10ヶ条






本日は、お日柄もよく  原田マハ



この本は冒頭1ページ目に
スピーチの極意10か条が書いてあります。




1.スピーチの目指すところを明確にすること


2.エピソード、具体例を盛りこんだ原稿を作り、
全文暗記すること


3.力を抜き、心静かに平常心で臨むこと


4.タイムキーパーを立てること


5.トップバッターとして登場するのは極力避けること


6.聴衆が静かになるのを待って始めること


7.しっかりと前を向き、左右を向いて、
会場全体を見渡しながら語りかけること


8.言葉はゆっくり、声は腹から出すこと


9.導入部は静かに、徐々に盛り上げ、
感動的にしめくくること


10.最後まで、決して泣かないこと




小説は、主人公の二ノ宮こと葉の幼なじみの披露宴での、吉原家の社長のスピーチから始まります。

それは、こと葉が思わず舟を漕ぎスープ皿に顔を突っ込んでしまうくらい退屈なものでした。




そして、もう一つのスピーチにも出会います。
それは会場の全員を惹き付け、あたたかな気持ちにさせ感動の涙を流させるものでした。


そのスピーチをした人こそ、やがて主人公の人生をも変えていく言葉のプロフェッショナル、
スピーチライターの久遠久美でした。



こと葉は、友人の披露宴でスピーチをすることになり、原稿を書いてもらおうと久遠久美を訪ねます。


そして、その友人の披露宴の当日、またまたあの吉原家の社長と遭遇します。

しかし、社長のスピーチは前回の退屈なスピーチとは打って変わって素晴らしいものになっていました。

余裕すら感じさせる落ち着き、エピソードに込められたユーモア、スピーチの長さもさることながら、何よりも話の中に登場する人物、つまりは新郎新婦が魅力的に輝いているのです。


なぜ…?


そこにはやはりスピーチライターの存在がありました。





私はこの本を読むまでスピーチライターという仕事を知らなかったのですが、単純にスピーチの原稿を作る専門家ではないのです。

相手の心に寄り添い、相手が思っていることや訴えたいことを引き出し、言葉の持つ限りない可能性を信じ、人の心をゆさぶる言葉を紡ぎあげていく。スピーチライターとは、そんな仕事です。


この本には披露宴の祝辞、弔辞、企業の社長の挨拶、選挙演説、さらには総理大臣と野党党首の党首討論など、心があたかかくなったり、思わず膝を打って納得したり、涙を誘われたり、心を打たれるスピーチがたくさん出てきます。


その中に印象深い指摘があります。

アメリカの大統領選挙の時の、オバマ前大統領とヒラリー候補の演説について。

当初圧倒的に不利だったオバマが、ヒラリーに勝つことができたのは、
とにもかくにも演説の力です。



オバマの「Yes, We can」はあまりにも有名ですが、その時彼が言い続けたのは
「we=私たち」でした。


一方、
ヒラリーは「I=私」と言い続けたそうです。



聴衆は「we」の中に自分も含まれていると確かに感じ取った…というくだりがあります。

そして、もう一つのキーワード
「c・h・a・n・g・e=チェンジ=変わる」。


この「change」の「g」を「c」に変えると、
そう「chance=チャンス」になるのです。


人間は自分を、そして国をよりよく変えたいという願望があると思います。

前オバマ大統領は「we」と「change」を
見事に自分の「chance」とし、
国民の気持ちを鼓舞し、歴史的な結果を残したと言えるのではないでしょうか。


物語の後半は、怒涛の展開が待っています。


政治家や政治の裏側、そこで影武者のように動き火花を散らす大手広告代理店社員とスピーチライター。私は読み終わったあとに、潜在的に人間が持っている豊かな感性を改めて感じ、それを言葉にできた時、その言葉が持つ力に感嘆しました。



