MEGADETH『「DYSTOPIA」」JAPAN TOUR 2017 』東京初日


珍しくアイドル以外のレポートを!
スラッシュメタル界のBIG4の1組であるメガデスの来日公演に行ってきました。
メガデスとしては2015年のラウパぶりの来日公演で、大阪1公演、東京2公演の3公演によるジャパンツアーとなりました。
スペシャルゲストとして、アンスラックスを迎えた豪華なツアーですね。

自分としてもラウパ以来で、なんだかんだ通算3度目のメガデスとなります。

東京はZepp Diver City Tokyoでの公演で両日ソールドアウトというのはなかなか凄いと思います。


オープニングアクトではTHE 冠が登場。
初見でしたが、楽しかったな〜
自虐的なMCも入れながら、がっつりメタルなライブをしてくれました。

会場も温まってきたところで、スペシャルゲストのアンスラックス。

ラウパ以来2度目に見るアンスラックス。
会場の熱気が一気に上がりましたね!
「Among the living」「Caught in a Mosh」「Madhouse」と予測できる流れなんだけど、やっぱり気持ちいい。
ちなみに中盤全然わからなくてすいません…
アンスラックスはメンバーの個性というかキャラクターも濃くて好きなんですよね!
フランクの下げすぎだろってベースをノリノリに指弾きしてるのとかかっこいい笑
それと自慢ですが、チャーリーのサイン持ってますよ(^.^)
約1時間、これだけでも相当美味しいライブですよね。


Anthrax


01. Among the Living
02. Caught In A Morh
03. Madhouse
04. Fight 'Em 'Til You Can't
05. Breathing Lightning
06. Efilnikufesin (N.F.L.)
07. Blood Eagle Wings
08. Antisocial
09. Indians





少しスタート時間が遅れてのメガデス登場。


「Hangar 18」からのスタートでもう会場は大合唱ですよ!
自分もモッシュに巻き込まれながら、写真を撮ったり(撮可)
「Wake Up Dead」をやってくれたんですけど、メガデス好きな曲ベスト5くらいに個人的には入るくらい好きなんですよ。
リフや転調など、メガデスの美味しいところ詰め合わせたような感じで。
前回ラウパではやってくれなかった、アルバムDYSTOPIAからの曲もセトリに結構入ってましたね。
こうやって満遍なく入れても違和感なくライブできるのって、やっぱりメガデスのクオリティの高さだと思うんですよ。
「Post American World」の後半のドラマチックな展開はライブで聴くとまた違うな〜
「Conquer Or Die!」でのキコのギター無双も生で聴けて良かった。
もちろん「Dystopia」も!
ラストは「Peace sells」


アンコールはファンを日本語でなだめ(笑)、友人でもあるクリス・コーネルが亡くなったとの話を。
哀悼の意としてサウンドガーデンのカバーを披露。


その後は再びメガデスのライブとして「Holy Wars… The Punishment Due 」で締めくくり。
本当に最高だった。
爆音だし、キーも下げてるんだけど、本当に音が聴きやすいんですよね。
ムステイン大佐もMC含めて楽しそうにしてるし、メンバー全体がステージ上を動いて躍動感もありましたね。
クリスの話もあってか、大佐から近いうちに会おうみたいなメッセージもあり、本当に近い来日公演を期待したいと思います。


Megadeth


SE.Prince of Darkness
01.Hangar 18 
02.Wake Up Dead 
03.In My Darkest Hour 
04.The Threat Is Real 
05.Sweating Bullets 
06.She-Wolf 
07.Conquer or Die! 
08.Lying in State 
09.Trust 
10.Poisonous Shadows 
11.Fatal Illusion 

12.A Tout Le Monde 
13.Tornado of Souls 
14.Post American World 
15.Dystopia 
16.Symphony of Destruction 
17.Peace Sells 



E1.Outshined (Soundgarden) 
E2.Holy Wars… The Punishment Due 
END SE.Silent Scorn 


虹コン 5/12 アキバソフマップ 写真集イベ

この日はアキバソフマップでのイベント。
衣装は赤組定期で初披露の寿司衣装でした。


ののた「この衣装の守られてる感じよくないですか?」
SG「あー 分かる!」
の「なんか包まれてるふとんのような感じがします!」
S「良いですよね〜 そういえば空いた期間は撮影?まぁ言えないだろうけど笑」
の「そうですよ、明日からですね〜 海外いいんですけど、なんか不安になりません?」
S「でも海外だから観光含めて楽しめるんじゃない?」
の「まぁそうなんですけど、やっぱり日本の方が落ち着きますよ!」
S「確かにそれはね笑 ヲタクでメンバーどこに行くか予測して先回りで海外行くヲタ芸やるかって話題になりましたよ笑」
の「えっ、予想して?笑」
S「リスクの高いヲタ芸です笑」
の「絶対やめた方がいいですよ笑」
S「言えないだろうけど、リゾート系ですかね?」
の「そうですね、パンケーキとか食べたくなるなみたいな!」
S「あっ、じゃあ行ったことある場所かもしれない、パンケーキ食べたかったという悔やんだ記憶が…」


勢いでもう1枚チェキを撮りましたが、暗い話なのでカット(^-笑

ライブハウスAKIBAカルチャーズ劇場へようこそ vol.1

この日は虹コンの定期公演の新シリーズ「ライブハウスAKIBAカルチャーズ劇場へようこそ」のvol.1でした!
そのタイトルのパロディから分かる通り、ロックをコンセプトにやっていくようですね。
今までのシリーズとしては1番分かりやすく、楽しみなテーマでもあります。

そんな1回目のカバーはユニゾンの「オリオンをなぞる」とジュディマリの「そばかす」
もちろんロックバンドなのは間違ってないですが、アニソン枠なところも強いかな?
まぁメンバー的にも分かりやすい所からなのかもしれませんが。
そばかすカバーではののたが久々にカバー曲に登場でしたね。
かりん様と2人の為、それなりに歌うパートも多くがっつり聴けて良かった。
キーは高めですが、しっかり歌えてましたね!

