大好きでした、今まで有難う。



改めてね。
一応書いておきたいなって思ったの。

四月十六日、ミヤさん家に行った帰り、いつも通りワタシの家に寄ってベタベタしたの。
キスの格言の話とか、T君は唇だって。でやたら顔を近づけてくるからしたいの?って言ったらしたいだって。
それで初めてキスしたんだ。
ここでフラフラしてた関係に、キスフレかな?なんて浮かんだ。一度したら馬鹿みたいに何度もキスしてた、案外キス魔らしいT君、唇以外なら何回かしてたからね。

それで朝、二人とも夜から仕事なのに十一時も過ぎちゃっていい加減帰らないとねって。
いつも通りに玄関先まで見送って、何気なく『ん』って手を伸ばしてハグの催促したらT君それを勘違いしてキスしてきた。それでさ、ワタシ感情高ぶってしまって、色んな想い吐き出したんだよね。

凄い困らせてしまったと思う。都合の良い関係でいいって言ったのボクなのに。やっぱり終わりの見えない関係が苦しくて、恋愛に発展する可能性があるのか無いのか、無いなら無いで遊びだと確定して欲しいって。そしたら少しずつ諦めて別の好きな人探すって。

T君、辛そうだった。ごめんねとは思ったの。

それで、しばしの沈黙の後で言われた遊びでいくかって言葉にまた涙が溢れたけど、同時にスッキリもした。
だから最後

『大好きだったよ、今まで本当に有難うね。』
『うん、俺も有難う。』

ボロボロ泣いたけど、最後は笑って見送ったんだ。
T君も辛そうだったけど笑ってくれた。


片思い長かったなあって、T君帰った後でやっぱり色々思い出して泣いた、沢山の想い出と有難うと悲しさでね。


っていうことがあったんだよって、今更だけど書いておく。

というかね、こんな会話をしたのに、何故か今ボク達の関係は……ってね。

それはまた追々書いていく、今幸せだから良いんだ。
でもたまに読み返したいから記しておこうと思って。

ねえT君、何だかんだあったけど結局好きなままだよ。守りたいって言葉、好きなこっていう言葉、月が綺麗ですねって、信じても良いのかな?
とても大事で愛おしい人、どうかアナタの赦す時間傍においてほしいの。


これで、良いんだよね?

欲求不満



ボクの日常に幼女が足りない。

ので。

うちの猫を擬人化させて発散。


何やってんだ。

四月十五日



ミヤさん宅にてたこパでした。メンバーはミヤさん、T君、まさかのザワさん、ワタシでな。

ミヤさん作エビチリとタコ焼き。美味しかった( ´∀`)
ザワさんとミヤさんの組み合わせが意外というか何か楽しいななんて。ってか隣がT君で向かいがミヤさんザワさん、向かい組が可愛くて可愛くて←

DVD観たり、四人で色々話していつの間にか二時になってたから解散した。


途中、ミヤさん宅二階、エロ本ルームからミヤさんザワさんが小一時間帰ってこなかったのにはちょっと笑った←
その間タコ焼きやっておいてってワタシとT君任されて、ちょっとじゃれ合ってる最中T君がバレちゃうよ?なんてのが楽しかったり。別に付き合ってるわけじゃ無いんだからさって。

わりと楽しかったから、またの機会があったらやりたいなあ。

三月十四日、ホワイトデー



二度寝したとかで十九時に起きたってT君。二十時位に来るって話だったから遅刻でも何でも無いのにね。ボクも急いで掃除して身支度して、迎えたT君。玄関開けて抱き着きたい衝動抑えた。

雨降りそうだって宅飲みにしたんだ。
だからまず買い出しにね。

近くのM店とウェルシア行って酒とかつまみとか軽く食べられるもの買って帰宅。
猫と戯れてるT君尻目に台所の片付け、鼻歌口ずさんでたらいつの間にか近くにT君立っててビビったりとかね。
それでまあ台所から追い出して即席めんお湯煎れたりしてたらテレビがついてさ、あれ?って見たらT君がダメ?みたいな顔してて笑った。別に好きにしてて良いのにね。

で軽く食べてから缶チューハイで乾杯。T君お酒弱いけど、少しずつ強くはなってきてるのかな、わりと度数の高い奴選んでてね。
ソファでの距離近いんだ、本当に、触れるの躊躇ってた時期が懐かしい。肩にもたれ掛かると抱き寄せてくれる、抱き着けば抱き締めてくれる。柔軟剤の香りとか、T君の髪の匂い、触れてくる手がどうしようも無く愛しくて、欲しくて。

