夢日記

ブログでは久しぶりの夢日記。
いやあ、ツイッターにばっかり投稿していたんですけど、1400字超えちゃって、この量はこっちに晒した方がいいなあと思ったので。

というわけで以下、夢日記です。







映画館で映画を見ている。どうも学校の課外活動の一環らしい。でも、つまらない映画だから皆おしゃべりしていて、誰もスクリーンを見ていない。
クラスで人気のイケメンくん(以下:美形)は、前の座席に頭をぶつけるようにして居眠りをしている。彼のファンクラブの子たちがそれを見て和んでいる。ふと見ると、一人だけ変わった女子がいる。その子はちょっとぶちゃいくで、イケメンくんを一生懸命スケッチしている(以下:絵娘)。

何かの拍子に美形の手がだらんと垂れて、前の席に座る女子(前子)の頬に触れる。美形の手は前子の頬を撫でるように動いた。それを見たファンクラブの子たちは発狂したみたいに叫ぶけど、美形は眠ったまま。




場面転換。




学校の中庭のような、広々としたところ。たくさんの屋台がある。私は母親を待ちながら近くの屋台を回っている。野外ステージの出し物に目がいく。開催されているのはビビりの人決定戦。近場の屋台の屋根に入りつつ、その出し物を遠くから鑑賞していた。けれど、大柄な男がシュウマイ入りの人間大の箱を持ってやってきて、私は作業の邪魔になっているとわかる。迷惑をかけないよう場所を変えることにする。

どこからか、民族調の楽器の音がする。ひかれて足を進めると、「ラピュタ」と題された屋台に着く。アラビアっぽい雰囲気の人が民族楽器を吹いている。店員だと思うのだけど、客である私の方は見ずに、ひたすら机に立てかけてあるコルクボードを見つめている。ボードにはハイビスカスなどで作られた、ストラップ風の壁飾りが並んでいる。黄色いのが可愛いなあ、と思ったところで、別の民族楽器の音が聞こえる。今度はそちらに惹かれて足を向ける。

気付けば光がキラキラしている、森のドームみたいなところに来た。外から中を覗くと一変して薄暗くて、褐色の綺麗なお姉さん達が踊り子衣装を着てくるくる踊っている。見惚れているといつの間にか足元に少年がいて、ぐいぐいと中に引っ張り込まれる。私はお客様とされたのか、お姉さん達のうちの一人が前に進み出て外国語の口上を述べて、劇が始まり出す。でも、私は友達との約束があるから学園祭に戻らないといけないので、sorryなんて言って抜け出す。お姉さん達は私を引き止めることもなく、劇を続けていた。

ドームを出ると景色が変わっていて、森ではなく砂漠に着く。砂漠はどこまでも続き、いつまでも学園祭に帰れない。ドームに帰ってどういうことか尋ね、その間にも外の風景は移り変わる。劇の開幕口上を述べていたお姉さんが、彼氏とイギリス風の街を歩く映像が浮かぶ。気づくと私は、その街の人ごみに紛れてその他大勢として立っていた。前を歩く女の人を呼び止めると、「ここは私の記憶だし学園祭なんて知らない、帰れない」と言われて呆然とする。




場面転換。




昼間みたいに明るくて白っぽい博物館に入る。入場料が112円いるらしくてケチな私は嫌だなあと思うのだけど、友達が先々行ってしまったので、仕方なく後を追いかけることにする。

扉が無い代わりに、部屋と部屋の間を駐車場のゲートみたいな機械が通せんぼしている。赤い棒が降りていて、四角くて黒い機械にお金を入れると棒が上がって進める仕組み。しぶしぶお金を払う。お金を払わなくていいゲートもあるけど、そこは全て外へのショートカットなので出てはいけない。

進むと、遊園地とホラーハウスが混ざったようなホールに出る。そこには先に進むゲートが無く、来た道も無くなっている。学校の皆がそこで立ち往生している。映画館で見た美形と絵娘、前子、ファンクラブの方々もいる。どうしようもないので、ふらふら見て回っているとふと、ここに夢で一回来たことあるのを思い出す。確か…と考えている間に、プーさんの木の仕掛けに触れた男子がスライダーを通って蜂蜜まみれになっていて、そうそうこうなるんだったと納得する。