読み終わったあとに、きっと冒頭1ページ目のスピーチの極意10か条を見直し、二度読みしたくなると思います。この本を読めばスピーチマスター間違いなしです。

私は人前に出るのがとても苦手なので
生涯スピーチすることはありませんが、
言葉の大切さを勉強できました。


感謝の一冊です。


最果ての地






まぐだら屋のマリア

原田マハ








ある事件があって、今までいた場所にいられなくなった料理人見習いの紫紋(シモン)。



あてどもなくさまよった結果、
尽果(つきはて)というバス停に降り立ちます。



尽果にある定食屋、まぐだら屋で女店主、
マリアと出会い、働くことになります。


まぐだら屋で様々な人々と出会う中で、生きる気力を取り戻していく再生の物語です。






小説の舞台は、寒さ厳しい尽果という海辺の集落のまぐだら屋という定食屋です。


料理をする様子の美しさと、
季節が移ろう様子の美しさの描写が素晴らしいなと思いました。


主人公とマグダラ屋の女店主マリアが料理に取り組む様子は目に見えるようであり、
お腹がすいてきそうでした。


 また、主人公は約1年間、まぐだら屋で過ごすのですが、24話構成になっており、
頻繁に季節に関する描写ができてきます。


冬の寒さの厳しさ、寒い冬からの春夏への転換を感じる様子の描写が新鮮で
食べて寝て起きて季節を感じる、ということが生きるということの根本なのかな、と思いました。





この小説を読み、生きるというのはどういうことだろう、と考えました。
日々、いろいろやることはあるけれど、生きる為に必要なことは結構シンプルなのかなぁって、寝て起き、食べて、ヒトの役に立つという毎日の積み重ねが、 生きることなのかな、と思いました。





 小説を楽しみながら、このようなシンプルで深い 問いを考えることができ、とても良い小説だなと思いました。




原田マハさんの小説を結構読みましたが、
ハズレなしです。
多分、文章と私の相性が良いのだと思います。






千年鬼


千年鬼「せんねんき」と読みます。

ここのブログで紹介された記事を読み
取り寄せました。



大当たりでした。※個人的な意見ですが。

お陰様で、この本と巡り合わせてもらいました。その記事を書いていただいた方に感謝しております。









純粋無垢な小鬼と、少女・民の、長くて悲しい、けれども心温まる物語






小さな鬼はその人が望んだ過去のシーンを夢のように見ることができる『過去見』という術を持っていて、 自分の知らない事実を見ることで、何かしらの気づきがあり人生が変わっていくという内容です。




7つの連作短編集になっているのですが、ここに驚きの仕掛けが隠されているのです。
謎がほどけていき、ラストにはどんな展開が待ち構えているのか…!? 純粋な小鬼の「思い」に、あなたは何を感じますか?












純粋無垢な「思い」に打ちのめされました。








読後表紙を見て泣いて下さい。



処理能力不足

ニ冊読む、



気分転換に本屋行く、



面白そうな本を見つける、



三冊買う、を繰り返しているうちに…。



処理が間に合いません。時間が足りません。
全部を今読みたい。








お金持ちになったら自分用に
ガストとブックオフを買って、


本を読んで、
ドリンクバーして、
本を読んで、
ハンバーグとか、
ステーキとか、
グラタンとか、
ピザとか、
山盛りポテトとか、
日替わりスープとか食べたり飲んだり、


そんで、
また本を読んで、駄目な生活を送りたい。











処理前

きみ





美しい丘と書いてミオカ
それがきみの名前だった。




美しい丘というよりも、嵐の丘という感じだ。


ミオカ、きみは雨のなかをずぶ濡れで走った。


空に一番近い場所を笑いながら歩いた。


夜明けの光のなか、ちぎれるように踊った。


ぼくは世界を旅して、
きみにたくさんの景色を見せてあげよう。


おいしいものをたくさんたべて、
きみにその味をわけてあげよう。


おしゃれだってうんとして、
毎年新しいモードをきみに見せてあげよう。


今はできないけれど、いつか恋をしたら、
男の胸の痛みとときめきを教えてあげよう。


ミオカ、
これからはすべてをぼくたちふたりでするのだ。


ぼくよりずっと濃厚だったはずのきみの人生まで生きるのは、ちょっとむずかしいかもしれない。


けれど、ぼくはどこまでも生きる。


最後の心臓のひと打ちがとまるまで、
力を尽くして生きる。


それがきみといっしょにすごした
十三ヵ月の結論だ。





と、結論から始まったこの本に、
またまた泣かされました。




「美丘」石田衣良






美丘と太一の出会いは、大学の屋上だった。


美丘という名前とは対照的で、
まるで嵐のような性格の美丘。


最初はちょっと変わった女性くらいにしか思っていなかった太一は、徐々にその女性に心を奪われていく。


身近にいる綺麗で、頭も良くて、スタイルのよい女性ではなく、ちょっとトゲのある、アクの強い女性に魅かれていく太一。


二人は付き合うようになり、やがて体を交わすことになる。その後、美丘の口から発せられた言葉に、太一は動揺を隠せなかった…。





と、この物語は展開していきます。







感動しました。
ただ、徐々に感動したという方が適切かもしれません。前半の男女6人の絡みの部分と、後半の太一と美丘が付き合ってからの部分でかなり受け取ったイメージが違いました。
後半に入り、徐々に涙がこらえきれなくなります。




濃厚だけど、差し迫る、鬼気迫る感じが
ページをどんどんめくらせました。



命と命、心と心、身体と身体、運命と運命、弱さと弱さ、強さと強さ、交わり、無力さ、
内側から外側から揺さぶり、訴えかける、
読者に考える課題を与えてくれる本でした。




続きを読む
前の記事へ 次の記事へ