初心者による初心者のためのアンライト初心者入門

「舞台では死に際こそが華である」
名脇役な前置き。



えー、フリーゲームが楽しすぎて近頃はフリゲー専門ブログとなりつつある昨今ですが、今回は無料ブラウザゲーム「アンライト-unlight-」を取り上げますね。
というのも最近、このアンライトにすっかりハマりこんでしまいまして。まだまだ始めて1週間ですが、せっかくなので初心者だからこそわかる悩みがちな点を取り上げて、布教に勤しもうと思います。

そもそも始めたきっかけはtwitterで流れてきた興味深い宣伝文句からでした。
「登場キャラクターは全員死んでます!
個性豊かなキャラ達の死因に関するエピソードを探りつつ進めるゴシックTCGです!」
……ヤンデレ鬱展開好きとしてはやるしかないですよね?
はい、ホイホイ釣られました。ニコニコアプリ版で楽しくやらせて頂いてます。グリュンワルド王子とロッソさんにお熱です。

で、対人戦の場を見ていると私と似たような経緯でいらっしゃったのかちらほら新規さんがいらっしゃるようでして。ちょっと嬉しい。これを機に繋がれればいいなーなんていう裏もあったりします。



さて、ようやく本題。
始めた頃の自分が躓いた点は3つでした。
@操作方法 Aデュエル Bレイド
これらを取り上げて、豆知識などを書いていきますねー。




@操作方法
一応チュートリアルはあるのですが、クリックしてみると目次がいっぱい……。ゲームを始める前のわくわく感が説明で冷めちゃうのはなかなかもどかしいものです。
最低限「クエスト」の項さえ見ておけばあとは大丈夫なはず。
後はいざって時のヘルプくらいに思っとくと良さそうです。
また、チュートリアルは文字送りがちょっとゆったりで見づらいので、さっさと概要を確認したい場合は公式サイトの遊び方(official.unlight.jp)を見るのもオススメです。




Aデュエル
コミュ障にとって最大の難関がこれです。
私は初めて部屋を立てるとき心臓がガチで飛びでそうでした。
でも、かといってデュエルをやらずに進めるのはもったいない! 一日1回デュエルをするとご褒美がもらえる他、キャラカードゲットに繋がるミニゲームもできますし、何より楽しいんです。
というわけで、「対人戦怖い!なんか知らないマナーとかあったらどうしよう!負けますとか自爆って何!?」そんなあなたにお送りします。

と、本題の前に。
デュエルではチャットシステムを使ってお話することができます。初対面の人に対して積極的に会話を続けることは少ないですが、デュエル開始前に宜しくお願いしますと挨拶できるようにはしておくと心の平穏が保てます。チャットの文字を打つ場所は、バトル画面で「〜の攻撃」「あなたがイニシアチブを取りました」などなどの情報が入ってくる枠の下、横長に細い枠の部分です。文字を打ちこんでエンターを押せば打ちこまれます。

あと、AP表示の横にある小さい☆マーク。
これはAP消費無しでデュエルできる回数を指します。
せっかくなので1日3デュエルこなすととってもお得です。


さて。ではデュエルについて。

1.誰かが立てている部屋に入る場合
人が多い時間帯はやっぱり夜、だと思います。
場所はディートヘルムがオススメ。
で、入っても何も表示が無い場合はまだ部屋が立っていません。
のんびり待ってみましょう。
お待ちかねの部屋が立ったら、部屋名を見てみます。

「よろしくお願いします」……デフォルト名。誰でも入っておkです。
「負けます」……相手が負けてくれる部屋です。基本的に相手は無反応ですが、
HPを減らす自殺技を使ってくれる人もいます。
焦らず殴りましょう。
相手が「ネネム」を使っていたら大抵自殺技してくれるので、
その場合は中距離維持がおすすめです。
「無言」……チャットはしませんという意思表示。
話しかけるのは止めておきましょう。
「自爆」……相手が自爆という技を使って、引き分けにしてくれます。
HP○○以下とあればその条件に合わせて、
特に条件がなければHP10以下のキャラで。
「待ち」「フレンド」「fr」……特定の人を待っている部屋です。
「相互希望」……勝ち逃げは駄目、
お互いに1回ずつ勝って負けましょうという部屋です。
初めての場合は避けた方がいいかも。
やるならお相手の名前をメモして、
デュエル後に部屋立てを忘れないようにしましょう。

