干天の慈雨







悲しみの 涙のごとく 降りぬれば
罪を清むる 慈雨となりや






















干天の慈雨とは、


日照り続きのときに降る、恵みの雨。
待ち望んでいた物事の実現、困っているときに
さしのべられる救いの手にたとえる。





つまり困難な環境、状況でしか
感じることのできない優しい雨。







本棚19

今までに読んだ本をお披露目します。

読書の秋です。

秋の夜長、物語の世界へ。

本棚18

今までに読んだ本をお披露目します。

読書の秋です。

秋の夜長、物語の世界へ。

本棚17

今までに読んだ本をお披露目します。

読書の秋です。

秋の夜長、物語の世界へ。

本棚16

今までに読んだ本をお披露目します。

読書の秋です。

秋の夜長、物語の世界へ。
前の記事へ 次の記事へ