埋火の夢やはかなき

先日先述していた刀剣小説もどきを支部に上げました。
www.pixiv.net

ついでに表紙も自作しました。素材写真は借り物です。
変に凝っても羊頭狗肉になるのでぱぱっと。
マウスでカチカチやるだけのお気楽作業たのしい。

短いからあっさり読めます(セールスポイント)
地の文も短くて目に優しいです(セールスポイント)
webは改行多い方が読み易いだろうと思い、その様にしてます。
却って見辛い等あれば、自サイトの拍手にでもその旨投げてください(匿名で投げられるからいいかなと)
これネーム載せた方が伝わるやつ。何度も思いました。


シリーズ名に関しては、何だこれ(笑)って自分でなりました。
いや……まず浮かんだのあれで。いわゆる出オチ。
題名にはあんまりだと、まだ目立たないであろうシリーズ名に。
題名の方は正岡子規の句より。
話的に狙ってる埋火は炭火の方ではないです。調べたら石炭ボイラー用語でもあるみたいですがそっちでもないです。

創作審神者が出てます。夢……なのこれ??
古式ゆかしい名前変更機能があっても誰も得しない内容だから、夢タグつけてません。
あまり目立たない(多分)上、恋愛要素も皆無です。
敢えて外見描写を控えてますが、執務室の内装含め近代趣味をしています。
それに関してはなんかの伏線ではなく私の趣味なだけです。
インバネスなのそのせい。南海先生じゃなく。まだ特命調査施行されてない設定。

群像劇病と言うか、恐らくPBM/Wのノリで書いてます。
設定と大まかな流れを作り、あとはその場にいるキャラ達がやりそうなことをさせたり、イベント起こしたりする辺り。
つまり刀剣男士がPCで審神者はNPCです。
だから主役が誰か分らない状態になってる。
これ後から自覚してすっきりしました。仮想卓みたいなものですね。

興が乗れば続きます。


ここまで解説しといてなんですが、ほぼ自分用の投稿です。
見易く行間が開いてる方がしっかり確認できるので良い(メモ帳作業者)
プレビューで確認したにも拘らず、上げてからも衍字に気付いて慌てて直したよね! 小説は幾らでも修正できていいね!

いっそ非公開にするか迷いました。
非公開にしたらテキストデータのクラウドとして使えるって気付きました。
見せるものではないけど見られても構わないデータ入れとくのいいかも。


追記に刀剣日記
追記

悪手満漢全席

江の里超難、目下の所これで危なげなく回れてる画像メモ
焙烙球で全裸にされてなければ、まが4も余裕


やらなければならない原稿を2件ほど抱えてますが、絶望の域で顔が描けない病に罹患し足掻いて久しいこの頃。
それで今度は、絵自体から離れる気分転換として試しに文を書いていました。
これがまた絶望の域でまともなものになっているように思えません。

語彙の霊圧が消えてる。

浮かぶ絵面をどう文に直せばいいのか。
特に感情。叙情が死ぬほど苦手です。
夢小説としては致命的なんじゃないか。夢だと思ってないけど(恋愛要素もない)
だから感情が行動原理なキャラをメインに動かすのは苦手です(致命的)
感情に素直なキャラはすっごい労力使います。私だけなのか……。

文は完全趣味と割り切れるんだから、クオリティがどうのと拘らなくていいだろ。
そう俯瞰した己が諭すも、時期が悪いことに、いや時期的に興味の穂先が向いていた故に、「初心者が陥りがちな小説悪手」的なコラムを読んでしまい、あまりの該当っぷりに勝手に奈落へ落ちたりしました。

二次創作の場合、気にしなくて良い部分はあると思いますけども。
登場キャラの外見や性格や立ち居地は、読者はとっくに分ってる前提なのだし。
キャラを無造作に沢山出して視点が散漫なのも、本丸のわちゃわちゃ感が出るだろうと思ってのことだし。
自キャラじゃないからこそ沢山キャラ出したいんだよ! 私が! 見たいの!!(半ギレ)

主人公(審神者)アゲがなくてもありですか……そもそも主人公かって言われると疑問しか湧かない。渦中なだけ?(自問)
メアリー・スー恐怖症に陥ってるから主人公アゲの匙加減が分からない。
ちょっとアゲ文章を入れるにも、これは前提として必要だから! 必要だから!! と力強く己を鼓舞しないと消してしまう。
そうして読者が思い入れできないキャラになるんですね分かります。


