サイト内記事検索

スポンサーサイト

2019/8/17|カテゴリー:時系列歪み|comment:



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

札幌からの帰り道

2012/12/23|カテゴリー:時系列歪み|comment:1件

403: 本当にあった怖い名無し 2012/07/30(月) 22:46:13.99 ID:wzAbcRKm0
一昨日体験したことだけどあまりに不気味だったから聞いてほしい。
リアルに体験したことだからオチとかはないよ。

自分の実家は北海道の札幌近郊の小さな町なんだけど、
たまたま仕事が休みだったもんだから帰省してたんだよね。
そんでもって家族3人(父、母、自分)で札幌に住んでる婆ちゃんの家にご飯食べに行こうってなった。


404: 本当にあった怖い名無し 2012/07/30(月) 22:50:13.69 ID:wzAbcRKm0
行きは父さんが車運転して、帰りは俺が運転したんだけど、
ご飯食べて帰る時にはもう夜の8時過ぎてて周りは真っ暗だった。

余談だけどいくら札幌が都会といえども、ちょっと郊外いくと結構な田舎なわけよ。
そんでもって俺が車を運転して実家に帰ってたんだけど、

目を瞑りながら歩いていると

2012/12/22|カテゴリー:時系列歪み|comment:0件

228: 本当にあった怖い名無し 2012/07/27(金) 23:48:35.67 ID:wS906Mh+0
ふと思い出したから個人的に洒落にならなかった話を一つ。

目を瞑りながら歩いていると、無いと頭で分かってても目の前に壁があるような錯覚に陥って「うおっ」って立ち止まり目を開けてしまうよな?

小学三年生の時の話になるが、夏休み前って記憶があるから七月だと思う。
休み時間……正確には、登校直後の朝礼を待つまでの時間だった気がする、朝から元気に「大発見をした」って騒いでたやつが居たんだ。
そいつは男子で、ちょっと知恵遅れ気味……というか学年に対して精神年齢が低い生徒だったんだが、彼の話を聞く所によると、その大発見というのは、
「人気が無くて広い場所で(上記の目を瞑って歩く遊び)をしたら、異世界に行けた」
というものだった。

古本屋

2012/11/12|カテゴリー:時系列歪み|comment:6件

195本当にあった怖い名無し:2011/09/08(木) 00:44:55.09 ID:e5dWqkKE0
先輩と仕事場に二人で泊まり込んでた日、休憩中にその先輩が聞かせてくれた話なんだけど

先輩曰く、「友人に会えなくなった。」て
最初は単に仕事が忙しいからなんじゃないのかと思ったんだけど、どうやら違うらしい
事情を聴いてみたところ、なんか結構長かったので覚えてる限りを短くしててみた。

196 :本当にあった怖い名無し:2011/09/08(木) 00:46:03.70 ID:e5dWqkKE0
事は先輩が専門学校に通ってた頃から始まったそうだ
ある日、高校の頃から中の良かった友人から「バイトを始める事にした」って電話が来たんだって。
それで、良いバイトだから一緒にやってみないか?と、先輩にもバイトを勧めたらしい。
毎日課題で忙しかった先輩は、一緒にはできないと先に断りつつも、
その友人の楽しそうな声から、どんな場所なのか気になって、好奇心で面接についていく事になった。

前の記事|次の記事