読書感想文

話題:読書感想文


真っ白なキャンパスに、
1箇所藍色の絵の具が落ちている。

物語のキーパーソンが、
そこにポタッ…ポタッと水を1滴ずつ落としていく。

だんだん藍色の絵の具が溶けて、
キャンパスに広がっていく。

そうして物語に彩りを加える。


トラベル

我慢していた涙がこみあげてきて、私はそのまま子猫のようにうずくまった。

さよならなんだ。
本当にこれで皆さよなら。
君が好きだったよ。何でもない振りして好きだった。好きじゃないと自分に思い込ませてずっと無理してた。だってあなたは私を友達以上にはどうしても見てくれなくて、それでもそばに居たくて……。彼女を紹介された時は辛かった。でも応援した。だって嫌われたくなかったから。

何よこれ……。私らしくないよこんなの。そうだよ、らしくない。

君と一緒にいる時間が増えるにつれて、
ちょっとした仕草や口調がいつの間にか似てきたよね。

君が似てきた?
私が似てきた?

きっと2人が近付いてきた。


街に出掛けて1人でウィンドウショッピング。
自分の為だったはずなのに、気付けば君のことばかり。

これ、君が好きそうだな。
ここ、今度2人で来たいなぁ。

君の笑顔を思い浮かべる。


時にはけんかもするけれど、お互い意地っ張りな私達だけれど。
離れたままじゃいられない。

君に会いたい。
君に触れたい。

2人同時に電話を掛けた。


永遠なんて信じていないけれど、
君の未来に少しでも多く関わり続けていたいと思ったんだ。

明日はどんな今を
君と歩こうか。


引き続き眠れないので

昨日の夢について書いてみる。

昨日はまさかの今度することについてで、
夢の中でおかしなことが起こって盛大に失敗する内容だった。
目が覚めてかなりほっとしたのと、ちょっと軽くなったよね。分かってるな、夢よ。
不安に思っているようなことも絡んでいたから、次は同じ轍を踏まないと思う。

今朝目が覚めたら

また謎痣発症。
落ち着いてたのにな。
発症原因ほんと不明。
ストレスかな。

明日病院行ってみようかな。
このまま出掛けるの辛いしなぁ。
…まぁ、行ったからってよくなる訳ではないけれど。


…せっかく若干薄れてきたのに、またか…。
永遠治らなくない?これ。
嫌だなぁ…。


てか、皮膚科行くなら、他の原因不明の発疹出てる時だったら一緒に診てもらえて良かったのに。
耳とかは耳鼻科かなぁ。
耳近くのはちょっと治ったしなぁ。これも耳鼻科っぽいし。心辺りがあるから。
あ、爪のこと聞こうかな?これって皮膚科よね?
てか、顔のこと言わなきゃか。

…それにしても、
あ゛〜、痒い!ヒリヒリする!痛い!熱い!掻きむしりた〜い!


前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
soraさんのプロフィール
性 別 女性
年 齢 25
フリーページリスト