時間経過ごとに部屋がどんどんホラーになるみたいで、部屋の中をうろつくプーさんは中から化け物を吐き出しているし、お化けがガオーと脅してくる。前に夢で来た時、この部屋は謎解きをしないと脱出できなかったのを思い出しながら、壁を叩いたり裏口を探したりする。気づいたらホラー要素は無くなっていたんだけど、出口はないまま。

美形は灰色の平べったい岩の上で寝ていて絵娘が相変わらずそれをスケッチしている。ファンクラブの子が絵娘を咎めようとして、美形はそれを大きなお世話とばかりに睨むんだけど、そこで誰かの声がする。

「ホールはせっかく明るくなったのにどうして彼の居る皿だけは灰色なんだろうね?」それを聞いて皆、美形が恋をしていることに気づく。美形は立ち上がってファンクラブの子のうちの一人に歩み寄る。

それを見て、ずっと大人しかった前子が大泣きする。そのままやけになったように大声で歌い始める。曲はボカロの林檎売りの泡沫少女。それで暗かったホールがぶわっと白く色づいたと思った矢先、美形が前子の手をぐいと引いて走り始める。それで、美形は前子を選んだのだとわかってしまう。ファンクラブの子たちはぎゃあぎゃあ騒ぐし、絵娘は諦めたようにスケッチブックを見やる。

美形は「急がないと扉が閉まる」と言って、気づいたらできていたゲートを通り抜ける。次の間には「タナと夜の魔物」という題字、八雲紫が待ち構えているのが見えたところで目覚めた。



夢日記短文風

僕は走っていた。シロの手を繋いで、彼女を助ける使命のようなものを身勝手に感じながら。赤紫の空が僕らを覆う。足元では草がそよいでいる。ざわざわ。ざわざわ。
空の向こう側に浮かぶ島。大地をくり貫いて引っこ抜かれたそれは、機械も何もなくただ当然のように浮いていた。ここからだと崖のような下部しか見えないけれど、僕はそこに城があることを知っている。僕らの走る先が地の終わりだということもまた、悟ってしまっていた。

駆けている間に大地の果てに辿り着いていた。ようやく立ち止まる、息は切れていないのにひどく焦る僕がいる。赤紫の空を見下ろして、浮かぶ離島を見下ろして、さあ、今すぐあちらへ飛び移らないといけない。僕らを迎えるように小さな柵が開いている。そこ目掛けてさあ飛ぼう。シロの手を、離した。きょとんとした顔をする彼女、背中で可愛いなって思いながら、僕は飛ぶ!

コンクリートと排水溝。空はいつのまにか灰色の路地裏へ早変わり。
痛みは無いけど僕は死ぬ。ああ駄目だ、こんなの駄目だ。

そう、シロがあそこで僕を引き留めてくれたら。



そしてまた僕は、シロの手を繋いで、赤紫の空の下を駆けていた。
大地の果て、狭く遠いあの柵を越えなくては。シロの手を、離す。
離す、はずが、シロは僕の手を掴んだままで、首を横に降る。泣き出しそうな顔をして、僕にはその理由がわからない。
一人は嫌か、なら一緒に飛ぼうか。
シロの手を引いて、また、僕らは飛んだ。


あの離島に、あの城に辿り着けたのかは、わからないまま。





___________
シロはデッドマンワンダーランドのシロちゃんです。

夢日記

久々の更新が夢日記。相変わらずマイペースに生きております。


さて。今日見た夢。



私はかっこいい人になって、背の高い女の人と一緒にシエルとセバスのコスプレをしている。着替え終わってトイレ出てきたら、女子学生に話しかけられる。
彼女は、ミスコン優勝した超美人さんのセーラー服をお下がりで頂いたらしく、着たいなら私たちに貸してあげるよ、とのこと。

いつの間にか私はチャラい男の人になっていて、いやいや女装の趣味はないからね、って断る。



気まずくなって移動して、おしゃれなカフェみたいな机椅子の置いてある場所につく。

ふと見ると柵の向こうには濁って黒々とした夜の海、どうも俺はフェリーに乗っているらしい。

口紅が綺麗な女が話しかけてきた。俺も口説こうと思ってへらへら話を合わせる。机の上に置いてある青色の縦長いパッケージに入ったガムが気になる。
いる?って女が聞いてくる。いや俺ガムはちょっとなー、と曖昧に答える。私はガム嫌いじゃないけど、俺はなんか嫌。

