5Gで中国企業排除へ

総務省は、次世代通信システムの調達から、中国の通信機器大手「ファーウェイ」などを、事実上排除する方針を決めた。

総務省の審議会が決定した5G(第5世代移動通信システム)の基地局開設の指針には、今週、政府が定めた、「ファーウェイ」や「ZTE」を政府調達から事実上排除する申し合わせについて、「留意すること」とした修正が新たに盛り込まれた。

総務省は、携帯電話各社が、5G用の周波数割り当てを申請した際の、「審査の基準には影響しない」としているものの、「安全・信頼性の確保に取り組むべきだ」とも強調している。

読売新聞が値上げへ

読売新聞社は13日までに、来年1月1日から朝夕刊セットの月ぎめ新聞購読料(税込み)を4037円から4400円に引き上げると発表した。

 消費税引き上げ時を除く本体価格の値上げは、1994年1月以来25年ぶり。

 同社は、全国の販売店で近年、経営難と従業員不足が深刻化しており、増収分の大半は販売店の労務環境改善に充てると説明した。朝刊の1部売り(同)は130円から150円に値上げし、夕刊は50円で据え置く。

札幌の民泊、廃業が相次ぐ

登録も廃業も 札幌市が全国最多
 千件を超す登録がある民泊全国最多の札幌市で、民泊の廃業が相次いでいる。民泊が解禁された6月以降のわずか5カ月間に39件が廃業し、全国の約2割を占めた。営業開始までに必要な防火設備を備えられず、「消防法令適合通知書」が取得できずに営業を諦めるケースが多いようだ。

ポケベル、来年9月で終了

「ポケットベル」(ポケベル)の呼び名で親しまれた無線呼び出しサービスが、国内から姿を消すことになった。唯一取り扱いを続けてきた東京テレメッセージが3日、サービスを来年9月末で終了すると発表した。

赤ちゃんライオン誕生

安佐動物公園(広島市安佐北区)は、2頭のライオンから計3頭赤ちゃんが9〜10月に相次いで生まれたと発表した。一般公開の時期や名前は未定だが、同園は「手足の短いライオンの赤ちゃんは非常に愛くるしい。大きくなる前にぜひ見に来てほしい」としている。順調に生育すれば、同園では11年ぶりの繁殖成功となる。
前の記事へ 次の記事へ