スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

今年も後わずか




今年も読んでいただき
有難う御座いました

m(_ _)m








今年は去年よりも
心が豊かになる様にと
願ったものです

ん〜イマイチでした

この望みは叶わなんだ
違う望み...
小さい望みは叶ってしまった
歪んだ望みが

色んな人が居るんだと
改めて思った年

大人になると
子供の頃の育ちが
かなり物を言うんだと
改めて感じた年

家族と親と子供
夫婦と兄弟
関係性をまた考えて
間違えて
間違えて
間違えて
今は調度丸くなった気もする

ただ
やはり
父親は居ない気がするんだ

何よりも救いだと
思えるのは
母さんの調子が
上がるでもなく
下がるでもなく
良さそうな事

危ないはしを
延ばして
延ばして
ついに左手に
付いたもの

いっかは命綱になる

だいぶ悲しかった

でも
悲しんでばかりは
居られない

時間は止まらないし
待ってもくれないから
進むしかない

残される者として
見届ける者として

やれる事をする...

特別じゃなくても
大丈夫なはずだから

そして
ひとつの訃報

驚いたんだ

顔は知らないんだけど
どっか親しみを感じてる
兄貴を通しての形

遺伝は恐ろしいく
身体をいっか蝕む日が来る...

恐いもんだと知る

ご冥福を...








幸せを願うけど
幸せってなんだろうね?

無い物を願った時に
その無い物を
与える自信が無い事に
気付いた

してもらえなかった事を
してあげる事が出来るのかな?

ちょっとした疑問符が
出て来た

いつかちゃんとした形を
心から望んで
前を見る日が
目を逸らさない日が
訪れるんだろうかと
考えながら
新しい年を迎えちゃうんだよね

答えはいつだって
出ないけど
いつかそんな選択肢も
増えればと思う

若さを楽しめない私の
人生は続くけど

来年も心豊かに
母さんを助けて
明るい
一年間にしたいと思います






絶えず変わらず

誓いを掲げて

これからを

生きる








良いお年を


情緒不安定?





まぁ...
一言で言えばそんな感じよね?

なんか頭で解ってるくせに
どっかで苛々してるな^^;

他人に八つ当たり?

ん〜あるのかーなぁー(苦笑)

あの人みたくなりたくなくて
なんか合わせてる感じの自分が
情けない気もする

歪み合いは本当に醜い

愚痴ばかりの女程
醜い...

と思う...

でも
それが女な気がする

みっともないって思うんだ
でも本質は変わんない

歪んでて
醜い

歯車を崩してしまえば

ずっと...








喧嘩した人が仲治るのに
時間が居る...

他人だったら
素直に謝れるだろうか?

自分が悪く無くても?

あの人は大人だった

でも関係修復は
不可能だろう

皆仲良く

これは実際に
実現しない事は
ほとほと知ってる

なんか人間関係って
たまに虚しい

だから家族だけ
見たくなる

外に興味なんて
無くなるんだ

変な感情を
植え付けられて
育てて

誰かを
裏で笑ってる

なんか変な物
憑いてるかな?

本来はコレ?

誰かの相談事を
人に話して
えぇーって
噂は広まる

口軽くなったなぁ...

いゃ、昔から軽かったか
一時期を除いて

仲間に入るのに必死?
そのうち居なくなるのにね

でも長い付き合い

面倒くさい

でも仲間はずれは嫌かも...








こう言う時に思うのは

人を好きになんて
一生ならないんだろうなぁー

って

たいした話題も無く
口が下手で
面白い話なんて
出来もしないし
遭遇しなくなったし

相変わらず
人の目を見ない

相手は見てるのに
視線を感じながら
目を逸らす

顔をすら上げない

親切をよく無駄にする

お礼を言うの忘れるんだわ

あの子って
育ち悪いのね

って
思われたくなくて
いい子やって
疲れてきて
自が出てきて
なんか更に
悩んで
また疲れて

両眼と口と耳を
塞いでしまいたい

仕事さえ暇でなければ
どうだっていい
人間関係なんて
気にならないのになぁ...

そこにコンプレックスと
心配事が付いて来る








おかんの事だけ
考える事が
出来たなら

まだまし

苛々する心を
鎮める術を
なんか忘れた感じ

ちょっとじゃないけど
壊れてるんだよね

きっと
なんかが








自分で
自分は
見ることが
不可能だから

自分を知る事は
とても難しい

どんな顔しながら
過ごしてるのか
ぜんぜんわからない

頭の整理が付いていない

冷静さが消えて居る

取り敢えず





入院、手術、退院



順調に来た

凄く難しくて
死亡フラグを勝手に立てて
涙ぐんで居たけれど

かあさんは
思ったよりも元気で
明るかった

それに以前の
家族らしい形に
戻りつつある

かあさんの生活に
不便な事は代わってやる

兄貴が面白いくらいに
家事やってる(笑)

私はその補助的な感じで

なんか楽しかったりしてる

父さんとも
口を聞かなかったかあさんが
喋っている

あぁ、戻って来たって
正直、震えた

このままなら良いのに...








かあさんは髪を切った

長くてもしゃもしゃの髪

くるんと丸めてお団子頭

それをショートにした

見慣れないかあさんの

出来上がり

やっぱり

歳だね

でも

美容室で

楽しそうに

喋ってる姿が

久しぶりに見た

かあさんの

話好きな

楽しそうな

笑い声だった


<<prev next>>
カレンダー
<< 2013年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