画館のカード、前売り券(ムビチケ)、ミニシアターの回数券は勿論、試写会のハガキも入るサイズ。
薄いがま口の小銭入れもいれて…飲み物やガチャガチャ代…も大丈夫だもんで重宝してました。


少々くたびれてきたので交代させます。
次のチケット入れもレスポです。


…いつかは、これとお財布、ケータイだけ持って映画にいけるようになりたいと切に願う今日この頃。

この世には、住むべきほどや



今日も今日とて早朝散歩。
…犬って年中無休。


朝1散歩はロイちゃんのみ。
綏子はんはまだ寝てます。
…サマータイムだと4時起きなんだけども(笑)


あとは布団干して寝室と使ってない六畳を片して、台所とリビングを掃除して、買い忘れた物を買いに行ったら、犬2匹散歩させて、綏子はんを洗って自分も昼風呂つかって、布団とりこんで、犬タオルを洗って、明日の準備して、タオル干して午後3時終了予定。


あとはテレビ見ながら今年のピンクほぼ日手帳を仕上げてビールいただきます。


あ、ロイの夕方の散歩いかなきゃだわ 

映画まとめ。


話題:映画。

…今年みた映画、勝手にベスト10です。

・洋画・

1・グランド・ブダペスト・ホテル
2・リアリティのダンス
3・フランク
4・オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ
5・アイム・ソー・エキサイテッド
6・エンダーのゲーム
7・ストックホルムでワルツを
8・フルートベール駅で
9・誰よりも狙われた男
10・バチカンで逢いましょう


1・グランド・ブダペスト・ホテル

ナンセンスでキュートで馬鹿馬鹿しくて純粋で。
シニカルな展開だけど、すごく面白かった。
…男の方が断然ロマンティストだと思う。


2・リアリティのダンス

アレハンドロ・ホドロフスキー監督にやられました。
お母さんのセリフが常にオペラ調なのがツボ。
シナモンアイスクリーム食べたくなる(笑)

3・フランク
マイケル・ファスベンダーの顔がほとんど見れないし、エキセントリックだけども、なんかよかった。
ナンセンスコメディと思ってたら途中からすごく重いテーマがぶちまけられて、ずーんときました。


4・オンリー・ラバーズ・レフト・アライブ

気だるい音楽と退廃的な登場人物。ティルダ・スウィントンめちゃ格好よかった!


5・アイム・ソー・エキサイテッド
どたばたコメディ。ひたすら笑い転げた。
もう途中から笑い声を堪えずひーひー言ってたのは、1人ぼっちで観賞したから(涙)


6・エンダーのゲーム

大好きなSF小説の映画化。
…映画の興行的にこけた感は否めないけど、中学生の時、初めて徹夜して読んだ小説なもんで感慨深い。
ヴィオラ・デイビスが素敵だった。


7・ストックホルムでワルツを

ジャズに興味をもつきっかけに。人種差別も、逆差別みたいなものがかなりきつい。これ、50年前位は当たり前だったんだよな、と愕然としたり。
サントラ、めちゃくちゃよかった。

8・フルートベール駅で

人種差別もさりながら。いつ人生が終わるかということは身近なことして感じるべきか。
平等なんて幻想だと思わしめるなにかむなしいようで、ならばどうする?と考える材料にも。



9・誰よりも狙われた男

ウィレム・デフォーがそんなに悪い奴ではなかった。
フィリップ・シーモア・ホフマンに黙祷。

10・バチカンで逢いましょう
バグダッド・カフェの女優さんがあのままおばあちゃんになっててすごくよかった。
どたばた、ほのぼの、しんみり。女は逞しい。
しばらくパンケーキ食べまくりました(笑)


・邦画・

1・青天の霹靂
2・そこのみにて光輝く
3・今日子と修一の場合
4・超高速参勤交代
5・テルマエ・ロマエ2
6・エイトレンジャー2
7・小野寺の弟、小野寺の姉
8・猫侍
9・小さいおうち
10・ジャッジ

1・青天の霹靂

しんみり、よかった。
大泉洋のカードマジックの手の動きがすごく滑らかだった。
あと「鳩でしょ?!」とぶちきれる劇団ひとりに爆笑。
試写会で監督の舞台挨拶も見れたし。よかった。

2・そこのみにて光輝く

佐藤泰志の小説をむさぼり読むに至る。寡作な作家さんで寂しい(涙)
綾野剛の訥々とした演技に悩殺される。
見終わって映画館を出ると侍ジャパンが負けていた。


3・今日子と修一の場合

地味なんだけど、ひしひしと辛さや悲しさ、やるせなさが溢れていて。地味だけど芯の強い役柄って安藤さくら似合うよなぁ。


4・超高速参勤交代

記念すべき(?)ダンナと初めて一緒にいった映画。
………これが最初で最後になるかもしれん(笑)
菊千代さま(猿)が可愛いかった。
キャストが豪華。六角さんの槍の達人キャラも可愛かった。


5・テルマエ・ロマエ2
1よりスケールは大きいけど、話的には1の方が綿密で面白かった。
アケボニウスとコトオウシュヌスの無理くり名詞化に爆笑す。
ハドリアヌス帝の次の次のマルクス・アウレリーウスは出てこなくて残念←マンガでは出てくるんだけど。


6・エイトレンジャー2

オレンジの井上陽水のモノマネにハマる。イエローのトリニダード・トバゴの歌。レッドがかっこいい。ナスの魂の叫びに爆笑しかける。
同じ監督さんの、spec結より、はるかに面白かった感は否めない。
…そして。ここから妹たちからの誤解のプレゼント攻撃が始まる(笑)

7・小野寺の弟、小野寺の姉

唐辛子やカラコン、畳貯金など、笑える事柄はたくさんあるんだけども。
時間を故意に止めているような…家がせつない。
兄弟姉妹ってむきだしの憎悪を向けても大丈夫な関係だったりする…それをなんとなく許したり許されたりできるなら。


8・猫侍
ひたすら、猫萌え。ビバ白猫。
ぬるい時代劇。それはそれでいいと思う。
猫が可愛ければそれでいい。
品がいい白猫さん。めためた癒される。
シゲちゃんが出てて嬉しかった。


9・小さいおうち

黒木華のおぼこい演技に刮目。
ちょっとSキャラの松たか子が格好よかった。
シャニダール観に行けばよかったなぁ…。


10・ジャッジ
きつねうどんの歌にハマる。
こん、こん、こん、こん♪
こし、こし、こし、こし♪
ちらっと出てた福本清三さんに萌える。
リリー・フランキーが地味にいい役。そういや、神様の言うとおりでも神様だったしなぁ(笑)




来年もいい映画に出会えますように。伏して祈ります。



前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2014年12月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31