どの世帯でも、引っ越すときには使うものがあります。それ

どの世帯でも、引っ越すときには使うものがあります。


それは荷造り用品とか梱包材といわれるものです。


どこにいても買うことはできますが、見積もりを業者に依頼した場合、見積もりから契約のどこかでこうした梱包材を無料でもらえるという話もよく聞きます。


一言言えばもらえるはずのものを先に買ったものが無駄になったと泣かないように業者へ見積もりをお願いするところでどうなっているのか知っておきましょう。


なるべく引越し料金を安く済ませようという時に頼りになる引っ越し業者といえば、赤帽以外ありません。


ご存知のように、一人暮らしなどの引っ越しには実力を発揮します。


時間制の運賃料金もありますから、ご自身もドライバーと一緒に荷物を運べば引っ越し作業にかかる時間を可能です。


赤帽車は軽自動車なので積載量に不安があるかもしれませんが、予想以上に荷物を積むことが出来ます。


この前、引っ越ししたのですが、その準備の時、クローゼットの中を全部開けてみたのですが、ここまでいらないものばかりだったかと仕分けが大変でした。


特に服は長いこと着ないで、しまい込んでいたのです。


結果として、引っ越しをきっかけに仕分けして処分することになり、荷物も私の心もかなり身軽になれました。


生活に必要な手続きとして、電話回線の引っ越しも考えなければなりません。


固定電話をほとんど使わないため、契約を止めるという結論になるかもしれませんが、電話だけでなく、ファックスなどのために電話回線が必要ならば転居後の回線利用を確保するための手続きが必要になってきます。


書類の往復に手間取っていると、固定電話もファックスも使えない生活になりますので特に年度末などは早急に移動もしくは新規契約の手続きに着手しましょう。


業者に依頼する引っ越しでは、流れとしては日程など、引っ越しの大まかな内容が決まったところで、まずは業者に見積もりを出してもらって、その結果を十分検討した上で、作業を依頼する正式な契約を交わします。


費用の問題で、荷物の全てまたは一部についてご自分で荷造りを進めるお考えなら、段ボールなど梱包材は業者からもらえるので、当日までに終わらせます。


引っ越し当日になれば、作業の流れは業者が仕切ってくれると考えてください。

引っ越し経験は割と多い方だと思いますが、経験を重ねてき

引っ越し経験は割と多い方だと思いますが、経験を重ねてきた者として、一つ言っておきたいです。


「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。


何度目かの引っ越しの時でしたが、運びこんでもらった荷物をチェックすると、いくつかの食器が割れてしまっていました。


それが実は自作の皿で、大事にしてきたものでしたら、かなりショックを受けました。


ただ、値段のつくようなものではないのでクレームを入れたりはしなかったです。


そんなことがあってからは、工芸品や貴重品、割れるものは自分で運ぶように心がけています。


転居先に出かけたり家電を処分したりすることも含め、引っ越しにまつわる出費は多くの場合、想定以上に高くつくことになるようです。


あまり無駄な費用をかけたくないのであれば、業者の選択についてもよく考えて検討した方が良いでしょう。


引っ越し料金については、距離や荷物の量が変わらない時も会社によって、金額は違います。


複数の業者の料金を知って、引っ越しの費用をできるだけ抑えたいという人には、一括見積サイトが断然おすすめです。


サイトを訪問して必要事項を打ち込み、申し込みをするだけでいくつかの業者の、それぞれの見積もりを取れますから、金額を比べられ多忙な人にもおすすめできます。


業者を利用しないで、自分だけで引っ越し作業をしたい場合は荷造りにおいて、荷物の数を少なくする工夫をした方が良いです。


そんなに荷物を載せられない、一般乗用車で荷物を運ぶのですから、できるだけ効率よく積載していくため、大きすぎないダンボールを使い梱包すること、陶器やガラスなど、われものはTシャツに包んで詰め込んでいく、こうして、包み紙を使わないことで体積が増えることを防ぎついでに衣類も梱包できる、そんな小技でもあります。


