移転しました

思いっきり告知するのを忘れていましたがブログ移転しました。

今後はこちらでゆったりフリゲ感想を流していきます。

うそうさ〜第二号室〜

ここにある記事も少しずつ移動していく予定ですが、いかんせん移転用のエクスポートみたいなことができないようなので手作業のため、時間がかかりますが頑張ります。

本格的に移動し終われば、リンクを付けて下さっている方を見かけ次第ご挨拶に向かいます。
向こうでもよろしくお願いします。

フリーゲーム「獣の国の花嫁」感想

「あなた色に染まりに行きます」
そこに策略があったとしてもな前置き。



えー、今回は、pineteaさんところのフリーゲーム「獣の国の花嫁」(pineteaproject.web.fc2.com)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

ジャンルは乙女向け短編RPG、獣人などの人外異種恋愛がメインのウディタゲームです。ヒロインは無個性タイプで、外見のキャラチップこそあるものの、基本的に自分から言葉を発することはありません。

公式サイトにはプレイ時間2時間・二周目以降は半分とありますが、私がプレイした時は初周1時間・二周目以降は慣れたら15分前後になりました。なので、RPGとかウディタとかに慣れてる人ならほどよいボリュームの短編として楽しめるかと思います。

では、さっそく特徴など。



・驚きのエンド数と魅力的なキャラ

攻略対象は3人。無邪気な犬タイプの従者や、生意気虚勢張りのショタ、読書家ながらワイルドなおじさんと、誰か一人はピンときそうな感じに属性が分かれてます。
エンド数はなんと14種類も。回想機能はありませんが、セーブデータが15枠あるのでやろうと思えば全エンドの直前データを残しておけます。
そして、うちのブログだからこそ何よりも推したいのがヤンデレ要素! そう、全体的に愛されほのぼのな雰囲気ではありますが、あるんですそういうエンドが! といっても凶行で暴れるわけではなくて、ほんのり病み要素があったり闇堕ちっぽく見えたりするくらい。それでも、予想外の方向からヤンデレの兆候が見えた時の嬉しさったらありません。大変おいしゅうございました。


・豊富な会話の裏に見れるしっかりした世界観

獣の国、というオリジナルの世界設定ではありますが、小難しい用語はなく世界説明も最低限に留められています。
けれども世界観が薄味というわけでは決してありません。むしろ、キャラ達の雑談からちらりと出てくる身分の話、王政の仕組み、蔓延する疫病の話などから世界観が膨らんでいくようになっています。しかも説明口調ではなく、さらっと混ぜ込んでくる辺りが自然で良い。
それこそ「成りそこない」の辺りを深めれば大長編のファンタジーものも作れそうなほど。そこをあえて短編にまとめて落としこめるのも凄いです。

そして何より、乙女ゲーに求める第一要素として、キャラクター達との交流も充実しています。ちょっとした会話イベントの起こる場所が設定されている他、何にもないところでも雑談ボタンで色々台詞が聞けるのもグッド。特に雑談ボタンは、かなりの種類の台詞が用意されててびっくりしました。連打楽しい。
本を使うとキャラの反応が人数分設定されているのにも驚きました。会話やキャラ萌えメインの人にはものすごく嬉しいシステムです。




・さくさく周回できるシステム

レベルを引き継いで二周目を開始できたり、メッセージスキップや歩行速度調整でハイスピードにプレイしたりできます。アイテム引き継ぎがないのはちょっと残念ではあるけれど、それが無くても十分余裕でラスボス倒せるので贅沢な意見ですよね。てへ。
面白いな〜と思ったのは強敵を倒すことで近道ができるシステムです。二周目以降で雑魚敵を避けたい時にも便利だし、強敵がいるぶんレベル上げにも繋がってラスボスがどんどん楽になるし。下手なシステムで色々スキップするとレベルが伸び悩みがちなイメージですが、この作品はこの点心配する必要がなくて有難かったです。




・美麗で細かいグラフィック

さて、キャラ萌え・RPG要素に加えてさらに見どころはグラフィック。
とにかく立ち絵を見てもらえればこれはすぐに納得していただけるのではないかと。こういう画風はなんて言えばいいのかな、リアル寄り? 表情変化も多く、かなりクオリティの高い立ち絵です。
全体像でのみ見られる下半身や手元の部分にごってりケモノ要素が詰まっているので、しっかり人外してほしい人も嬉しいのではないでしょうか。なお、全体図はゲーム内のパスワードを公式サイトに打ち込むことで見られるおまけページから見られます。

