18祭

18祭を観た
なんかテレビつけたらやってた
私は18の時あんなに情熱的になれなかった
大人はみんな別の生き物だと思ってたし
自分より長く生きてるくせに知ったかぶりで18の私を決めつけて
くたびれた世の中のレールから外れないように守るふりして縛り付けるだけの存在
可能性や冒険を許さないおとなしい生き物
おとなしい、とはまさに大人のことなんだと思ってた
世界は曇ってて虚しくて
知りたくもないことを毎日のように学び
同級生はみんな仮面を被っててくだらない共感を得ようとくだらない悪口ばかり
ちょっとグレてるやつが偉くてオシャレでイケてて、垢抜けなくても真っ当なやつほどバカにされた
自分を持つより人に合わせることでしか生きられない
学校は狭くて醜くて心を押し込められるようなところだった
社会の縮図とよく言われるけど、私からしたら社会に出たほうがよっぽど心は軽くなった
青春、なんて微塵も感じられない18歳だった
18祭に出ていた人たちは、一歩踏み出すために、変わるために、未来に希望をもつために、動機は違えど同じような志で集い歌っていた
涙、躍動感、感動
歌ってすごいなぁ、改めて思った
それよりも18歳ってこんなにキラキラして希望に溢れてるんだなぁ、と
眩しくて希望に溢れた若者がいる現代を目の当たりにしたようで、感涙した
いいなぁ、よりも、すごい、素晴らしいな、と思った
仕事で疲れてたせいもあるのか、18歳が流す美しい涙を見て、自分も泣いてた
歳とったなぁ、涙脆くていかんわ

複雑

何が良くて何がダメかなんてその人の自由でその人が良かれとやったことが国の法律ではダメなことだったりする
自分の中の正義なんて曖昧でそのほとんどが自分以外の何かから得た教訓だったりする
それは果たして自分の正義だと言えるのか?
自分が学び得たことなんだから自らの賜物だと言い張る人ほど悪を秘めている
周りがあるから自分がある
嫌いなものに感謝をしなくてもいいけど
ただ嫌いなものを嫌いと主張するより嫌いだと思う自分について考えた方が有意義な時間になる
なぜ嫌いなのか?
単純に感じていいものと複雑に考えた方がいいものがある
嫌いなものを克服するには理解が必要
不味いものでも栄養の価値があれば食べられる
人だって同じ

まぁつまり
自分のこと棚に上げて標的をころころ変えながら悪口ばっかり言う職場の困った人のことを貧しい脳みそだなって思ってる自分が偉そうでいやだけどどうしてもその人のことムカつくよってはなし

ガキは私だった

そういえばオタ君に対する不満は話し合いによって解決した
いつもそうだけどオタ君は意外性を持ってて、こう言えば大体こう返ってくるだろう、という予想は簡単にハズレる
特に私がイライラしてることに関してはいつもそう
なんなく受け入れてくれて、私はいっつも考えすぎた分すんなり受け入れられたことに拍子抜けする
あれ?私こんなに考えてたのに話したらこんな簡単なことだったのか?って
やっぱり浅はかに偏見や決めつけに囚われてるのは自分なんだよなぁ
頭では分かってても心が付いてかない
自分がされたら嫌なことをしてしまう
わかっちゃいるけど、でもだって…ってなるのは未熟だよなぁガキだよなぁ
あと生理前にこんなにイライラしたのは初めてで
生理終わったらあんなに気にしてたことがどうでもよくなって、あれ、生理のせいだったのか…?って初めての経験だった
職場でも色々あったり家でもまた金銭のトラブルがあったりして生理前もあってオタ君に必要以上にイライラしてた
甘えからの八つ当たりみたいなもんだったんだろう
いい迷惑よな
ちゃんと謝って、今日はお詫びのつもりでお菓子作って渡した
オタ君はむしろ、黙って不満募らせるより言ってくれた方が全然いい、良くなる可能性にかけて行動しない方がよっぽど後悔する、って大人だった

ガキは私か…
猛反省の迷走中_(:3」 ∠)_

下話

私はもう何年もピルを飲んでて生でしたからって妊娠するわけではないんだけど
オタ君はせっくすの時に必ずゴムを付けてくれる
私はオタ君が「我慢しなきゃいけないのにあぁもう我慢できないイク…!」って言わんばかりの切ない表情がたまらなく好きで、2回目できる時はつい生で騎乗位してしまう
私がピルを飲んでるのはオタ君も知ってるから、甘んじて受けるのが定番
オタ君がイキそうになったらストップかけられて外に出すってのがいつもなんだけど
今日は初めて中で出してもらった
2回目だから精液はすごく少なかったけど、オタ君のが中でイってる時の感覚はすごかった
ゴムしてる時よりずっと気持ちいい
でもゴムしてる時はしてる時でなんかもっと奥に届いてる感じがする
イク時だけちんちん伸びてるのか?ってくらい
終わって私がシャワーから出てくるとオタ君は布団にくるまってて「すごかった…」と、女みたいなことを言った
布団から顔だけ出して
「あの、笑わないでね?…俺、生で中だししたの初めて…、やばい…」
お前は処女かよ!私初めてだったの…みたいな!
むしろ中だし普通ですって方がヤバいから!
いいんだよ笑わないよ!
初めてくれてありがとう!!
帰り道でもオタ君はずっと「気持ちよかった」を連呼していた
オタ君はMだから、私がたまにするフェラと騎乗位が大好きですよね
あと無理矢理生で入れちゃうのもダメと言いつつ悦んでるよね
オタ君とは本当に体の相性がいいからお互いあまり動かなくてもすごくいい
それが生だともっといい
私はピルと中だしに慣れてしまったクソだから今まで何も思ってなかったけど
オタ君が毎回ゴムを付けるのは私を大事にしてくれてるからで
無責任に孕ませて私の人生を奪いたいわけじゃないんだなって改めて思った
なんか珍しい人だな…