他に意味のわからない部屋があったらとりあえず避けておくのが無難です。初なら「負け部屋」か「よろしくお願いします」に入るのが良いかなあと思います。

ちなみに「L3」……ノーマルカードレベル3、「R2」……レアカードレベル2、「M1」……モンスターカードレベル1、です。



2.自分で部屋を立てる場合

やっぱり立てる場所はディートヘルムがオススメです。
で、部屋を立ててから数分は我慢して待ってみましょう。
部屋に入る側としては、AP回復待ちだったり、
デュエル用のデッキを選んだりとちまちまやってる間に
キャンセルされちゃうとちょっと寂しいのでw

……ちなみに。
「どうしてもデュエルは怖いけどフレンドとかいなくて誰も頼れないふぇぇ」
っていう方がいらっしゃれば良ければツイッター@takatuki_skに話しかけてもらえれば嬉々として馳せ参じます。ニコニコアプリまたはmixiでやってる方としかできませんが……それでもまったく知らない人とランダムで当たるよりは怖くない、かなー、なんて……。とりあえず私みたいなフレンドゼロの無課金チキンでも楽しくやれるのでご安心を。





Bレイド

ぶっちゃけると、参加するだけでアイテムがもらえます。ガンガン行こうぜ。
レイドの遊び方は前述した公式サイトを参照して頂くとして、ここで取り上げるのは、どこでレイドコードを手に入れればよいのかについてです。

1.誰かの渦に参加する
フレンドさんや知り合いの人の渦に参加するのが
一番お手軽ではありますが……。
まあ私はいないので、今は一生懸命掲示板をチェックしています。
というわけで、始めたばっかだけどレイド参加したいと言う方は、
こちら(com.nicovideo.jp)を
チェックしてみると良いかと。なお、これはニコニコ・mixi版に限ります。モバゲはまた別。

ちなみに、レイドには撃破報酬というものがあります。
撃破報酬とは文字通り倒した人だけにもらえる特別な報酬のことです。
横取りは好ましくないので、
発見した渦のHPが減ってきているようなら注意しましょう。

用語としてはこんな感じ。
「拡散おk」……ツイッターや知り合いの人にコードを教えておk。
「LAご自由に」……撃破報酬もご自由に。
いけそうなら狙ってみるのもありです。
「霊亀」「黒死獣」など……渦に出てくるボスの種類です。
「ワンパン」……1ターンだけ参加して参加報酬のみもらうことです。
初めての人は参加報酬狙いで色々顔を出してみるとお得。


2.自分でコードを出す
アイテムを使って自力で渦を解放してしまうのが確実っちゃあ確実。
初めたばかりの人が一人で渦を倒すのは
とてもじゃないけど無理なので、これもフレンドを頼ったり、
掲示板にコードを晒して撃破のお手伝いを募るのが良いと思います。






とまあ、こんな感じで。
やってみたいけどなんかよくわかんない!暗黙のルール怖い!
そんな方の手助けになっていれば幸いです。
(あともし間違いがあったらコメントで教えてもらえるとありがたいですw)

フリーゲーム「おほしさまのみつけかた」感想

「大人になればなるほど子どもの純粋さに惹かれるものです」
イエスロリノータッチな前置き。



えー、前回前々回に引き続き今回も、ゆうあかり(light77.sakura.ne.jp)さんところのフリーゲーム「おほしさまのみつけかた」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
ヒロインの年齢が低めというのもあって、ストーリーは全体的にほのぼのとしています。

さて、ネタバレにならない程度にキャラクターの感想を。



・織姫
起こって笑って泣いてと、パワフル元気いっぱいなヒロインさんです。けっこう怒りっぽいので、うぅんと思う方もいるかもしれませんが、悪いことした後はしっかり謝れる良い子です。私もにんじん嫌いだよーと共感を覚えるなど。


・彦星
台詞の端々から出てくるやばい人オーラ。
口調が幼い感じの人だなーと感じたのですが、織姫ちゃんに合わせているのか素なのか、どちらにしてもなんか逆に怖い人です。

・昴
素黒い感じが魅力の方です。
教育係、つまり光源氏……。眼鏡バージョンもあって大歓喜でした。やはり執事は眼鏡でなくてはね。彦星にどうやってねちねち言ったのか知りたいところです。


