バレンタインデー!



夜メール来てT君準備中だって。
それで、約束したのが二十一時半だったけど、やっぱり気持ち早く来るからはやめに降りてお出迎えした。取り敢えずM店に行きたいって言ってね、ミヤさんとHさんにガトーショコラお裾分け。

変に噂にならないためにT君にはM店の前の薬局で待っててもらって入ったM店、Hさんはレジ忙しそうであまり話せなかったからミヤさんに預けた。
Hさん、どうして私に!?だって、喜んでくれたから良かった( ´∀`)

んで、薬局にT君迎えに行って、財布を忘れた夜さんはT君に二百円借りて箱ティッシュ買ってね。改めてワタシの家に。

玄関くぐるとリビングの扉前で相変わらずココがスタンバってて、それに笑いながらついて入る。

うちの猫達、早々にT君にも懐いたんだよね。そこが可愛いんだか可愛くないんだか。

ガトーショコラ、ワンホール。T君驚いてた。本命だからね?って。そしたら、有難うございまーすだって。中見ようかなってテーブルで開けておーって言ってたT君可愛かった。
それで、どうします?とっとと帰ります?また居座ります?って聞いたら最初はとっとと帰ろうかなって。内心ちょっとしゅんとしたけどそう?なんて返して、でもそれを察したのか分かんないけどT君がでも家帰っても暇だしなあって。それで、ケーキもらったの親に見られると恥ずかしいから寝静まった頃に帰ろうかなって。だからまたいてくれた。
あ、ソファにパジャマ放置してたーとか言ったらT君が着替えたら?って。だから着替えてきた。
寝室寒い中着替えてリビング戻ったら猫と戯れていたT君、あの人もよく笑うんだよね。寝間着のボアのジャージ見てあー、ってニヤってしてた。
二人してボーッとテレビ観てて、お腹空いたから食べてて良い?って言って何となく床で食べてたらソファ座って食べればって言ってくれたからまた隣に。
食べながらたまにテレビで笑ってたんだけど、横からT君が俺も毛布頂戴、足寒いって。だから二人で毛布掛けてね。

なんだっけ、番組名忘れたけど漫才観てたのかな、途中横から寝息聞こえてさ、またT君寝てやんの。寝顔は見放題なんだよね。俯いた顔、伏せた目に長い睫毛の影、相変わらず薄く開いてる唇。可愛いんだよなーって。
まあジーッと見てたら起きちゃって、ワタシはふと煙草吸いに台所に。そう言えば何か飲み物出した方が良いかな?と思って冷蔵庫開けたら水と酒しか入ってなくて、T君に何か飲む?水か酒か……生クリーム?って聞いたら

『は?』

だって笑
T君の咄嗟のは?とかおい、とか何か好き。低い声わりと心地良いんだよね。まあ、お酒でも良いですよって言われてああ飲むんだあって、だからスーパードライ渡してワタシも氷結のシャルドネ持っていってソファで乾杯した。何度も言うけど二人とも弱いんだよね。まあ、見た目的にはボクの方が多分弱いけどさ、T君、アナタもよ?って。
早々に顔に出て、フワフワしてたから何となくT君の腕に抱き着いて擦り寄ってみた、抵抗無いからそのまま抱き枕みたいにもたれかかって擦り寄ったりしてね、そしたら寝にくいでしょ、膝枕する?って言ってくれたからまたしてもらった。何だろ、膝枕と頭撫でるのってセットなのかな。猫だったらずっとゴロゴロ言ってる←

そろそろ短い日記にしたいなあとは思っているこの頃、イラストも全然描いてないしな。

くすぐり合いも日常化した気がする、縛って擽ってあげようかの話題でお互い手首を縛り合ったりとか、何してるんだろうね。ボーッとしてたら手首を取られて縛られて、それで本当に擽ろうとしてきたから片手を縛られた両手で制してもう片方をまさかの足で制するっていう←
T君、笑いながら止めてくれて、それでちょっと怒ったら何か可哀想になっちゃってだって。縛る前に気付けって言う。