あとは、ルートによってヒロインのキャラチップが変わるのも、さりげなく嬉しいところ。何もしてない棒立ち状態のキャラチップが、何故か一歩踏み出した状態で固定されるのは仕様上なのかな? そこだけ少し気にはなりましたが、細かい変化があることに変わりはありませんし、特にリフルート入った時の姿はとっても可愛くてお気に入りです。

何より、それぞれのエンドに一枚絵があるのが嬉しい! これを見るためにデータを取って置いたくらいです。繊細な線画とBGMが合って、どんな雰囲気のエンドにもぴったり合う素敵なイラストばかりでした。




最後に、ちょっと惜しいなと思う点について。



・イベントやエピローグのあっさり味

ヒロインが無個性タイプだからかもしれませんが、キャラからの告白やエピローグに入るまでなど、随所の大事なイベントがかなりあっさりしてるなーと感じました。
例えばラスボス撃破時にもうちょいエフェクトを入れたり、告白時だけBGMを個別のものとは違う特別なものにしたりしたら、もうちょっとフィナーレの盛り上がりが出たのではないかなと思います。
キャラに凝り、イラストはクオリティ高く、RPG要素もさくさく――ここまで良い要素が揃っているからこそ、演出面ももう一息頑張ってほしかったというのが惜しいところです。
とはいえ、上記の通りエンドロール自体はグっとくる一作です。誤解なきよう。



と、最後に少しだけえらそうなことを書いてしまいましたが。
繰り返すように、クオリティが高くてエンドの雰囲気も多様、ヤンデレ展開もある大変おいしい一作でした!


追記でネタバレ込みの感想です。興味ある方は右下からどうぞ。
続きを読む

謹賀新年・短編ノベルフリゲ7作一挙感想

「閉めても明けても変わらない」
今日も今日とて楽しく生きたい前置き。



新年あけましておめでとうございます!
今年も良いフリゲライフが送れるといいなあ。
というわけで、今回は短編ノベルゲーム7作ぶんの感想を書きますね。


取りあげた作品は以下の通り。タイトルクリックで各感想に飛べる、はずです。



『俺のレビューが単なる悪口のわけがない』メタ風刺
『儚い〜堕天使の涙〜』ダークヒーロー
『RoseRose〜バラ薔薇〜』シリアス恋愛

『妹の檻』ヤンデレ
『DOKI★DOKIラブパニック』ギャグ乙女
『Cybernetics P』SF?恋愛
『夢檻』乙女








『俺のレビューが単なる悪口のわけがない』(http://www.vector.co.jp/soft/winnt/amuse/se499188.html)

有名な別のノベルフリーゲームがあるらしく、それのオマージュ作品だそうです。
友人がフリゲ製作を始め、主人公がレビュアーとして暴走していく話。けっこう教訓めいたところが多くて、単純に愉しむと言うよりはレビュアーさんにやって欲しいタイプの作品かも。

とげとげしいことばかり書くようなのがいる、件にはすごく納得。いやもう本当、「選択肢ばっかで面倒(なら一本道ノベルゲーやればいいじゃない!)」とか「鬱展開エンドとか最悪(必読にその旨書いてあるのに!!)」とか、最近よく見かけるんですよ!もう!好きな作品にそういうレビューがついてると怒りたくなります。人を選ぶ作品に好みなものが多いぶん、この手の地雷に当たることが多くてなあ。一個人の感想ならともかく、レビューと言い切ってるならもっと考えて書いてほしい!

……とはいえ、私の感想文が上記のように取られていることもありうるわけで。一応、好みに合わなかっただけの時はそう書いてるつもりだし、不満点があったら代わりにこうしたら良かったのになぁという考えを書いてはいる、はず、なんですが……。改めて身につまされるところもありました。
あれ、作品自体よりレビューについての話に移ってしまっている。とにかく、こんな感じで考えさせられるくらいには、鋭いところを斬り込んでいる一作でした。




『儚い〜堕天使の涙〜』(http://www.vector.co.jp/soft/win95/game/se129676.html)

二視点で進んでいく短編ノベルゲーム。初回は一本道、二周目以降で複数エンドが解放されます。
冒頭で世界設定の説明が出る通り、舞台となる大陸や基礎知識などが濃い目に用意されています。短編仕様で割愛されているところもありはしますが、キャラだけでなく大きな舞台設定が作者様の中にあるのだろうなあと思わされる壮大さでした。
一方、“ゴブレット”に“牛乳”を入れたり(ミルクじゃないんだ…)「10人に5人が死ぬ」等の記述があったり(何故約分しないのか)と文章自体はちょこちょこ突っ込みどころもあります。伝記調を意識しすぎているのか、中には悪文が目立つところも。

