フリーゲーム「停滞少女」感想

「時は有限なり残酷なり」
停滞にちなんだ前書き。


今回は、マテンロウ計画さんの製作されたフリーゲーム「停滞少女」(www.ab.auone-net.jp)の感想をつらつらと書いていきます。一部レビューっぽいかも。
どんなゲームなのかは公式サイトを見て頂くと良いかと。とてもシンプルでわかりやすいです。


では、それぞれ良いなあと思った点をピックアップしつつ書きますね。



・世界観
このゲームでは、時計の国という場所を拠点に話が進みます。
セピアな色調で織りなされる、ノスタルジックな世界観と、シリアスな展開。こう、穏やかだけど切ない雰囲気が、たまらないのです。グラフィックも可愛らしい。あの絵柄好きです。
キャラの言い回しもセンスがあって、なんだか童話を読んでいるみたいな気分になりました。精神病棟がある、みたいな、ちょっとした毒(鬱展開)も好みです…!
闇人さんを見たときに敵かと思って構えてしまったのも良い思い出w


・主人公のキャラづけ
「性格はあなた次第」と公式サイトにあるように、
物語を進めていくうえで、ちょっとした時に出てくる、元気っこな選択肢と大人しい子な選択肢があるのです。プレーヤーの好みに合わせてアリスちゃんの口調を決めてあげてねーってことだと思うのですけども。
ストーリーに関係する選択肢以外、どちらを選んだかで大きな影響は無いので、遠慮なく元気っこなアリスちゃんに探索をしてもらいました。こういう、ささやかながらも選ばせてくれる要素は、なんだか感情移入しやすくって嬉しいです。
ステータスも自分で自由に振れるので、自分に合ったプレイスタイルを選べられて快適でした。


・オリジナルバトルシステム
これがもう熱くて熱くて!
こんなにもバトルが面白いと思ったゲームは初めてです!
自分は威力と敏捷に成長ポイントを振り分けまくって、ズバリ先手必勝型のアリスちゃんに育ってもらいました。
先手の1ターンキルは実に爽快です。
条件を満たしているはずなのに何故か技を覚えてくれず、時々苦労しましたが……
無事に裏ボスも全部倒しきりました。
どの行動を選ぶかじっくり考えられたので、戦略的な意味でも燃えましたね。
回復すべきか防ぐべきか、いっそ特攻してしまうか。ハラハラものです。


・ストーリー
全体的に重くて切ないストーリーです。鬱展開好きにはたまらない。
エンディングがいくつかあるのですが、どれも御都合展開にはならず、辛い部分をちゃんと受け止めたうえでの選択だったのが良かったです。
台詞やシナリオの言い回しが本当にセンスがあって、どっぷりとお話に入り込めました。
クリア後にイベントが起こる例の精神病院も、良かったですねー。



ざっとした感想はこんな感じ。
せっかくなので、追記で裏ボスについてかるーくぬるーく自分的な攻略を書いておきますね。
ネタバレになりますから、プレイ済みの方のみどうぞ!
続きを読む

フリーゲーム「パレット」感想

「つまり……そういうことだ。」
高テクスト文化、日本。

えー、今回は西田好孝さんの製作されたフリーゲーム「パレット」の感想をつらつら書きますね。
レビューっぽくなっているかもしれない。ちなみにこのゲーム、PSにも移植されているそうです。



正直なところを言うと、私には合わなかったゲームみたいです。
とりあえず、ちょっとどうかなあ……と思った点を挙げますと、

・一部操作性が悪い
回復ポイントを使おうとして、決定ボタンを押すと、
障害物除外が優先されてしまって、その場でゲームオーバー(強制帰還)されられることがしばしばあったんですね。
向きに気をつければ良い話ではあるんですが、ちょっとストレスでした。

・ウィンドウ操作だと不備が多い
たぶんスクリーン操作推奨の前提でやっているのだろうとは思うんですが、
それにしてもウィンドウ操作のバグ(?)が多いです。
BGMや効果音が重複して輪唱みたいになったり、
カラーシーンとモノクロシーンが区別されず全部カラーシーンになったり、
チェックポイントが一部見えないところがあったり。
これはまあ、私がウィンドウ操作好きなのが悪いのかもしれないけども…