オタ君はいつも前戯の時に、
右手で私のを触りつつへらへらしながら左手で頭も撫でる
今までツッコまなかったけど…いや、それなんか変だよ!変態だよ!
アソコも頭も撫でられて、なんかどーしようもなく変態に愛でられてる気分になるからついに言ったの
そしたら変態と言われたことが嬉しいらしくまたへらへらしながら「え?そーお?性癖かな?へへへへw」って笑っただけだった
ばか?ばかなの?ってこっちがすっごく恥ずかしくなるから、よしよし気持ちいいねーって感じで撫でるのはほんと勘弁願いたい…

頭の中

最近ダメだ
オタ君を尊重できない
だって君はあーだからこーだから、と決めつける浅はかな私
話し合い?バカバカしい
私は口下手だから私の中身を説明するなんてできないよ
大体話してても通じてなくて誤解で話を進められてしまうことが多いから
話す気もなくなる
決めつけてるのは私も同じなのに
自分が出来てないことを人に求めるなんて傲慢で愚かだ
ぶつかり合いはめんどくさい
そんなエネルギーを使うくらいなら私は違うことにそのエネルギーを回したい
誰かとの繋がりが消えることは心にぽっかり穴があいて、その穴にばかり囚われてしまう
だったらいなくなったことにすら気づかないほうが安全だ
オタ君の欠点にばかり目がいって何も尊重出来なくなったのは私の慢心からなのか
心にゆとりがなくオタ君の欠点を受け流すことができない
彼は他人で所詮分かり合えない
割り切れない
偏見で見てしまう
彼は一人っ子で祖父母に育てられている
片親だが家族内の仲は良好
家庭の中では注目の的で育ったタイプ
そういう子は謙虚ではない
いつも自分の行動感情に目を向けてほしくてやることなすこと見てもらわないと気が済まない
それが当たり前だったから
妙な自信に溢れてるくせに幼少期片親が仕事で自分に構ってくれなかったから恋人に母性を求める
ママ見て見てってなる正直うざい
配慮に欠けるくせに自分は絶対
私にとっては疎ましい
私の両親は不仲で私は姉と弟に挟まれた真ん中
家には常に誰かいたから1人では居られない
寂しがりの癖に主張は弱く姉弟に劣等感が強い
1人ではないのに独りだと嘆くめんどくさいタイプ
私はオタ君の全てを知らないから全て憶測と偏見
私は私で自己分析には自分を可愛がる傾向
胸くそ悪い
頭が柔軟じゃないから一定方向からでしか判断できない
いい加減にしろ
付き合いたての頃はオタ君は普通の人過ぎてなんの長所も欠点も見えなかったじゃないか
気に触らない人だったのに
私がおかしくなったんだ
相手が変わった時は大体自分も変わってるものだ
どちらか一方だけに非があるなんてことはない
私の態度が冷たくなったと思う
自分に目を向ける傾向にある
オタ君の一挙一動に反応しなくなった、それはわざとだけど
仕事のストレスをプライベートにまで持ち込んでいる
純粋な気持ちで好きと言えない
そうだ私はオタ君をぞんざいに扱ってる
だからオタ君の主張が激しいんだ
僕を見て僕を構って優しくしてよ!そう見える
更に鬱陶しく感じるばかりだけど…
関係を良好に戻すにはどちらか一方の努力では成しえない
どちらも折れる、歩み寄る必要がある
それには話し合いが必要だがエネルギーがいる
さっきの話に戻ると私はそのエネルギーを他に使いたいと言っていた
結局私はワガママなんだ
私が1番ワガママだ
気が乗らないけど煩悩まみれの頭を叩いて理性を働かせよう
自分が求めるものに対して何が有効なのか考えろ
結果は枝分かれしている必ずしも求めているものが返ってくるとは限らない
考えすぎると逆効果だ
頭は柔軟に
臨機応変に
2人の問題を1人で正すのは無理だ
オタ君の様子も伺いつつ



よし頭がクリアになってきた
明日もがんばろ。
<<prev next>>
カレンダー
<< 2018年10月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アーカイブ