干天の慈雨







悲しみの 涙のごとく 降りぬれば
罪を清むる 慈雨となりや






















干天の慈雨とは、


日照り続きのときに降る、恵みの雨。
待ち望んでいた物事の実現、困っているときに
さしのべられる救いの手にたとえる。





つまり困難な環境、状況でしか
感じることのできない優しい雨。







夏雨香






まだ雨が降ってもないのに
「あ、雨の匂いがする」と言いだし、しばらくすると実際に雨が降り始めるというように、

雨の気配を感じられるのが田舎育ちのか都会育ちの差だという 話がありますが。


雨が降り始めた直後に地面から立ち上るあの独特な香りは、田舎育ちの人でなくとも子どもの頃の思い出とともに記憶されている、懐かしい匂いなのではないでしょうか。


その”雨が降り始めたときに地面から立ち上る匂い”についてのお話しです。


雨そのものの匂いなのか、
それとも地面の匂いなのか?


地面の匂いならば場所によってその匂いに違いがあるのか?


あの雨の降り始めの匂いは「ペトリコール」というギリシャ語に由来する”石のエッセンス”という意味の名前がつけられています。



1964年に鉱物学者のベアとトーマスが発表した論文の中で作られた造語だそうです。


論文では”長い間日照りが続いた後の最初の雨に伴う独特の香りをペトリコールと定義しています。



“雨が降り始めたときに地面から立ち上る匂い”は、ある種の植物から発生した油が乾燥した土や石に付着し、
その油が雨にあたった瞬間に細かな粒子となって舞い上がることで発生するのだそうです。


さらにベアとトーマスは翌年に発表した論文の中”その油には種の発芽や初期の成長を遅らせる働きがある”とも述べています。


長い間日照りが続くと種が芽を出してもすぐに枯れてしまうから、植物は子孫を守ろうとこの油を出していると思うと、
自然界の営みは合理的であると同時に神秘的ですね。


そして”雨が降った後の匂い”というのもあって、
こちらは土壌細菌がつくり出すジェオスミンという物質の匂いなんだそう。


ペトリコールの”石のエッセンス”に対し、
ジェオスミンは”大地の匂い”という意味。
さらに雨の匂いにはオゾンの匂いも含まれているそうです。


そもそもオゾンという名前は
ギリシャ語の”におう”に由来していて、
清々しく強い香りだそうです。



香道のように雨の匂いを嗅ぎ分けてみるというのも雨の日の楽しみになりそうですね。


続きを読む

キズナ

とても良い本に出会いました。

桜庭一樹さんの
「ほんとうの花を見せにきた」という本です。



厳しい掟の中で生きる、竹の匂いのする吸血鬼。
まとう空気は冷たく、鏡には映らない。
彼らの名は、バンブー。


あの日、人間のぼくの命を救ったのはバンブーの
ムスタァ。それ以来、同じくバンブーの洋治と3人で暮らしてきた。


これからも、ずっとずっと一緒にいようね。
ムスタァ、ぼくの、ぼくだけのバンブー。
彼らにとって特別な火、「ぼく」の物語。



そして、
片腕の少女のバンブーの「その後」の物語。



最後に、
バンブーたちの昔々、「はじまり」の物語。



3つのお話が収められています。




哀しい予感の漂う幸せほど残酷なものはありません。ここ最近読んだ本の中で一番酷い
(グロいという意味ではなく)。


一話目のあるシーンがあまりにつらくて、
思わず「あっ」と小さく叫びそうになりました。


そんな話なのにシリアス一色にはならなくて、
この本を色で例えるなら黒ではなく白です。


銀色の光を放つ、雪のような白。
悲しくって、きらきら眩しく美しい。


生きることが忘れることや失うことだけであるならそれは絶望的です。
しかしおそらく、それだけではない。


命の火は希望の火、消えるまで生きなくてはなりません。火が消えたら、平和の空でまた逢えるのです。


上手く表現できませんが、
温かく優しく強く切ない物語です。

私は、この本が大好きになりました。




空ト海ノ


天気良好なんだけどなぁ

釣れないんだよなぁ。

悔しいんだけど気持ちいいんだよなぁ。

腹ペコなので、そろそろ帰ります。





続きを読む

グリーングリーン(フル)






ある日 パパと二人で語り合ったさ
この世に生きる喜び そして 悲しみのことを
グリーン グリーン
青空には 小鳥がうたい
グリーン グリーン
丘の上には ララ 緑がもえる



その時 パパがいったさ
ぼくを胸にだき つらく悲しい時にも 
ラララ 泣くんじゃないと
グリーン グリーン
青空には そよ風ふいて
グリーン グリーン
丘の上には ララ 緑がゆれる



ある朝 ぼくはめざめて そして知ったさ
この世につらい悲しいことが 
あるってことを
グリーン グリーン
青空には 雲がはしり
グリーン グリーン
丘の上には ララ 緑がさわぐ



あの時 パパと 約束したことを守った
こぶしをかため 胸をはり 
ラララ ぼくは立っていた
グリーン グリーン
まぶたには 涙あふれ
グリーン グリーン
丘の上には ララ 緑もぬれる



その朝 パパは出かけた 遠い旅路へ
二度と帰って来ないと 
ラララ ぼくにもわかった
グリーン グリーン
青空には 虹がかかり
グリーン グリーン
丘の上には ララ 緑がはえる



やがて 月日が過ぎゆき ぼくは知るだろう
パパの言ってたことばの 
ラララ ほんとの意味を
グリーン グリーン
青空には 太陽笑い
グリーン グリーン
丘の上には ララ 緑あざやか



いつかぼくもこどもと 語り合うだろう
この世に生きる喜び 
そして 悲しみのことを
グリーン グリーン
青空には かすみたなびき
グリーン グリーン
丘の上には ララ 緑がひろがる



グリーン グリーン
青空には かすみたなびき
グリーン グリーン
丘の上には ララ 緑がひろがる
緑がひろがる
緑がひろがる
緑がひろがる





実は深いんです
youtu.be
前の記事へ 次の記事へ