T君、甘えさせることでストレス解消になるって言ってた、変なヒトだよね。ギブアンドテイクな関係にはなってるのかなって。

ミヤさんにも、まいさんにも、Iさんにも重ねてついた嘘、それでT君が離れないならそれで、これで良いんだ。

アルコール回って動悸がする。T君の胸元に押し当てた耳、聞こえる鼓動も速い、チラッと見上げれば目の赤いT君。眠そうだなって。いつの間にか日付変わってて、少し眠る?って消した電気、もう寝息が聞こえていてね。暗がりの中見つめた横顔、長い睫毛、肩に寄り掛かってワタシも少し眠ろうとしたら起きたのか不意に回された腕、体制変えて胸元に抱き着いて目を閉じたんだ。
強く抱きしめてくれる腕と頭を撫でる手、それが段々覚束無くなってきた頃に二人とも眠ったんだろうね。ふと気づいたら四時近くになってた。
何かワタシ鳴いてたって、呻いてた?それで撫でると止むみたいな。何それ全く覚えてないんだけどって。ひたすらに甘やかしてくれるT君、途中サイコパスの診断テストふざけてやって、それでワタシが自殺するって話になったら結構思い詰めちゃうタイプなんだねって。それでまた頭ポンポンされて。何だよこの人って。

愛しさが止まない、友達以上恋人未満、最低な関係でも構わないって思った筈なのに。欲しいって思っちゃうからダメだね。

んでまたテレビ見てダラダラ、外がもう明るんできててさ。
朝が嫌いだと思った。
八時近くなって、T君そろそろ帰ろうかなって、それにそうだねなんて返しつつ抱き着いたまましばらくみーみー言ってた、お互い言ってることとやってることの矛盾、T君だって、あれ?帰す気ないな?とか言いつつ抱き締めてくれてた腕解かなかったじゃんって。まあ埒があかないから離れて、いつも通りT君の背中コロコロかけてあげて、改めて受け取ったホワイトデー。初めてゴディバもらった、プラスチックの箱に入ったカラフルな包装のトリュフ。
それと、ブレスレット。
前にキュービックジルコニアとアメジストどっちが良いですか?って聞かれて、そこは選んでよって。そしたらアメジストだった。ワタシの誕生石。

嬉しくて、有難うと言った時のT君のはにかんだ笑み、可愛いんだ。

それで玄関まで見送って、そこでさ、ちょっと笑ったこと。
T君、上着忘れてんの。通りで寒いと思ったなんてさ?笑
それで笑いながら取りに行って渡した。

今度こそお邪魔しましたって。今日は有り難うございましたって敬礼したら頭ポンポンして笑ってくれた。

玄関の閉まる音、廊下を歩いていく足音、淋しくなる。
リビング戻ってソファに沈む、T君の匂い。

手に入らないって刷り込み、諦めていくって考え。
きっとT君は気付いてない。
いつまでも都合の良い関係を続けていることって不可能だから。いつか壊れてしまうから、決して強くない糸、いつだって切れるんだ。


悲しいね。
どうして好きになってしまったんだろうな。


揺れるアメジストのブレスレット。苦しい。


バレンタインデー!



夜メール来てT君準備中だって。
それで、約束したのが二十一時半だったけど、やっぱり気持ち早く来るからはやめに降りてお出迎えした。取り敢えずM店に行きたいって言ってね、ミヤさんとHさんにガトーショコラお裾分け。

変に噂にならないためにT君にはM店の前の薬局で待っててもらって入ったM店、Hさんはレジ忙しそうであまり話せなかったからミヤさんに預けた。
Hさん、どうして私に!?だって、喜んでくれたから良かった( ´∀`)

んで、薬局にT君迎えに行って、財布を忘れた夜さんはT君に二百円借りて箱ティッシュ買ってね。改めてワタシの家に。

玄関くぐるとリビングの扉前で相変わらずココがスタンバってて、それに笑いながらついて入る。

うちの猫達、早々にT君にも懐いたんだよね。そこが可愛いんだか可愛くないんだか。

ガトーショコラ、ワンホール。T君驚いてた。本命だからね?って。そしたら、有難うございまーすだって。中見ようかなってテーブルで開けておーって言ってたT君可愛かった。
それで、どうします?とっとと帰ります?また居座ります?って聞いたら最初はとっとと帰ろうかなって。内心ちょっとしゅんとしたけどそう?なんて返して、でもそれを察したのか分かんないけどT君がでも家帰っても暇だしなあって。それで、ケーキもらったの親に見られると恥ずかしいから寝静まった頃に帰ろうかなって。だからまたいてくれた。
あ、ソファにパジャマ放置してたーとか言ったらT君が着替えたら?って。だから着替えてきた。
寝室寒い中着替えてリビング戻ったら猫と戯れていたT君、あの人もよく笑うんだよね。寝間着のボアのジャージ見てあー、ってニヤってしてた。
二人してボーッとテレビ観てて、お腹空いたから食べてて良い?って言って何となく床で食べてたらソファ座って食べればって言ってくれたからまた隣に。
食べながらたまにテレビで笑ってたんだけど、横からT君が俺も毛布頂戴、足寒いって。だから二人で毛布掛けてね。