まあ明け方になってそろそろ帰ろうかなって。んで送りがてらワタシも行くって言って歩いた道。すき家でも寄ろうかなってなって、ワタシもいこうかなって。

向かい合って小一時間話してね、出るときに実はクーラーの下で風が当たってちょっと寒かったんだよねって言ったら隣座れば良かったのにだって。逆になれば良かったのにじゃなくて隣かよ、本当に恥がないっていうか考えてないっていうか。次は隣に座ってみようかななんて。
んで、自店に顔出すかあみたいになったからIさんに挨拶。朝のクッソ忙しいときにな。茶々入れがてら少しだけ二人で手伝った仕事。途中、Iさんのとこ行って首輪見せびらかしたら後ろからT君に言ったな?って。確かに誕生日に首輪あげたってだけ聞くとあれだよね笑

まあ朝の方も出勤し始めて気まずいから撤退しようかあって、朝のパートの方にすれ違いざまにあら可愛い格好でって言われていやいやいやって謙遜したら後ろからT君に小突かれて認めれば?みたいな。

んで、自店でて解散かなと思ったらまたワタシの家方面、そっち側に二十四時間営業の薬局あったから寄ろうかなって、だから二人で行ったよね。買い物して、ちょっとはぐれた時に匂いで発見したって言ったらえーって笑われた。残り香強いんだよね。本人本当に自覚無いから不思議。

それで店を出てじゃあ解散ですねって、渡したケーキ、ホールで試食出来てないから不安で、あれだったら家族の方とかにでもって言ったらやだよ一人占めするよって、俺一人で食べるよって。それで嬉しさとか照れで俯いたら何、照れてるの?って覗き込まれてみゃーって。目が中々合わないからって最近覗き込んでくるのツライよね。T君の瞳、本当に好き。


分かれて帰る道、家を出た時は薄暗かったのに完全に明るくてちょっとだけ苦笑い。疲れて家帰って、ソファに沈むとT君の匂い。


近いのに、仲良いのに、凄い甘やかしてくれるのに付き合ってないの。

ホワイトデー何が欲しいですか?って、アナタの心が欲しいってふざける余裕無かったね。

あまりにも近いから、二回目フラれたら流石にフェードアウトするんだ。
こんな距離なのにそれでも恋愛感情が無いっていうなら、多分もう悪い方向にしかいかないから、ズルズル依存になっても嫌だから、流石にね。

今は甘えておくんだ、もっと甘えてくればとか、して欲しいこととか遠慮無く言ってとか、好きなだけ匂い嗅いで良いよなんて言ってくれるから、今はただその甘さに甘える。沢山傍に引っ付いておく。


T君、分かんないよボクには。どうしたら恋愛なのかなもう。




バレンタインデーなのさ



寒さで何回か起きたけど明け方まで寝てしまった……夜から練習しようと思っていたのに。
まあ気を取り直して明け方から作り始めたガトーショコラ。
T君にさ、何が良い?って聞いたら即答だったよ。作ったこと無いけど頑張るって言っちゃったからね。
メールで夕方起きるって、それでワタシの家に取りに来るって言ったからそれまでに片付けと準備。一回目で成功したらもうそれで完成で良いかななんて←
でも失敗したらM店に持って行くとか言っちゃったからもう1個作るかなあ、気力があったら←

取り敢えず今焼いてる、膨らんできた、面白い。この間に使ったボールとか洗ってついでにゴミ捨て行こう。
夜またいてくれるかな、受け取ってすぐ帰るのかな。まあ、それは来たときでいいや。

甘い匂いしてきた、莉緒も焼いてるの待ってる間こんな想いだったのかななんてね。


さあ、色々と準備しなきゃ。

やっぱり好きな人




また、ソファとクッションからT君の匂い。
二月の七日、明け方、仕事の最中にIさんが来て、色々と聞いててこのままの関係でいくとT君が酷い目に合うんじゃないかってなって、それにワタシの発想が飛んでもう無理だって、T君に送ったメール。もう無理だって、最後に話したいって。
まあ、話してる内にそういうフェードアウトの話は出来なくなって、T君もいなくならないで欲しいって言ったから、ね。

結局引き延ばしたサヨナラ、十一時前に来て、朝の九時位に解散したからほぼ一日一緒にいてしまった。ソファで隣り合って色んな話をしたよ、夜T君T店行ってHさんに話してくるって言ってたから、そんなに話で引き止めちゃまずいなあとは思ってたんだけど、夕方前、少し寝ます?なんてまた膝貸してくれて、寝ちゃった。
T君また頭撫でてくれてた。

