きみ





美しい丘と書いてミオカ
それがきみの名前だった。




美しい丘というよりも、嵐の丘という感じだ。


ミオカ、きみは雨のなかをずぶ濡れで走った。


空に一番近い場所を笑いながら歩いた。


夜明けの光のなか、ちぎれるように踊った。


ぼくは世界を旅して、
きみにたくさんの景色を見せてあげよう。


おいしいものをたくさんたべて、
きみにその味をわけてあげよう。


おしゃれだってうんとして、
毎年新しいモードをきみに見せてあげよう。


今はできないけれど、いつか恋をしたら、
男の胸の痛みとときめきを教えてあげよう。


ミオカ、
これからはすべてをぼくたちふたりでするのだ。


ぼくよりずっと濃厚だったはずのきみの人生まで生きるのは、ちょっとむずかしいかもしれない。


けれど、ぼくはどこまでも生きる。


最後の心臓のひと打ちがとまるまで、
力を尽くして生きる。


それがきみといっしょにすごした
十三ヵ月の結論だ。





と、結論から始まったこの本に、
またまた泣かされました。




「美丘」石田衣良






美丘と太一の出会いは、大学の屋上だった。


美丘という名前とは対照的で、
まるで嵐のような性格の美丘。


最初はちょっと変わった女性くらいにしか思っていなかった太一は、徐々にその女性に心を奪われていく。


身近にいる綺麗で、頭も良くて、スタイルのよい女性ではなく、ちょっとトゲのある、アクの強い女性に魅かれていく太一。


二人は付き合うようになり、やがて体を交わすことになる。その後、美丘の口から発せられた言葉に、太一は動揺を隠せなかった…。





と、この物語は展開していきます。







感動しました。
ただ、徐々に感動したという方が適切かもしれません。前半の男女6人の絡みの部分と、後半の太一と美丘が付き合ってからの部分でかなり受け取ったイメージが違いました。
後半に入り、徐々に涙がこらえきれなくなります。




濃厚だけど、差し迫る、鬼気迫る感じが
ページをどんどんめくらせました。



命と命、心と心、身体と身体、運命と運命、弱さと弱さ、強さと強さ、交わり、無力さ、
内側から外側から揺さぶり、訴えかける、
読者に考える課題を与えてくれる本でした。