・菱星
可愛い。大本命です。
彼女のスチルにはときめかされました。エンドでの口調もかっこいい。胸に飛び込んでいきたいです。


・お父さん
まさかの立ち絵。そしてイケメン。




攻略対象の彦星と昴が並ぶと、カラーリングや服装の対照っぷりが際立って良かったですねぇ。ただ、立ち絵だと等身の違いが出ないので、織姫の低年齢さがちょこっと伝わりづらかったのが惜しかったかなあ。その、犯罪臭が漂いすぎるのもまずいですがw



何にせよ、綺麗なスチルにほのぼのストーリーで、まったり癒される作品でした。端々に見られるほのかなヤンデレさにもどきどきです!

フリーゲーム「さくやさくらに恋ひにてし」感想

「ふさわしいかはこちらで決めること」
当人は案ずることなく逢瀬をどうぞな前置き。



えー、今回は、ゆうあかり(light77.sakura.ne.jp)さんところのフリーゲーム「さくやさくらに恋ひにてし」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

コンプまで数時間かかる恋愛ADVで、ヤンデレ要素ありの和風ものです。サイトの紹介文には[ほのぼの甘8:すれ違い2]とあったので、実は当初DLしてなかったんですよね……でも後々、ヤンデレルートがあると聞いたので改めてプレイしてみました。
私の感覚では、[ほのぼの6:すれ違い病み4]な感じだったかなあと。4つのエンド中2つが危なげだからでしょうね。

というわけで、ネタバレしすぎない範囲でキャラクターについて。



・桜子
控えめながらも芯はしっかりした良い子です。例えバッドでも想い続けられているというのがたまりません。初めは、せっかく和風なのにガイジンキャラかあと思っていたんですが……後半でしっかりこの特別な容姿が生きてきてくれました。いやあ勘違いしていた、良い設定です。

・三ノ宮
軍人さんですよ軍人さん!
ノーマルエンドでの腕つかみ素口調には大変萌えました。強引!ときめく! 敬語も好きなので本当捨てがたいんですが、それでも素の口調がたまらんのです。初めのころはあの口調でヒロインだけ呼び捨てにするというのに違和感があったのですが、よくよく考えてみれば年上だし軍人さんだしで当たりまえなんですよね。丁寧な口調に呼び捨てっていうアンバランスさが良いです。

・望月
今作のヤンデレ枠だと思っていましたすみませんでした。
さぞ肩身が狭い思いをしているだろうなと感じますが、危機回避能力は高そうなので頑張って生き延びてほしいところです。




ゆうあかりさんのところのヤンデレさんは思いっきり病み側に振りきれている人が多いイメージなので、今作のヤンデレパターンは新鮮でした。こう、わかっていても止められない感じというか、正気と狂気で揺れ動いている感じがたまりません。たまりません!!ありがとうございました。

パッチを入れたらバッドエンド後の小話が見れるので、これからプレイする方はうっかり忘れないように注意です。
和物がお好きな方はもちろん、ちょっとひねくれた性格のキャラや、軍人属性、すれ違いのもだもだが好きな方もぜひどうぞ!

フリーゲーム「情炎@シンドローム」感想

「どこに行っても進めない」
わりと詰んでる前置き。



えー、今回はゆうあかり(sunset77light.rdy.jp)さんところのフリーゲーム「情炎@シンドローム」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
過去作品2作のリメイクに新作1本とおまけシナリオをつけた豪華版です。情炎シリーズがお気に入りな方にはとっても嬉しい作品ではないでしょうか。かく言う私はというとけっこう前にプレイしてうろ覚えだったところもあったので、新鮮な気分でプレイさせてもらいました。
というわけで、まずはキャラクターについて。



わりとネタバレしてますのでご注意を。



・陽菜
騙されやすく不憫なヤンデレホイホイさんです……。ちょろさにやきもきしつつ、その純粋さというか、普通の人らしい感覚に癒されつつプレイしてました。

・陽斗
そこまで完璧なら!姉も騙しきって欲しかった!
陽斗が暴走さえしなければ、そしてそのハイスペックさで上手いこと監禁らしさを見せない感じに監禁してたら二人は幸せなんだと思うんですが、まあ我慢しきれないからこそこのシリーズになるよなあという気も。
陽菜さんさえぶっ壊れてしまえば一番頼れるお相手だと思います。