何だろうね、ワタシの立ち位置。

横になりながら、何か足りないなあなんて言ったから貸した縫いぐるみ、それでも物足りないの言葉の後で、夜さん抱き枕にちょうど良さそうですよね?なんてさ。

笑って誤魔化したけど、ボクがもしじゃあ抱いてみます?って言ったらどうしたの?
隣から肩にもたれ掛かってきたりとか、膝枕してもらった時にはずっと撫でててくれてたりとか、匂い嗅ぎます?の後で服の前開けてくれたりとか、甘やかし方が間違ってるんだよね。パーカーの前開けてくれて、薄いティーシャツ越しに感じるT君のお腹、細いクセにそこそこ筋肉ついてて硬いの、心臓の音をずっと聞いてた。落ち着くの。右手が行き場無いねって言ったら腕回して良いですよなんて言われたから遠慮無く抱き着いてみたりだとか、やってることは本当に恋人同士なのにね。飼い殺されてる気分。
くすぐり合ったりとか、ね。T君、脇弱いの。あばらのとこ指先でなぞるとビクッてなるの、可愛い。あの人普通にやり返してくるんだよね、膝枕してもらってるときって脇とか脇腹って無防備じゃん?触ってくるの、それでボクもくすぐったいって軽く暴れたりするんだけど、暴れるとおかしなとこ触りますよ?なんて。
くすぐりの話で、縛ってくすぐってあげましょうか?なんていうから、止めてよ、ワタシ笑いすぎで過呼吸なるんだぞ?って、そしたらなる寸前で止めますよなんて。どの位の過程でなるか調べるために最初は何回か過呼吸にしますけどなんて。本当発言がサディスト、萌える←


五日に、バイバイした時点では次会うのバレンタインの予定だったのに急遽家で会って、またじゃれ合ってしまった。


結局ホワイトデーまで引き伸ばすという、さすがに関係をしっかりしないと変な風にこじれそう、でもフラれたのにその後の方が甘やかされてしまって、それで今の関係悪くないなんて思い始めてて危ない。欲しいなら欲しい、手に入らないなら入らないでちゃんと、都合のいい存在にならないように、気を付けないととは、思ってるんだけどね。駄目だ。


次会うのこそはバレンタインだね、何が欲しいか聞かないと。


首につけた鈴、飼い主はアナタが良い、T君が欲しい。

どうしたら恋愛なのさ、T君、もしかして自分自身の恋愛感情にすら鈍いの?なんて都合のいい妄想。

欲しいんだけど、なあ。

宅飲み。



二月四日は前回の日記の通り宅飲みでした。十四時位まで結局メールしてて起きたら十九時だった、ちょっとボンヤリしてたらT君からメールきて起きてます?って。それで二十時にワタシの家に来るって話だったから慌てて着替えて洗濯物をしまった、一応目に付くとこだけもう一度片付けたりとかな。
二十時よりも早くT君からきたメール、鳴らされたインターホン、ココが唸りながら扉に走り寄ってた。んで玄関開けたらT君いた。今晩は、お疲れ様ですって。なんかゲームとか色々と持ってきたみたいでまず預かった荷物、取り敢えず先に買い出しに出ました。
M店でお菓子買って、ウェルシアでお酒、T君五本位買ったけどアナタ弱いの分かってんのかなって。
それでいざ自宅へ、玄関開けたらリビングの扉前でココがスタンバってた、んで扉開けて猫にただいま。T君、後ろからおめでとうございますって、誕生日プレゼントくれたよ。赤い袋にリボン、あ、有難うございますって受け取ってさ、軽く振ったら何か音するの。え、何って、鈴の音。T君にさ、欲しいものあります?って言われたから強請ったチョーカー。つい聞いちゃったよね、人が着けるヤツですよね?って←
まあちゃんと人用ですよって、んで、俺が帰ってから開けてくださいね?だって、だから取り敢えずテーブルの隅に置いておいた。正直すぐに開けたかったけど、恥ずかしいって言うんだもん。我慢した。
んでT君猫にもお土産くれたから早速あげたよ、T君にはタルトにあげさせてみた。タルはわりとがっついてたらしくてT君笑いながら困ってた。

んで、ソファ座らせて取り敢えず何か腹入れてから飲もうかって。T君磯辺揚げ?食べてた。
それで飲み開始して、ジーマとスミノフで乾杯した。YouTubeで最初音楽流してたんだけど途中からT君が銀魂見だして観てた、お酒入って早速ウトウトしてたT君本当に可愛い。二人して弱くて眠くなるっていうね。それでさ、メールで猫耳の話してたから着けてよってなってワタシは白い猫耳着けたんだよね。T君がニヤッとしたの覚えてる、T君にも青い猫耳渡してね、着けさせて笑った、んで何か知らないけど猫耳着けたまま二人でボーッとテレビ観てるんだけど、動画の合間に画面が黒くなると微妙に映るじゃん?怪しい二人が映るわけで途中噴き出したよね←