しかしながらそれらを上回るほどストーリーは面白く、ついつい引き込まれて気づけば一気読みしていました! とにかく読ませる勢いと王道ながらも飽きさせない展開が素晴らしいなあと。
単語クリックで詳細説明が出るTIPS機能も物語の盛り上げに役立っていて、ギャグでもシリアスでもピリリとくる文章が楽しかったです。

また、最終話の開放方法には痺れるものがありました。初め疑問を抱きつつもまあいっかで進めたところで、ようやく質問の意図がわかるという。いやー気持ち良かったです!
余韻が残り、彼らの今後に想いを馳せたくなるお話でした。暗い展開やダークヒーローもの、俺TUEE系のバトルが好きな方向け。






『RoseRose〜バラ薔薇〜』(http://www20.tok2.com/home/reinas/momoppoi/g_hp/hakutouka.html)

一週間で、色々と限られた設定を元にフリゲーを作ろうという企画で作られた作品だそうです。伝聞調なのは企画サイトが既にアクセスできない状態になっていたため……。

私としては一週間でフリゲが一本できるってことにまず驚きです。まとまりもよく、起承転結がしっかりしていた印象。たったの一週間でこんなにきっちりした展開が組めるのは流石の一言です。
ただ一か所だけ、見た目ではなく心の美しさを説いていたけど、主人公とヒロインの始まりが見た目の美しさからだったので、ちょっと説得力が減っちゃってたのが残念かなあ。制限があったぶん難しかったかもしれませんが、もうちょっと内面で恋に落ちていく感じの心理描写が欲しかったです。
でも、全体的なゴシック風の雰囲気と、ダークな展開、執事の黒さは好みでした。






『妹の檻』(http://gogonoheya.digi2.jp/)

ヤンデレ風ノベルゲーム、クリアまで30分超くらい。記憶喪失の男性視点で、可愛い妹ちゃんと暮らしていくお話です。
全体的に淡々としていて狂気の描写は少なめ。お薬の設定がちょっと無理やりっぽいのと、殺し方等がぼかされているのは物足りなさがあります。が、一方でソフトにヤンデレを楽しみたい方には合うかと。
意外だったのは錬金術師という設定。てっきり普通の西洋設定かと思っていたので初めは戸惑いましたが、ストーリーにもしっかりその設定が絡んできてくれるので、独自の世界観が表現されています。
しこりを残すものの、エンディングは前向き。ヤンデレものには珍しい気がしますねぇ。ヤンデレな妹ちゃんの更生記っぽい感じでした。






『DOKI★DOKIラブパニック』(http://bluelinegames.ninja-web.net/)

ふりーむでお笑い賞を取ったと聞いてダウンロード。ジャンルは、うーん、メタ超展開ギャグかなあ。乙女ゲーのあるあるネタを軽快に笑い飛ばしていくスタイルに、かなりの疾走感を覚えました。わかるわかる、攻略したいサブキャラっていますよね本当。
シナリオがぶっ飛んでるのに反して攻略キャラの立ち絵のクオリティが高いのも特徴ですね。松井さんも逆の意味でクオリティ高いです。すさまじいな。某スチルは夜眠れなくなるくらいの破壊力があると思います。
システムとしては、TIPSが面白かったですねぇ。特定のワードをクリックするとその説明書きが読めるシステムなのですが、ここに書いてある内容がまたふふっときちゃいます。

ただこれだけは許せない、シスコンキャラの需要はここにあるんだよこんちくしょう!

ごほん。
ノリは極端に言えばVIPRPGのそれに近いかも。
ボカ……じゃなかった理科室の彼がお気に入りです。





『Cybernetics P』(http://imitationgallery.blog.shinobi.jp/)

鬱要素、と聞いてDLしました。
どんよりというよりは、切ない悲恋ものに重点を置いてる感じでしたねぇ。ダウナーとありますが、エンド自体は前向きなものが多いので、そこまで落ちこむ印象はありませんでした。
機械・アンドロイド×人。一応、人外×人なジャンルにもひっかかるのかな?
ヒロインのアクがかなり強いので、個性つきのヒロインが苦手なら避けた方が無難かもしれません。会社でのぼっちっぷりは共感できましたが……って書くとちょいと虚しいな。公式サイトにもあるように、性格のきつさより暴言が目立ちます。
近未来な世界設定なのに、ドールの説明部分以外は省かれていたのがちょっともったいないなあと思った点でした。もうちょっと世界観濃くしたのも見たかったー。
でも、Pタイプなどのタイプ違い設定は興味深かったし、単なるカリソメ人格ってだけじゃない辺りの一捻りは面白かったです。
悲恋もの好きさん向け。





