フジファブリック_LIVE_TOUR_2018_"帰ってきた!!三日月ADVENTURE_追加公演

Zepp Diver City Tokyoで行われたフジファブリックのライブに行ってきました!

この日はデビューで14周年記念日。
新旧なフジファブリックの曲が並び、とにかく神がかったセトリでした。
聴きたい曲ほとんど聴けましたね。
日替わりで変わってるセトリなので、バウムクーヘンが聴けたのは本当に運が良かったみたいです。

金澤ダイスケさんのことをイケメンでいじる流れで、志村さんが「イケメン先生」って呼んでたっていうエピソードを。
ただその名で呼ぶ時は頼みごとや使いっ走りの時だったみたいですが笑

志村さん時代のフジファブリック聴いてたので、最近の曲を知らなかったりするのですが、かっこよすぎてもっとちゃんと聴かないと思ったな。
「若者のすべて」で涙腺刺激はされましたが、基本はハイテンションで楽しめました。

フジファブリックをバンドでやりたくなってきたな。


らりん お渡し会&舞台

虹コンのヲタクになる前は主に乃木坂のヲタクで、らりん(永島聖羅)推しでした。
もっと言うとななみん入りのねねころ推しからのらりん推しなんですが、それはまた別の時に!
ののた推しと被るような形でらりんのグループ卒業を見届けた時期もありました。

それから女優やタレントとして活躍するらりんの情報はちょいちょい知っていましたが、久々にらりんとの接触に行きました!
カレンダーとラジオCDのお渡し会のイベントです。

あの乃木メンのらりんと握手、それにチェキも撮れるというイベントなんで神イベですよね笑
握手はギリギリまで様子が見えないのですが、あのテンション高くてでかい声がずっと丸聞こえになっていて、変わらないなと笑ってしまいましたよ笑
チェキを撮る時も肩たたいてきたりとなんからりんらしいあざとさ(笑)も見せながら、終始ニコニコして話してくれました。
乃木坂握手時代は10枚出しとかやったことありますが、長期的な認知はないはずなんですけど、らりんの優しさからか覚えてるよ!と言ってくれたのも嬉しかったですね。


この時に主演舞台をやる情報を仕入れたので、舞台も観に行きましたよ。
虹コンあかりんの舞台も行ったりとハマってきていたので、タイミング良いかなと思って。

4月14日に博品館劇場でSANZという舞台を観に行きました。
生演奏やダンスに、らりんは生歌も披露するシーンがあるなどの充実っぷりでしたね。
物語も人間ドラマがメインでシリアスな場面がありながらも笑いを要所に入れてきて、本当本格的なもの見れました。
らりんも良い意味でそのままだし笑


またらりんに会える機会があれば行ってみたいなとも思ってます!




アーバンギャルドのディストピア2018_KEKKON_SHIKI

1ヶ月以上経っていますが( ; ; )、4月8日のアーバンギャルドのライブレポでも!

この日は中野サンプラザでアーバンギャルド の10周年記念ライブ。
2年前の鬱フェス以来アーバンは見ていませんでしたが、10周年なんで久々に。
思えばたまたま観た「修正主義者」の MVでハマり、インストアライブやメジャーデビュー決定のライブなど見たりと思い入れも深いです。
ポルノやELTに次ぐくらいファン活動をしてるかもしれないのが自分でも不思議です笑
そのくらい天馬さんの世界観好きなんですけどね。


久々でしたが、制服や水玉コスの集団の絵には慣れたなって感じです笑
ライブは結婚行進曲が爆音で流れ、メンバーのお馴染みな流れのなか、血痕式とスクリーンに映し出され「ワンピース心中」スタート。
個人的に懐かしい〜と思える曲も多く(ライブ行ってなかったから当たり前)、楽しくフラッグ振っていました笑
このバンドはフィクションですのセリフのもと、新作アルバムのタイトルでもある「少女フィクション」
今やNHKでの番組出演もあり、子どもからの知名度が1番高いですがという天馬さんですが、構わずにセックスはお好きですか?のコール&レスポンスも笑
さらにゲストとして元メンバーでクラフト担当だった藤井亮次が巨大キューピーの姿で登場!
これも懐かしい〜

