スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

酔いの底



楽しかったのに
深い酔いから抜けられず
落ちすぎて
這い上がれないまま
ああまた朝がきて
僕はひとりここに
このまま取り残されて
でも、動きだしたくないよ

どうか誰か
「お前は生きなきゃいけないよ、」と
叱咤しておくれよ

そんなわがままな願い
誰にぶつける気だろう

それでも明けない夜
望む阿呆な僕は
どこで殺してもらえるだろう

お願いだよ
とどめを刺しておくれよ

君、


ねくらくらくらくらっくら





(※ネガティーブとりあじゅー注意報でておりまーす沖をつけをば!)





おひさしぶりにちゃんと
ポエムてきなのじゃない
記事かきますよ、ハスマさんですよ
あんにょーん(・∀・)←


なんか、ね、りあじゅーだけどさ、
たぶんはたからみたらだいぶ、
ただのうざいかっぽーなんだが←

なんだろ、

たまに疲れる。
なんでわたしこんなに気ーつかってんだろ。
ちゃんと、愛されてるし、
わたしがそーいうのあんまり
信じられないのも分かってくれてるからか
愛情表現もたくさんしてくれてる、
んだと、思う。

なのになんなんだろ。
なんでこんなに不器用すぎる。
きっと、絶対に、くっそめんどくさい、わたし。

言いたいことがあるならいえばいいのに、ぜんぶすぐに言わずに考えながら一回のみこんで、ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐrしてたら喉のもっともっと奥のほうに引っ込んで、二度と出てこない。


価値観の違い、は、どうしようもない。

どうしようもない。

どうにもならないことを
言ってもしかたがない。
だから言わない。

そーやって前は好きな気持ちごと見失ってしまったの忘れてるんだろね。

嫌んなっちゃうよ、全く。



ちいさな期待に応えたい。
でも、応えられる気がしない。
怖い。怖い。失敗することが怖い。
なにもかも、失敗が怖い。
怒られるのもあきれられるのも怖い。
依存もしたくない。
依存はされたい。
しかし、行動を制限はされたくない。
だから相手も制限はしない。
でも、言わないけど本当はすごく、
自分の知らない場所でいろんな人と
会って遊んで、自分の知らないその人が
嫌だ、なんて、言いたくないけど、けど、



ぬーーーーーーーーーーーーーん←




こんなんを相手の家のPCで打ってる時点で頭おかしいんだろーなわたし。

一回頭冷やしてきます。

続きを読む

嘘つきの旅人




嘘をつくことに
慣れていた旅人が
溢れる愛に導かれ
一つの所にとどまった

しかし嘘をつくことに
慣れすぎた旅人は
その愛の半分ほど
信じることが出来なかった

真っ直ぐに向けられる
温かな言葉の数々は
傷つかないために築き上げた
くすんだフィルターに邪魔され
目前で 斜め下に落ちた

愛に溢れる人は
跳ね返されたそれを見て
寂しげな顔で背を向けた

その瞬間、初めて旅人の瞼から
滝のように溢れだした愛、愛に
ようやく、くすんだフィルターは
決壊した


(背を向けたあの人にそれを知る術はないが、旅人は伝えきれなかった溢れる愛と感謝を詩にして行き着く街々でうたいつづけた)


依存症




成り立っている
ひとつの人間として
存在する固形が
ゆるゆる、ぼんやりと
輪郭を失い始めている
理由などない
理由などないのだ、と
僕は言い聞かせる
置いてきぼりの僕
優しい言葉を信じられず
肥大化する被害妄想に
崩れそうになって
いるのは 僕なのに
居なくても
存在は出来る、と
強がるばかりの僕
(近くに 来て)
(触れて欲しい)
言葉を産み出せないまま
遠くに確かに存在する
微笑みごと
忘れそうだよ

無自覚に依存の僕。
こんな僕には
「気づかないで。」
(早く気づいて。)



くだらない一年




一年ってあっという間。

わたしはその時家にいて
輪番停電も特に回って来ず
(区役所近かったからかな…?)
何の不自由もなく
一年過ごしました。

幸せなこと
とてもありがたいこと

でも一年前や一年半、
二年前の私が見たら
絶望するか叱咤するか
所詮自分はこんなもんかと
自暴自棄になるか、

どちらにせよ、阿呆みたいな毎日。


あんた、何を頑張ってたの。
自分の時間を無駄にしたの
気づかないの?馬鹿なの?

「ふざけんなよ。」


頑張った全部過去の栄光で
栄光にすらなりきれずに
形にならなかったものたち。
正直、つらい、けど、
あそこに戻れないのは
知ってるから、




なんで評価してくれたあの場所をもっと大切にできなかったの、悔しい、悔しいよ。


だけど何かがおかしかった
全部が怖くなっちゃった

なんて言い訳は人生で何度ついてきたか分からない、けど、けど、
わたしを評価してくれる
わたしを認めてくれる
何かを、まだ、欲しがってる
自分が、一番、
悔しい




ちゃんと生きなくちゃ、

でも、

“生きなくちゃ”の後に隠れる“いけない”っていう義務感が、わたしを蝕んでるの




にげたい、きえたい、って
叫んで主張してるの
知ってた。


どんなわたしがわたしなんだろう。

生き方を模索すらできないまま

ぼんやり生きています。


(一生懸命生きてる全ての人に、ごめんなさい。命を無駄にしながらここにいます。ごめんなさい。)
<<prev next>>
プロフィール
ハスマさんさんのプロフィール
性 別 女性
年 齢 27
誕生日 2月25日
地 域 東京都
血液型 A型