続きを読む

余命

良い本を読みました、






タイトルで買った、三秋縋さんの
「三日間の幸福」という本です。











未来への希望もなく、
お金も底をつきそうな主人公クスノキは、


行きつけの本屋の主人から、
寿命を買い取ってくれるという
不思議なお店の存在を教えてもらいます。




クスノキはその話しを信じてはいませんでしたが
このまま極貧の毎日を送るくらいなら
未来を売り、売った大金で
余生は好きなことをしたい。と思いました…




まあ、インチキだろうが話くらいなら、と
興味本位で寿命を査定のつもりが
三ヵ月を残して全部売ってしまいました。



主人公は寿命を売ったお金と、
三ヶ月の寿命を持って店を出ます。



寿命を売った次の日から、
監視員「ミヤギ」との生活が始まります。




最初は「ミヤギ」を
疎ましく思っていましたが、日を重ねる内に
少しづつ「ミヤギ」と親しくなり、
次第に人間らしくなっていきます。





















その先は、貴方も「三日間の幸福」を
クスノキとミヤギと一緒に
探してみてください。









終わりがあるゆえに、必死に生きようと、
もがき続ける姿に心を打たれ、


今までの人生より、
かけがえのない素敵な宝ものに涙します。















































もう号泣。
































































ストレス発散には泣くが一番

続きを読む

本心


登場人物


<亮介>主人公。
ドッグラン付きの喫茶店を経営


<千絵>
失踪した亮介の婚約者。


<細谷さん>
喫茶店の頼れる店員。千絵の母親的な存在


<美沙子>
亮介の母親


<洋介>
亮介の弟


亮介の父親




[ユリゴコロ]は

沼田まほかるの実写化もされた小説です。






涼介はペットと一緒に楽しめる
ドッグランがついた喫茶店を経営し
順風満帆だった亮介に、
多くの困難が降りかかる事なります。



一緒に経営していた婚約者・千絵の失踪、
父親の末期ガンが発覚、母親の事故死などが亮介を絶望へと追いやります。



そんな中、亮介は父親に会うため実家を訪れ、
普段は入ってはいけない父の書斎に何気なく足を踏み入れると、そこには…。











生まれてから楽しさや
幸せを感じる心が欠落した少女と

亮介と父と母と婚約者


特殊な心と

特殊な出会いと

特殊な繋がりと

特殊な愛

そして衝撃と感動の結末、






大きく括ると癖の強い深い愛の物語。




最初は不快から始まり、
最後は涙しました。




二度読んで、二度不快な気持ちになり、
二度泣きました。



とても良い作品だと思います。













続きを読む

本心



しあわせは子猫のかたち





これは 本のタイトルじゃないです。




乙一の「失はれる物語」
短編集のなかのひとつです。




寂しいけど、あったかくて。
切ないけど優しくて。




幽霊が普通にいたり、
少し不思議なんですけど、
それが「そんなこともあるのかもしれない」と
思わせる不思議なリアル感がありました。




あらすじ



主人公の青年は、人付き合いが苦手で、大学入学をきっかけに一人暮らしを始めます。


誰にも、関わらず見知らぬ土地で一人で過ごし、孤独に死ぬことを切望して。


住む場所は、
叔父が所有する古い一軒家。


そこには、
以前若い女性が一人で暮らしていたけれども、
強盗殺人にあって亡くなってしまった。



彼女は、身よりがなく家具とかもそのまま。



ちょっと想定外だけど、
まぁいいか、と暮らし始めたが、


その家には彼女が飼っていた白い子猫と、
幽霊になった彼女がいた。




そして不思議な共同生活が始まる…













注意
ここからは ネタバレします。




この本を読まれない方、
又は、読み終えた方はお進み下さい



















主人公の青年が口下手で、
人付き合いが苦手でね。


ぼくみたいな、器用になんでもできない人間が
生きていくにはつらすぎる。って言うんです。



反対に、幽霊の雪村は人に好かれる人間で、
明るくて。





彼の
「なんで、雪村みたいな人間が死んでしまうんだろう」「自分の残りの寿命を彼女に分け与えることができたらいいのに」ってセリフが印象的で。

悲しくて切なくて優しくて、
泣きそうになる。




最後に雪村は、
成仏していなくなってしまうんだけど、
彼に手紙を残してくれます。





「確かに、世の中、絶望したくなることはたくさんある」
「でも、泣きたくなるくらい綺麗なものだって、たくさん、この世にはあった」
「際限なく広がるこの美しい世界の、きみだってその一部なんだ。わたしが心から好きになったものの一つじゃないか」

※本文では長文です





一枚の写真が手紙に同封されていて。
子猫と主人公の青年が一緒に寝転がって、とても幸福そうな顔で寝ている写真で。

最後は、爽やかな風が吹くような終わりでした。






この作品が大好きになりました。



1西9独4絵9本






西ドイツで生まれたハンス・ウィルヘルムがアメリカで出版した


名作『ずーっと ずっと だいすきだよ』


国語の教科書にも載るほど
有名な絵本なので、目にしたことの
ある人も多いかもしれませんね。



この絵本のテーマは
「愛する者との死別」



男の子と愛犬のエルフィーは、
幼い頃から大の仲良しでした。


毎晩、男の子はエルフィーに
「大好きだよ」と伝えます。


しかし、
一緒に大きくなっても、
当然エルフィーの方が
早く年衰えていくのです。


段々昔のように
動けなくなってきたエルフィー。


お別れの日も近くなってきました。


やがて、
エルフィーに死が訪れます。
家族みんなが悲しみにくれる中、
男の子の心は幾分か楽なのでした。


なぜなら、
毎晩エルフィーに
愛している気持ちを伝えていたから。
男の子には、後悔がなかったのです。



すきなら
すきといってやればよかったのに
だれも、いってやらなかった。

いわなくっても
わかるとおもっていたんだね。




伝えることの大切さが この一文に詰まっているのではないでしょうか。

言える時に言っておかなければならない
言葉がある。

日々の中できちんと愛情を伝えないことが後でどれほどの悲しみに繋がるかを、この絵本は教えてくれます。

子どもが読んでも納得できる物語ですが、本作は大人の心にこそより響き、自分の大切な人が思い出されて泣けてくるのです。







次の作品









世界的に有名な
『おやすみなさいのほん』を書いた、
マーガレット・ワイズ・ブラウンと、
カルデコット賞を受賞した画家の
レナード・ワイスガードのコンビが1949年に出版したこの絵本は、

今もなお
世界中に愛され続けている有名な絵本

ずっと大切に取っておいて、孫に読み継いでいる、という家庭もあるかもしれません。


キレイでリズムが心地よい詩的な文と
あたたかみのある美しい絵で、子どもの読み聞かせにピッタリですが、

大人が読んでも改めて大切なことに気付かされる、味わい深い1冊です。



そらはいつもそこにある 

まぎれもなくあおくて たかくて
くうきにみちている

そしてときおり
くもがとおりすぎていく

でもそらにとってたいせつなのは
いつもそこにある ということ




このように、スプーンやひなぎく、雨や草、雪、りんご、風……と身近なものの大切なことを、
1ページ1ページ紐解いていきます。


では、あなたにとって大切なこととは
何でしょう?

読者に本質を見ることの
大切さを伝えてくれるこの絵本は、

心を育てている真っ最中の子どもや、

情報過多で周りが見えなくなっている
大人にこそ


読んでもらいたい作品です。














続きを読む
前の記事へ 次の記事へ