こんな風にして、なるべく荷物を少なくするように注意します。


引っ越しの中でも、一人暮らしの方なら引っ越しサービスも通常のパックではなく、単身者向けパックを使うようにすると費用もコンパクトにできます。


こうしたサービスは専用コンテナを使うことが多く大して荷物が入れられないと決めつけられそうですが、大きさはともかく、量的には意外に多く運べます。


若干荷物がはみ出すようなら、同じ業者の宅配サービスを利用してください。


新居に移ってちゃんとした生活を始めるためには、ライフラインをまず整えておく必要がありますが、これに加えてできればネットも使えるよう、整えておきたいものです。


思うところがあって、プロバイダを変更したい時は契約を切るいい機会になりますが、満足している場合には、今までの契約は維持し転居先で引き続き使えるように、住所変更の手続きなどをするようにします。


そしてもしも、転居先にネット回線がなかったらそのための工事も必要になってきます。


転居後すぐにネットを使えるようにしたいのであれば、確認と準備を早めにしておくのがおすすめです。

就職や転勤、あるいは一人暮らしを始めるなどで新

就職や転勤、あるいは一人暮らしを始めるなどで新しい住居が決まったら、ぜひ、ざっくりとでいいですから、片付け始めから、終わりの目途がつくまでの、予定を立てておくと良いでしょう。


荷物の梱包などを極端に早く開始すると今の生活に支障が出てくる可能性がありますし、反対にゆっくりしすぎていると、時間がどんどん過ぎて後から忙しくなってしまいます。


ですから、セオリーとしては今の生活で使用しないもの、蔵書や衣服などからパッケージしていけば作業を段取り良く進められます。


引っ越しをお考えの方にとって一番気掛かりなのは、やはりお金でしょう。


ですが、業者によっても費用が違ってくるのをご存知ですか?出来るだけコストを抑えることの出来る引っ越し業者を選びたいものです。


費用が少し高いとしても、荷造りの際のゴミを引き受けてくれるようなサービスのオプションがついている業者もあります。


なので、何軒かの業者に見積もりをとって、ついてくるサービスやオプションを確かめてから判断するのが一番良い方法だと思います。


アパートなど、賃貸の部屋から引っ越す時は、クリアしなければならない、退去時の立会いという、お部屋チェックが待っています。


部屋を管理する立場の人が部屋に入り、部屋の隅から隅までチェックしてきます。


立会いを終了させてやっと退去できる身となります。


ケースごとに多少違ってきますが、公共料金の精算は全てすっかり終わらせているべきですし、鍵についてはスペアを含め、全部返すことになっていますので、気を付けましょう。


国民年金の加入者が引っ越しすることになっているなら、年金手帳に記載されている住所を、変更する必要があります。


期限は14日以内となっており、転居先の役場を訪れて手続きを済ませましょう。


手続きの際には、国民年金手帳と印鑑が必要なので、持っていきましょう。


何かの事情で、本人が出向けない場合、形式に則った委任状が提出できるなら本人の代理人が、手続き出来るようになりますので、ご参考までに。


大抵の引っ越しにおいて、意外と費用がかかってしまうがエアコン関連です。


設置も取り外しも、専門の人に任せることになりますから、取り付け費用も、一台について一万円と少し、といったところだそうです。


エアコンの扱いが、引っ越し作業のオプションとしてつけられているならそれ程高額にはなりません。


でも、新居にエアコンを運んだのはいいけれど、設置の段取りはしていなかった、という場合は取り付け工事をしてくれる業者を探して頼むか、あるいは、新品を購入して、古いものの引き取りと、取り付け工事もしてもらうかよく検討しましょう。


ただ言えることは、古いクーラーだったら買い替えた方が、電気代は得するようです。

業者に支払う引っ越し費用は、全く同じ引っ越しの

業者に支払う引っ越し費用は、全く同じ引っ越しの依頼だとしても、時期によって変わることは確かです。


人の移動が多い年度末や長めの休暇中だと繁忙期となり、あちこちからの依頼が増えるため基本料金そのものが高くなることが多いです。


事情が許すのであれば繁忙期を外して引っ越しできればいろいろな意味でお得になってきます。


費用の差が倍近くになる業者もあります。


引っ越しに慣れていない方にとって引っ越しが人の一生の中でも生活の一大転換になる出来事ですが、だからこそ、予期せぬ出来事が起きることもあるかもしれないと考えておきましょう。


引っ越し当日の忙しさは当然ですが、多くのことを同時にこなそうとし、どこかに番狂わせが起きると、引っ越し全体に関わる問題になってしまうので前日までの準備は万端にしておくことが必要です。


