スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

石橋



石橋をたたいて叩いて叩いて誰かに止められるまでたたき続けないと気が済まない
そうして何もない場所で衰弱して
いつしかそのものが仕事であるかのように錯覚した無様な僕は誰の目にも触れぬまま息絶えるのだろうか










そんなことを考えながら働いてた
嫌な予感。

そんな季節




だめ 止まれ
じわりじわり
迫り来る波の予感
やだ 来ないで
うるうるり
零れ、落としたくないの

さも悲しいかのように
さも寂しいかのように
さも苦しいかのように
間違っても 君になんて
見られたくなんかないから

拒否権なく
心と裏腹
この目を支配する


呼び起こした
甘い香り
そんなもの
「大嫌いだ。」

少なくとも今は
今だけは
誰よりも
君よりも
僕よりも












ついに花粉症発祥したよやだもう

春の終わり



青さを増した桜
俯けば広がる
くすんだ 桃色
真上の木々のように
僕の中の君
散らしていけるのかな
真下の花びらのように
僕の淡い心
踏みつけて歩けるかな

少し寒い朝
瞼に浮かぶ、過ぎた景色
日に日にぼんやり
輪郭を失って

次の季節
迎えられますように


白昼夢


さよならだよ
真っ白になる
穏やかな昼下がりのこと
大丈夫だから
君の背中の
荷物だけ置いてって

笑っている
きっと自分史上
最も穏やかな顔

目に焼き付けて
僕ごと、優しい
想い出に
して

隣にいただけ
笑いあっただけ
それだけの関係でした
脆くもなければ
強くもなかった
形のない まどろみの中
束の間 泳いだ
白昼夢

<<prev next>>
プロフィール
ハスマさんさんのプロフィール
性 別 女性
年 齢 27
誕生日 2月25日
地 域 東京都
血液型 A型