女がガムを指差して「これ何だかわかる?」と聞く。俺が答える前に女はガムパッケージの封が開いた部分を俺に見せた。中にはガムと粉薬。

改めてガムのパッケージを見ると、「あんぱん粒黒砂糖」と書いてある。女はそれを読み上げる。ここでようやく俺は女が運び屋なのだと気づく。青ざめている俺を見て、女は寂しそうに「じゃね」と手を降った。

俺の口の中には粉まみれのガムが入っていた。







という夢でした。

近頃、夢の中で性別が変わっていることが多いです。なぜでしょう。
なかなかに雰囲気のある夢でした。

夢日記

今日はなんだか切なげな夢を見ました。メモメモ。

貴族が使いそうな長テーブルに何人かが座って食事をしている。テーブルの中央には白いハンカチが鏡のように立てかけられている。 
そのハンカチにはずっと望んでいる人が映るそうだ。
座っている人達には一人の女性が見えているらしい。ウェーブがかった長い栗色の髪が印象的な可愛い人。

皆さんは高圧的に、皮肉めいた口調で、傍らに立つ老執事にもそのハンカチを見るように命令する。執事には皆さんの見えている女性も見えていたのだけれど、もう一人、彼女の双子である女性が見えていた。そのことを素直に伝えると、罵詈雑言が浴びせられる。
双子のことを悪く言うのに耐えきれなくなって、執事は部屋を出て行く。
白いハンカチにはそれでもにこやかに笑う二人が映っていた。


という夢。
なんだか可哀そうだった。

久々に夢日記

ブラックキキーモラとキキーモラが戦っている。ブラックキキーモラが一方的に喧嘩を仕掛ける。一度はブラックキキーモラ優勢の引き分けになって、ブラックキキーモラと燐、キキーモラと誰かのペアで行動することに。キキーモラは傘をブラックキキーモラに渡す。
場面変わって、やはりブラックキキーモラが喧嘩を仕掛ける。ブラックキキーモラはマシンガンを撃ちまくるけどキキーモラは無傷。

そしたらとつぜんブラックキキーモラが地面の地雷に巻き込まれる。1つ作動したらキキーモラを中心に円上に爆発。ブラックキキーモラは気絶。今度はキキーモラがうんざりしたようすでショットガンを持ち出してとどめを差す。絶え間なかったマシンガンの音が消える。

私は男の子で、キキーモラになんで殺したんだと詰め寄る。傘まで渡すほど気遣える仲だったのにって。そしたらキキーモラが私たちは代わりがあるから、と目の半分がうるうるした涙に覆われた状態で吐き捨てて走っていく。

イフレールって悪いオリキャラがいて、やつは自分を格ゲーのキャラに置き換えて、位置調整とかしながら仲間を殺す裏切り者。見た目は髪長くてなよっちい男。やつがイフリックってちっちゃい仲間を殺して道端に死体を放置してて、それを燐が発見。犯人を追いかけようとする。

イフリックは実は生きてて切れ切れの声でダイイングメッセージを言ったけど、それがあだになって燐はイフレールを放置して通りすぎて奥にいる別の仲間を問い詰めようとする。殺しかけたところでめがさめた。雨が降る、ロープウェー街みたいな路地だった。



別の日の夢。



母親と兄妹。母は兄を虐待している。妹エリカは傍観。ふだん妹は可愛がられている。

母が癇癪を起こす。兄をもっと残虐にいじめないとって言い出す。妹はどうも実は兄が好きらしくて、「アンダーラインも引かれていないヘンゼルとグレーテルの本を持ってきて淡々とどういう拷問が効果的か説明しようとした」(←文章が頭に浮かんだ。国では兄をいじめるのが当然らしくて、周りにはそのための拷問全集みたいなのがあったからそれがマニュアルになっているのに、わざわざマニュアルでもなんでもない普通の本を持ち出した怖さ、ヘンゼルとグレーテルは実は怖いんだよってのを出したかったみたい)けど、母親の癇癪が収まらなくて怒鳴られていた。
兄が逃げようとするのを見て妹はにこやかに手を振っていた。タイバニのホァンみたいな口調と外見の妹だった。
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