『夢檻』(http://benism.boy.jp)現在配布停止中

プレイ時間は30分もかからないくらいの短編です。ヤンデレです。といっても、ほんのりと病み要素があるくらいのソフトさで、まったりと楽しめました。
すっごく細かいことになって恐縮なんですが、地の文に句点を使っていないのが地味に気になってしまいました……。といっても内容自体はしっかりしていて、ほどよい時間で楽しめる一作です。
何よりもまず、絵が綺麗! 立ち絵はもちろんのこと、二枚目のスチルにきゅんきゅんきました。キャラが瞬きしたり、表情が多かったりするのも丁寧で素敵です。
メインの夢留さん、黄色い瞳+敬語+病み要素=私得です本当にありがとうございます。かっこいい!
彼が結局何なのか等々は明確にされないものの、察せられるだけの雰囲気と魅力があり、短く簡潔でとっつきやすいストーリーでした。





フリーゲーム「アサルとスパイ」感想

「とにかく誠心誠意謝って逃げときゃなんとかなる!」
最悪責任者に任せような前置き。



えー、今回は、エビカツドンさんところのフリーゲーム「アサルとスパイ」(spy.sensyuuraku.com)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。

タイトルからしてなんとなーく殺伐なイメージを持っていたのですが、とんでもない、超絶ハイテンションな一作でした!なんと主役は企業スパイ、会社の新商品情報や謎のデンノウ技術を巡ってどたばたする、社会人必見のギャグADVです。
というわけで、見どころなど。



・個性どっぷりガンギマリなキャラクター達

登場キャラの個性がとにかく濃い!何よりも真っ先に挙げるとするならここです。
作中の言葉をお借りするならガンギマリ。そうです、そのくらいとんでもなくハイテンションなんです。ものすごく人を選びそうではありますが、尖ったキャラを堂々出せるのもやはりフリゲならではかと思います。ここまで突き抜けたキャラを生き生き動かせるのは感服の一言。

初対面で圧倒され、繰り出される遠慮ない台詞においおいと突っ込みつつ、終盤にはすっかり愛着が湧いてしまう――というのが定番の流れでしたw
お気に入りはウルチヨさんです。いいですよね残念な美人さん。見た目クールビューティなのに思考が幼な可愛いのもツボでした。



・とにかく動く、見どころたっぷりのグラフィック

キャラの立ち絵が豊富で、ポージングに躍動感あるものが多くて見ていて楽しいです。カノの煽り立ち絵を初めて見た時は笑いが止まりませんでしたw アメリアのCIA紋処ポーズもつい真似っこしたくなります。
単なる差分だけでなく、ほとんどのキャラに2種類以上の立ち絵があるというのも驚き。モブキャラにも立ち絵がある豪華仕様です。
また、キーワードの色変えや大文字表記など、メッセージ側の演出もなかなかにパンチが効いています。

ただ一方で、ビジュアル面に凝っている分しんどいところも。私はver1.08でプレイしたのですが、画面にフラッシュ効く演出が多くて、慣れるまでかなり小休止を挟みまくりました。というわけで、長時間プレイは避けたほうが良さそうです。アイキャッチでも休憩をほどほどにって警告されてますしね!
そうそう、場面の区切りで差し込まれるアイキャッチもすごく面白いです。自作の宣伝を自作でするトートロジーっぷりにこれまた笑いました。PCの壁紙にしたくなるようなおしゃれなものから、ぶっ飛んだギャグに走っているもの、FFやジョジョのパロディなどなど種類も盛りだくさん。アサルがぬぼっとした表情でビル前に立ってる絵が一番好きです。




・メタメタぶっとびギャグストーリー

言ってしまえば何でもありです。思いっきりメタな警告が飛び出てくることもあれば、連想ゲームのようにキャラが次元を超えたり超展開に突入したりすることもあります。カオスです。
しかしながら一方でこの作品をまとめるとするなら、企業スパイ・アサルの成長の物語、と一言で片づけられるのも凄いところ。そう、あれだけ、あれだけカオスなごった煮状態なのに、本筋はしっかりまとまってるんです。あのドタバタ劇がここまでまとまるとは思ってもみませんでした。

多少、この世界はこういうもんなんだ!の勢いで片付けられてしまい消化不良なところはありますが、それが許されるだけの世界観が作れているのも確か。キャラ設定に関する複線も凄まじく、ちょっとしたこぼれ話や一発ネタが終盤に絡んでくることもあるからびっくりです。
ギャグセンスと崩壊上等のノリが最後まで冴え渡るストーリーでした。




・絶妙なタイミングのSEと盛り上がるBGM

何より有難かったのがSE! アクションパートに入る直前は大抵の場合、デデンッと警告用のSEが鳴ってくれるので、事前セーブが捗りました。話の要所でSEが入るのは、ロンパや逆裁などを彷彿とさせてくれます。こういう音の面での演出ができるのもゲームらしくて良いですよね。
それぞれのキャラに専用のBGMが当て嵌めてある、ような? 曲を聞いて「来た!」と感じられるのも盛り上がりました!




