清涼飲料水業界団体がペットボトル100%有効利用へ

清涼飲料水の業界団体である全国清涼飲料連合会は29日、プラスチックごみによる海洋汚染問題への取り組みとして、「プラスチック資源循環宣言」を発表した。2030年度をめどに、ペットボトルの100%有効利用を目指し、海洋に流出する廃ペットボトルをなくす狙いだ。

原油価格急落

11月に入り原油価格が急落しています。NY原油は春先から10月まで1バレル65ドルから75ドルの範囲で推移していましたが、11月1日に65ドルを割り込み、20日には53ドル台まで下落しました。

中部電力が料金や使用量の確認がLINEできる

中部電力は20日から、スマートフォンの無料通信アプリ「LINE(ライン)」の公式アカウントを開設する。電気料金や使用量をライン上で確認できるほか、引っ越しの手続きや停電情報を調べることもできる。

国立病院機構の7割が経営悪化

全国141の病院を運営する独立行政法人「国立病院機構」が、2016年度に設立以来初めて赤字に転落したことを受け、会計検査院が各病院の経営状況を調べたところ、同年度に経営改善計画を立てていた92病院のうち、約9割の82病院が計画を達成できていないことが分かった。約7割の65病院は15年度より経常収支が悪化していた。

ゆうちょ預入限度額の倍増検討

政府の郵政民営化委員会(岩田一政委員長)が、ゆうちょ銀行の預入限度額の引き上げを検討していることが10日、分かった。現在の1300万円から2600万円へ倍増する案を軸に調整している。来年4月の実現を目指し、近く結論を出す見通しだ。
前の記事へ 次の記事へ