スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

夢日記

ブログでは久しぶりの夢日記。
いやあ、ツイッターにばっかり投稿していたんですけど、1400字超えちゃって、この量はこっちに晒した方がいいなあと思ったので。

というわけで以下、夢日記です。







映画館で映画を見ている。どうも学校の課外活動の一環らしい。でも、つまらない映画だから皆おしゃべりしていて、誰もスクリーンを見ていない。
クラスで人気のイケメンくん(以下:美形)は、前の座席に頭をぶつけるようにして居眠りをしている。彼のファンクラブの子たちがそれを見て和んでいる。ふと見ると、一人だけ変わった女子がいる。その子はちょっとぶちゃいくで、イケメンくんを一生懸命スケッチしている(以下:絵娘)。

何かの拍子に美形の手がだらんと垂れて、前の席に座る女子(前子)の頬に触れる。美形の手は前子の頬を撫でるように動いた。それを見たファンクラブの子たちは発狂したみたいに叫ぶけど、美形は眠ったまま。




場面転換。




学校の中庭のような、広々としたところ。たくさんの屋台がある。私は母親を待ちながら近くの屋台を回っている。野外ステージの出し物に目がいく。開催されているのはビビりの人決定戦。近場の屋台の屋根に入りつつ、その出し物を遠くから鑑賞していた。けれど、大柄な男がシュウマイ入りの人間大の箱を持ってやってきて、私は作業の邪魔になっているとわかる。迷惑をかけないよう場所を変えることにする。

どこからか、民族調の楽器の音がする。ひかれて足を進めると、「ラピュタ」と題された屋台に着く。アラビアっぽい雰囲気の人が民族楽器を吹いている。店員だと思うのだけど、客である私の方は見ずに、ひたすら机に立てかけてあるコルクボードを見つめている。ボードにはハイビスカスなどで作られた、ストラップ風の壁飾りが並んでいる。黄色いのが可愛いなあ、と思ったところで、別の民族楽器の音が聞こえる。今度はそちらに惹かれて足を向ける。

気付けば光がキラキラしている、森のドームみたいなところに来た。外から中を覗くと一変して薄暗くて、褐色の綺麗なお姉さん達が踊り子衣装を着てくるくる踊っている。見惚れているといつの間にか足元に少年がいて、ぐいぐいと中に引っ張り込まれる。私はお客様とされたのか、お姉さん達のうちの一人が前に進み出て外国語の口上を述べて、劇が始まり出す。でも、私は友達との約束があるから学園祭に戻らないといけないので、sorryなんて言って抜け出す。お姉さん達は私を引き止めることもなく、劇を続けていた。

ドームを出ると景色が変わっていて、森ではなく砂漠に着く。砂漠はどこまでも続き、いつまでも学園祭に帰れない。ドームに帰ってどういうことか尋ね、その間にも外の風景は移り変わる。劇の開幕口上を述べていたお姉さんが、彼氏とイギリス風の街を歩く映像が浮かぶ。気づくと私は、その街の人ごみに紛れてその他大勢として立っていた。前を歩く女の人を呼び止めると、「ここは私の記憶だし学園祭なんて知らない、帰れない」と言われて呆然とする。




場面転換。




昼間みたいに明るくて白っぽい博物館に入る。入場料が112円いるらしくてケチな私は嫌だなあと思うのだけど、友達が先々行ってしまったので、仕方なく後を追いかけることにする。

扉が無い代わりに、部屋と部屋の間を駐車場のゲートみたいな機械が通せんぼしている。赤い棒が降りていて、四角くて黒い機械にお金を入れると棒が上がって進める仕組み。しぶしぶお金を払う。お金を払わなくていいゲートもあるけど、そこは全て外へのショートカットなので出てはいけない。

進むと、遊園地とホラーハウスが混ざったようなホールに出る。そこには先に進むゲートが無く、来た道も無くなっている。学校の皆がそこで立ち往生している。映画館で見た美形と絵娘、前子、ファンクラブの方々もいる。どうしようもないので、ふらふら見て回っているとふと、ここに夢で一回来たことあるのを思い出す。確か…と考えている間に、プーさんの木の仕掛けに触れた男子がスライダーを通って蜂蜜まみれになっていて、そうそうこうなるんだったと納得する。