・怪しまれないよう切り抜ける、かんたんアクションシステム

基本のノベルパートの他、潜入先でイドウやハッキングを試みる選択式の探索要素もあり、ゲーム性もしっかりしています。失敗してもちょっとした会話イベントがあったり伏線が詰まっていたりして、ただで転ばずに済むのが良いところ。

何よりのアクション要素は、オリジナルシステム「キンキュウイベイジョン」です。
潜入先の警備員などに見つかると起こるこのシステム。指示されたキーを時間内に打ち込むだけの簡単操作ではありますが、こういった要素があるのと無いのとでは緊張感がやっぱり大違いだなーと感じました。ただ一か所、“連打”だけはややこしかったかなと。実質2・3クリックで十分なので、連続入力の際にうっかりかちかちしすぎて別キーの判定を失敗することが多かったです……。

さらにもう一つのアクション要素として挙げられるのが「アサルスロット」。これまた敵と出くわした際に起こるシステムで、スロットで選ばれた3つの選択肢のうちどれかを使って相手をやりすごします。選択肢の幅や反応パターンが多く、キャラや遭遇する相手によって対応が変わるのも面白かったです!





他にも、収集アイテムのコインやギャラリー、自分で設定できる決め台詞など、細かな遊び心が満載の一作でした。ただ読むだけに留まらない、コアで笑えるゲームをお探しの方にオススメです!

フリーゲーム「仮にAくんとしよう」感想

「彼が何者か誰も知らない」
知り合いじゃないと言うに言えずなんとなく話を合わせることってあるよねな前置き。



えー、今回は、クロチカ(clotica.com)さんところのフリーゲーム「仮にAくんとしよう」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。ダイレクトには書きませんが、ネタバレになるかもしれないので、察しの良い方はご注意を。

選択肢分岐ありのホラーノベルゲーム。夏にぴったりな雰囲気ではありますが、あえてこの季節に感想を投稿します。季節感なんてなかった。
というわけでさっそく魅力的な点など。



・手をつけやすい短編集

プロローグ終了後、お好みの怪談を二択で選びながら読み進める流れです。どの怪談も10分程度の短いものなので、まとまった時間が取れなくても気軽に一本分楽しめるのが魅力の一つかなと思います。それに、ホラー独特の緊張感が長続きするのも、このお手頃な長さゆえのものかもしれません。

好きなのは「異世界から」、怖かったのは「二度と会いたくないやつの話」、トラウマになりそうなのは「みえないおともだち」でした。
なんだろう、単純にお化けの仕業でしたって言われるより、この手の得体の知れない何かが出てくる話のほうがぞっとします。身近に感じるからかな。
言って、どの話も怖かったんですけどね!w



・音の効果を最大限に使った演出

プレイしていて強く感じたのが、BGMの使い方の上手さでした。静と動の使い分けができていると言えばいいのかな。くるぞくるぞ、とドキドキが高まっているところに合わせてBGMも盛り上がってくるので、緊張感が倍増します。未プレイの方は是非イヤホンでプレイして頂きたいものです。
私が思うに、ホラーで重要なのは雰囲気作りだと思うんですよね。この、何かが起こるぞという盛り上がりこそが恐怖を産み出すと言うか。気にしなきゃ楽なのに、ついつられて色々と考えてしまって背筋がぞわぞわしちゃったり。
この雰囲気作りに気合いを入れているのがひしひしと感じられる作品でした。



・シンプルながらも余韻の残るエンド

エンディングのうち、トゥルーに当たると思われるAくんエンドはぞっとする恐怖が残るエンドです。
特に選択肢の片方、電気消す、が怖すぎて。さりげなくいるこの感じが。ひぃ。最後の伏せ字、×い×んは何だったのかなーと気になるところ。恥ずかしながらプレイ中は全然見当がつかなかったんですが、どうも他のサイトさん等を巡っていると瓶の怪談に関係あるあのワードが有力のようですね。ふむふむー。
ゆるーいエンドのほうも好きです。いやー、ああくるとは思わず、PC前でずっこけそうになりました。やられた!w



とまあ、こんな感じで。
さくっとできる怪談もの、ホラーものをお探しの方にオススメです。
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