ぴったり




ちょうど良いとか、
ぴったりに巡り会えることは奇跡に思います。



少し大きかったり、
少し小さかったり、
少し長かったり、
少し短かったり、
少し重かったり、
少し軽かったりと、



衣食住その他諸々
なかなかぴったりとはいかない。






ぴったりと巡り会えない。





あっ、って思うんだろうな。
ぴったりに巡り会えたら、





きっと、どんな小さなぴったりでも
とても幸せな気持ちになるんだろうな…。






いいなぁ、ぴったり。





ぴったり、いいなぁ。






スキ




壁際や角を好みます

最後尾を好みます

静かな所を好みます

暖かい季節を好みます

眩しい朝を好みます

茜色の夕方を好みます

涼しい夜を好みます

雨上がりの晴れを好みます

窓越しの雨を好みます

逃げ場のないカンカン照りを好みます

車窓から見える紅葉を好みます

窓越しの雪を好みます

真冬の温泉を好みます

長過ぎない考えない時間を好みます

長過ぎない考える時間を好みます

暑い日は炭酸飲料を好みます

寒い日は紅茶を好みます

豆乳を好みます

ミロを好みます

肉全般を好みます

ハンバーグを好みます

チーズを好みます

切り身の焼き魚を好みます

赤い刺身を好みます

エンガワの刺身を好みます

パスタ全般を好みます

コールスローを好みます

リーフサラダを好みます

シーザーサラダを好みます

絵を観ることと描くことを好みます

太い芯のシャーペンを好みます

太い芯のボールペンを好みます

細い筆を好みます

monoの消しゴムを好みます

電気工具全般を好みます

大工道具全般を好みます

刃物を好みます

刃物を研ぎを好みます

ピカールを好みます

クレ556を好みます

シリコンスプレーを好みます

作ること、直すことを好みます

集中することを好みます

納戸を好みます

家庭菜園を好みます

採った野菜を食べるのを好みます

釣った魚を食べるのを好みます

冷房より扇風機、団扇、扇子を好みます

機能重視の衣類を好みます

履き心地重視の履き物を好みます

小説全般を好みます

洋画(多)邦画(少)を好みます

洋楽(多)邦楽(少)を好みます

貨物車(トラック、ワゴン)を好みます

カバンより、リュックを好みます

色はモノトーンを好みます

夏は若竹色のタオルケットを好みます

春はオレンジ色の毛布を好みます

秋は紫色のふかふか毛布を好みます

入浴剤は森とか花とかの香りを好みます

バスタオルは分厚いものを好みます

都会より田舎を好みます

海、山、川、田畑を好みます

好きなものに囲まれているより
たまに好きなものに恵まれるほうを好みます




続きを読む

拝啓


コメントありがとうございます。


7/28

災害を負われた方々もおられるのに、
雨の話しをするのは…と考えましたが
感じた事を書きました。

共感して頂き
コメント頂きとても嬉しいです。
いつでもお越し下さいね

お待ちしてます。


敬具










続きを読む

ひこうきぐも



飛行機雲が見られるようになったのは、
今から60年ほど前のことです。



このころから、飛行機が、高い空をかなり速いスピードで飛ぶようになったからです。

それまでは、そんな高い空を飛ぶ飛行機はありませんでしたから、飛行機雲もできなかったのです。



その飛行機雲ができるところは、空の高さが、地面から約6000m以上でなければなりません。

そこは、温度もかなり低いために、そのあたりにできる雲は、ほとんどが氷のつぶでできています。


こんな上空を飛行機は飛んでいくのですから、
飛行機のエンジンから出る水蒸気などは、
ぜんぶ氷のつぶになってしまいます。

それが地上から見ると白く雲のように見えるのです。


また、飛行機が、空気がうすく、高いところを飛ぶと、その後ろに、小さいうずまきができます。

このうずまきが、まわりの空気の温度を急に下げて、雲を作り出すこともあります。

このように、飛行機雲ができる理由は、
水蒸気とうずまきの2つが考えられていますが、
実際には、どちらか片方だけではなく両方の原因が重なってできる場合も多いようです。




youtu.be

空海
前の記事へ 次の記事へ