激レア「スーパーマリオブラザーズ」

1985年、国内では定価4900円(税別)にて販売されていたファミリーコンピュータ向けゲーム『スーパーマリオブラザーズ』。海の向こうでは、同作の激レアカセットが2000倍以上となる10万150ドル(約1106万円)にてオークションで落札されたという。アメリカ最大級のオークションハウス「ヘリテージオークション」は、格付けされた鑑定済みゲームとしては史上最高額の記録であると公式サイトにて伝えている。

1月は世界で異常気象

世界気象機関(WMO)は1日、1月は北米が寒波で記録的な低温となった一方、オーストラリアでは猛暑により観測史上最も暑い月となるなど世界各地で異常気象に見舞われたと発表した。ターラスWMO事務局長は「北極地方で大量の氷や雪が融解していることが北半球の気象パターンに影響している」とし、一連の異常気象と地球温暖化の関連を指摘した。

EPA発効

日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が2月1日に発効し、世界貿易の約4割を占める巨大な自由貿易圏が誕生した。
相互に貿易品目の9割超の関税を撤廃し、通関手続きなどを簡素化。知的財産権の保護を厳格化する共通ルールなども導入された。

嵐が2020年で活動休止へ

ジャニーズの5人組人気グループ・嵐が26日、2020年12月31日をもってグループ活動を休止することを電撃発表した。有料ファンクラブサイトに、5人の動画メッセージを投稿し報告した。

フェルメール展、来場者60万人突破

上野の森美術館(東京・上野公園)で開催中の「フェルメール展」の来場者が24日、60万人を突破した。
17世紀オランダを代表する画家、ヨハネス・フェルメールの作品を、国内史上最多の9点展示(うち2点は期間限定)してきた同展も、2月3日に閉幕する。
前の記事へ 次の記事へ