スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

出会い系サイトで

年が年なので、恥ずかしいですけど、今月で45才になる主婦です。先日、念願と言いますと大袈裟ですけど、出会い系サイト初挑戦してみました。年のせいでしょうか?冷やかし、ドタキャンの繰り返しでなかなか逢えず、退会まで考えていました。ダメ元で、誘ってみたのですが、返事が来なくて、凹んでいた処、とても、気になるメールが届きました。年上で既婚者なので、お互いに気を使う形になるから、まあ、いいかなと思いながら、半信半疑でメールしました。気が合うし、素敵だなと思い、毎日、楽しくメールしていました。凄く好意を抱えてしまい、写真くらい交換した方がいいかなとお願いしたら、返事が来なくなった。それから2日間も返事がなく、寂しかったですけど、最後に「逢いたかったです。さようなら」とメールをいれ、夕食の買い出しから、帰ってくると、写真付きメールが知らない内に届いてた。「ごめんなさい、騙すつもりはなかったんです。これが私の素顔です。」と書かれていた。メールを拝見しましたら、ごく普通の奥さんって感じで真面目そうな女性が写ってました。えっ、何で?何で?って感じで、確認のため、携帯を見直し、相手にメールしてみました。すると
「すみません、私、同性愛に趣味がありまして、一緒になってくれる方探してるんです」と書かれていた。まさか、出会い系サイトで女性から、誘いなんて考えてなかったものですから、悩んだ末、2日間メール送るの控えてました。ですが、心に響くメールばかり送られて、何か素敵だなと思えるようになって、私から「良かったら、お話聞かせてください」とメール入れたら、凄く喜んでくれました、でも、なぜか、いつの間に、気になってしまいまして、メールすることが、毎日の日課になってしまった、それから、二週間くらいたったと思います、お互いに都合のいい日に逢う約束して、待ち合わせ場所の目印のベンチで座っていました、すると、真澄さんが迎えにきてくれたのですが、お互いに緊張してたので、声が震えながら、ご挨拶を済ませて、近くの喫茶店入りました、何から話せばいいのかなと考えてしまい、さっぱりわかんなくて、軽い紹介しても、会話が途中で終わってしまう感じでした。ですが、共通点だと思いますけど、主人の話しになると、気が合うみたいで、緊張感が少しずつ解けて、どんなくだらない話しでも、盛り上がってました。その勢いに任せて、真澄さんの家にお邪魔することになりました。
家にお邪魔したのですが、緊張しっぱなしで、言葉がでなくて、沈黙状態の雰囲気でした。そんな時、真澄さんが携帯をいじってまして、何してんのかなと思ってましたが、私の携帯にメールが届きました。「来てくれて、ありがとう」と書かれていた。そばにいるのに、お互いに緊張していてメールばかりしてました。数分後、真澄さんが「何か変よね〜」と笑顔で話しかけられて、お互いに笑ってしまって、凄くいい雰囲気に……。真澄さんが、私の隣に座ってきた。え〜やだぁ、心の準備できてないよ〜なんて思ってましたが、真澄さんに見つめられ、うっとりしてしまい、そのままキスへ…。押し倒され、先程、食べていた甘砂糖の味が甦るほどの深いキスされた。「真澄さん…私…」そのまま服を脱がされて、「ごめんなさい、お風呂に入らせて」真澄「えっ…」「だって…臭いが…」真澄「ううん、とてもいい匂い…」「…」履いてた下着を脱がされ、恥部に舌の感触が入ってる夢心地のいい感覚。そして目の前にある、年の割に胸が素敵で、見とれてしまいそうでした。ピンクローター、ペニスバンドが持ってるなんてびっくりしましたが、優しくして頂いて、とても、気持ちよかった。
乳首を責められて、そして、お互いの恥部で擦りあう…。もう、気持ちよすぎて、メロメロな心地でした。汗だくなった私の体に真澄さんが寄り添って、見つめてくれた笑顔が素敵で…。感激してしまいまして「 私が気持ちよくしてあげる番よね」って話したのに、また責められてしまい、何度も濃厚なキスされてしまいました。もう、余りにも、お上手で、特別な感情が目覚めてしまった、今、逢うたび、真澄さんに夢中になってます。

