サイト内記事検索

スポンサーサイト

2019/8/17|カテゴリー:降霊|comment:



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

交霊会

2012/10/5|カテゴリー:降霊|comment:0件

237 :本当にあった怖い名無し:2012/08/16(木) 17:27:51.47 ID:iTxiCZ8K0
洒落怖とどっちにレスするか悩んだけどこっちにする

交霊会とか降霊会の類はお前らもやったことあるだろ?
こっくりさんとかのやつ
その亜種の話を聞いたんで投下する

高校時代部活の大会で他校の子から聞いたんだけど
その学校ではリリーさんってのが流行ってたらしい

まずこれするためには背景になっている話を参加者は知っていなければいけない

こんな感じだ

リリーさんは長い間持ち主に大切にされたお人形さんです
金色の髪をした5歳くらいの女の子のお人形さんで目は青くてフリフリのピンクの服を着ていました

持ち主の女の子はある日事故にあって死んでしまいました
リリーさんは長い間愛情を受けていたので魂が宿っていました
なので悲しみながら女の子を探しているそうです



238
本当にあった怖い名無し:2012/08/16(木) 17:28:29.63 ID:iTxiCZ8K0

参加者は5人
使う道具は携帯電話、麦藁帽子、ピンクの折りたたみ傘、薄い青色の色鉛筆、白い子供用の靴
携帯電話以外はリリーさんの持ち主が生前好きなものだったらしい

そして手順は下のとおり

五人は向き合って座ります
それぞれにその道具を分担して手元に置きます 時計回りに麦藁帽子、ピンクの折りたたみ傘、左の靴、右の靴、薄い青色の色鉛筆の順です

用意ができたら全員でリリーさんの特徴を思い浮かべながら
「リリーさんは大切な友達、私のたった一人のお友達、いつでも一緒」と声に出して唱えます
そして全員で手を繋いで「リリーさん私はここにいるよ、会いに来て」と3回唱えます

そうしたらそれぞれ携帯を手にとり時計回りに隣の人の番号を入力して一斉に電話をかけます
このとき誰か一人の携帯がリリーさんにつながります
最初の一人は必ず「リリーさん、私はここにいるよ、聞きたいことがあるの」と言わなければいけません
いいと言われたらなんでも好きなことを聞くことができます
一人が聞き終わったら時計回りに次へ次へと電話を回して質問をします
最後の一人は質問をしたあと「それじゃあ待ってるね」と言って切ります
そのあと速やかに道端に手元に置いた道具をまとめて投棄しなくてはいけません
そして帰るときは振り返ってはいけません


他にリリーさんをするときは用意する道具と似たものを身につけてはいけません、特に白い靴には注意してください

これが儀式の流れ


239 :本当にあった怖い名無し:2012/08/16(木) 17:28:55.13 ID:iTxiCZ8K0
そしてその話しをしてくれた子の部では合宿の時にこれをやった

半信半疑で試したらしいんだけど
手順は守ってちゃんとやった
そして電話をしたんだが
とうぜん話し中になってみんなはがっかりしてやめようとした

すると突然非通知で電話がかかってきた
事前にこんなことをやってたわけだし友達以外に電話番号なんて教えてないし
非通知でかけてくるような友達も居ないから怖くなって電話を切った

すると今度は別な子の電話に同じようにかかってパニック状態になったらしい
そして同じように繰り返し次の子へ次の子へと電話がかかってきて

一人が電話に出てしまった

手順のことなんて頭になかったその子は無言で電話をずっと耳にあてていた
最初は恐々としていたのがだんだん無表情になっていって
泣いていた子たちもその子を眺めていた

すると急に電話に出た子がものすごい大きな声で叫び始めた
それを見て5人全員が悲鳴を上げた

騒ぎを聞いたほかの部屋の子や顧問の先生が駆けつけたときには二人が失神して
三人は呆然としていたらしい

240 :本当にあった怖い名無し:2012/08/16(木) 17:29:17.04 ID:iTxiCZ8K0
状態が状態だから使った道具を投棄することもせず五人は救急車で搬送されて合宿も中止になった

その次の日靴を手元に置いた二人は階段から落ちて足を怪我し帽子を手元に置いた子は頭に時計が落ちてきて割れたガラスで額を切る怪我をしました

今のとこほかの二人にはその時点では何もなかったらしいけどその後どうなったかは聞いてない

こっくりさん

2012/5/26|カテゴリー:降霊|comment:7件

768こっくりさん 1/3[sage]:2012/01/10(火) 16:53:01.07 ID:ewC9qTHB0
俺が中学1年の時の話
その当時クラスではこっくりさんがめちゃくちゃ流行っていて
最初はクラスでも、自称霊感のあるちょっと変人っぽい奴らのグループがやり始めて
そこからは爆発的にクラス中に広まった。

