懐かしさの正体

リハビリとして診断メーカーの結果から小説を書きました!
今回はシスちゃんとロゼの話。
診断結果は以下のとおりです。

***

エリシア姉弟のお話は
「知らない場所のはずなのに、どこか懐かしい気がして立ち止まる」で始まり「花瓶にバラが一輪だけ差してあった」で終わります。


***


シスト一人称の小説月間と化してますが楽しんでいただけたら嬉しいです。
では追記からどうぞ!



 

▼追記

懐かしい記憶


ひっっっさしぶりにKnightのSSをかきました。
診断メーカーのお題に頼りましたが!
ルカとシストメインのお話です。

診断結果は以下のとおり。

***

ルカとシストのお話は
「意図せず漏れた溜息に、傍らのその人が顔を上げた」で始まり「貴方があんまり楽しそうに笑うからついつられてしまった」で終わります


***


では追記からお話をどうぞ!



 
 
▼追記

何もかもが反対の…



Twitterのアンケートで決めていただいたお題でリハビリ小説です。
久しぶりで長い話が書けませんでした!!

フォルの独白小説でどシリアスです。
最近わりとギャグ落ちしやすい本編のラスボスではあるのですが…
こう言う狂気じみた独白させるの楽しいです←


では追加からどうぞ!!



 
▼追記
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2020年09月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30