声のない世界



挨拶する事はまれ
気まぐれ
小さい声で

恥ずかしいの
目線を合わせるだけでも
なんか恥ずかしいの

心を見られて居るようで
恥ずかしいの

見つめないで
笑顔で誤魔化す事しか
出来ない私だから

誰の記憶にも
残らない

誰によばれるでもない

一人きりの声のない世界

一度目のディナーは
貴方から

二度目は
私から?

見ても平気って
思った

何を心に秘めてるのか
知りたくなった

2つのアップルパイ

なんか恋愛感情生きてるけど
半分死んでるわ


なんか寂しいって
思うの

何のために働くの?

貴方にやっぱり
認めて欲しいから?

時間と命削るのね?

不安なのね?

失敗が恐い
許せない

焦る
苛々する

八つ当たり…

真ん中だけ暖かいなんて
許せない

寒い離れ小島
仲間ハズレ気分

やっぱり一人よね?

結婚しそうにない友人が
結婚していた

私には納得出来ない理由で

それもひとつの形なんだと
飲み込めなかった

好き
嫌い

好き

障害だらけ

久し振りに買物に出掛けた

もうクリスマスの装い

それがいっそう心に刺さった

働き詰めな昨日の今日

静かな空間
寒い室内
明かりは付けない

見つかりたくない

たぶん今日は
会えない

大変だもんね

そして今
するべき事がわからない

何故機嫌が悪いの?

貴女も私を
呼ばなくなった

そう
呼ばれない事が
一番悲しい

名前を呼ばれる事で
救われる事もある

たぶんもう呼ばれない
そんな気がする

一年前に壊れてしまった
心は戻らない

大人になりました

責任ある位置に居ます

理解してくれませんね

本当に

私は頑張ってる
無理してる

全てが怖いの

失敗も成功も
恋愛も家族も
社会も他人も
自分さえも

自分の考えで
誰かの世界を
壊して居るのだから

指示も命令も
キライ

好きにやりたい

自由で在りたい

だから
一人きり

声が無い世界に
またこもるの

夢見




あらゆる部屋の窓を
開放―…・・・


カーテン揺らす
風が運ぶ子守歌


風通しの良い場所を
彼女は知ってる


風の子守歌で
夢を見て
夢を渡る…


まるで何かを
繋ぎ留めたいが故の…


この場所で…


夢を見終えた後は


ずっと…


物悲しい…


夢に生きて
夢で終われるのなら…


風の行くへは知れず


あなたは帰らない…


「忘れないで」




不意に告げられた


言葉


貴女に振り回された日々を

忘れないよ


でもさ…
きっと…


貴女が明日
ボクを忘れて終うと
思うんだ…


ボクは
忘れられても
構わないよ


覚えてるから…


忘れないから…


どんな事も
覚えてるからね


貴女と居た事を…





桜咲き誇る季節


桜咲く度に
幾度と想い出す
苦い感情


春は別れが多い
そんな事
望んで無いのに…
新しく変わってく…


新しい出会いですら
望んで無いのに…

変わらぬ自分を
置き去りに…


過ぎる春の日


本当は春が嫌いなんだ


ただ舞い散る桜に
想い重ねて
悲しみにそっと
堪え忍ぶのです…・・・


貴方を…


君を…


貴女を…


アナタヲ―・・・


居ない…




静かが一番


それが当たり前の毎日だった
突然現れた
嵐の様に煩い人


ボクの手を引いた人


沢山心にあったもんを
吐き出せるだけ
吐き出して
聞かせてた…・・・


その分
沢山聞いた
意見した
喧嘩した
仲直りした


別れ際泣いた…


最後の別れって
訳でもないのに…


貰い泣き…


居ない空間が
静か過ぎて
心地良過ぎて
気持ち悪くて…
退屈で…
詰まらなくて…


どっか取り残された気すらするよ…
世界に忘れられた様な…・・・


あなたが居て
初めてそこで
呼吸の仕方を覚えた


陸にあげられた魚の様に
もがいてた毎日


あなたが変えてった…


場所を作ってくれた…


もし…


居なくなるとするなら…


またこの沈黙と
耳障りな言葉と
視線の波に
ボクは堪えられるだろうか…


あなたの居ない空間で
あなたの輪郭なぞって
消して…


また描いてる…


ボクが居る…・・・


<<prev next>>
カレンダー
<< 2018年12月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