時間経過ごとに部屋がどんどんホラーになるみたいで、部屋の中をうろつくプーさんは中から化け物を吐き出しているし、お化けがガオーと脅してくる。前に夢で来た時、この部屋は謎解きをしないと脱出できなかったのを思い出しながら、壁を叩いたり裏口を探したりする。気づいたらホラー要素は無くなっていたんだけど、出口はないまま。

美形は灰色の平べったい岩の上で寝ていて絵娘が相変わらずそれをスケッチしている。ファンクラブの子が絵娘を咎めようとして、美形はそれを大きなお世話とばかりに睨むんだけど、そこで誰かの声がする。

「ホールはせっかく明るくなったのにどうして彼の居る皿だけは灰色なんだろうね?」それを聞いて皆、美形が恋をしていることに気づく。美形は立ち上がってファンクラブの子のうちの一人に歩み寄る。

それを見て、ずっと大人しかった前子が大泣きする。そのままやけになったように大声で歌い始める。曲はボカロの林檎売りの泡沫少女。それで暗かったホールがぶわっと白く色づいたと思った矢先、美形が前子の手をぐいと引いて走り始める。それで、美形は前子を選んだのだとわかってしまう。ファンクラブの子たちはぎゃあぎゃあ騒ぐし、絵娘は諦めたようにスケッチブックを見やる。

美形は「急がないと扉が閉まる」と言って、気づいたらできていたゲートを通り抜ける。次の間には「タナと夜の魔物」という題字、八雲紫が待ち構えているのが見えたところで目覚めた。



アニメ「まおゆう魔王勇者」感想

「知らない世界を見知った世界に変えていこう」
改革への第一歩な前置き。




えー、今回はアニメ「まおゆう魔王勇者」の感想をつらつら書きますね。
原作はなんと創作スレだそうで。単行本や漫画版もありますが、自分は未読です。ただ、これ今となってはちょっと後悔しています。というのも、原作既読前提で話が進んでいる感じだったので……。惜しいことをしてしまいました。
とはいえ、決して面白くなかったわけではありません。


まず何より誤解されていると思われる、ジャンル。
ファンタジーではあるんですが、バトルとか正義悪とかの話ではありません。こう、世界平和のための戦闘や、経済に近い話が多いです。奴隷制度とか貨幣とか。あとはまあ、勇者と魔王の恋愛要素もあります。
自分はこの辺りを勘違いしていたので、予想外の方向に転がっていく話が楽しかったですねー。



さて、見どころとしては、



・魔王と勇者のいちゃいちゃ

いやはや殴る壁が足りない。
勇者は何だかんだで照れつつも、きっちり男らしくいちゃつく良い男だなーと思いました。魔王も可愛いし!抱き枕ごろんごろんするシーンにやられました。
駄肉だの髪の毛モフモフだの、チョイスする単語が何かと可愛くって。二人の掛け合いも大好きです。痴話げんかするところは特に笑いましたw ぷにぷに……



・音楽

なぜかコメントではあまりみませんが、このアニメ、音楽がとても良い。というか好み。
BGMにはっとさせられることが多かったです。私が民族調曲好きなので、そのせいかもしれません。
OPもほんのりオーケストラ(?)ちっくで良いなー、なんて。なんというか、こう、ピアノ?アコギ?この辺詳しくなくて申し訳ないんですが、劇団っぽいのが良いんです。



・色合い

なんとなーく、アニメ=色が派手というイメージがあるんですけれども、まおゆうは素朴でセピアな色合いが多いように感じました。それでいてビビッドな色合いの魔王様が溶け込んでいるのが凄いなあと。視覚的に、見やすいアニメです。



・台詞

各話のサブタイトルが色んなキャラの台詞になっています。
この台詞がまた良いんだなあ。特に女騎士の台詞には名言だらけです。きょとんとした顔で〜、とか、魔族軍最強との会話とか。
かっこいいシーンで台詞がばしっと決まると惚れ惚れしますよね!