取り敢えず文章は隙間時間にちょろっと書けるのがいいですね。
携帯でも書ける。
手汚れないしね(アナロガー)、ソフトも秒で立ち上がるしね。

自分が客観視するためだけに支部に上げてもいいかな……。
絵はプレミアム入ってないと差し替えられないけど、文は後から幾らでも修正できるはず。


追記に刀剣日記
追記

世界を癒せ

Picrewの「ダウナー女子の作り方」でつくったドリー(創作)
picrew.me

キャップタイプがなかった。

改めて考えると無表情メイドキャラもう一人いましたが、それがいる在庫がないのでした。
再版ばかりだなお前と言われそうですけど、再版した方がいいのかなあ。


ステやら聚楽第やらの影響で、最近絵ブログの方に若干ちょぎ散らかしてました。
都度どうにも既視感、甚だ懐かしみを覚えまして。

BAROQUEの上級天使の系譜だからだと気付き、腑に落ちまくりました。

無論、公式絵を比べた場合は似ても似つきません。
わたしが描いた場合、両者が同系統の顔になると言うだけです。
上級天使の前髪の分け目を真ん中でなく右寄りに描いてたのも同化に拍車が。
気位高めで冷徹で芯が苛烈って中身の据え方もですな。

その線で行くと国広が主人公……弟が布で兄が極かな。


追記に刀剣予定所感とか
追記

北ティア10

北海道コミティアでした。
画像はブロックノートに描いたやつ。
湿度高くて芯先がめり込むし薄い。
前日まで予告されてた雨が降らなかったのは幸いでした。

今回の会場、バスを途中下車したら多少歩く代わりに乗り換えなしで行けね?
って気付いてたのに、車中酔って死んで頭からすっかり抜けてました。
前回長年連れ添ったキャリーバッグが殉死し、有り難くも親戚からがっつり旅行用なお古を譲り受けたのですが、これが先代より一回りでかくて座席の足の肩身が狭くなったのもあるかもしれません。
落ち着かない膝が圧迫されて痛い。

イベントの新天地、参加費高いけど広くて快適でした。
拙陣にお立ち寄りくださった方へ心よりお礼申し上げます。
長々と新刊なくてすみません、あと気分悪くて接客悪くなってたらすみませんでした(まだ酔いが治ってなかった)

新天地の近くにコメダがあり、未体験者としては興味ありましたが、駐車場が満車に見えて恐れをなし通り過ぎました。
気を取り直し久し振りに行こうとした別の店は、品切れにつき今日は店仕舞いとなっていて、飯難民と化しました疲弊。


今回の画像にいる女子(ともう1人)がTシャツになります。
デザイン珍しい傾向(多分)なのは依頼物のせいです。

義務でいっぱい

初めて買った景趣は梅雨でした

そして君はずっとオールバックでいろ。
(公式から図録3の本歌ネタバレがあった日)
刀剣は短髪オールバックいなくて……逆毛オデコキャラは必須じゃろ。

ともあれ1年以上プレイして初めて景趣買いました。
イベント用に貯め込んだ小判が七十万、もういいだろうと。
これ降雨と雨上がりの2種類パックなんですね、知らなかった。お得?

梅雨とかない地域なんで感覚ずれてるかもしれませんが、初夏に穏やかに降る雨天は室内にいるなら好きです。
無風で大粒じゃなくて網戸から雨が入り込まないのが条件です。
休日に雨音を聞きながらまったり午睡すると涼しくて心地良かった記憶。


個人一次創作方面が駄目すぎで、6/30の北ティアに行く気が重いです。
イベント行ったらその時はモチベ上がるんですけど、すぐ降下してしまう。
理由は……お前まだあれを引き摺っているのかと言う。
それだけでもないですけど。

義務感で焦ってやるのもおかしいと思い、自らに強制していませんが……。

とりあえず、秋のティアに拙作も含めた怪奇漫画集が頒布されるかと思います。
(そっちはやってる。そして中々進まない)
また東京コミティアで先行頒布になるのかな。


追記に刀剣日記
追記

鉄橋を叩いて渡る

買った(後ろのひとは気にしないでください)

一見スモーキーピンク、しかし全く色はつきません。
ネイルパックなので。
ネイルオイルは持っていましたが、あれ塗ると指が油分にまみれ小一時間何の作業もできなくなるため、ろくに使ってませんでした。
これは乾くと他に付着しなくなる就寝中の水溶性パックとのことで、続けられるかもと。

ネイル始めるってそこから!? って感じですがここからです。
元々親指の爪が荒れがちでして、とりあえず整地から着手する次第。
効けばいいな。まあプチプラだし恨みはすまい。

肌と違い、使った直後ぷるぷるになるとか分りやすい効果が出ないから判断つきにくい。
爪は死細胞であるがゆえに当然なのですが。
逆に言えば死んでる細胞に何故保湿が効くんだって話……乾物を水戻しするようなものでしょうか。



信長のシェフを(途中まで)読みました。

タダカーツの蜻蛉切は当然いるとして、太郎太刀もこの時期なの!?
彼は何者だったのでしょう……(刀帳台詞)って普通に浅井朝倉軍にいるじゃないですか。

現世寄りではないと言う神様然とした本刃の弁から、漠然ともっと昔に使われていたイメージでした。
いや戦国以前にも持ち主はいたかもしれませんけど。
奉納期間長いんかなと思うじゃないですか。

珍貴的時刻

台湾土産(多分)
PRECIOUS MOMENTを訳すとこうなるの……
まんまと言うか言いたいことは分る、分るぞ。


半分自業自得とは言えメンタルアタックの追撃を食らったので、ネイルに食指を伸ばす寸前まで来ています。
皮膚が変化した姿である爪も脆弱であるがゆえに、マニキュアも敬遠対象でした。
今更女子力上げてどうするんだって話。