よこたんはアーバンに加入して初めて書いたmixiの日記が「結婚します」であるというエピソードもあり、本編最後は「少女にしやがれ」

天馬さんは最後に

「アーバンギャルドの歌詞には実は青春って言葉がたくさん出てくるんです。どう考えても一般的な明るい青春を送れてる人が聴くような音楽ではないし、僕自身もまったく青春らしい青春を送ってこなかったのに。青春って、その渦中にいるときは気付かないものなんですよね。『今、青春してるな』と感じるものではなくて、振り返ったときに『ああ、青春だったんだな』と思うものなんです。僕はいつのまにやら35歳になってしまったんですけど、10年を振り返るライブを今日やってみて、初めて『アーバンギャルドが青春になった』と思いました。ありがとうございました。」

あまり見ない天馬さんの感極まった姿には、こちらにもくるものがありました。

最後は「セーラー服を脱がないで」


断片的ではありながらもアーバンギャルドを見てきた自分には、アーバンギャルドの音楽はよく聴く音楽レベルでは収まらない思い入れがあります。
楽しいライブになりました。
20周年も立ち会えるといいな。


ペンタゴン・ペーパーズ

久しぶりに映画の感想でも。

最近はヲタク割合が大幅に減ったので、その分映画を観る機会が増えました。
動画配信サイトもですが、ちゃんと劇場に足を運んで行くようにしましたね。
本当の楽しみ方はそこですし。

何本か観ていますが、個人的に面白いなと感じた「ペンタゴン・ペーパーズ」の感想でも。

監督はスティーブン・スピルバーグ
メインキャストはメリル・ストリープとトム・ハンクス

あらすじは
ベトナム戦争の最中だった1971年、アメリカでは反戦運動が盛り上がりを見せていた。そんな中、「The New York Times」が政府の極秘文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在を暴く。ライバル紙である「The Washington Post」のキャサリン(メリル・ストリープ)と部下のベン(トム・ハンクス)らも、報道の自由を求めて立ち上がり……。

という実話を基にした社会派ドラマですね。

ベトナム戦争に対しての知識も薄く、前半は経済的な話とかも加わりなかなか捉えられてなかったのですが、役者さんの熱い演技などもあり引き込まれていきました。
ちょっとしたシーンですが、重要人物との連絡が繋がり外から電話をかけるシーンで慌てて硬貨を落としてしまう細かい描写など、この人誰かに◯されるの!?って思ってしまうくらいの緊張感を描いていたと思います。
個人的なフェチみたいなものかもしれませんが、資料などの紙をめくったりする音や仕草、社内社外を走っていくところなど、ザ・マスコミ、ザ・警察みたいなシーン好きなんですよ笑
仕事の熱量みたいなのが伝わってきて(社畜なのかも)

真実という正義を求めての政府と新聞社との戦いなわけですが、それぞれの立場から背負うものも見えてきてとても面白いと思いました。
あまり大きく説明はされていませんが、この時代での女性の立場というのも重要ポイントであると思います。

ラストシーンは観ただけじゃよく分からなかったので、自分のようにベトナム戦争の歴史を調べてみるとまた分かりやすくて良いですよ笑

この映画を機に社会派映画にハマりだすのですが、それはまた別のお話。

殺し屋と悪魔

1ヶ月前の3/10ですか、虹コンあかりんの初舞台を見てきました。
劇団ディアステージの旗揚げ公演でもあるんですよね。
自分はあかりん出演ラストの回!

あかりんの役は割とサブなポジションでの役かと思っていたら、後半にかけてメインともからむ大事な役と判明。
あかりん大丈夫かと最初はハラハラして観てましたが、全然問題無かったですね。
歌やダンスも披露するところがあり、魅力を出せていたと思います。
内容はコメディ色高めなSFミステリー。
俳優陣のアドリブもなかなかとばしていて、そういう面白さも味わえました。

なんだかんだ乃木坂プリンシパルくらいしか舞台観たことなくて、本格的なのは初でしたね。
生での臨場感は、これは舞台にハマってしまうんじゃ∩^ω^∩ってなるような体験でした。

あかりんとチェキを撮って感想を伝えましたが、演技を見て気になってしまった舞川みやこさんともチェキを撮りました笑
虹コンメンバー以外が久々すぎて緊張した〜笑
舞台のヲタクになってしまうんだろうか…
前の記事へ 次の記事へ