サイト内記事検索

スポンサーサイト

2018/4/22|カテゴリー:|comment:



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

おともだち

2013/5/12|カテゴリー:|comment:3件

914 本当にあった怖い名無し sage 2012/09/28(金) 08:41:05.06 ID:4Jm4V47w0
高校時代、よく私の家に友達が泊まりに来ていた。
だいたい決まったメンツで、その日は確か三人泊まりに来た。
近くに夕飯を食べに行って、時間は覚えてないが結構遅い時間に四人で帰宅。
台所に私がお茶とコップを取りに行った。
2リットルのペットボトルとコップをお盆に乗せて、部屋に戻る。

お茶をついでいると、あれ?
コップがひとつ多い。
何故か何の違和感もなく、私はコップを5つ持ってきていた。

友達には、なにぼやっとしてんのーと笑われた。
私もなんで一個多く持ってきたんだろ、
くらいにしか思わなかった。

後日、友達が泊まりに来て
二度全く同じように一人分多くコップを持ってくる私。
さすがに友達も気味悪がっていた。
言わずもがな、わざとやっているわけではない。

915 本当にあった怖い名無し sage 2012/09/28(金) 08:54:34.06 ID:4Jm4V47w0


数日後、姪が家に泊まりに来た。
私が帰ったのは確か23時くらい。
あー、もう姪寝ちゃってるなー
遊びたかったのに
なんて思いながら部屋着に着替えてると
リビングの奥、姪と姉夫婦が寝てる部屋から
ダダダダッと走ってくる足音がした。

「おねーちゃん(私)おかえり!!!!」

ビビった。寝てると思ったから。
私がただいまとか言う前に姪が

「おともだちつれてきたんだね!」
って言った。

以下その後の会話


私 「お友達?私一人じゃん」
姪 「えーおともだち二人おねーちやんの隣にいるじゃん!」
私 「え、ちょっとやめてよ…」
姪 「ちっちゃい人とおっきい人がいるんだね!おねーちゃんはどっちとなかよしなの?」
私 「えぇ?だからどこに友達なんて…」
姪 「だからここだって!」

と言いながら、私の横を指差す。
そして走って部屋に戻っていく。
私もうgkbr。

916 本当にあった怖い名無し sage 2012/09/28(金) 09:08:50.87 ID:4Jm4V47w0


少したって、またダダダダッと私の部屋に戻ってくる。

私 「どうした?」
姪 「おっきいひと、なんか怒ってるよ」

さっきまでは、遊び相手が増えた!とニコニコしていたのに
このときは全然笑ってない。むしろ泣きそうな、でも真剣な顔。
ちなみに姪はこのとき4歳ね。

私 「なんで怒ってるの?」
姪 「わかんない…こわい…」
また走っていく姪。こっちの方が怖いです勘弁してください。

数分後またダダダダッ

姪 「おっきいひと、かえっちゃったね!」
私 「え?いつ?帰ったの!?」
姪 「いま、ここ(玄関)からでてった!もうおこってないって」ニコニコ
私 「あぁ、そっか…。ん、もう一人は?ちっちゃい人もいるんでしょ?」
姪 「となりにいるじゃん」
私 「え、あぁそうだね…。ねぇ、この人にも帰ってって言ってくれないかな…?」
姪 「しーらないっ」
走っていく姪。
私「………。」

その後、姪が部屋に来ることはなく私もビクビクしながら寝ました。
ちっちゃい人には残念ながらお目にかかれませんでした。

おしまい。長文&オチなしで申し訳ないです。

プレス機

2013/5/12|カテゴリー:人間|comment:6件

899 本当にあった怖い名無し sage 2012/09/27(木) 21:12:35.33 ID:OIc5l9i+0
ちょっと9年ぐらい前に友人から聞いた話を思いだしたんで

その友人は要らなくなった車や鉄くずをスクラップにする仕事についてたんだけど
ある日いつものように廃車を重ねて圧力をかけて潰す機械のところに運んだわけ
潰す方法はいたって簡単で上にある重りをコントロール室の上下ボタンで操作するだけのやつ
それでいつも通りに作業を始めて、見る見る内に重ねた廃車が上から音を立てて潰れていくんだけど
突然叫び声が聞こえたらしいんだ
「ああああぁああぁがあああ!!!」って感じの物凄い叫び声が
驚いた友人はとっさに停止ボタンを押したんだって
そんで潰れかけてる廃車のとこまで見に行ったら人らしきものが車の中で挟まってたらしい
友人は大慌てで救急車を呼んだんだけどもうすでに中の人死んでたんだよね
警察とかも来てとにかく挟まったままじゃしょうがないって言うんで
重りを上げるんだけど
なんとも酷い感じで頭から下はほとんど潰れてた見たい
内臓とかもろで飛び出してるっぽくて何というか潰れてる最中見たいなありさま
口からはなんだかわからない赤い物体が垂れて
お腹の辺りは小腸だか大腸だかが溢れてた
あと便臭も酷かったらしい
これまで廃車を山ほど潰してきたけど人間が潰れる所を見たのは始めてだって友人が苦笑いしながら話してた
それから警察がその潰れた人の身元とか調べてたんだけど、どうやら住所も親族もわからなかったみたい
まあ、いわゆるホームレスだったらしい
なんでそのホームレスがその廃車に居たのかはわからなかった
そこで生活してたのかも不明だしホームレスが居ついてたなんて話もなかったらいんだ
それに寝てたとしてもあれだけの騒音が鳴ってるのに気づかないはずがない
気づいていたら普通は逃げるし

と、わけのわからない事件があったことを酒を飲みながら友人は語ってくれた

風習

2013/5/12|カテゴリー:風習・土地|comment:7件

890 本当にあった怖い名無し sage 2012/09/27(木) 18:48:57.66 ID:RcdhbmOX0
 温泉旅行が好きで、ひなびた旅館に宿を取ることが多いです。
そこで私は異様な体験をしました。

天井と鴨居の間、欄間ですね、夜に眠っていたら、そこから覗いている目があったのです。
いっしょに泊まっていた友人を起こして、隣を確認しました。

ろくろ首の類かと思ったら鏡台が置いてあり、そこに足をかければ容易に覗ける構造です。
しかし嫌な体験をしたものだ……。ビジネスホテルにでも泊まればよかったと後悔しながら眠りました。

 気の晴れない朝をむかえて、旅館の人に昨晩の話をしました。
すると、事の由来を教えてもらうことができました。

「近親婚が繰り返されることを防ぐために、若い旅人を見つくろう風習がかつてあった。
ところが、見知らぬ相手と体を交えるのを望まなかった娘が自害して、以来、そのような現象が起きるようになった……」。
よくある話です。大変申し訳なかった、他のお客さんからもときどきそのような苦情を受けるのですと謝罪されました。

 むしろ後から知って、怖気の走った事実があります。
旅館をあとにして、たまたまその地域の人と話をする機会があったのですが、話に聞いたような風習は存在しなくて、
それよりも、とある旅館をいとなむ人物に窃視症の傾向があって、町としても困っていると聞かされたことでした。

あのときに私を覗いていたのは、因習の話を作り上げた旅館の人だったのです。
おそらく今でも覗き続けているのではないでしょうか。

前の記事|次の記事