夢日記

赤黒い感じの岩でできた洞窟を探索している。私は男の子。洞窟内はアトラクションみたいな感じで、中にいる悪い奴とマリパをした。

負けたら閉じ込められてしまって、こちらからは透明で向こうからは見えない膜越しに新しい仲間を待つ。

来たのがショートカットの女の子。
その子は蜘蛛の化け物と戦うことになって、粘液をひっかぶって結局負けてしまう。
すごくイライラしていた。だから彼女は怒りを司る子で、最終的に悪い奴らの感情の一部になってしまった。



嫌悪感あふれる夢でした。

夢日記×たくさん

この前見た夢。


ハイテクな感じの、濃い赤の床と壁に蛍光緑のラインが通っているような部屋。丸くて、中央に円が書かれていて、円の中にはベッドが置いてある。部屋の主らしい気弱そうなベージュ髪の女性は、なぜかベッドには寝ずに傍らの長方形に区切られた空間で、白っぽいペットと一緒に寝ている。

部屋にスクリーンが出てくる。スクリーンでは草原でミクが戯れている絵が映し出されている。絵が変わる時は幕を引くみたいに横方向の動きで、捲られた後の絵は粒子になって消えてった。




さらに前の夢。


迷子になって自転車で夜の街を徘徊していた。しばらく走っていると同様に迷子らしい方々と会う。同年代みたい。女性2人男性1人、各人に関係はない。

道が大きく左に曲がって、「つ」のような形をした道の上にさらに「/」の道が重なっている。勝ち気な女の子は自転車に乗ったまま「つ」の下側の曲がり角から「/」に乗り上げていたけど、私は高くて怖かったから道なりに走ることにした。もう一人の女の子は自転車を投げ上げようとして失敗していた。

道は地割れがひどくて走りづらかった。しばらく走ると私の知っている道に出て、前を走るさっきの勝ち気な子に着いていく。手に白い紙片を持っていたからポイ捨てしてしまった。

地下道を走ろうとしたところで警官に止められた。さっき捨てた紙片がおじいちゃんに当たってしまったので私は罪になるそうだ。とにかく早く帰りたかったから、うんうん唸る警官をイライラしながら見つめる。
すると携帯番号を教えろと言われたので素直に教える。で、また走っていたら数分して電話がかかって、それがすごく怪しい。鬼ごっこしているから参加するかと問われる。参加しないと言おうとすると急に怖くなったから、いざとなれば受信拒否しようと思いつつ参加表明する。

なんだか知り合いの集団に出くわして立ち話する。先輩がボカロPのYMさんだと知ってビックリして、なら茨城に行かなきゃ、と思って目が覚めた。




さらにさらに前の夢。


父親と結婚して子どもを産まなければならなくなったが死んでも嫌なので死んでやろうと思った。焦げた黄色のレンガが積まれた監禁部屋でいざ舌を噛もうとすると怖くて、でも親の子を産むのはもっと怖くて泣いた。

多分、寝る前に読んだ速報の影響。





少し前の夢。


クローム髑髏が出てきた。骸を助けたいらしい。どうも骸は飛び降り自殺したらしく、クロームが時間を巻き戻して骸が死ぬ度に何回もやり直しているんだそうだ。
骸に触れると飛び降りたくなる症候群が移り、接触でどんどん広まっていくとのこと。

協力するよ、と私のクラス(であるらしい顔の不明瞭な集団)が言う。クロームは灰色の壁に寄りかかって、「でも無理だもの」って言う。
断られるも勝手に協力することになった。

工事現場のような、フェンスで囲まれた砂だらけの場所に移動。いつのまにか目的が『骸を飛び降り自殺させないこと』から『皆でフェンスを越える』ことにシフトしてしまっている。
触れると伝染する飛び降り自殺したくなる症候群は健在で、私の大事な人であるらしいメガネ男子がフェンスにたどり着いた矢先に飛び降りて死ぬ。


場面転換。
スタオー2のプリシスが出てくる。色違いの無人くんを6個くらい持って、背負ったアームでお手玉してある。
色違いの無人くんたちはそれぞれ「ボクはグラビラ」「ボクはグラビティ」などFFみたいな呪文を吹き出しで唱え続けていた。



おしまい。
飛び降り症候群とかガチでありそうで怖いね。

美樹さやかさんの誤解

思いこみの恐ろしい点は世界の真実が虚構で構成されてしまうことである!
いや、ちょっと小難しいこと言ってみたかっただけなんですけどね。


改めてまどマギを全話視聴して、一番誤解が大きかったのはさやかさんだったことを思い出したのでメモします。


こう、まどマギが放送されていた時期はピクシブ等に彼女達のイラストがたくさん載っていたわけです。で、ランキング入りしていると自然と目に入ってくるわけですね。
いつだったか忘れましたかかなり前に、ちょうどさやかさんの「もう何も痛くない」的なイラストを目にして、美麗だったのでついつい見惚れてしまったことがありまして。その時私は妄想したわけだ。


「この子の悲壮な表情良いなーひょっとして裏切りフラグか?見た目的にクーデレ僕っ娘っぽいし、一人で戦い続けて壊れちゃった感じかもしれないなー。なんか悪い敵と闘って主人公のピンクの子に看取られてエンドな感じかなー。たぶんあれだ、『僕にはもう捨てる物なんてないんだ』とか言っちゃう感じだー。」

とまあ、このような感じに。

今にして思うとまったく違うというか、なんかこう、想像以上にひょうきんなキャラでした。
二次創作ものを見ていると(特に杏子に対して)非情なまでに冷たいツンツンキャラになっているっぽいけど、私は序盤の明るいお調子者きどりなさやかちゃんが好きです。警戒心強いだけで仲良くなったらにこにこしてくれるんじゃないのかなーと淡い期待。

いつぞやも思ったけど、青色がちょっとお馬鹿な明るいキャラって新しい気がする。

魔法少女まどか☆マギカ感想

ティロ・フィナーレ!
私も撃てるようになってみたいものです。


さて、魔法少女まどか☆マギカ、ようやく全話視聴しましたー!
というわけで感想を。
各話ごとの感想は後ほど追記で入れ込むとして、ひとまず過剰なネタバレは無しと思われる簡単なまとめ感想を書きますね。

良い鬱展開だった。
「魔法少女」という枕詞を侮っていた。話全体で言えば限りなくハッピーエンドに近い何かだと思うのですが、ところどころのエピソードが精神的に辛い。本当に良い鬱展開だった。
で、視聴途中で気づいたのですが、脚本がかの有名なニトロプラスの方らしいですね。納得です。今後もニトロプラスには着いて行かせて頂きます。

アニメがシャフトだったのもあってか、演出面で見飽きることが無かったです。細かい動きにこだわってあったり、上手な見せ方をしてあったり、色や模様の象徴を大事にする演出が多かったり。それこそ何度も見たいアニメでした。

見たことが無い方は是非、まどかが魔法少女になるまで見届けて頂きたいです。



では、追記はアニメを各話ごとに見ながら書いた感想です。ネタバレがこれ以上なくありますのでご注意を。
続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