ノンケの子と

高校の時に付き合ってた彼女と別れてからもう1年以上経ちます。
彼女はノンケだったけど女子ばかりの高校で、男がいなかったからなんとか付き合うことができました。
2年で同じクラスになってしゃべるきっかけがあって、その時に一目ぼれ、仲良い友達でもいいからなんとか近くにいれないかと思って、怪しまれない程度に近付いて仲良くしてました。
それから1年以上、前よりは仲良くなれたかなってのはあったけど、やっぱ伝えれないし、2人で遊びに行ったりメールはしたけど、いい友達ってのは変わりませんでした。
いい友達でいるのも辛くなって、彼女が他の子としゃべってるのを見るのも辛くて、彼女を避けるようになってしまいました。
でもやっぱり近くにいたくて、笑ってる顔が見たくて、話しかけたらすごく喜んでくれました。
それから一緒に帰るようになり、なんで避けたの?って聞かれて、すぐに正直に好きだから、辛くて…
とは言えなかったけど、なんとか伝えたら彼女も好きでいてくれてたみたいで、最初彼女は付き合うの戸惑ってましたが、絶対に大事にする!と言うとOKしてくれました。高校3年生の秋でした。


別れた原因は、お互い別々の大学に入って、男がいる環境になったら彼女が1週間もしないうちに男を好きになったからです。
気持ちが離れてくのが手に取るようにわかって…
辛かったし、このまま一緒にいても彼女を悩ませるだけだろうと思って別れました。

彼女は友達でいたい、メールもしたいし遊んだりもしたい。と言いました。
まだ好きだったし、他の人と一緒にいて楽しいって聞くのは辛かったけど、彼女が幸せなら、自分が辛くてもなんでもしようと思ってました。

すぐに彼女には彼氏ができました。

メールする度、遊ぶ度に彼氏の話しを嬉しそうにする彼女…
その度に付き合ってた頃とは違うんだと思い知らされ、変わってないのは自分の気持ちだけなんだと思い知らされていました…
彼女の幸せを望んでいたはずだけど、友達でいることは無理でした。
そして彼女と連絡を取らなくなりました。向こうからメールがくることはほとんどありません。



そして今、もう、彼女と連絡を取らなくなってから半年以上経ちます。
できればこのまま連絡も取らずに、会わずにいたいです。
しかし、私が8月から1年、留学に行くことになり、高校の仲良かった友達4人がお別れ会をしてくれると言っています。彼女も来ます。
もう前とは違うと思い知らされるのは十分だから連絡取らないように、会わないようにしてたのに会わなければいけません。会ったらまた辛くなる…
半年以上も連絡取らなかったのに今更会って、私が知らない半年分の出来事は、彼女と私の距離を思い知るのに十分でしょう。



こんな風に私が悩んでる気持ちも、彼女は知りません。

女同士の野球拳

前に俺の彼女に聞いた話なんだが、
けっこう興奮したので投稿してみようと思う。
俺の彼女(以後M美)が、入社1年目の冬に先輩A子・B子、
同期のC子・M美の女4人で熱海に温泉旅行に行ったらしい。
晩飯食って、風呂入って、4人で部屋で晩酌してたようなんだが
暖房が効いてて暑かったせいもありビールが進み、やがて4人とも
かなり酔っぱらってしまったらしい。
下ネタへと話題が移り、先輩のどちらかが
「ねえ、野球拳やってみたいと思わない?」
という提案をした。
みな同意してA子・B子の先輩ブロック、C子・M美の
同期ブロックに分かれ勝負することに。
それぞれのブロックの敗者同士がジャンケンして、
一番負けた者が罰ゲームを受けることに決まったようだ。
それは「3人で負けたヤツを愛撫してイカせる」という過激なもの。
M美いわく、みんな相当酔ってたと言ってた。
まず先輩ブロックからスタートで、浴衣の帯、浴衣、ブラ、パンツと進み
結局、B子が負けて全裸になったらしい。
勝負は互角で、A子もパンツ一枚まで行ったようだ。
M美はそのやり取りを見ていてなぜかとても興奮して
もうパンツの中がベタベタになるほど濡れてしまったらしい。
もし自分が負けてパンツ脱ぐ時に、アソコとパンツの間で糸を引いてしまい
それを見られたらどうしようとか思って困ったそうだ。
部屋がかなり暑かったので、A子・B子とも浴衣を着ず裸のままで
同期ブロックの野球拳を観戦してたらしい。
ちなみにそっちのブロックはM美のストレート負け。(笑)
不安は的中し、パンツを下ろした瞬間に糸を引いてるのを
みんなに見られたらしく、とんだ赤っ恥。
全裸のB子とM美がジャンケンし、M美が負けて罰ゲーム決定。
みんなによってたかって愛撫され、あっという間にイッてしまったらしい。
もう誰が乳首を舐めて、誰がクリを舐めて、誰が指を入れてたのか
わからないほど興奮したと言っていた。
M美によると、5回イッたところまでは記憶にあるらしいが
そこから先はよくおぼえてないらしい。
何やら翌日に先輩が話してたのでは、面白がって何回もイカしたところまでは
よかったが、どんどん声が大きくなるのと、潮を吹くので畳が濡れてしまい、
後始末が大変だったらしい。
隣の客は迷惑じゃなかったのかなあ。
オヤジの団体だったら壁に耳当てて聞いてたかもね。
その野球拳、俺も見てみたかったなー。