今度はどんなカバーやるかな?
ロキノン系中心だろうけど、ゆら帝やってくんないかな?笑


ののたとチェキ

SG「今更ですけど、映画良かったですよ?」
ののた「ありがとうございます!」
S「演技も問題無いし! ただ、まぁ1つだけ…」
の「そうなんですよ〜 あの、 いやまぁなんでもないです笑」
S「あ、まぁわかります笑 1シーンだけ、あれがね笑 ちょっとスタンプで隠して!みたいなシーンあるよね笑」
の「そうなんです笑 北海道の時は字幕があったんですよ、それで隠れて笑 でも今回は字幕無いし、大きなスクリーンじゃないですか〜」
S「まぁね、隠して!って思った笑 だから写真集とかも嫌で〜 推しの見たくないじゃないですか…笑」
の「わかります!浴衣とかだと良いんですけどね〜」


映画の内容ってより、話題のシーンについての会話でした笑

虹コン 5/5 アキバソフマップ 大塚望由卒業公演

そしてアキソフ2部はミッユ卒業のイベントでした。

ミッユは1ヶ月の長期休業中で、4/28のアキソフには戻ってくると本人の口からも発言していましたが、メジャーリリイベ終了後の5/1に卒業発表があり、今回の卒業ライブとなった形です。
学業との両立が難しくなり、そのうえ体調を崩してしまったというのが理由とのこと。

自ら病気の告白もしたりと精神的な面では前々から心配なところもあり、何度か休みがちであったりしましたが、こういう形になることは本当に残念でしかたありません。
実際に自分が好きになり、仲良くなれた冬場の時期には本人の体調も良く、ライブ中も楽しそうにしていたので。
やや今年に入ってからまた調子悪いのかなと感じるところはありましたが、本人に話に行くととてもニコニコしてくれてそういったところでは安心していたというか、大丈夫なんだろうなと思っていたので、正直突然の発表にショックを受けました。
いや、半分想定していた事態でもありましたが、自分の想像する範囲以上のキャパでこの件は辛かったというところなんです。

当日のライブのミッユはいつものミッユであり、むしろ最近見た中ではとても元気で楽しそうにしていたと思います。
歌声の調子も良くて、パラダイスな片思いにはミッユいないとダメなんだよなというところが逆に意識してしまい、とても辛くなりました。
衣装は旧むてき衣装、さらに初期の自己紹介、そして女の子むてき宣言を披露。
見ていて凄く楽しかったけど、なんでこんなに完成したライブが出来るのに、このメンバーが揃うのが最後だと思うとそれもまた辛くなってしまいました。
ライブ後のミッユのメッセージはありがとうございましたの一言で終了。
アンコールが起こりましたが、戻ってきたメンバーの中にはミッユの姿はなく、今いるメンバーでの挨拶のみとなりました。

非常にミッユらしいと言えばミッユらしいし、少し寂しいと言えば寂しさが残ってしまう終わり方ではありましたが、最後はライブパフォーマンスをしっかりと見せてくれたところ、ツイートこそ短めながら、みんなのツイートをリツイートしているところなど本人なりの気持ちも伝わる部分があるので、自分もしっかり受け止めようと思います。

ミッユとのチェキはわずか6枚ですが、逆にこの少なさから全ての思い出がよみがえってきます。
コミュ障な自分にニコニコと笑って聞いてくれてるミッユが好きでした。
ギターの話になり、「このコード練習してる!」「カポ買ってきたよ!」と自分を少し頼りにしてくれるところも本当に嬉しかったです。
オリジナル曲作りたいと言ってたミッユの言葉を信じて、またどこかでミッユの歌声聴けたらなと思っています。
本当にお疲れ様、そしてありがとう。



自分にはののたという推しがいてくれています。
いつ話せなくなるか会えなくなるかわからないからこそ、ののたとの時間を大切にしないとなと思いました。
ライブ中もチェキの時もいろいろ気を使わせてしまって、申し訳ない。
ののたの来るべきゴールをちゃんと見守りたいですね。

虹コン 5/5 アキバソフマップ 写真集イベ

この日はアキソフで1部2部とに分けてのイベント。
昼の1部は赤青揃っての写真集イベントで、夜の2部は映画のメイキングDVDのイベント。
まぁ2部は実質、大塚望由の卒業公演という内容ですが。

朝早めに並び2部の券を確保。
開店時で100人以上の列があり、ミッユの影響力の高さも感じました。


やっぱり赤青揃うとそれなりの人数でのパフォーマンスになるし、迫力ありますね。
エイリアンガールでは青を中心にして、赤メンバーが周りで盛り上げるなどの見せ方でこれはこれで楽しいなと。


ののたとチェキ

ののた「このイジリができるのも今日で最後なんですね…」
SG「ん?このイジリ?」
の「そのシャツ、ローリングストーン?」
S「(盛大に流された!)ローリングストーンズですね、バンドです!」
の「なんかコールドストーンみたいですよね!〇〇にコールドストーンが出来たらしくて萌ちゃんが行ったらしいんですよ、なんかアメリカンな感じらしくて!」
S「アメリカ?雰囲気が?」
の「というよりアイスが、高級なカップ(?)みたいなのに入っていて違うらしいんですよ〜」
S「そうなんだ笑」

多分ミッユの話をされた感じだけど、流されてしまった笑
前の記事へ 次の記事へ