ゆるしません @会社

うちの最高齢老害
以下 じいさん

今日はさすがに耐えかねたので。
いくらじいさん側からしてその人に対して腹が立ったのだとしても、ね…?

物に当たって周りに被害をね?与えるのは許されない。
というか私が許さないけど。
直接本人にいう度胸がないので
噂話ていどに。

今日じいさんが蹴ったからゴミ箱の中身ぶちまけて
私の頭に降ってきたんだけど!!
許さない。しかも謝罪もなし。怒鳴ってる自分がよほど迷惑かけているじゃない?
無関係とまではいかないまでも、とばっちり受ける周囲にひとつの謝罪もないとは。人間終わってんじゃない?おほんおほん


しかもそのあと、やけに私を巻き込んでくるというね。(他の人も巻き込んでいたけど)

私の立場からすれば、私がいちばん巻き込まれた!と感じたわけだけど。なんたってゴミ箱の中身頭にかけられたし
一生忘れないから覚悟して。

あなたは何も怖くないからと気に入らない人をいびり倒して、周りを巻き込んで市民権得ようとしてるけど、
あなたは間違ってないとはいえない
そこまで怒鳴る意味あるの?と私は思うし
少しは他に方法ないのかな?怒鳴るしか能がないのかな?逆にあなたが愚かに見えるけど。

周りに
「俺が悪いんか?」と聞いて
周りを味方につけようとする=自信がない
のかな?

毎日のようにひとりの仕事出来なさすぎる中年男性に向けて怒鳴ってるじいさん。
管理者の立場から使命感にとらわれている?

そうではなく、ただの自己満だ
怒って怒って…結局お互いに何も得ていないから。
気に入らない人を迫害して、日頃の鬱憤を晴らしている?
仮に本当ーにその中年男性が気に入らないのだとしても。
もっと周り見てー
周りが凍りついてるからーー

周りも見ずに熱くなってしまう…人間あるあるよね。限度はあるが。

じいさんは限度を超えていると誰もがわかっているけど。
聞いても聞かないよあの人。死んでも治らないよあの人。
だから黙ってたらいい気になって…周りに迷惑をかけ続ける悪循環。まことに滑稽なこと。

じいさんには、"滑稽"という言葉がお似合いだ。

とりあえず許さないから覚悟して。乙女の命である髪の毛に汚れを…
しかも謝罪もなし。開き直ってさらに暴走。

私は…いけないことかもしれないけど…

じいさんの不幸を願っています。本当ごめんけど…こうなったら願うしかないよねー
続きを読む

後輩の結婚式

人間そう簡単に変わるものではなくて
リセットしようにも自分の記憶は消せないし
繋ぎとめようにも他人の心を留めることも動かすこともとても難しい

同じ職場の後輩の話だけど何人かと交際してたはいいものの(出会いは自らつかむもの!と言わんばかりに…)
あっさり結婚しちゃうんですものねっ
感慨深いわあ

昨日高校の部活の後輩でもあり会社の後輩でもあるコが結婚式を挙げてお呼ばれした

結婚式については賛否両論あるけど私はあまり肯定的ではないんだよね
周りへの感謝を示すためにするものだ
って世間一般で言われるくらい

あとは当事者たちも疲れるだけじゃないだろうか
いや披露宴では手紙読むとか今までの人生振り返り親への感謝とか寂しさとかで涙を流すことはあるだろうからそれだけではないけど

ドレス着たくない?って言えどもドレス着て写真撮って式挙げるなら二人でもできるし
親戚だけ呼ぶとかね

幸せをお裾分けしてくれてありがとう
これからの未来その子が幸せになりますように

純粋に紆余曲折ありながらも前向きに未来を見据えて生きていけることとても素敵なことよね

そういう人に人は集まるのではないかなと思いつつ
私は私で現実的思考をしてしまう自分を無理に変えようとは思ってないよ

ただ周りが結婚するにつれ自分のこと考えてしまうってのはあるよね
何度も言うけど無理に変える必要はないんじゃないのかなって
そしてそれを強要することもね自分の人生好きに生きればいいさってそんな感じ

おめでとうって気持ちが伝わればそれでいいかなって思う
本当におめでとう
ベイビーにお目にかかれることも楽しみにしているわ(*´ω`*)

気付けば年末

久しぶりの日記ー!
日記更新してなさすぎ、と思ってしてみる。

とはいえ愚痴なら他のページに飛んだら見られる。
日常的に発生するものは別のところにつらつらと書いている。
あと最近twitterを主な拠点としている。

ともあれ年末来るまでが速かった。
自分が何をしていたかイマイチ思い出せない。
とりあえず同い年の新入社員にかなりウンザリしたのだけ覚えてる。
あと仕事関係もウンザリ。
世の中不平等ばかりよね、って。
それ以前に不平和な事が多すぎ。

仕事はしないと生きていけないからね、今や生活のほとんどを仕事が占めている。

昨年からだけど新しい趣味をいくつか始めてみたし(韓国語の勉強したりとか洋楽歌ったりとか)、友達にも会ったし(少なくともまだ引きこもってはないと思う)
プライベートが楽しくないわけではない。