オナ見られたJK2

乳首を吸ったり舐めたりもう片方はコリコリしたりしながらそう言うと
「んっ…あぁ!男…のコがっ…先生のお口に…」
「お口に?」
上目づかいでかおりを見る。
「オ…オチ…オチ…を…」
その瞬間乳首から手も口も離した。
「…聞こえないな。」
かおりは泣きそうな顔でアタシにしがみつき
「あぁ…止めないで…」
「じゃあ言いなさい。アタシの目を見て言ってね」
アタシは、かおりの顔を見ながら乳首を指でクリクリした。
「んはぁぁ…男のコが…オ○ン○ンを…先生のお口…にしゃぶらせ…て…出したり入れ…たりしてました」
言い終わるとかおりは目をそらした。
「よく出来ました」
アタシはかおりのもうかた方の足もソファーに上げ、
M字にすると一気にオ○ンコをコスリ上げた。
「いっ!!あぁぁぁ!ふぅっん!あっ!あっ!」
かおりは始めからノーパンだったから、
直接ぬれてるオ○○コに触ってる事になる。
「スゴイね。かおりのオ○○コ、ぐちょぐちょ」
もう一度耳元で囁く。
「かおりのオ○○コぐちょぐちょ」
その言葉に感じてるのかさらに激しく喘えぐかおり。
「あっ!やぁ…っっ!んぁっ!あんっ!あっん!ひぁぁ…」
自ら腰を浮かせてる。
ぐちゅっぐちゅっ、シュッシュックチュッ!
「んふふ。凄い音だねー。かおり」
かおりはアタシの手首を両手でしっかり掴んでる。
いつからか、かおりがアタシの手を勝手に動かしているのだ。
「んっ!んっ!んっ!いっ…!イキそう!イキそうですっ!イクぅー!イクぅー!イクッ、イクっ」
かおりがそう言い出した頃アタシはかおりのオ○○コから無理やり手を引いた。
「…な…っんでっ!?」
かおりはホントに切なそうな顔。
「オナ二ーして。オナ二ーでイクとこ見せてよ」
かおりは少し躊躇したが、
イキそうな所で止められたのがカナリ辛かったらしく
左手で自分の胸を揉みながら、
愛液をすくいとりクリにぬぐいつけて、
右手のひと指し指と中指ではさんで時計回りにぐにゅぐにゅと回した。
「んっはっ…んっ…」
かおりにそのままオ○ニーを続けるように言ってアタシは冷蔵庫から、
いつもオナニー用 に使っている普通のソーセージよりも、
もっと太くて長いソーセージを出した。
アタシもアダルトビデオ とかおりの恥態を見てぐちょぐちょだったから、
そのソーセージをかおりの目の前で自分のオ○○コにハメこんだ。
「んはぁっ!」
そしてソレを握り前後に動かしながら
「かおり…欲しい?」と聞くとかおりは無言で何度も頷いた。
アタシはソファーに上がるとかおりを跨いで仁王立ちになり、
かおりの顔の前に、もう自分のオ○ン○ンと化したソーセージを突き出した。
「さっきのビデオみたいにしてごらん」
かおりが、ソロソロと口を開くと、
かおりの髪を掴み、無理やり腰を前に出した。
「んむぅ!!」
一瞬苦しそうな顔をしたけど、かおりはソーセージへのフェラを始めた。
かおりには、薬と快感のせいでもう理性が無いらしく、
アタシのお尻を両手で掴み、まさぐりながら、フェラを続ける。
アタシもお尻の快感とかおりがソーセージを深くくわえ込んだり、
動かしたりするたびにアタシの中でも、
ソーセージが暴れ回る快感に声を上げていた。
「あっ…いい!かおり…もっと…もっとくわえてぇ!気持ちいいよぉ…」
たまらず、アタシが腰を前後すると、
アタシのオ○○コとかおりの口にソーセージが出入りする。
ニュルッニュルッ…ヌチョッ、ヂュボッ!
69の体制に持ち込みアタシが上になった。
やっばりソーセージを上から突き刺されて、
かおりは苦しいのかアタシがかおりのクリに吸いついたり、
穴に舌を入れると感じながらも
「むふぅんっ!んっ!むっ!」と苦しそうな声をあげる。
でもアタシはかおりのそんな声がもっと聞きたくて、
クリの皮を全開にむいてレロレロした。
そのはずみで、かおりはソーセージを口から外し、
アタシのオ○○コに激しく出し入れしながら喘いだ。
「んっ!はぁっ!そこぉ!ソコいい!はるか先輩っ!もっとぉ!」
グチュッ!ジュポッ!ジュポッ
「だ、駄目!かおり!そんなに動かさないでぇ!あっ、やっ!あんあんあん」
それでもかおりの手は止まらない。
それどころか、かおりの動かしている手首が
アタシのクリにあたってるので
ソーセージを上下するたびに手首がバイブする。
「あっ!あっ!あっ!いやぁっ…かっ…かおりっ!駄目っ」
『このまんまじゃアタシが先にイッちゃうよぉ!』
そう思ったアタシは、またかおりのクリを円を書くようにナメながら
穴に指を入れてピストンした。「はる…っか先輩っ…もっと奥までして下さい!」
かおりは今にもイキそうで、腰をガクガクさせていた。
「かおりっ、アタシ…もっ、もぉ駄目!イク!イクイクイク!イクッ!」
「はるかもぉ!アンッアンッアンッ!きっ、気持ちいいっ!あぁぁぁっ!イクゥ!」
アタシはあまりの気持ちよさにプルプルとお尻をケイレンさせてイッてしまった。
かおりも、シャーーッと潮をふいて、ビクッ!ビクッ!と震えていた。