・西園寺
子作りしましょ!のイメージが強いお人です。草食系だったらしい彼がここまで成長するのはさぞ苦労しただろうなあと。


・恭夜
彼は記憶を失った陽斗なんじゃないかという不思議な予想をしてしまっていました。立ち絵が並んでたらああ別人だなあってわかるんですが、ほら、髪を染めてどうこうみたいな……陽菜はすこーし抜けてるから気づかないかなみたいな……。ここまで考えて自分の発想もたいがいだなってなりました。
輝かしい開き直りっぷりは素晴らしいと思います。





ストーリー面は相変わらずのゆうあかりらしい色が出てるというか、だいたい酷い目に合う感じでした。わぁい。
ただ、キャラクターの口調が説明的すぎるのがちょっと気になりました。まあこう、俺こんなことしちゃってるぜっていう自白系おとぼけヤンデレと考えればそれはそれで。
ヤンデレ監禁物はけっこう見かけますが、監禁後の話ってのはあまり見かけませんよね。社会復帰とか。そういう意味でも新鮮な作品でした。交換性奴隷エンドとかエロゲでもめったに見ない展開で貴重だと思います。

あと注目ポイントとしては、起動時のスタイリッシュな演出。すごくお気に入りです。




とまあ、こんな感じで。
現代もの、弟×姉、ヤンデレ、鬱展開にピンとくる方はDLしてみることをオススメします。

フリーゲーム「狗に念仏 猫に経」感想

「漁夫の狐が大笑い」
させてなるものかな前置き。



えー、今回は児戯ズム (jigizumu.web.fc2.com)さんと ゆうあかり (light77.sakura.ne.jp)さんところのフリーゲーム「狗に念仏 猫に経」(sunset77light.rdy.jp)の感想をつらつら書きますね。

公式の紹介に「メインはヤンデレEDです」とあるように、何かと危ない人が出てくる素敵な作品です。中華風なノベルゲーはあまりやったことがなかったので、雰囲気も新鮮でした。
マオ先生が食いしん坊な関係もあって美味しそうなご飯の描写がいっぱいですので、ダイエット中の人はご注意を……なーんて。


さて、キャラクターについて色々。

・スーちゃん
死亡フラグを回避できる程度の能力。
もう、たまらん健気で純粋無垢な子です。扶養者な立場をしっかり弁えつつ、な辺りも好感が持てますねぇ。こういう子は溺愛したくなります、はい。


・マオ先生
一番お気に入りな方です!
まず黒髪金目ってところがツボでして。そんでもってあの荒っぽい口調なのに一人称「私」っていうのがまた好みでして。
普段の態度を見てると、すぐ激情したりしそうに思えましたが、やはりそこは先生ですね。ある程度怒ったりはするにしても、どこまでも余裕を崩さずな態度がまたかっこいいです。


・ゴウくん
見た目と中身のギャップに驚いた人です。てっきり策士キャラかと思いきや……猪突猛進というか、まさにわんこ系でした。愛でたい。
なぜかゴウくんはてっきり二十代前半くらいだと思い込んでいました。マオ先生が小柄なのもあってかなあ。


・フーさん
全ての元凶がここに。いいぞもっとやれ。
彼の白々しさにははっと乾いた笑いが漏れますです……。あの愉悦部な考え方もなんというか、もう根底からこういう人なんだなあとしみじみしました。





マオ先生とゴウくんの対比や、各層の身分設定など、色んな“差”が面白いゲームだなーと思いました。鬱展開好きとしては最下層の方にスポットを当てた展開も見てみたいところですねぇ。
本屋さんやご飯屋さんの名称も独特で、イベント等もあって、しっかりした世界観にどっぷり浸りこみました。


攻略情報も公式にあるので、難易度も低めで助かりました。
個人的お気に入りはED5です。依存うふふ。
ED3がけっこうてこずったんですが、どうもゴウくんをストーカーしすぎてたせいだったようです。お困りの方は、ちょこっと先生にも構ってみると良いかと。



とまあ、こんな感じで。
ヤンデレ好きさんや、中華ものが好きな方はプレイをオススメします。

前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