お、驚いた

連続拍手して下さった皆々様、心よりお礼申し上げます。

…てか、早々に破られましたね(笑)。

生まれ変わったら

彼女の体温が徐々に消えていくのを感じる。

僕は必死にその手を温める。
この行動に意味が無いのはわかっている。
しかし、止まらないのだ。
そんな僕を見ている彼女は、ゆっくりと口を開いた。
何かを僕に伝えている。
しかし、その言葉は声になっていない。
僕はその言葉、声を知りたくて、聞きたくて耳を近づけるが動いていないことに気付く。

あぁ、何で。

彼女は逝ってしまった。
それでも僕は彼女の手を離さない。
少しでも彼女の体温を守るために。
そして僕はいつも思う。



「おいていかないで。」



その消えていく体温と一緒に僕を連れてって。

人と人が向かう先A

「ほら、鍵開けろ」

促されて、久しぶりの我が家の鍵を開く。
私の荷物の殆どをキミが持ってるから仕方がないんだけど、彼も部屋に入ってくる。
私の着替えなんかも持ってきて貰うのに、鍵を渡して勝手に入ってもらったりはしているけれど、やっぱり二人きりになると、どうしても緊張してしまうもので。

「あー、何か帰ってきたなって感じするわ」
「ふふっ、何それ。ここ、キミの家じゃないでしょ」

荷物を下ろして、寛ぐキミの言葉に私は笑ってしまった。
キミは、そうじゃないって、と、私を見る。

「お前が、ここにいてやっとお前の部屋なんだよ。お前が帰ってこない間は、少し空虚で……」

ああ言うのを、寂しいって言うのかもしれない。そう、小さな声でキミは呟いた。
たった、一度しか私の居る家に入ったことはなかったのに、そう感じてしまう何かがきっとキミにはあったんだと思う。

人と人が向かう先

私を、愛してくれると言うの?

そう、真っ直ぐ問いかけると、当たり前だろう、と少し強めの言葉が返ってきた。

「私は、たぶん面倒な人種だと思う。きっと、キミに依存してしまう。キミに捨てられたら、一人でなんか生きていけない、死んでしまう。それでも最後まで、キミは傍に居てくれるというの?」
「初めからわかってる。お前ほど、卑屈で面倒な存在はいない。けど、俺がお前を手放すなんてありえない。それでも、お前がいい。お前が全部欲しい。依存しろ、俺だけを求めて、俺だけに縋って、俺だけを見て、笑え」

どうしようもなく、惹かれた。本能が警告しても、その手を手放せなかった。
真っ直ぐ、見つめられるそれに、私は初めて笑って、彼の顔に近づく。

「なら、私をキミに全部あげる。その代わり」

ちゃんと、愛してね?

代理

ああやっぱりこの男は苦手だ。
こんな時に口にする名が私の名前ではないのだから。呼ばれたその人は私ではないのだから。
甘美な心地に混ざる苦さに私は気づかないふりをする。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年07月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
soraさんのプロフィール
性 別 女性
フリーページリスト