ペールカラーやオパールみたいなの好きです。名称は清々しいまでに知りません。
あとライブに行かなくなってゴス服もやめた今ではつける機会ないメタルのやつかっこいい。
またキャラに付けて貰って終わりそう(よくやる)
しかしあれ漫画絵で表現するの難しいぞ……ヒトヱ(自キャラ)に似合いそうだけど。


パーソナルカラー診断も興味があります。
確実に似合わない色が判明すれば、服の断捨離が進みそうで(理由)
しかし、ネット上のセルフ診断はサイトごとに結果が違い全くあてになりませんな。
しかも、似合うメイクの色とか他人に賞賛された経験がない奴のことを全く考慮しない苛め仕様。

リアル料金を軽く調べたら、貧民としては引け腰になりました。
その金で整体に行けと理性が叱責してくる。
腕立てすると右肩がパキパキ鳴って怖い。関節ずれてる??


追記に刀剣日記
追記

気分転換で日が終わる

以前百均で買ったトートバッグが出てきました。

この何とも言えない鳥に釣られた訳ですが、大きさが半端で用途が見出だせぬまま、しまいこまれていたようです。
B5の薄い本は入る、しかし持ち手がすんなり腕に掛けられない。
支払い時に不便だから不採用です。


アレルギーに苦しめられる季節と共にじりじりとMPを削られることが重なり、どうにか気分を上げようと練り香水を入手しました。

肌が軟弱なので、不具合が起きそうな普通のは今の今まで手を出しませんでした。
しかし保湿成分が主成分とでも言いたげな練り物ならば問題ないのでは。そう踏んで。
感触と見た目は軟膏。
子供の頃通った皮膚科の対アトピー性皮膚炎のに似ています(情緒がない)

塗布部位は概ね手首、たまに髪ですが、寝る前は耳の後ろに塗るとふんわり香っていい感じです。
耳裏は元々荒れやすい部位だから、保湿ついでの意味でも良いやもしれません。

使っていると気分で香りを変えたい欲が出て、複数使いの罠に落ちそうです。
幸い田舎暮らしで遠出が必要な代物なので、衝動買いせずに済んでいます。
実物のテスターで選びたいから通販はないかな。
調べてみると無印も出してるんですね、気付かなかった。


追記に刀剣日記
追記

14年物

大昔に出したクーロンズゲート本の一部を、支部に再録しました。昨日。
www.pixiv.net

2年前のファイアの日に間に合わせたくて無理だった代物です。
つい最近まで存在を忘れ、今年のその日にも間に合わなかったと言う。
気付いたら22日を過ぎていました。ただのうっかりです。

色々目を覆いたくなる画面ですが、折角スキャンしたので上げました。
間に合わなかったからってまた保留すると、同じく1年後には忘れるんだ……。



慢性的な唇の荒れに悩めるわたくしです。

先日唇近くに重度の口内炎が出現しました。
その炎症による延焼で更に唇の水分蒸発が進み、常時玉葱の皮並にべろべろと剥ける惨状に達しました。

少しお高めのリップクリームに変更しても効果は無く、そもそも皮膚が体を為していない箇所にスティックを滑らせるのも難があり。
薬局のリップクリームコーナーで散々立ち往生した挙句、目立たない所にあったチューブ状の物を発見。
メリケン生まれでワセリンベースの、クリームではなく最早軟膏であるそれを使ってみることに。

すると口内炎の収束と共に唇もまともになりました。
目元の乾燥が気になる時にも使えます(試した)
圧倒的ではないかワセリン。
なんとかバターやかんとかオイルな成分など無用の長物だったのだ。


追記に刀剣日記
追記

灼熱の予定

新解釈近代文学劇と言うか何か(伝わらない)
手前のクロスオーバーさにわと脳内で並べると世界観が一致しすぎて怖い。
近代趣味男士は初めてのような、それだけで好感度が上がる。


5月の北海道に未曾有の30℃オーバーが3日間襲来するとの報に、戦戦兢兢してその初日を迎えました。

しかしどう高く見積もっても20℃半ば。
長袖ポロで過ごしてるんですけど、私の温度感覚が鈍ってる?
そう自分を疑いつつ道央の気温を調べたら、実際地元は25℃。
一方札幌は30℃に達した模様。
車で1時間圏の筈なんですが……何が何を隔てている。

明日こそは30℃越えるよ報が出てるので、また戦戦兢兢しつつ暖かい麦茶を飲みます。
北海道の夏は短く、麦茶の徳用パックを買うと一人一夏で消費するのは無理があり、賞味期限も切れたので、普通に冷蔵庫で水出ししたやつを都度湯飲みに入れてレンジで温め、通年飲用し消費する手段を取りました。


追記に刀剣メモ
追記
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年07月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーページリスト
アーカイブ
プロフィール
恵助さんのプロフィール
地 域 北海道