ペンタゴン・ペーパーズ

久しぶりに映画の感想でも。

最近はヲタク割合が大幅に減ったので、その分映画を観る機会が増えました。
動画配信サイトもですが、ちゃんと劇場に足を運んで行くようにしましたね。
本当の楽しみ方はそこですし。

何本か観ていますが、個人的に面白いなと感じた「ペンタゴン・ペーパーズ」の感想でも。

監督はスティーブン・スピルバーグ
メインキャストはメリル・ストリープとトム・ハンクス

あらすじは
ベトナム戦争の最中だった1971年、アメリカでは反戦運動が盛り上がりを見せていた。そんな中、「The New York Times」が政府の極秘文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在を暴く。ライバル紙である「The Washington Post」のキャサリン(メリル・ストリープ)と部下のベン(トム・ハンクス)らも、報道の自由を求めて立ち上がり……。

という実話を基にした社会派ドラマですね。

ベトナム戦争に対しての知識も薄く、前半は経済的な話とかも加わりなかなか捉えられてなかったのですが、役者さんの熱い演技などもあり引き込まれていきました。
ちょっとしたシーンですが、重要人物との連絡が繋がり外から電話をかけるシーンで慌てて硬貨を落としてしまう細かい描写など、この人誰かに◯されるの!?って思ってしまうくらいの緊張感を描いていたと思います。
個人的なフェチみたいなものかもしれませんが、資料などの紙をめくったりする音や仕草、社内社外を走っていくところなど、ザ・マスコミ、ザ・警察みたいなシーン好きなんですよ笑
仕事の熱量みたいなのが伝わってきて(社畜なのかも)

真実という正義を求めての政府と新聞社との戦いなわけですが、それぞれの立場から背負うものも見えてきてとても面白いと思いました。
あまり大きく説明はされていませんが、この時代での女性の立場というのも重要ポイントであると思います。

ラストシーンは観ただけじゃよく分からなかったので、自分のようにベトナム戦争の歴史を調べてみるとまた分かりやすくて良いですよ笑

この映画を機に社会派映画にハマりだすのですが、それはまた別のお話。

殺し屋と悪魔

1ヶ月前の3/10ですか、虹コンあかりんの初舞台を見てきました。
劇団ディアステージの旗揚げ公演でもあるんですよね。
自分はあかりん出演ラストの回!

あかりんの役は割とサブなポジションでの役かと思っていたら、後半にかけてメインともからむ大事な役と判明。
あかりん大丈夫かと最初はハラハラして観てましたが、全然問題無かったですね。
歌やダンスも披露するところがあり、魅力を出せていたと思います。
内容はコメディ色高めなSFミステリー。
俳優陣のアドリブもなかなかとばしていて、そういう面白さも味わえました。

なんだかんだ乃木坂プリンシパルくらいしか舞台観たことなくて、本格的なのは初でしたね。
生での臨場感は、これは舞台にハマってしまうんじゃ∩^ω^∩ってなるような体験でした。

あかりんとチェキを撮って感想を伝えましたが、演技を見て気になってしまった舞川みやこさんともチェキを撮りました笑
虹コンメンバー以外が久々すぎて緊張した〜笑
舞台のヲタクになってしまうんだろうか…

ヨコハマで感謝するネッサンス

アイルネことアイドルネッサンスの解散ライブに行ってきました。

自分がアイルネ知ったのは虹コンツーマンくらいかな…
その後はヲタクの影響でリリイベや有明ワンマンも見に行っています。
初めはメンバーにそこまで興味持てなかったし、カバー中心でやってるんだ〜くらいだったけど、自分も懐かしく感じる楽曲をアイルネらしくカバーしてるのを聴いて、徐々にその世界観にハマっていきました。
メンバーもほどよく闇を抱えていて、なんか虹コンに近い空気も感じたんですよね笑

ののフェスでのアイルネのライブ、そしてコラボにもとてもくるものがあり、そういった意味でも好きになってきたところだったんですけどね。
突然の解散発表にびっくりしました。


解散ライブではありましたが、悲壮感は感じられず、楽しもう盛り上がろうというエネルギーがメンバーからもヲタクからも感じて、良い雰囲気で進んでいきました。
やっぱり「前髪」「Funny Bunny」はののた卒業のことも個人的に思い出してしまい、胸が苦しかったですね。
でもメンバーみんな最後まで明るく、前向きなメッセージを発信していて、気持ちはすっとしたんですよね。
本当に解散なのが信じられないくらい楽しくて。

メンバーそれぞれどうこれから活動するか分かりませんが、影ながら応援する存在でいたいなと。
そしてアイルネの楽曲や音源の思い入れは残り続け、それを大切に聴いていたいと。

「前髪」はアイドルヲタクであれば是非聴いてほしい曲だと思ってます。
アイドルというものの儚さや切なさが詰め込まれた繊細に輝く楽曲であり、誰しもがこの歌詞の意味に深く共感することができると思います。



虹コン 2/12 ニコニコ本社 ダブル A面シングルリリイベ

久々の更新ですが、虹コン以外にもライブや舞台や映画など楽しんでるので、記録用の為に更新はしようかなと。
前みたいに全部残していくのはしんどいので思いついたり楽しかった時中心で。
内容も薄めでいきます…


この日はニコニコ本社地下でのリリイベ。
ライブには間に合いませんでしたが、無銭とはいえ結構人いるなーって思った印象。

かりんちゃんとの握手ではののたのこと聞いちゃいました…
ツイートで食事したよってのがあったもんで、そんな時くらい聞いてもいいかなって。
今でも仲良く(それはそうなんだろうけど)してるのが分かって良かった。


アーオとはチェキ


アーオ 「私ね、さっき良いこと思いついたの!」
SG「えっ、どんなの?」
ア「萌ちゃんがジャンプしたり行動がインディアンみたいで、これはSGさんがやったら面白いぞ(?)って考えついたから、ハロウィンで仮装する時にやって(?)」
S「了解!(?)」

アーオ節が炸裂して困った笑


前の記事へ 次の記事へ