・マップ移動にストレスを感じる
探索場所が広いわりに、マップが無い。これがもう不便でなりませんでした。
行動回数が制限されているので、なまじ迷子になれないのが辛いです。
自分は記憶力があんまり無いので、マッピングの必要すら感じて、途中億劫になりました……。



逆に良いなあと思ったのは、

・シナリオに合った演出
効果音や物体の出現、消失の演出が、
良いシーンでものすごく効果的に起こるので、毎回鳥肌ものでした。
シアン先生のところなんてもう、ぞくぞくですね。



以上、
演出重視で、ちょっと薄暗い雰囲気のゲームが好きで、
かつ操作性の悪さや作業が苦にならない人にはおすすめできるゲームだと思いました。

CD 「星ノ少女ト幻想楽土」考察・感想・解釈まとめ

暴走PことcosMoさんのアルバム、「星ノ少女ト幻想楽土」ついに発売しましたねー!
発売日、アニメイト開店と同時に直行してお買い上げしました。
もうこのシリーズ大好きだったので、嬉しい限りです。
ちなみにストラップは冒険少女、マウスパッドは転生少女が当たりました。わーい!


で、さっそくですが、このCDに収録された曲について考察や解釈などを書きつづってみますね。
飛躍とか、お前それ妄想だろってとことか、PVと合ってないよーってとこもあるとは思うのですが、
あくまで個人的解釈の一つとして見て頂けると、嬉しいです。

「♪」から始まる文は、歌詞の引用。



・ステラVSリアリスト?

動画の方では私てっきり、このシリーズは、
ステラ(色んな少女たちに夢を見せる、理想側)VSリアリスト(少女たちに真実を押し付ける、現実側)
の構図でできているのだと思っていたのです。
けれども、『AI少女と深層心海』を聴いて、自分の考えはまったく違っていたのだと思わされました。

このシリーズは一貫して、現実を見る、真実を手に入れることの大事さを訴えかけているんだろうと。

VSじゃなくて、もう、主張はリアリスト側で、ステラはあくまで根拠づけるための、倒されることがわかっている反論みたいな。戦うどころか、最後リアリストはステラを助けに来たような形になっていましたしね。
そう考えると、ステラ、都合の良い幻にすがった少女たちがバッドエンドになっているのも納得です。
悲劇ばかりですが(そして鬱展開が大好きな私にとってはおいしいんですが)、
最後にはそれだけでないこと、むやみやたらと悲劇を連ねたわけではなくて、このシリーズの中での答えが出されていることが、素敵だと思います。




・「♪そして二人目の少女「λ」が帰ってきた」→どこに?

『AI少女と深層心海』がぐぐっと物語の真相を教えてくれましたね。
深層なだけに……すいませんでした。
このCDには入っていませんでしたが、メロディなどから『独房ステラシアタ』も関係していそうです。
独房……街の中心、プログラムのAI(核)ならば、逃げだせませんものね。
ステラもまた、他の人達から求められた理想のとおりに自分を歪ませていたのでしょう。
ステラ=少女たちに都合の良い夢を見せる街のプログラムのAI=λ 
この子も、完全に良いと思い込んで夢をまき散らしていたわけではなく、求められて、どうしようもなく、だったのだろうと思います。 だから、「♪「街のシステム」を破壊した」らようやく、自由になれた。
これを破壊して、AIステラは、λとして、現実世界に、帰ってきたのでしょう。





・λ=ステラなら、童心少女が矛盾?

街のシステムが破壊されたなら、もう、他の少女たちは都合の良い幻に囚われてバッドエンドを迎えることもないはずです。でも、童心少女では、λが登場しています。そして同時に、曲の中でステラも登場し「♪―貴女ノ 貴方タチノ ソノ不幸ニ サヨナラ―」と言っているのです。 

λ=ステラなら、λが登場している時点で、街のシステムは破壊されており、
童心少女の悲劇は起こっていないはずでは?

