一撃必殺





たった一発でやられてしまいました。





朝だから涙腺緩んでいるのでしょうか、
鳥肌ブアッとなって涙がブアッってなりました。





汚い黒板に絵も無く少ない言葉なのに、

少なくとも私の心は大きく揺さぶられました





不覚…。




オイアウエー



オイアウエ漂流記 荻原浩









パラダイス土地開発株式会社に勤める塚本賢司はトンガ王国ファアモツ空港発、ラウラ諸島共和国行きの小型旅客機に乗っていた。



今にも落ちそうな機体が、悪天候の中鈍重に飛んでいる。トンガにゴルフ場建設をもくろんでいる会社が、有力なスポンサー候補の会社副社長(グループ会社会長の長男でただのバカ)を連れた、下見と称した接待旅行中なのだ。



本当はトンガ建設予定地を見に行くはずだったのだが、御曹司の気まぐれによってラウラに行くことになってしまった。



他にも機内には、賢司の上司三人
(部長はパワハラ、課長は温厚、主任はツンツン)

新婚らしいカップル
(ただし仲が微妙に悪そう)

おじいちゃんと子供、

外国人一人といった面々が乗っている。



飛行機にトラブルが発生し、予想通りというか、完璧に墜落。



漂流した末に、
何とか付近の島にたどり着いた。



しかし、そこはどう考えても小ぶりな無人島。



何日経っても、船影も飛行機の姿も全く見えない。次第に皆状況を受け入れてきた。



ここに長く居続けることになるのかもしれない。



食料も水もほとんどなく、荷物の大半は飛行機と共に沈んでしまったために使える道具は限られている。



そんな中、知恵を絞り、勇気を奮い、彼らは生きていくために奮闘を続けることになるのだが…。




今までの経過を話すとこんな感じ。
冒険、サバイバル、

もーワックワクします。



この先を、読むのが楽しみです。



無人島に持っていくなら この一冊。



黙れ小僧













「黙れ小僧」





















モロがアシタカを一喝、
もののけ姫のワンシーンです。































胸が熱くなったのは
そのあとに、モロはアシタカに問うた言葉。





























「お前にあの娘の不幸が癒せるのか」






「森を侵した人間が、わが牙を逃れるために投げて寄越した赤子がサンだ」







「人間にもなれず、山犬にもなりきれぬ、
哀れで醜い可愛いわが娘だ」







「お前にサンを救えるか」









































優しさ、美しさ、愛しさ、醜さ、強さ、
弱さ、恐れ、腹立たしさ、哀れ、悲しみ、
慈しみ、やるせなさ、生と死の物語。























































たとえ、負のスパイラルのなかで生きているにせよ、生きていることに変わりはない。
正であれ負であれ、糧になるのは、生そのものの濃度・密度にあるのかと思います。
























この物語を観たあと、
人間こそが もののけ なのかもしれないと
思いました。

youtu.be

パルプンテっ!