そして俺も例に漏れず仲良しグループと一緒にこっくりさんをやり始めたんだけど、
もうこれが面白いのなんの、
誰々のちんぽの皮は剥けてる?とか
一番ちんぽがでかいのは誰?とか
一番最初にはめっこが出来るのは誰?とか
そういう取り留めもない質問ばかりして大爆笑してた。

でも、やっぱりだんだん飽きてくるもんで、
こっくりさんの中でゲームをやろうって事になって
4人で玄武・朱雀・青龍・白虎というパーティーを組んで
こっくりさんの中でPRGみたいなゲームをやり始めた。
これもまた面白くて、手ごわい敵には10円越しに念を送ったり
レベルアップだとほんとうにレベルアップしたような気分になったりした。

769 :こっくりさん 2/3[sage]:2012/01/10(火) 16:53:17.68 ID:ewC9qTHB0
それで遊びの中心が全てこっくりさんという状態になっていた頃
何か先生達の都合で先生不在で自習ってことになって、
もちろん、やり始めたのはこっくりさん。
今思えば、クラスのあちこちで一斉にこっくりさんをやり始める姿は異様だっただろうな。
暫くしたらこっくりさんを広めた張本人達のグループが
「この中に呪われてる奴がいる」とか言い出して、
なんかナイフを使ったキューピッドさんみたいなので呪われてる奴を探すとか言い始めた。
それで見事呪われてたのはもちろん俺。
ナイフを数人で持った同級生に追い回されて
「諦めろ調子に乗りすぎた俺達には何も出来ない」
って言われて、俺は
「なっな、冗談は止めろよー」って言った瞬間に
窓の外にある木に雷がバリバリバリバリバリッ!!
って落ちて数秒の静寂の後に滝のような雨。
叫んでる女子もいたけど、
やべーよ、やべーよみたいな小声の変な静けさが広がって
一斉にみんなこっくりさんを止めて、
それ以降、誰もこっくりさんをやらなくなった。

770 :こっくりさん 3/3[sage]:2012/01/10(火) 16:53:37.12 ID:ewC9qTHB0
クラスでのこっくりさん騒動はこれで終わりだけど、
もちろん俺には続きがある。
もうその日から、体が水の中にいるんじゃないかっているぐらいの重さで、
とにかく自転車こぐにも後ろで誰かが引っ張ってんじゃないかってぐらいの重さ。
それでその日は、なんとか帰ってきて玄関を開けたのはいいんだけど、
開けた瞬間に玄関の正面に飾ってある時計と何か動物の角がガターン!って
ほんとに示し合わせたかのように落下した。
でも、俺としては霊の仕業だとは認めたくないから、
「まっそういうこともあるさ」って感じで自分の部屋に戻ったら
襖開けた瞬間にタンスがバタン!って倒れて
もうさすがに怖くなったんだけど、
誰に相談すればいいのかも分からないし、
しょうがなく部屋でテレビを見始めたんだけど、
こっちもまた勝手に音量が上がったりミュートになったり、
でも、俺はこれもテレビの故障だと決めつけて
別にお祓いとかも行かず1週間ぐらい過ごした。

でもその間も、ポルターガイスト現象はずっと続いていて
一番多いのが物が落ちるってことと
テレビとかコンポが勝手に操作されちゃうっていうのが圧倒的に多かった。
体も異常に重いし、なにより精神的にかなり追い詰められてきて、
学校にいても何故か辛くてずっと机でうつ伏せてることが多くなって、
さすがにもう全部親に言ってどっか連れて行ってもらわなきゃ駄目かもって思い始めた頃に
ほんとに憑き物が落ちるという表現がぴったりなぐらいに、
体が急にスッっと軽くなって、今まで汚泥の中をさまよっていたような体の重みもすっかり消えた。

その後は、すっかり元気になってまた元通りになったんだけど、
ある時、そのこっくりさんを一緒にやっていた一番仲の良い友達に、
こっくりさんの話は、暗黙の了解でタブーになってたんだけどその事を話してみたら、
調度俺が憑き物が落ちたと感じた時間に神社にお祓いに行っていて
俺のことも祓ってもらうように言ってくれたらしい。
あの時ほど友達に感謝した瞬間はないね。ほんとに。

こっくりさん

2012/5/16|カテゴリー:降霊|comment:3件

739 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/12/14(水) 09:13:26.02 ID:cjGb9KJwi
高校の時に体験した話。なるべく短くまとめてみようと思う。