オナ見られたJK

私はるか。女子校に通う高校2年生。
最近、学校のトイレでするオナニーにハマってるの。
「あっ…やっん…いい…」
今日もトイレでクリちゃんをグリグリしてたら、急にドアが開いた…!
どうやら鍵をかけ忘れてたみたい。
でもそこに立ってたのは女のコだった。
制服のリボンの色から一年みたい。
私のあられもない姿にびっくりして
顔を真っ赤にして硬直しちゃって動けないでいる。
私はウツロな目でかすかに笑い
今までクリちゃんをいじっていた指を口でしゃぶり、そのコを見た。
するとある事に気がついた。
そのコの方から何かの音がする。
ブーン…ブーン…
そのコはスカートを握りしめ、下を向いてる。
『真っ赤な顔はコレのせいか…』
そう直感した私はそのコに
「もっと気持ちいい事してあげよっか?入って」
と個室に招き入れた私は便座に座り彼女を前に立たせた。
そして「スカート上げてごらん?」と言った。
彼女は躊躇しながらも少しづつスカートをたくし上げて行った。
…やっぱり。
ぬちょぬちょにぬれたオ○○コに、バイブが入ってる。
私はソレの根本を掴み、ぐりぐりしながら
「ふーん。こーやって一人で遊んでたんだぁ。リモコンは?」
と聞くと素直にポケットから出した。
今度は彼女を便座に足を開いて座らせバイブを抜いてオ○○コを覗き込む。
あんな姿を見られたせいか、女同士だからか、
彼女は目をつぶって真っ赤な顔をそらしてはいるけど抵抗はしない。
「すご…い濡れてる…他人のココってよく見たの初めて。ねぇ、前だけはだけておっぱいも見せてよ」
彼女は泣きそうな顔でリボンを取ってブレザーの下のシャツのボタンをゆっくり開け出した。
…1つ…2つ…3つ…
ピンクのブラが少し見えると私は無理矢理ブラを上にずらした。
「きゃっ…いやっ!」
ブルンッ…とFカップぐらいの胸とピンクの乳首が目に入った。
「こんなに乳首シコらせて嫌じゃないでしょう?」
そういうと私は右手で左乳首をコリコリしながら右の乳首を口に含んだ。
舌でちろちろと嬲りながら、手は下の方へと降りてゆく。
割れ目を激しくなぞり次第にま○こを二本指で激しくピストンし始めた指を
激しく動かすとじゅぷじゅぷと卑猥な音が響く。
「あっあっあっあっ…」
私の指の動きと一緒に彼女の声もどんどん大きくなっていく。
「んっいやぁっあっあぁぁっ!」
「気持ちいい?」
「うんっあっあはぁっ気持ち…いいっあぁぁっ」
もう片方の手で優しくクリの皮を剥き、くりくりと捏ね回す。
私の指をくわえている彼女のアソコがきゅっと締まった。
「あっ…だめ…イッちゃう…」
そう言うと、彼女は体をプルプルと震わせ絶頂をむかえた…。
「あなた名前何ていうの?」