そう考えて、ちょっと悩んでみました。
で、思いついたのが2パターン。

【パターン1・童心少女の事件を、λたちが見直して、反省している】
λとρは童心少女の曲中で、あくまでナレーターのような役割をしています。
このナレーションは、童心少女と同じ時間軸で行わずとも、
全てが終わった後、付け加えのように、後撮りしても良いわけです。
ですので、童心少女の話は、リアリストたちにとってはもう終わった事件であり、
ステラがλとして、後々になって、可能性を奪ってしまった物語を、反省も込めて見返しているのではないかなあと。

この説は『浅紫色のエンドロール』を元に考えてみました。
この曲、ぱっと聴くと、これを聴く私たちへの語りかけの曲だと思ったんですが、
これがλの視点だったら面白いなーとも思ったのでw

【パターン2・別の星にも同じようにステラがいる】
『転生』でリアリストが「♪このような事態に陥っている星はたくさんある」と言っていたので。
ステラは色んな場所にたくさん存在していて、
童心少女ではλとはまた別のステラが同じように夢を押し付けられて頑張って幻の世界を作っていたのかも。
ただこれは、ちょっと深読みかなーとも思います。
なぜかというと、リアリストの言うたくさんの星は、ただ単に、
修道少女や電波少女など、たくさんの少女たちの一つ一つの悲劇を、
修道少女の星、電波少女の星、という風に、一つ一つの世界として言っただけかもしれませんから。
たった一つの星で色んな悲劇が起こっているのではなくて、
色んな星で一つ一つの悲劇が起こっている、ということですね。うーん、うまく言えない。伝わるかなあ。

とりあえず、このどっちかで考えたら、矛盾は解消されると思います。





・『ボクらのコスモロジー』は誰のお話?

これは童心少女のお話で集まってきた子どもたちのうちの一人…
あるいはその子たち全員の思いが集まったお話なのかなあと思っています。
ステラが童心少女の方で「♪―貴女ノ 貴方タチノ ソノ不幸ニ サヨナラ―」って言っていますから、
この「♪貴女」が童心少女、「♪貴方タチ」がコスモロジーの「ボクら」なんだろーなあ。
なんでわざわざ取りあげたかというと、ひょっとしたら電波少女の歌かもしれないなーと思ったから。
ただ電波少女は空想庭園の子でしょうから、自分で違うなって思いなおしました。
「♪げんじつに ちょっと つつかれると たやすく こわれてしまう」って歌ってるわりに、電波少女は壊れそうなとこちっともなかったですしねw





・迷子少女と転生少女のつながりって?

時間軸としては、『転生少女と転生少年』が先でしょうね。
少女が少年に転生するときに、つまり街に落ちるときに、
少女→少年 緑髪の少女→少年を愛してくれる紛い物 緑髪の少女の恋人→消滅 
というすりかえが起こったのでしょう。
さて、転生少女が現実に戻る決意をして、踏切で分かれます。
(余談だけどこの歌詞の踏切の表し方すごいと思う)
現実では元通り、緑髪の少女と恋人が仲睦まじく過ごしている。
けれども、少女が現実に帰ったこの時点ではまだステラがλになっていません。街のシステムは壊れていないのですね。
なら、紛い物の緑髪の少女は、恋人を喪って一人、残されます。
奇しくもそこは願いが盲目的に叶う街の中。緑髪の少女は、迷子少女になってしまいます。
この辺を考えるとやるせませんね。
こういう迷子少女の誕生を救うためにも、『転生』の方でリアリストが「♪君の愛する人を救うためでもある」と持ちかけたのではないかと思います。

『家出少年と迷子少女』でラストの「♪ハッピーエンドだよね」が最後まで歌えず終わってしまったのも、
迷子少女、つまり「転生少女が産みだした虚構の緑髪少女」が帰ってこれる「間違いじゃないキミ(転生少年)のいる世界」は、転生少女が現実に帰ったことで、なくなってしまったせいだと考えられます。
迷子少女が「♪やっとここに帰ってこれた」 って言っていた「ここ」とは、転生少女の現実世界で、
迷子少女が求める転生少年もいなければ、そもそも迷子少女すらいなくて、
迷子少女は本来の、恋人がいる幸せな緑髪の少女として戻る。
だから、ハッピーエンド、って言い切る前に消えてしまう。
という感じじゃないかなーと思いました。





聴いていて、気になって色々考えたところは以上になります。

やっぱりどれも好きな曲で、好きなシリーズで、
こうして一つのCDにまとまってくれて、どっぷりこの世界に浸れるようになってとっても嬉しいです。
何度も動画で聴いたことある曲のはずなのに、歌詞カードを見ながら改めて聴いたら、
ついついボロボロ泣いてしまいましたw
いやあ良い買い物した!

では長々とした文に最後までお付き合い、ありがとうございました!
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