ただ仕事のことは非常に比重を占めすぎている。仕事に左右されてひどくボロボロになったし、たくさん人生について考えた。

精神を落ち着けてくれたのはただひたすら、漫画(^^)
どっかで読んだ本に漫画も立派な読書だって書いていたし、読書する時間は大事にしていきたい。

漫画を沢山読んだしアニメも沢山観た。
四月は君の嘘(アニメ)は泣いたなー。

ただ面白いくらいにプライベートには変化がなかったと言ってもいい。
その代わり、年月を重ねるにつれ仕事の重圧は増していき、私はある事を決意した。


もったいぶらずに言おう。
会社を辞める決心がついた。
泥船が本当に沈んでしまうまえに、私は私のために、今の悪い状況から脱却したいと思う。

最初こそ迷う気持ちもあったけど日に日に(辞めたい気持ちが)強くなった。
今の場所に居ても何も変わらないしむしろ悪くなっていく一方だから。

と、しんみりしてしまったのでこのへんで。

ちなみにクリスマスは何それおいしいの状態だった。
23日は飲みに出掛けたけど。
24日は夜に家で姉とケーキ食べたりデパ地下で買ってきたごちそうを食べたり。
25日に関しては家で不完全燃焼な一日を送った(何もしなさ過ぎてモヤモヤ)

身の周りの人々には感謝しかない。
だからこそ、自分の足でちゃんと地に足つけて人生歩んで行きたいね。

それではまた。

創作意欲と裏腹に

うわあ、ひどい文章。
昔モバゲでやっていた小説をエブリスタに引き継いで、未だにアカウントは残しているんだけど、中学生のころから自分が書いていた文章たちが本当にひどい。
操作方法が謎なので非公開設定にも戸惑って、やっとこさ全部非公開に。
これで誰の目にも留まることはないはず!

昔の文章を恥ずかしく思うということは、自分も成長したということなのだろうか。
本当にひどい。隠したい。しかし一度公開したものは消すのも手間がかかるし。
誰も読まなければいっか。という気分にもなる。
そして何より、せっかく自分が時間を費やして書いたものなのになんだかもったいないような気もする。だから、簡単に削除するなんて、できない。(貧乏性……)

かといって読み返すわけでもなし。(読み返そうと思ったけど意味不明すぎて挫折した)

長い間それを続けている作家の先生は本当にすごいって、実感する。
並ぼうとも思っていないし、そもそも次元が違う。
それに、アマチュアの人々も精一杯にやっているのは重々承知なのだけど。

同じことを長く続けているのも本当にすごい。私にはできない。
とかいって、一応私だって昔の作品などは存続させているし、気まぐれに何かを発信しようとはしているけれど。
イラストならたまに描く。これもまあ、自分レベル低いな・・・と思いながらだけど。
小説は全くかけない。なぜなら、論理的に文章を組み立てるのが苦手だから。
読み返したら、「ここは一体何を思って書いていたんだろう」というような稚拙な文章ばかりだから。
詩とかなら、まだ救いようがあるかもしれない。多少抽象的な表現も許されるし。
自分の作ったWebページの作品もよくわからないし。文章が支離滅裂!
きっと、あの頃の自分は別人で、中二病にかかっていたんだよ……。

そんな別人(昔の私)の文章を読んだ感想とは。
「意味が分からない」だった。
ちなみにこの言葉、私が言われたら一番傷つく言葉。
なぜなら、完全に図星だからだ。

自信も確証もないけれど、私はただ今創作意欲を満たすため、もがいている最中。
頭もやもや……。

とりあえずまずは、短い文章から。(たぶん、読めたもんではない)

胸のときめき

ひさびさに胸がときめいた。
年上の異性、そんでまた大阪人。
というのも、昨年8月にも大阪の人と出会ってときめいたので(別のひと)
そのときは同い年だったけど今回は年上。
(妻帯者なのかとか聞いてないのでもしかしたら失恋(??)は早いかもしれない)

同じ会社の阪神の事業所のひとで、仕事で関わるので上司がうちの事業所に連れてきた。

前にもうちの事業所に来たことがあったのでちょっとした知り合いになったのだけど、ろくに話したこともなくミーハーなのだけど胸きゅん。

なんて素敵な人……
タイプ!

とか思ったね。

わかったわ、私って爽やか好青年に弱いのだな。

それからその方が帰った直後は妄想に花を咲かせる(笑)

もし、会社の電話からプライベートの電話番号ききだせたら、ラインとかで繋がって、個人的なお話しとかして、とかなんとか(笑)

本気で、となったら好きになってもらう努力をしなきゃいけないのかな?
そう考えると私、大丈夫なのかなと自信なくしたりする。

それからもう、距離がね。大分ありすぎだよ。

どんな手段で近づけるとか色々考えたりして、けど結局、ミーハーで一時的な感情なのかなと思ったりもした。

私、大阪人なら誰でもいいのか(笑)

とかも思ったり。

けど第一印象とか、話し方とか。
胸がときめいたなら恋は始まっているのかな?
なんかもう、わからないね……

とはいえこれが恋の始まりを記念する大事な1日となるのかもしれないし、と思ってこの場にしたためてみた(笑)

素敵なであい、大事にしたいね!
今回はこれにて。お休みなさい。
前の記事へ 次の記事へ