って私が聞いたらその子は絶頂の余韻に浸ったまま
『かおりです…』だって。
『かおり、もっと気持ちよくなりたい?』って尋ねたら
『はいっ…』ってアソコを締め付けながら答えたわ。
――とりあえずおもしろそうなオモチャを見つけたアタシは、
そのまま授業をサボり、かおりを家に連れて帰った。
アタシは両親が海外で仕事をしているのでマンションに一人暮らしだから、
誰も居ない。
ソファーにかおりを座らせて媚薬入りジュースを出した。
もう、ほとんどアタシのイイナリのかおりに媚薬は必要無いかと思ったけど、
かおりの思いきりみだらな姿が見たくて…
そしてかおりがジュースを飲み始めた頃
「ビデオでも見る?」とアダルトビデオをつけてみた。
「ホントはもっといっぱいあるんだけどね、昨日はコレでオ○二ーしたの」
かおりは顔を赤くしながら、スカートを握り締めてビデオを見てる。
ビデオでは保健医が生徒5人に犯されているシーン。
(アタッカーズの作品か?)
口やお尻まで嬲られ顔や背中に精子をかけられている。
かおりの息も荒くなり、足をもじもじさせてる。
アタシはかおりの耳にそっと舌をはわせた。
「んっ!あっ!!」
目をつぶって少し逃げ腰のかおりに
「駄目じゃない。かおりはちゃんとビデオ見てなきゃ」
と言いながら制服のブラウスを脱がせてブラの上から胸を揉んだ。
「はっ…あふぅっ…んん」
薬が効いてきてるのかコレだけで感じてるかおり。
「かおり?ビデオの内容を言ってみて。茶髪でロンゲの男のコ居たでしょ?あのコ今何してる?」
「えっ…そんな事…い、言えなっ…あっ!」
アタシはかおりのブラをはずし、乳首を舐め上げた。
「言わないと、今日はここまでで終わりにするよ?2人っきりなんだから恥ずかしくないでしょ?」
そう言うと乳首を舐めながらかおりの足を方足だけソファーにあげて、
太ももを撫でた。
「あぁっっ!んんん!」一瞬かおりが跳ねた。
「早く言って。止めてほしいの?」
チュッ、チュパッ、レロレロ…チュッ!

<<prev next>>
カレンダー
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
男性用・女性用
HIT商品
プロフィール
タネウマさんのプロフィール
性 別 男性
誕生日 12月30日
地 域 神奈川県
系 統 普通系
職 業 夢追人
血液型 AB型
新着記事
苦悩の果てに5
wh0cd30823
会社の先輩と強姦ツアー
wh0cd91046
忘れられない記憶
wh0cd47467
苦悩の果てに5
気づいたら濡れてまし
輪姦と兄
読んだだけでヌレちゃ
悲惨なJC2
凄いエロいですね〜
ちょっと大人のランジェリー
大人アイテム
ドラゴンボール