なんだっけ、番組名忘れたけど漫才観てたのかな、途中横から寝息聞こえてさ、またT君寝てやんの。寝顔は見放題なんだよね。俯いた顔、伏せた目に長い睫毛の影、相変わらず薄く開いてる唇。可愛いんだよなーって。
まあジーッと見てたら起きちゃって、ワタシはふと煙草吸いに台所に。そう言えば何か飲み物出した方が良いかな?と思って冷蔵庫開けたら水と酒しか入ってなくて、T君に何か飲む?水か酒か……生クリーム?って聞いたら

『は?』

だって笑
T君の咄嗟のは?とかおい、とか何か好き。低い声わりと心地良いんだよね。まあ、お酒でも良いですよって言われてああ飲むんだあって、だからスーパードライ渡してワタシも氷結のシャルドネ持っていってソファで乾杯した。何度も言うけど二人とも弱いんだよね。まあ、見た目的にはボクの方が多分弱いけどさ、T君、アナタもよ?って。
早々に顔に出て、フワフワしてたから何となくT君の腕に抱き着いて擦り寄ってみた、抵抗無いからそのまま抱き枕みたいにもたれかかって擦り寄ったりしてね、そしたら寝にくいでしょ、膝枕する?って言ってくれたからまたしてもらった。何だろ、膝枕と頭撫でるのってセットなのかな。猫だったらずっとゴロゴロ言ってる←

そろそろ短い日記にしたいなあとは思っているこの頃、イラストも全然描いてないしな。

くすぐり合いも日常化した気がする、縛って擽ってあげようかの話題でお互い手首を縛り合ったりとか、何してるんだろうね。ボーッとしてたら手首を取られて縛られて、それで本当に擽ろうとしてきたから片手を縛られた両手で制してもう片方をまさかの足で制するっていう←
T君、笑いながら止めてくれて、それでちょっと怒ったら何か可哀想になっちゃってだって。縛る前に気付けって言う。

まあ明け方になってそろそろ帰ろうかなって。んで送りがてらワタシも行くって言って歩いた道。すき家でも寄ろうかなってなって、ワタシもいこうかなって。

向かい合って小一時間話してね、出るときに実はクーラーの下で風が当たってちょっと寒かったんだよねって言ったら隣座れば良かったのにだって。逆になれば良かったのにじゃなくて隣かよ、本当に恥がないっていうか考えてないっていうか。次は隣に座ってみようかななんて。
んで、自店に顔出すかあみたいになったからIさんに挨拶。朝のクッソ忙しいときにな。茶々入れがてら少しだけ二人で手伝った仕事。途中、Iさんのとこ行って首輪見せびらかしたら後ろからT君に言ったな?って。確かに誕生日に首輪あげたってだけ聞くとあれだよね笑

まあ朝の方も出勤し始めて気まずいから撤退しようかあって、朝のパートの方にすれ違いざまにあら可愛い格好でって言われていやいやいやって謙遜したら後ろからT君に小突かれて認めれば?みたいな。

んで、自店でて解散かなと思ったらまたワタシの家方面、そっち側に二十四時間営業の薬局あったから寄ろうかなって、だから二人で行ったよね。買い物して、ちょっとはぐれた時に匂いで発見したって言ったらえーって笑われた。残り香強いんだよね。本人本当に自覚無いから不思議。

それで店を出てじゃあ解散ですねって、渡したケーキ、ホールで試食出来てないから不安で、あれだったら家族の方とかにでもって言ったらやだよ一人占めするよって、俺一人で食べるよって。それで嬉しさとか照れで俯いたら何、照れてるの?って覗き込まれてみゃーって。目が中々合わないからって最近覗き込んでくるのツライよね。T君の瞳、本当に好き。


分かれて帰る道、家を出た時は薄暗かったのに完全に明るくてちょっとだけ苦笑い。疲れて家帰って、ソファに沈むとT君の匂い。


近いのに、仲良いのに、凄い甘やかしてくれるのに付き合ってないの。

ホワイトデー何が欲しいですか?って、アナタの心が欲しいってふざける余裕無かったね。

あまりにも近いから、二回目フラれたら流石にフェードアウトするんだ。
こんな距離なのにそれでも恋愛感情が無いっていうなら、多分もう悪い方向にしかいかないから、ズルズル依存になっても嫌だから、流石にね。

今は甘えておくんだ、もっと甘えてくればとか、して欲しいこととか遠慮無く言ってとか、好きなだけ匂い嗅いで良いよなんて言ってくれるから、今はただその甘さに甘える。沢山傍に引っ付いておく。


T君、分かんないよボクには。どうしたら恋愛なのかなもう。




前の記事へ 次の記事へ