んで、変なテンションになったT君がさ、膝枕する?って言ってくれたから、おそるおそる乗せた頭。T君膝の上にクッション置いてその上にね。何かあまり寝てなかったのと、アルコールでさ、ウトウトしてたら、いつの間にか寝てたよね。頭をポンポンされて、起きました?って。しばらく起き上がらないままうにゃうにゃして、ワタシいびきかいてた?って聞いたらかいてたって。恥ずかしくてやっぱり上げられなくなる顔な。
まあ起き上がって、残ったお酒飲んだりしてた後でT君がトイレに立った隙にワタシ、テーブルの隅から誕生日プレゼント取って開けちゃったんだね。
青いリボンに鈍い金の鈴の付いたチョーカー、凄く可愛いの。トイレから戻ったT君が帰ってから開けてって言ったのにって苦笑いしてた。それに、だって耐えられなかったんだもんなんて返しながら鏡の前で早速付けてね。見た目も可愛いんだけど、鈴の音も可愛いの。動くと鳴る音、嬉しくて笑いながら似合う?って聞いたらはいって。
また隣に戻って、T君の膝の上にきた猫に、T君が取られちゃったねなんて言うから退かしてまた居座った膝の上、擦り寄ったら頭を撫でられた。寝る前と、起きた時にも撫でてくれてた。前にメールで撫で心地良さそうって言ってくれて、撫でたかったらしいからなすがままでいた。どんどん懐いてしまうよね。
フッた後の方が甘やかされててちょっとだけ辛かったり。

それで、またちょっと二人でウトウトしたりテレビに笑ったりしてたらいつの間にか朝になってた。

T君、そろそろ帰ろうかなって言ってたのに、ワタシが頭退かさなくて、何なら腰に抱き着いたりしてて引き止めてしまって、さすがに良い時間になってしまったから帰ろうって。だから、近くのコンビニまで送った、家で良いのにって言ってたけど、もう少し一緒にいたかったからって。

それで、コンビニでバイバイした。最後に、自身の首指してこれ有難うねって。T君の、はにかんだような笑顔、好き。

後ろ姿を見送る、ちょっと特殊な歩き方も好き。

家に戻って、今日は有難うとごめんなさいってメール打ちながらソファに身を沈めたら残ってるT君の匂い。こないだ薬局で多分特定したんだけど、T君からするから好きな匂いなんだろうね。

諦めないよまだ、フェードアウトするのも考えてるけどまだ好きでいたい。
以前より沢山甘やかしてくれるようになった酷さにも怒れない位、堕ちてる。

次はいつ会えるの?こんなに会ってるのにね、最初は会いたいとか顔見られるだけで満足だったのに、一度触れてしまったから触りたくて、触れられたくてツラい、どんどん欲張りになってしまうね。

T君、気を持たせたくないからとか言ってたクセに、ヒドいよね。

それでも好きなんだ、どうしようもないよね。

取り敢えず宅飲みでした。一気に日記書けばいいのにやっぱりダラダラして遅れて投稿する形になるという。次はバレンタインかな?本命だからね?何作ろうかな。

T君T君、大好きよ。アナタが、大好き。

二月一日、誕生日。



T君と駅で待ち合わせして、近くの駅に遊びに行きました。最初は誕生日プレゼント買ってもらう予定だったんだけど、なんか実際に見てると値段とか気になって選べないから結局また今度にしようかってなったよね。
取り敢えずまずアニメイト行ったというカオス。それはそれで楽しかった。

あとはショッピングセンターまわったのと、ドンキでコスプレ見てたのが楽しかったかな、チャイナ服欲しいよねって言ったら着れば?とか、だからじゃあT君も着ようよ、赤が良い?青が良い?とか、勿論女物のね?それで嫌だよって、笑った。個人的にはT君に全力で白衣を推したい、今度送りつけて着てもらおう、なんかあの人コスプレに抵抗無いって言ってたから是非とも押し付けよう←
あとはセーラー服とかメイド服とかも見て、T君にどれが良いって聞いたり、そしたら夜さんが着なよって、いや年齢的に痛々しいでしょ?って、そしたら俺なんて性別的に痛々しいでしょって、確かにごもっともだわって笑
店内でふらふらしてたら後ろからT君がマフラー首にかけてきて捕まったりとかそういうじゃれ合い?増えた。
なんかちょっかい出された時に軽くだけど膝いれたりとかはたいたりだとか、フラれたらフラれたでちょっと気楽になりました。なんかもう積極的になってやろうっていうのかな。

