スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

アニメ「メカクシティアクターズ」感想

「後付けと曲解で作り上げたものに整合性は生まれるのか」
正直そこまで考えてないような前置き。



えー、今回はアニメ「メカクシティアクターズ」の感想をつらつら書きますね。

小説漫画共に未読、ニコニコの動画のみ視聴済みです。特に「ヘッドフォンアクター」「アウターサイエンス」が好きなので、あの曲から派生する物語を見たいなーというのが一番にありました。



まず、残念だった点について。



結論を一言で書くと、置いてけぼりです。

群像劇をやりたかったんだなということや、言葉遊びも交えた能力や、ループを抜け出すモノということはわかるんです。後半の怒涛の説明回で、主軸はだいたいわかった、つもり、です。
じゃあ何が置いてけぼりかって、感動や共感ができないところです。最後まで、うんそうか、で終わってしまいました。


思うに原因としては、色々なキャラの目的がいつまでもはっきりしなかったせいかと。メカクシ団の目的がしばらく出てこなかったとか。正直、ヒビヤに話すまで、メカクシ団は異能力持ちがだらだらする団だと思ってたんですよね……。暇つぶし部的な……。

あと、メインキャラクターとサブキャラクターがわかりづらいせいもあるかも。いや、皆が主役だーってのも否定はしないんですけど、正直見ていてマリーがそこまで話の中心だとは思ってもみませんでした。逆にモモこそがかなり主役級だと勘違いしてまして、意外と核心からは離れていて拍子抜けでした。
で、こういう勘違いがなんで起こるのかなーと考えた時に、モモ固定の視点のシーンが多かったのが理由かなー、なんて。バラバラなのを一つにまとめる展開って熱いんですけど、そのぶんかなり構成を気遣わないとわかりづらいんですよね。
一応マリーの話はCパートにいっつも入ってくれてたんですけど、見てる側としてはあのパートがどう本筋に関わるかわからないもんだから、どう解釈したもんか困りつつ放置することになっちゃうんですよね。後々になって「あれってあんな大事だったの」ってなりました。
シンタローの覚醒も急すぎて、なんというか、苛められコミュ障の印象がぬぐいきれないままという。

なんだろう、蛇やアザミなどなど、根幹に関わる部分ばかりが後回しで、サブに回して良いシーンにばかりスポットが当たっているような感じでした。そのせいで、どこに集中して見れば良いのかわからないまま終わってしまいました。例え2クールになるなどして尺が伸びたところで、この印象は変わらなかったんじゃないかなと思います。
ここさえなんとか、それこそモモ入団時に説明するとかマリーの話を一話にまとめるとかすれば、もうちょっと楽しみやすいアニメになったかもしれないなー、なんて。素人考えなのでアレですけど。

おもしろいつまらない以前に、何をやりたいのかわからない、といった印象。だから切るに切れないというか、文句を言うなら見るなって言うその文句をどうぶつけて良いのやらというか。設定は面白いのに本当もったいない。

「カゲロウデイズ」はぶっちゃけ、二次創作として作られているPVの方が歌詞に沿ってるしわかりやすくて良かったなあと思ってしまいます。




じゃあまったくの駄作だったのかというとそういうわけでもなくて、良い点もありました。せっかくなのでつらつら挙げてみますと、



・異能力
目を〜する能力たち、本当、この設定はすごく良いと思うんですよ。例え厨二と言われようと自分は大好きです。いっそ異能力モノに走ってもらいたかったくらいです。

・エネの声
どのキャラも声が合うなあと思いました。中でもエネはぴったりですね! 言ってる内容はけっこう手酷いですけどw

・コノハ
キャラがすっっっごく好きです。遥もすきなんですけど、あのぼんやりした雰囲気ですさまじいことをやらかす天然っぷりが萌えます。あと、見た目も好み。

・貴音と遥
あの二人の回はすごく良かったですねー。展開もわかりやすかったし、二人ともニヤニヤするくらい可愛いし。ヘッドフォンアクターのゲーム世界も大好きです。動きまくってて爽快でわくわくしました。あと、つぼみちゃん可愛い。