仲間強化系呪文




仲間の攻撃力や守備力を上げます。
様々な良い効果を発揮するタイプの呪文。




手強いモンスターを相手にした時には
必須と言ってもいいほどの重要性となります。




重ねがけが可能で、現在何段階上昇しているかは戦闘中のキャラクターの
鼻息の荒さや眼の輝きなどで判別がつきます。


相手がやけにタフな時、圧勝したい時、
ここぞって勝負の時に使いましょう。


長時間の継続はできませんが、
火事場のクソ力的な、
普段より大きな強さ守りを生み出します。
自信と勇気の効果もあり。



用途、
意見を主張、宣言、断固拒否、告白、
何かを始める時、何かをやめる時、など


注意、
密室で一人の時に強化系の呪文を唱えると
力のやり場に困ります。






バイシオン 味方1人
味方1人の攻撃力を一段階上昇させる


バイキルト 味方1人
味方1人の攻撃力を二段階上昇させる


スカラ 味方1人
味方1人の守備力を2段階上昇させる


スクルト 味方全体
味方全員の守備力を二段階上昇させる


ピオラ 味方1人
味方全員のすばやさを一段階上昇させる


ピオリム 味方全体
味方全員のすばやさを二段階上昇させる


バーハ 味方1人
味方1人のブレスダメージを軽減する


フバーハ 味方全体
味方全体のブレスダメージを軽減する


マジックバリア 味方全体
味方全体の魔法耐性を上昇させる


マホカンタ 味方1人
呪文を一度だけ反射するバリアを張る














敵弱体系呪文



強化とは対照的に敵の攻撃力や守備力を下げるといった様々な悪い効果を発揮するタイプの呪文。



味方を強化し、敵を弱体化させれば飛躍的に戦闘は優位になります。


もちろん敵モンスターも使ってくるので
使われたら場合によってはすぐ解除しないと危機に陥ります。


守備力や素早さの減少は上昇効果のある
スカラやピオリムで相殺できます。



言っても聞かないヒト、暑過ぎるヒト、
好戦的なヒト、プライドの高いヒトに効果的。




用途、
お願いする時、謝る時、おねだり、
早すぎてついて行くのがツライ時、
今日は相手に折れて欲しい時、仲直り、など


注意、
使い過ぎると、なまけものになります。





ヘナトス 敵1体
敵1体の攻撃力を下げる


ルカニ 敵1体
敵1体の守備力を二段階下げる


ルカナン 敵全体
敵全体の守備力を1段階下げる


ボミエ 敵1体
敵1体の素早さを2段階下げる


ボミオス 敵全体
敵全体の素早さを1段階下げる


ディバインスペル 敵1体
敵1体の抵抗力を弱める










状態異常系呪文



敵を眠らせたり混乱させたりするタイプの呪文。



状態異常効果は必ず効くというわけではなく
ダメージを与えられるわけでもないために
あまり重要度は高くありませんが、


ボスの中にも眠らせることができるものもいるため、それを知ることができれば一気に戦闘が楽になります。


状態異常と一括りにしていますが、厳密には
ラリホー、メダパニ、マヌーサ、マホトーンは
それぞれに対する耐性は別々の扱いとなっています。


単純なヒトに効果抜群です。
急を要する時の時間稼ぎなど
応急的な処置に有効です。



用途、
門限突破、説教前、密室で屁こいた時、
店員さんが嘘の笑顔で来たとき、
寝不足な時、など。




ラリホー 敵1体
敵1体を眠らせる


ラリホーマ 敵全体
敵全体を確率で眠らせる


メダパニ 敵1体
敵1体を混乱させる


メダパニーマ 敵全体
敵全体を混乱させる


マヌーサ 敵1グループ
敵1グループを幻惑状態にする


マホトーン 敵1グループ
敵1グループを魔封じにする










その他の戦闘中呪文




似た効果のない、特殊な呪文。



マダンテは魔法使いのみが使える
全てのMPを消費する切り札の中の切り札。
メガンテは命と引き換えにする
掟破りな最終手段。


用途、
マダンテ、メガンテはゲーム以外タブーです。





マホトラ 敵1体
敵1体からMPを吸収する


ニフラム 敵全体
敵全体を光の彼方へ消し去る


アストロン 味方1人
味方1人を1ターンの間鋼鉄の塊にしてあらゆる攻撃を無効化する状態にする


マダンテ 敵全体
敵全体に現在残っているMPを全て消費し、
その3倍のダメージを与える


メガンテ 敵全体
命を捨てて敵全体を打ち砕く
移動中にのみ使える呪文






戦闘中には使える移動時のみに使える呪文。
主に移動をスムーズにするもので、

特にルーラやリレミトは
快適な冒険には欠かせないものです。

リレミトは消費MPが0になっているので
ダンジョン探索時にMPが尽きてもダンジョンからの脱出は可能です。



気軽に使える便利な魔法です。
どこでもドア、通り抜けループのようで、
人気もあるのではないでしょうか。


用途、
疲れた日の帰り、終電時間気にしない、
登山の登頂後、会社出勤、飲み会、
デパ地下で迷子、ナンパ防止、浮気防止、
プレゼントの中身、ガチャの中身、福袋の中身、
などなど。





ルーラ パーティ
一度訪れたことのある町などの拠点に
瞬間移動できる。


リレミト パーティ
ダンジョンから一瞬で脱出する


トヘロス パーティ
聖なるオーラで弱い魔物を寄せ付けない


インパス -
宝箱の中身を判別する







現代の世界では
攻撃呪文や蘇生呪文はアブな過ぎます。
そんなの使ったら自分を神か悪魔とか
言ってしまいそうです。

ギリギリラインで回復呪文か
補助的な効果の呪文、移動、脱出の呪文なんかがあれば便利だなぁ、なんて思います。













ゲーム音痴でもドラクエの冒険は好きです


youtu.be
続きを読む

liquid









グレゴリー・ポーター
(Gregory Porter)


















ご存知ですか?

















(Gregory Porter、1971年11月 - )は、
グラミー賞を受賞しているアメリカ人のジャズ歌手・ソングライター・俳優。







2014年にLiquid Spiritでグラミーの「ベストジャズヴォーカルアルバム」賞を奪取。






ロサンゼルス生まれ。母親が村長を務めていたカリフォルニア州のベーカースフィールドで育つ。





1989年高校卒業。運動選手として推薦されサンディエゴ大学入学。が、高校1年の時の肩のけががたたり、フットボール選手としての活動は終わった。グレッグは仲間からフィールドの外では紳士として知られていたが、
フィールド内ではモンスターだった。







2010年の処女作Water(Mot?ma Musicからリリース)は第53回グラミー入選。ブロードキャスト劇It Ain't Nothin' But the Bluesのキャストでもあった。







2012年のセカンドBe Goodに自作の曲を多数ふくめ、"Be Good (Lion's Song)", "Real Good Hands", "On My Way To Harlem"などの作曲・歌唱が批評家から絶賛された。タイトル曲『Be goood』は第55回グラミー賞「最優秀伝統的R&B演奏」賞入選。








いつも帽子を着用し、
"jazz hat"と呼んでいる。















2013年ブルーノートと契約。
同年三枚目のアルバムLiquid Spiritを発表。





















私は昨日、
ラジオを聴いていたら流れていて知りました。





曲が歌声がとても心地よく、
一目惚れならぬ一耳惚れしました。




今年の秋冬はこの音楽をベースに過ごしたいと思います。


youtu.be


youtu.be

前の記事へ 次の記事へ