夢日記

これまた奇妙な夢を見たので夢日記書くよ。


猫が家に遊びに来て、母がもう一匹増えたって変わらないというので飼うことにする。灰と黒が混ざったような毛色で、ちょっとでぶ猫。
首輪をつけようとしたらどんなにゆるめても何故か食いこんでしまって、しかも外れなくなって、私はどうしようと思って焦る。そしたら誰かよくわからない人が来て、猫を殺してしまう。他にも私の家に来た子が何匹がいたのだけど皆殺されてしまう。
怒ったら正論っぽいことを言われて私は納得しかけて、でもやっぱり納得できなくて、その人の弟を殺しに行く。


場面転換。

何かチーム戦みたいなことをやっている。ハウルがリーダーの豪華な感じのチームと、京楽さんがリーダーのチーム。

ハウルチームに私が入って、凄いきらきらした豪華なパーティーでチーム仲を深めることになる。食事会みたいな感じ。乾杯をする前にハウルが僕たちのこれからを話そうとするんだけど、誰かがそれを無視して乾杯を始めてしまっておいおいと思う。
チョコのお菓子(ショコラっぽかった)を食べたらしっとりしてて美味しかった。

ハウルはあんまり戦いにはこだわってないらしくて、負けるなら負けるで良いよみたいなことを言っていた。そのくせ強いので憎らしい。

で、視点が京楽さん側に移って、彼は誰かと戦っていた。BGMに「桜前線異常ナシ」がかかってて、それに合わせて舞い踊りつつ戦ってた。



みたいな夢でした。
もうちょっと感覚が砂交じりのチョコみたいな夢もあったんだけど忘れてしまった。

どうでもいいよ

最近オンオフのキャラが違いすぎて自分でもびっくりする。
「お前騙ってんじゃねーよ」って言われそう。怖い。でも私のブログもサイトも騙られるほどスゴいもんじゃないことを思い出したから安心だ。


……淡々としているように見えるんだろうか。
落ち着きが無い、緊張しい、感情の起伏が激しい、オーバーリアクションなどなど欠点がありすぎてとにかく私は大人っぽくなりたい。せめて年相応に見られたい。


さっさと寝ておけば良かった。今度こそ寝る。

悪癖とかリスカとかの考え

食パンならば焼いて食え!
今日はよくよく話題にされているリストカットとやらについて簡単に気軽に語ってみます。
無神経かつ不謹慎ですので敏感な方は逃げて下さい。ぶっちゃけ創作用メモみたいなものですので。



まあする人には何かしらの理由があるのでしょうし、それを否定するつもりは全くないわけですが、それにしても不思議だなあと思います。私はあの刃物独特の引き攣れるピリピリした痛みが大嫌いなのでやれと言われてもおそらく無理です。
何なんだろう、引っ掻いたり噛んだりするのとは違って道具を使う分かなり難しそう。その辺りとか詳しく聞いてみたいのだけどあまりに無神経すぎるのでやりません。

帯人もよく使っているアイスピックみたいなのの方がまだ抵抗は少なそうなんだけどなあ。
動作として、ナイフだと「当てる」「引く」の二つの動作がいるわけですよね。んで、それに比べてアイスピックは「降ろす」だけでおkなわけで、その辺比べてみると後者の方が楽そうだと思うのですがどうなのでしょう。知らんしわからんね。そうだね。


リストカットはどういうわけか一部の界隈で「カッコいいこと」「自分のアイデンティティを付加するのに楽な方法」「アピール」として受け入れられているわけですがどうも謎です。



生きていることの確認、あるいは単なる癖としてリスカをするんなら、あくまでその方にとっては日常的行為になっているわけですからリスカしたことを皆にひけらかす必要はないでしょうし、逆にこの場合はリスカしなかった場合でもあえて言うことをしないと思うんですよね。要は表面上なら何ら変わりないと。で、自殺未遂の場合ならむしろ失敗なわけですから恥ずかしくて隠すんじゃないかと思ってみる。