転居などきっかけがあっておそらくNHKは見なくなるだろうと思われ、もう受信料を支払わないと申し出ても、NHKが受信できないことを証明しなければならず、面倒な手順を踏まなければなりません。


また、受信料を口座引き落としにしていると、NHKとの間に解約が成立するまで容赦なく受信料が引き落とされます。


時間には余裕を持って手続きに取りかかってください。


大がかりな引っ越しをするときには、当日はやるべきことに追われてしまい、一日作業に費やすでしょうから、当日でなくてもできることは片付けておくことをおすすめします。


ライフラインである水道、電気、ガスなどの確保は最優先事項ですが、荷物の中でも、引っ越し当日まで使いそうなものは、運び出す荷物とは分けて使いやすくしておいた方が良いでしょう。


天候の良し悪しは、引っ越し作業に大きな影響があります。


例えば、特に雨天時には、雨天用の梱包をする必要が出てきますし、足元が悪くなって運搬も注意深くなります。


作業を一貫して業者に任せてしまうのでしたら、荷物がびしょ濡れになってしまうなどの心配は不要ですが、道路事情が雨で悪くなったりすることで荷物の到着が遅れたりする等のトラブルは考えられます。


業者任せでなく、自分で荷造りをする場合は、防水対策は必要です。


予想外の急激な雨にも対応できるよう天気が怪しい時には、雨対策を忘れないでおきましょう。

これから、引っ越しの前日に終わらせる

これから、引っ越しの前日に終わらせることを説明します。


まず、何時に、誰がどのように動くか確かめましょう。


何時の約束で引っ越し業者が来るか、作業終了の目標は何時かという確認をします。


荷物は運びやすいように移動しておきましょう。


業者さんと手伝ってくれる人のために飲み物を揃えておきます。


作業が終わったところで、飲み物を出せば夏場の引っ越しでは感謝されるでしょう。


引っ越しの際には何かとお金が要るものですが、頼んだ業者によって費用が違ってくるのをご存知ですか?出来るだけ無駄な出費のない業者を選択しましょう。


たとえ費用が最安値でなくても、引っ越しの時に出たゴミや不用品を回収してくれるサービスを行っている所もあるようです。


ですから、見積もりをとる時には複数の引っ越し業者にお願いして、ついてくるサービスやオプションを確かめてから判断するのが一番良い方法だと思います。


引っ越しをしようという時に、必要不可欠なものを挙げるとするなら、とにかくまず、ダンボールではないでしょうか。


引っ越しの荷造りを行なうのに、ダンボールは不可欠です。


大きくて軽い物、小さくて重い物、ワレ物等々、荷物によって箱の使い分けできるように、サイズは大小用意しておくと作業をスムーズに進めることができるでしょう。


家中の物を詰め込んでいきますし、人によってはかなりたくさん使うことになるでしょうから、想定より多めの個数を準備するのが良いようです。


さてダンボールの入手ですが、ホームセンターで買ったり、お店で使用済みのものをもらうこともできます。


しかしながら、利用を予定している引っ越し会社のダンボールを使うこともできます。


この方が作業効率の点から見ても良いようです。


引っ越しが最も多い季節といったら、やはり春や秋でしょう。


この季節は就職や転職、大学入学といったイベントが多いことが主な理由として挙げられます。


多くの方にとって、引っ越しは面倒くさいものだと耳にしますが、詳細を聞いてみると、手続きがややこしいという点が大きな理由のようですね。


例えば、電気や水道、市役所など、引っ越し元から引っ越し先まで、複数の手続きをきちんと終わらせなければなりません。


ですから、焦らない為にも計画的な作業が必要になるわけです。


専門業者を使うことなく、できるだけ自分で引っ越し作業を進めたい場合は荷造りにおいて、荷物の数を少なくする工夫をした方が良いです。


というのも、積載量の少ない自家用車での運送が基本になるからで、そんな車内に詰めていくために、適切な大きさのダンボールで梱包すること、食器やコップなど壊れやすいものは、衣類でくるみ、梱包をしてしまう、これで、包み紙は使われず、荷物のかさを減らせて割れ物と一緒に衣類も梱包することで、破損の危険も減らします。


このように、荷物をできる限り少なくする、というのは、とても大事な点です。
前の記事へ 次の記事へ