それで日も落ちて、なんか食べるって話になった時、ワタシがサイゼありますよ?って言ったらT君が誕生日なのにそれで良いの?って、一応気にしてくれたんだよね、でも正直そういうのをワタシは気にしてないんだよな、おめでとうって言ってくれればそれでいい、みたいな。
んで、結局フラフラしながら適当にどっか入ろうか?って。それで結局チェーン店入った、二人ともお酒弱いんだよね、ワタシの方が多分弱いけどT君もわりと弱い。
結構そこでも話したよ、何で好きなのかとか、T君はどこで好きになったのか決定的な何かが聞きたいみたいだけど、ワタシそれ分からないんだって、関わる度にちょっとずつここ好きだなってそれが増えていって、気づいたらはまり込んでた。そう言っても、俺好かれるような事してないんだけどって。
諦めてないからねって改めて伝えたよ、そう簡単に諦められるなら最初から好きになんてなってないんだから。手に入る自信は限りなくゼロに近いけど、まだ好きだもん、どうしようもない位に、欲しい。
飲みの最後に、何か甘いの食べたいねってなって頼んだ甘味、ふざけてはい、あーんってやったらちょっとの間の後で食べられた。驚いたよね、あ、食べるんだって。で、食べてたらT君もクリーム掬ってやり返してきたから食べた、傍から見たらカップルのそれなのにね。変なの。一応フラれた奴とフッた奴の組み合わせなんだぜ?←

んで、地元に帰ってきて、自店に顔を出した。Iさんが新しい服見せに来いって言ってたから差し入れとついでにお披露目な。夜さん初めて膝下丈のワンピース買ったの、お嬢様スタイルな。T君触れてくれた、似合ってるって言ってくれた、嬉しい。
健康診断の話でT君61キロしか無かったって言ってて、うわ、華奢から骨に進化しましたねって言ってやった、ワタシのコート入るんじゃないの?ちょっと着てみてよって言って渡したらまさかの入るって言う、流石に肩とかキツいって言ってたけど、腰にリボンついてるコートだから正直似合ってなくて笑った、しかも何か休憩室出ようとしたから止めろ止めろ馬鹿野郎とか言ったりして←
んでまた上着貸してくれたから抱いてた、相変わらずの匂いの君、もう変態バレてるからそこら辺はもう開き直ってる、座ってたら後ろから二の腕掴まれてビクッてなったりして、ちょっと怒ったりとか、コートの話で身長とかバストの話したら、んで結局何カップなんですか?とか、何まだ酔ってるの?言わないよ?って。T君、セクハラ発言とか気を付けてるとか言いながらそこら辺迷子だよね、言わないけど多いんだよ。
自分のマフラー枕にして寝ようとしてたT君可愛かった、目がトロンとしてて、俯いてたときの睫毛が長くて、ちょっと色っぽいなあなんて思ったボクは相当頭がいってる。
結構居座ったけど、眠そうなT君に悪くて、そっと肩揺すって帰ろう?って。
Iさん達にお疲れ様です言って出た店、T君わざわざ送ってくれるって、家遠くなっちゃうのにね。寒いのに、ごめんね。
帰り道ふっと上を見たT君、よく空を見るようになったんだって。
冬のダイヤモンド覚えました?って言ったらいや?って。 わりと風が強くて、そんな中送ってもらったのがやっぱり申し訳ないよねっていう。それでマンションの下について、次の飲みの約束をした。次は四日だねって。
近くの駅でどこか入ろうかって言ってたんだけど急遽次案のワタシの家になった。マジか、片付けないとなあなんて。

それで、いつも通り後ろ姿を見送って解散した。
一日の朝はみんな健康診断でさ、ワタシは違う場所で受けたんだけど周りのみんなは同じ場所だから健康診断終わった後ってみんなでご飯食べたりするんだって。でも、T君、用事があるからって早く切り上げてくれたみたい。ちょっと、そういうのも嬉しいよね。

日付また遅れたけどそんな感じの日でした、次は四日、楽しみだねって。
前の記事へ 次の記事へ