あのアザラシっぽい魔族が可愛いデザインだったのは、魔族であってもよくよく見れば愛嬌があって仲良くなれるかもしれないんだよー、なんていうメッセージなのかなー、なんて。




で、問題はストーリーなんですけども。

こちらはどうも揮わない印象。
うーん、話や視点がバラバラのまま二転三転するので、うまく見れなかったんです。シーン切り替えもわりとブツ切れで雑な感じでしたし。どうしても散漫で、キャラクターが何のために動いているのかがわかりづらかったかなあと。

魔法使いちゃんも、コメントを見るまで三重人格だとわからなかった……。
終わり方も、これでおしまい?と言いたくなるようなあっさり感。残念です。
二期があるのかなあ……?


原作既読の人の感想も気になるところですね。
作画は安定してたし、キャラ萌えとしては十分楽しめます。
演説もついつい泣いちゃったし。




というわけで、
全体として見るとやや低評価にならざるをえない
一部分やワンシーンを取りあげるとすごく素敵
そんな感じのアニメでした。

アニメ「新世界より」感想

「偽りの神に抗え。」
このキャッチコピーに勝るものがかつてあっただろうか。



というわけで、今回はアニメ「新世界より」の感想をつらつら書きます。
原作は既読。これむしろ、未読で話についていけるのだろうか……? アニメで見ると、心理描写が少ない分、早季がよりツンケンしていたりマリアの守への想いが急に見えたりしていて、ギャップがありましたね。
色々と突っ込みどころもあったけど、終わり方は良かったなーと思います。



では、まず良いなあと思った点から。




・新生物の視覚化

貴志祐介の作品では細かな裏付け、それっぽさが魅力だと思っておりまして。中でも新世界よりでは新生物と思しきものたちの説明が綿密でした。
で、アニメでは、原作の長大な説明をうまく省略して、かつきちんとそれらしい姿で多く登場してもらえたのが良かったなあと思いました。ああいう不思議な生き物って、どうしても自力で想像するとなると難しいので……。
バケネズミも、ちょっと気味悪い感じで、まさにこれって感じ。ミノシロモドキはあんなに可愛くなるとは思ってもみませんでした。あれ良い、一匹欲しい。



・新世界をにおわせる世界観

新世界より、のタイトルのフォントもそうですが、キャラクターの服装や建物など、特徴的な部分が多かったように思います。こういう、ぱっと見てわかる別世界っぽさはアニメならではだなーと。


・割れたリンゴ

ED。映像、曲、共に大好きです!
特に映像、抑えた色合いの幻想的な感じがたまりません。最後、早季が泣くところ、こっちも泣きそうになります。良いわあ。




それと、残念だった点は、




・作画、というか、画風?

12歳、14歳、26歳、と時代が変わっていく3部構成になるのですが、どうも安定しないなーと思いました。もちろん、年齢が変わって外見や顔つきが変わるのなら納得できます。でも、特に14歳編の時、話数ごとに顔つきが違い過ぎて、すっごく違和感がありました。アニメですから常に安定するわけでないことも色んな人が作画を担当しているのもわかってはいるんですが……もうちょっと、何とかならなかったのかなあ。
ついでに言うと、高齢の人も中年の人も若い人も皆同じような感じで、年齢差がそこまで感じられなかったのも残念だなーと思います。せっかく外見的にも成長する話なのに。



・突然の英語

あれだけは、あれだけは謎でした。
ぶち壊しとまではいかないにしても、えっ?と思って、流れが止まっちゃった感じが……。
演出が奇抜なところがあって、時々ついていけなかったです。





うーん、正直、原作を読むだけで十分楽しめる話ではあると思うんですが……
でも、アニメ化で原作に興味を持つ機会ができたのならそれはそれで良いことですよね。


偽りの神に抗え。
全てを知る前と、知った後で、こんなにも意味合いが違ってくるとは。
本当、センスのあるキャッチコピーだなあと思います。


意外だと思ったのは、これをハッピーエンドだと言っている方をわりとちらほら見かけること。
………ハッピー、かなあ。
むちゃくちゃ怖いエンドだと思いました。後味悪いと言うか、下手な鬱展開より気力を削がれる気がします。



ネタバレしすぎるのも良くないので、この辺で。

アニメ「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」感想

「的確に殴るためにはそれ相応の頭の回転が必要」
喧嘩などしたことない前置き。




えー、今回はアニメ「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」の感想をつらつら書きますね。原作は今のところ3巻まで既読です。

タイトルが強烈で避ける方もいるようですが、このタイトル、本来は「ギフトゲーム」になるはずだったそうです。どうしてこうなった!どうしてこうなった!

