ここ1年を振り返る

前回の記事があまりにも自分の中でしっくりはまっていたので、次を書くのが憚られていたのだけれど、自分の記憶があやふやになる前に書いておこう。

あの後、約2週間後に祖母は他界した。なんだかぽっかりと穴が開いてしまったような気持ちで、でも決して悲しみばかりではなくて、不思議な感覚が今も胸に残っている。


つい2ヶ月前、義理母にガンが見つかった。原発は手術したけれど、すでに転移していて、抗がん剤治療を三が日明けから始める予定だそう。
冷静に、寄り添って行きたい。

想いあってすれ違って

すっかり復活しました。
たまに股関節が痛むくらい。
食生活がめちゃくちゃで、体重も腹囲も増えた。こればかりは意識の問題なのでがんばりたい。

父方の祖母の体調がよくないらしい。もうそろそろ、と考えておくようにと母から連絡を受けていた。
会いに行こうかと思ったけれど、電気工事の説明予定だったので諦めたら母から電話がきました。
「おばあちゃんのお見舞いに来たら、おばあちゃんがゆらりは大丈夫なのかと心配しているから」と。
電話口で話した祖母は、なんとか会話できるけれど言葉がおぼつかなくて、でも心配してくれているのが伝わって泣けてしまった。
ずっと苦手意識を持っていた祖母が、病床につきながらも自分を心配していること。

祖母が最後に言った「ごめんね」の真意はわからないけれど、とてもわかる気がした。

ホルモン剤3日目


話題:流産
頭痛もだいぶ落ち着いて、多少は仕方ないと思えるようになった。眠気・倦怠感は引き続いているけれど、季節的なものもあるのかもしれない。

ちょっとずつ、気持ちも以前に戻って来ているような気がする。いつもの日曜日、といった感じ。やっと感覚が戻って来た。季節の感覚も。
毎日作っていたお弁当は無理のない範囲で続ける。ご飯もいい意味で適当に気負わず。ひとまず明日から復職します。

追記で拍手お返事。
続きを読む

ホルモン剤2日目


話題:流産
副作用は明らかに減った。頭痛と倦怠感、眠気が引き続いている程度。このまま慣れてくれれば良い。

母から体調が心配だから顔を見たいと連絡があったけれど、断った。過度に心配するから、イヤなのだ。
一人にして欲しい。放っておいて欲しい。

夫にも痴態を見せてしまったし、なんだかまた気が滅入ってしまった。

ホルモン剤1日目


話題:流産
話題とは若干ズレるかなと思いつつ、付随した内容なので引き続き。

昨日から飲み始めたホルモン剤の副作用がつらい。
頭痛、腹痛、めまい、身体がフワフワする感じ、脱力感、倦怠感、眠気。内服直後は少しだけ吐き気も。
直接関係があるのか分からないけど、股関節痛の増強、足がポカポカする感覚。体温が上がっているのかもしれない。
食欲は充分すぎるくらいにある。

むくみとか、下痢・便秘、体重増加、発熱なんかも副作用として上げられているので今後出てくるかもしれない。

現状がとにかくつらいので、今週の仕事は休んだ。とても冷静に考えられる状況ではなくて。
何か言われるかもしれないけど、それどころではなかった。
診断書の療養期間は明日まで。追記は貰わなかった。貰ったら、ずるずると休みを延ばしてしまいそうだから。行ってみてダメだったら、欠勤すればいい。

夫と母がとても心配して、数日でも実家療養したらと勧められたけれど、そんな気分になれなくて断った。過度に心配されて、気が滅入ってしまいそうなので。

内服の影響か、鬱々とした気分が晴れてきたのはよかった。
前の記事へ 次の記事へ