・12話のアヤノ
お姉さん可愛い。超可愛い。シンタロー可愛いって言ってあげて。むしろ言わせて。






とまあ、こんな感じで。一部のシーンなどは良かったけど、全体としてみるとうーん……と思わされるアニメでした。
ここから小説や漫画にも手を出してねって言うことなんでしょうけど……この内容だと正直、手を出しにくいです。
とりあえず、前情報なしの視聴はおすすめしません。



なんやかんやで私は、ボカロのプロジェクトものは大体シリーズにせず個別の物語として見た方が良いなあと感じてしまう人なので……その辺りの反感が心のうちにあるせいかもしれませんね。
コンセプトアルバムで止まっていてほしい自分でした。

アニメ「〈物語〉シリーズ セカンドシーズン」感想

「化け物には誰にも共感できないさ」
結局君が人間だから云々な前置き。



さて、今回は、アニメ「〈物語〉シリーズ セカンドシーズン」の感想です。
花物語がまだですが、一区切りと言うことでいっちょ感想を書き連ねてみようと思います。あまりここで書いたことはなかったと思うのですが、化物語・猫黒・偽、共に視聴済みです。


いや、あの、怒られそうなのを承知で書きますけども、
実はこれまでの物語シリーズって可もなく不可もなくだなあと感じていたんです。
理由としては、目に見える劇的な解決とかがなくて、ひたすら会話して進めていく構成だから――でしょうかねぇ。見どころやアクションシーンもあるんですけど、どうもピンとこないなあ、なんて。


その印象が一気に覆されました!!!

なんでだろう、視点が各ヒロインのものになっているからかな、
単純に自分の好みのキャラがでてきたからなような気もしますが、
ともかくすっごく楽しかったです。
貝木のテーマが耳について離れません。

というわけで、各話の感想を。
ネタバレ注意です。









・猫物語
まともだと思っていた子がおかしかった。
いや、おかしくならざるをえなかったというか……黒の方であの衝撃は味わったつもりでしたが、白でもまだショックは大きかったですね……。羽川さんの達観した様子がひたすらに悲しいばかり。その分、戦場ヶ原さんがすごく頼りに思えた回でもありました。

・総集編
初期の戦場ヶ原さんって声かなり可愛い系だったんですね。今さらながら驚きました。実写を積極的に使っていくあの演出、良かったなあ。 

・傾物語
まともだと思っていた世界が崩壊した。
うん、ああいう、崩壊した世界に二人っきりなシチュエーション大好きなんです。
あの花火のシーンとかなんとも言えず刹那的でした。

・ 囮物語
これです。
これですよ!!!!!!!なでこかわいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい
っていうかね、油断してたんですよ、あの子は単なるあざといキャラなんだろうなあくらいでまあ、可愛いけど可愛いなあくらいで終わってたんですけど、騙されていた、騙されてはいけなかった!!! 
ラスボスと評されている理由がよくよくわかりました。この話のおかげで撫子が大好きに、もう、大好きになりました。
ヤンデレの一言では言い表せれない歪みっぷりが可哀そう可愛いです。マジギレ撫子が足をだんだんって踏みならすところが可愛すぎます。でも可愛いって言うと石ころを見るような目で見つめられそうな気がします。
あとOPが超お気に入りです。映像、曲調共にお気に入りです。ぱあっと笑顔でこちらに両手を広げてからの真顔に惚れました。

・鬼物語
八九寺……良い奴だったよ……。
ラストの本気のキッスは凄い気合いが入ってましたね。ここであのお決まりの台詞を出してくるかー、と。してやられました。おののぎちゃんがさりげなく画面端や一言で良い動きしてるのもツボです。

・恋物語
撫子編完結、といった印象です。
まさか貝木さんが出てくるとは。いやもう、ただの悪人だったはずのこの人が、一気に魅力的に感じるようになりましたね〜。珍しい大人視点だからか、あららぎさんも戦場ヶ原さんも年相応に見えて新鮮でした。
で、やっぱり撫子に注目してしまうわけですが。貝木さんの言っていた、たった一つダメになるだけで他は全部ゴミになっちゃうのか、みたいな説得はやっぱり心にきました。うん。暦お兄ちゃんも学校の先生も善良な一般市民のご両親も、撫子にはたくさんの大人がいたのに誰からもああいうことを言われたことがなかったし言われないような生活しかできなかったんだな、と改めて感じてぶわっとなりました。
普通だと、秘密があんな、俗っぽいものだったところに拍子抜けしそうですが、この話は見事に撫子の幼さが見られるようなギミックになっていて、上手いなあとおもいましたね。
道中の戦場ヶ原さんと鈴木との会話も面白かったです。淡々としたボケ合いが。アロハシャツはきっと忘れられない思い出になることでしょう。 