何というか、わざわざ悪癖を知らしめることないだろうに。不思議な感覚です。

で、自慢(?)みたいなことしている人も爪を噛むとかになると気持ち悪いってなるらしいんですよね。色んなところで聞いた話だと。リスカも爪噛みもおおざっぱにいえば悪癖なわけであって、なのにどうしてこうもイメージが違うのかねぇ。


そうそう、この前何かの参考にならないかと悪癖の情報を淡々と集めてたんですが、髪を引っこ抜くってのは女性に多いらしいですね。コープスパーティというホラゲーにそういうことしている子がいたのを思い出して何だか納得しちゃいました。でもヤンデレに当てはめるのは難しいかしら。髪は消化できないらしいので。
どうも爪を噛むのは爪の付け根にストレスを軽減するツボがあるからだそうですよ。興味ある方はどうぞうぃき先生にお聞きください。

んじゃまあ今日はこの辺でおしまい。

夢日記

明日の敵は今日の友ー!

いわゆる受験競争ってやつか。



ええと、この前見た夢。


一面黄色のすすき野原で、月と夜空をバックにして鬼利が立っている。
キャラとしては鬼利なんだけど外見が王子さまLV1のユーリで凄い混乱した。
鬼利は何かされたらしくて幽利がマジ切れしてチェーンソー振り回して暴れてた。のを、鬼利は傍観してた。




今日見た夢。

ぷよぷよのシェゾが出てきて、師匠らしき人の元で剣術の稽古をしていた。シェゾは最年少なんだけど、自分より強いはずの先輩と手合わせしたら、初手でシェゾの方が強いことを悟ってしまって、何とかして負けなければいけないと思い苦悩していた。

場面変わりーの、アルルがなぞぷよ勝負していて、ゾンビを倒してたどり着いたラスボスがシェゾだった。シェゾは額の宝石が魔力の証だって言って、アルルはカーくんを見せるんだけど、そうじゃないお前自身に埋め込まれているって言われてポカーンとしている。

そうこうしている間にアルルの目玉がゾンビみたいに垂れ落ちてしまった。

シェゾ曰く目玉が落ちてる奴は淫乱らしくて、傍観者(神の視点)である私も確かに目玉と眼窩を繋ぐ体液みたいなのはどろどろしててやらしいなあとか思ってしまう。



おしまい。

イラッとくる語り

昨日の友は明日の敵ー!


…ブログ記事の第一文を皆様へのご挨拶っぽくしようと思い、なんなら毎日変えてナルシストな名言を演じてやろうとしたら何故かおかしなことになった。
慣れないことはするべきではありませんな。


どういうわけか睡魔に嫌われているようなので、つらつらと何か語ってみます。


何だかここ最近ポエムメールが届くのですが意図がよくわかりません。返信に困ります。

ギャルっぽい子の間では普通なのだろうか。


恋空とかがブームになるくらいだしねぇ。案外、分かりやすく使い古された言葉を多用したポエムは需要があるのかもしれません。
王道展開はやはりぐっとくるからこそ王道に成り得たのであって、そういうパターン化されたフレーズを忘れない精神は全くもって大切であるなあと思います。母校のOBや伝統が口癖の教師陣しかり。



私も短文だの書き散らしてますから人のことは言えませんが、さすがに顔見知りの特定の相手に対して、寝る前五分間で考え付いたようなポエムは送れないと思います。
だが一方で、こっぱずかしい創作物をありとらゆる方に見られるというネット公開の方ができないだろうというお声もあったりなかったり。要は価値観の相違ってやつですかわかりますん。


とりあえず返信に困ります。
スゴイネーとか共感したーとか言えば良いのか、スルーして別のことを言えば良いのか。
ひょっとして安価か何かだろうかと疑ってしまう辺り、私も毒され過ぎている気がします。



ふぅ、こういうことを書かずにはいられないという時点で私の底の浅さが知れるね。この文こそが面倒くさい痛々しい文である。もぉねよぉ。
前の記事へ 次の記事へ