異世界ゲーム(バトル)ものの話で、基本的には知力を尽くして突っ走ってぶん殴る爽快なエピソードが多いです。民話や神話を元にする能力が多いので、その辺りが好きな人にもオススメできます。




・1話の改変

原作と比べて、特に改変があったのは1話かなーと思います。
十六夜や飛鳥のモノローグがさくっと削られて、代わりに黒ウサギとのゲームが新しく加わっているんですね。これ、自分は良い改変だと感じました。
どうしても序盤、十六夜はいわゆる脳筋キャラと勘違いされがちです。というか自分が、原作を読んでいる時にてっきりそうだと思い込んでいました。けれども、アニメでこのエピソードが加わったことで、十六夜の規格外っぷりとけっこう回る頭と力押しっぷりが見事に片鱗を見せているんですよね。あと耀の、匂いをつけておくという動物パワーもちらっと見えて、なお良しです。



・動く、しゃべる!

当たり前なんですが、アニメになるとやっぱり動いてしゃべってくれるわけで、これがまた期待どおりでした!
黒ウサギはちゃんと、アナウンサー(司会)っぽい声と勢いある突っ込み声、両方出せる子になっていましたし。飛鳥もお嬢様らしく、耀もちょっと大人しげ。この辺りは自分の期待通りだったわけですが、期待を大きく上回ってくれたのが十六夜の中の人です。チンピラ芸がすんげぇうまい!!と書いちゃうとアレですが、あのちょっとぶっ飛んだ感じの叫び声とかがツボなんです。たまらん!
動く、という面ではやっぱりバトルでしょうか。黒ウサギの動きがいちいちあざといです、好きです。あとペスト!ペストがちっこい体で腕を振り回すのが可愛かったです。



・OP、ED

OPはサビが耳に残りますねぇ。1、2、3の辺り特に。
すごく一部分で申し訳ないんですが、「1」の時に出てくる嬉々として拳を振るおうとする十六夜さんの悪い顔が超お気に入りです。あそこだけループさせたいくらい好きです。いいわあ、悪い顔。
EDや次回予告のミニキャラも可愛くって好きです。OPがそれほど動き回らないのもあって、EDのぬるぬる動く様は驚かされましたねー。耀のダンスかっこいい…!



・説明不足

一つだけ残念だったのが、説明不足。
原作でも感じてはいましたが、神格や恩恵についての説明がしっかりないので、少々置いてけぼりになりがちです。それこそ初めの黒ウサギの説明の時に映像化を利用して図式とか出してくれるかなーと思っていたんですが、残念ながらありませんでした。
ふわっとした感じで流せる部分ではあるんですけども、説明と映像をうまいこと組み合わせてくれることを期待していたのもあって、ほんのりがっかりです。
どうしても、ハーメルンの後半が駆け足なのも惜しいです。東方遠征の辺りは明言してほしかったなあ……。


・溢れる異世界感

アニメの方ではそれこそ異世界っぷりが目で感じられて嬉しかったです。原作を読んでいてイメージしづらかったのが、ペストを追い込む時のチャンドラマハルへご招待のシーンでした。あれ、動きもいいし綺麗でしたねぇ。やっぱりファンタジーを自力で想像するのは難しいところがあるので、こういうところ嬉しいです。




とまあ、こんな感じで。
すかっと爽快、といっても空っぽなわけでなく、ゲームはしっかり考えられていて面白い作品でした。アニメの出来も満足です。話数がやや少ないのは惜しいけど、十分楽しめました!
黒ウサギかわいい!!!
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