つまるところ、どの話もキャラの魅力が一気に増した展開でした。
扇ちゃんやカンバルのおうちのことなど、まだまだ明かされていないところも多く、本筋としてはもやもやとしてますが……
続編を気長に待つと致しましょう。ではこれにて。

アニメ「DIABOLIK LOVERS」感想

「貧血になるか覚醒するか二つに一つだ」
レバーっておいしいよね、な前置き。


えー、今回は、アニメ「DIABOLIK LOVERS」 の感想をつらつら書きますね。原作はCD、でいいのかな? そちらの方は聞いておりませんが、PSPゲーム無印だけは既プレイです。

ネタバレも含みますのでご注意を。




ゲームの方では、共通ルートがほとんどなくて最初から各キャラのエピソードが始まっていたので、どうまとめるのかなーと気になっていましたが……ユイちゃんの覚醒や母上様達の過去話も交えつつ、良い感じに収まっていた印象です。
見た感じ、アヤトが主人公っぽくなってましたねぇ。アヤト推しの方は特に嬉しかったんじゃないかな―。

ちなみに私はライトとカナト推しです。
カナト君が世間ではヤンデレと言われていますが、キャラの歪みっぷりと言う面で見るとライトもなかなかにこじらせててヤンデレの気があるように思いますね!
もちろんカナト君も、ゲームでのエンディングが素晴らしかったです。いやあ全エンドが鬱展開。好きだわー。ユイ様のぶっ壊れっぷりも好きだわ―。


とと、アニメの話に戻ります。
ドSさを推してくるのかと思いきや、雰囲気はホラーな感じでした。
ライト君がストーカー化してた時の演出、良かったですね!
あと、カナト君とユイちゃんの身長差が非常に好みだと気づきました。立ち絵だけだとこういうのはわからないので、やっぱりアニメ化してもらえてうれしいです。



最終話だけちょっと違和感があったかな。
あの兄弟達が協力し合うってのがまず突っ込みどころでしてw 
カナト君があっさりお母様を手渡したのも「ん?」と思いました。
まあその辺りはキャラ解釈によるのかな。
で、ビデオレターは……うん、すいません、お腹抱えて笑いました!
アムネシアのアニメみたいに、こう、各キャラのルート分岐を演出したかったんだろうなあという意図はわかるんです。わかるんですが。こっちくんなw とコメントしたくなってしまいますね!

あっでも、ユイちゃんが起き上がって「喉が、渇いた……」と言うシーン。
あれは中の人の演技も相まって、もう、最高でした!!!
ぞわぞわっと鳥肌が。
きょとんとした顔が可愛らしいのもまた、恐怖を煽って下さいます。


というわけで、まあ突っ込みどころもあったものの、15分というのもあって気軽に楽しめたアニメでした!

アニメ「サーバント×サービス」感想

「もどかしさこそが魅力の一つ」
続きが気になるってこういうことだと思った前置き。




えー、今回はアニメ「サーバント×サービス」の感想をつらつら書きますね。原作既読です。元々原作が大好きだったので、どうなるかなーと不安半分楽しみ半分だったんですが――なんてことはない、素晴らしい出来でした!

一言で言うなら、良い大団円だった!です。
特にラストのまとめかたが最高でしたねー!
アニメオリジナルの展開が良い味出してました。原作の雰囲気をしっかり保ったままで、わいわい賑やかに終わらせてくれて、嬉しいです。こう、原作とは違ったルートを見れた感じですねぇ。

最終回の三好さんが可愛すぎました!
作画も決め顔はしっかり決めてくれて惚れ惚れですね。
ときどきぬるっと動くのもツボでした。

原作より田中さんと三好さんの距離が近い、かな?
男女CP厨の私としてはたまらんです。



見たいエピソードをがっつり拾ってくれて、キャラにもブレがなく、オリジナル展開も大満足! アニメ化に恵まれてくれて良かったです!
OPがすごく中毒になるのもポイントかなあw

というわけで、毎週楽しくにやにやしながら見れたアニメでした!