高校の頃、俺は部活に入ってなかった。でも当時仲良かったヤツがテニス部だったもんで、宿題を家でやるのが嫌な俺はよくそいつを待ちながら教室で宿題を終わらせてる事が多かった。

17時くらいで真っ暗だったから、確かもう11月か12月くらいだったと思うんだけど、その日もそいつを待つ為に教室で一人で宿題してたんだわ。俺の席ってのは結構ドア側で、窓の方がよく見える席だった。校庭での喧噪を遠く感じながら俺は宿題を始めた。

確か数学の宿題だったな。半分くらいまで終わって一息ついた。
そしたらその時、隣のクラスの女子と男子×2がこっちの教室に入って来て、俺に話しかけてきた。

「なあなあ、これからこっくりさんやるんだけどK(俺ね)もやんない?」
俺、怖い話は好きだけど、実際やるのはやっぱり怖いんだよ。だからこの時も丁重にお断りした。
そしたらそいつ、「じゃあこの教室でやっていい?お前見ててよ!」とか言って来た。なんでだよ!と思いながらも、断った手前、むげに断るのも悪いかなとちょっと思ったので「好きにやれば?」と流しておいた。

横でそいつら三人がこっくりさん始めたんだけど、俺は18時くらいまでには宿題を終わらせたかったから、しばらく集中してた。
横でなんかワーキャーやってたみたいだけど、そんなわけでほとんど聴いてなかった。そんで、よし、あと1ページ!ってところで、急に線香のにおいがして来た。

742 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/12/14(水) 09:18:10.23 ID:cjGb9KJwi
ん!?学校で線香っておかしいよな…と思い、その三人の様子を見ようとそっちを向いたんだけど、俺は一言も発せなかった。

言葉を発せなかったのは、窓の外に女がいたからだ。確かに左隅の方に立ってるんだ。黒髪で、肩くらいまでの長さ。手とか首とかダラリとなってた。
教室の光を浴びてるから見えるはずなんだけど、顔だけがなぜか見えなかった。うちの制服を着てるのが分かった。驚いた。っていうか何に一番驚いたって、ここ3階なんだよ。
「な・・お、おい!」とその三人組の方を見ると、全員下を向いたまま十円玉に人差し指を当てて、ずっと三人ともブツブツ言ってるんだ。よくよく聴いたら
「こっくりさん、こっくりさん、お帰り下さい」「こっくりさん、こっくりさん、お帰り下さい」ってずっと繰り返してる。多分彼らも窓の外の存在に気付いてたから下を向いてたんだ。

正直これはマズい。マズいんだけど、どうしたらいいか分からないんだよね。急にそんな状況に陥ると。
10秒くらい固まったあと、逃げなきゃ!って思ったのと同時に先生呼ぼう!と思い、立ち上がりドアに走り、開けようと手をかけた。開かない。力を込めた。開かない。もっと!と思い踏ん張ったとき、ドアに付いてる小さい窓から廊下が見えた。
そこにさっきの女が立ってる。さっきは遠くて見えなかったけど、今回は近い。血が見える。女と目が合った。
目のあたりがボッコリ穴みたいになってて真っ黒なまん丸だった。あまりの事に「うわーーーーーーー!」と叫んでしまった。

その途端何かの糸が切れたのか、気付いたら女もいなくて、ドアも普通に開いた。
走って職員室に行き、先生を呼んで戻ってきたらそいつらは三人でうつむいて泣いてた。

その日は泣いてるだけで何も話を訊けなかったんだけど、次の日落ち着いた男一人に何があったのか訊いてみた。

俺は知らなかったんだけど、うちの学校、俺の世代が入る前に飛び降り自殺があったらしい。いじめを苦にしての飛び降りだったようだ。

746
本当にあった怖い名無し[sage]:2011/12/14(水) 09:21:56.15 ID:cjGb9KJwi
彼らがこっくりさんをしている間、最初は信じてなかったらしいんだけど、十円玉が勝手に動き始めたらしい。
色々質問してるうちに、どうやら学生っぽいなって感じがして来たらしいんだ。そんでその中の一人がその自殺した生徒の話を思い出して、「こっくりさんこっくりさん、あなたは4年前に自殺した○○さんですか?」と少し悪ふざけ気味に言ったらしいんだ。
そしたらずるずる十円玉が動いて、示した答えが


「はい」


そんで線香のにおいが ぶわっとして…っていう流れらしい。こっくりさんが降霊術ってのはわかってたけど、実際あんなことが起こるんだな。
もう思い出したくない怖い体験だった。みんなも気を付けてくれ。

長くなってすまん。読んでくれてありがとう。

前の記事|次の記事