スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

あぁ…




やっちまったなぁ…
やっちまったよぉ…


はぁ…


失敗が恐くなくなる…


これのが…
恐いよねι


しかし…引き摺る訳にも…・・・


仕方無いか…


怒るでも無く
無言…・・・


あはは…コワッ!!ι


それが一番恐怖だってッ!!ι
呆れてるι???
呆れてるねι???
罵ってくれたって良いのに…
無言なんだ…


冷たい壁見えるよ…


あぁ…


自惚れか?
自意識過剰か?
天狗か?


あぁ…


何やっても駄目な気がするさぁ…


1人じゃ…


何も出来ないって…・・・


凹んだι


お別れの挨拶




母殿が言ってた


挨拶に来たんだってさ


こう言う話聞くと不思議なんだ


死んだ人って何処行くんだろうね?


居心地良い所を見つけて…
時々帰って来るとか…?


んなもんなんかなぁ…
なんてね…


もぅ直ぐ盆だね


病み上がり




上がったのか…
判らんのだけどね…


昨日1日床に伏してました


気持ち良く二度寝して…
昼の太陽光の暑さに起き
今へ行き
ソファーで三度寝…・・・・


そっからどぉ〜も…
おかしい…


頭から首から
熱っぽいι


冷えピタを貼って見る…


状況悪化


頭痛くなって…
気持ち悪くなって…
お腹痛くて…
腰が痛くなって…
瞼上げるのが辛くて…
立てばフラA…


水分を取りつつ
汗をかきつつ…


また…
寝る…・・・


夜10時丁度
目が覚める…


痛い…
苦しい…


なんて言ってたのが…
嘘見たいに消えた


それで…
また寝るι


寝過ぎだってくらいに寝てる…
不思議と眠れてたι


今朝も大丈夫だろう…





会社へ


まぁ…1日無事に過ごしたんだけど…
今頃しんどいとか…


この身体何?!ι


ボクの…
身体じゃ無い見たいだ…


労ってるつもりなんだけどなぁ…


訃報




母殿からの留守電


電話をかけなおして
聞いた…


通夜に行くって…


兄貴は出掛けるって言うし…


猫君と留守番…


まぁ…その前に
母殿帰って来たんだけど…


姉貴を思い出して…


こんな話を思い出す…


「自分が亡くなった時…棺桶を覗いてくれてる人の顔を見たい?」


見えるのかな…
見れるのかな…


覗くのも
覗かれるのも
どっちも嫌…だな…


ハハハ…


御冥福をお祈り申し上げます…


地震




東北でのおっきな地震


青森には婆ちゃんちが在る
母殿の実家


もぅ…どんくらい会って無いんだろう…
孫の顔なんか覚えて無いかもなぁ…
小6のボクのまま
止まってるのかも知れない…


家が近ければ…・・・


何でこんなに離れてるのか…


離れたくて
離れた訳じゃないんだろうけど…


母殿は15で家を出て
高校へ行きながら
働いてたんだって


根っからの苦労人(?)


そんな感じ


姉貴が亡くなってから…
今まで考えた事が
無い事を考えてる…
そうしなきゃいけない…
気がする…・・・


今回の地震でハッキリ気づく…


するべきだと…


だから、決めたいんだ


皆で青森に帰るって…


フフフ…
ボク頑張らなきゃな


少しでも何かしたいと
そぅ…


強く思ったんだ…


<<prev next>>
カレンダー
<< 2008年07月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