アニメ「DEVIL SURVIVOR2 the ANIMATION」感想

「神の与え給うたチャンスを幾度無駄にすれば人は学ぶのか」
最後には神すら殺す前置き。



えー、今回はアニメ「DEVIL SURVIVOR2 the ANIMATION」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。
原作は未プレイです。というか、アニメの1話に惚れこんでデビサバOCを買ってしまいました。ゲーム超楽しすぎるんですが、まあこっちの感想は追々ということで。


うーん、どうしても消化不良なところが見られるアニメでしたねぇ。
それこそ1話のわくわく感は凄かったんだけどなあ。後半になればなるほど幻滅してしまいました。なので、感想も辛口です。




良かったところとしては、


・安定した作画

作画崩壊も無く、バトルもしっかり動いてくれて、作画に関してはむしろ高水準だったと思います。アルコルやヤマトのアップ顔がかっこよかったなあ。あとケットシー登場時の動きが超ツボです。真似したい。


・中の人の演技

あんまり声優さんには詳しくないのですが、演技の上手な方が多かったように感じました。けっこう、キャラが窮地に立たされたり絶叫したりする、云わば見せ場のシーンが多いんですけれども、その演技がまた上手くって、つられて泣いたり胸が熱くなったりと、シーンだけを切り取ると思い切り感情移入できました。


・鬱展開

ボコボコ死にます。
絶望感が果てしないです。
キャラの死に際が印象的です。誰と書くとネタバレになってしまうので書けませんが、印象的な最期の一言が多いです。中の人の演技力も相まってぐっときます。ふわっと、ね……。


・ED

ヤマトとヒビキの位置とか、一人ずつ消えていく仕様とか、シンプルながらも良いEDでした。曲の歌詞もぴったりで、すごく気にいってます。特に最終回の入り方はやられましたねー。あれは素敵だった。






これってどうなの…と思った点としては、


・主人公のブレブレ具合

原作ゲームで主人公のキャラ付けが弱めな分、アニメ化に当たってそれらしいキャラ付けをしようとしたんだろうなーというのはわかります。わかります、が、それにしてもブレブレすぎです。
仲間を見殺しにしたくないとか言いつつ、単独行動大好きっ子で、いつも後手で、チートパワーの持ち腐れ。まあ、チート能力をつけるのは話の展開を進めるうえでもやりやすいんでしょうし、俺TUEEE系主人公は好きなんですが、このヒビキくんはとにかく不安定でふらふらしすぎなイメージでした。もやもやいらいら。
うーん、ヤマトの方に感情移入しちゃってたので、そのせいもあるかもしれませんね……。
主人公に関しては、13話でやっとニュートラルに見れるようになった気がします。



・感動のチープ感

良い場面の直前になって回想が入ったりすることがあって、なんというか、後付けで勘当要素持ってきましたという感じがするのです。順番をもうちょっと整頓しておけば、良い具合に伏線として働いてくれただろうに。もったいないです。
イオちゃん救出にしてもご都合良すぎましたしねー。あそこで中途半端に助けるならもう初めから全員救出にしちゃえばむしろ一貫してて潔いというのに。
悪魔合体も急だったのでええええええとなりました。要素持ってきてくれたのは嬉しいんだけどね。


・画面が暗い

これはちょっと視聴環境も影響して来ると思うんですが、中盤、画面が暗すぎて何が何やらさっぱりなシーンがありました。






とまあ、こんな感じで。
ゲーム(原作)に興味を持てるという意味では良い催促アニメだと思いますが、単体で見ると首をかしげたくなってしまいます。なんというか、なまじテーマが重くて鬱展開な分、もったいないなーと思いました。
腐女子的な意味だと大変萌えるんですけどね……

というわけで、アニメだけで判断するのは惜しいかなと。主人公は多分アニメとゲームでだいぶキャラが違うでしょうし、OCをクリアしたらBRにも手を伸ばしてみるつもりです!
前の記事へ 次の記事へ
ブログ検索
本棚