自分の周囲に大変な数のものがある生活を

自分の周囲に大変な数のものがある生活を日常としている方には、引っ越しを考えるときに、おそらく一番重要なのはものを整理して荷造りすることに尽きます。


どんなに周りが協力しても、当日までに荷造りが終わらないかもしれないと思うと引っ越しするのが嫌になってしまうかもしれませんが、引っ越しを一つのきっかけにして捨てることを楽しめればきっと楽になるでしょう。


現在の住まいに、結婚とともに引っ越しましたが、いろいろ調べて、ヤマト運輸の単身引っ越しサービスにしたんです。


自分にとって、業者に依頼した引っ越しなど初めての経験で、最初の電話から、緊張の連続でした。


しかし、どのスタッフの方も対応もしっかりしており、どの作業も丁寧だったので信頼して荷物を任せ、作業を進めることができました。


また引っ越しすることがあるでしょうが、そのときも同じ業者に依頼したいです。


転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は多いのですが、その私が、たった一つ皆さんに伝えたいことがあります。


「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。


忘れもしない、初めての引っ越しの時、いくつかの食器が割れてしまっていました。


それらが、自分で作った陶器だったため、ショックは大きかったです。


ただ、値段のつくようなものではないので文句をつけたりはしませんでした。


これ以降の引っ越しでは、壊れやすいものと貴重品は、自分の手で運んでいます。


引っ越しのため、自分のものを全部整理しました。


ぎっしり詰まっていたクローゼットの中身を全部出してみると、新居に持っていく気にならないものばかりでため息が出ました。


服をみると持っていたことを忘れるくらい長くしまっていたものがありました。


思いがけず、引っ越しのおかげでいろいろなものを整理して処分し、荷物も私の心もかなり身軽になれました。


思いもよらない問題に突き当たるのが引っ越しですが、転居後も同じガスコンロを使えるかどうか、確認することも案外大きな問題です。


私が引っ越したときは、新築だったためガスコンロも新しくなったのですが、引っ越し先が新築でなければ元々のガスコンロで間に合うこともあります。


ガスの種類次第で、持っていったガスコンロが使えないことも考えられます。


引っ越し後も同じガスコンロを使いたい場合や、新しく買う予定であればどんな器具なら使えるかを確認しましょう。

数年前、新築の家を建てて引越しした際、デスクトップパ

数年前、新築の家を建てて引越しした際、デスクトップパソコンを無事移動するために、神経をとがらせていました。


なぜかというと、当時3歳だった娘と1歳だった息子の写真データの全てがパソコンのドライブに保存されていたので業者さんに運んでもらうとき、万が一のことがないよう幾重にもクッション材を巻いて箱に入れました。


パソコンが入っていることを知ると、実に慎重に業者さんが運んでくれたためデータもハードウェアもそのままで運搬され、外側も傷など全くありませんでした。


あらゆるものを引っ越しの際に荷造りしなくてはなりませんが、食器を包んで詰めるのは確かに大変です。


食器は割れ物が多く、慎重に包んで詰めていかないと運搬の途中で壊れてしまうこともあり得ます。


最近のグラスは、薄いガラスで作られたものが人気でもあります。


それならば、内側に丸めた新聞紙を入れて補強し、外からも包んで業者によっては専用の箱を用意しているので、それに詰めるというように、厳重に包んだ上で、保護して運べるようにすれば破損の心配はぐっと軽減されます。


今の住まいをどうやって決めたかというと、私は近くの不動産屋さんの店舗に出向いて、物件探しをお願いしました。


そこで担当してくれた人がとても懇切丁寧だったので、すぐ信頼し、いくつかおススメとされた物件の中から、決めてみました。


他のところも訪れてみるつもりだったのですが、他所のお店のサイトに掲載されている物件も、こちらの店で紹介できると担当者さんに教えてもらったので、色々と歩き回らずに済んで助かった、と思っています。


軍手こそ、引っ越し作業になくてはならないものです。


たとえば、荷造りをしているときです。


使い慣れないカッター類をひんぱんに使うことで、手を傷つけることも珍しくありません。


そして、荷物を運ぶときには指詰めの危険性を覚悟しなければなりません。


軍手の選び方を間違えると却って危険で、手指のサイズに合っていることと、滑り止めがついていることを意識して軍手でなくてはなりません。


手が汚れないだけでなく、作業効率も安全性も高くなります。


引っ越しは一つの転機であり、いろいろな面にわたって、生活全体を再度見直すことになりますが、NHK受信料を支払うかどうかも今後の対策を考える時です。


最近では、引っ越し先にテレビがないケースもあるでしょう。


継続して受信料を払う必要もなくなるので、受信料が引き落とされているならそれを止め、NHKに解約手続きを申し込む手続きを、やってみる価値はあります。

学校を卒業した直後、学生の時からの友

学校を卒業した直後、学生の時からの友達と一緒に共同生活していました。


アパートだと、ペットを飼えないところが多く一緒に住む友達は猫を連れていたので猫を飼える物件を見つけるのが大変でした。


不動産屋さんも何軒か回ってようやっとペット可の物件を見つけました。


即入居できたので、引っ越しして私たちも猫も満足できるところに住めました。


誰でもすぐ思いつくように、引っ越しに必要なものがいくつかあります。


それは荷造り用品とか梱包材といわれるものです。


簡単に入手できるものばかりですが、専門の業者に依頼した引っ越しならば、契約するまでにこうした梱包材を無料で必要な分だけもらえることが多いのです。


契約すればただで手に入るものが、ダブって余ってしまったという事態にならないよう、契約までの流れをよく見て、見積もりに来てもらう前に一言確かめておくのが賢明です。


国民年金の加入者が転居を行いましたら、年金手帳に記載されている住所を、変更する手続きをしないといけません。


それも期限があり、14日以内に、引っ越し先の市町村にて住所変更手続きをしてしまいましょう。


手続きの際には、国民年金手帳と印鑑が必要なので、持っていきましょう。


もし、本人が役場まで行けないのであれば、委任状を作成することで代理人による手続きが可能となります。


子供が生まれる前、夫婦二人暮らしの時でしたが新築のマンションを買ったので、引っ越しが決まりました。


さて、引っ越しの日、作業は進んでいきましたが、天板を取り外して分解できる書斎机が、うまく分解できず、あきらめて、そのまま運んでもらったのです。


そうしたら、まあまあ妥当な値段だとは思いましたが、追加料金が発生してしまいました。


見積もりを出してもらった段階で追加料金がどんな時に発生するか確認するのは、大事だと思いました。


地方から就職のために都会にきていよいよ一人で暮らし始めようとした時のことですが、部屋に持ってくる荷物が少なくて、いろいろ検討したけど結局、通常のクロネコ宅急便で引っ越しをしました。


全部でダンボール数個分の荷物があるだけでしたから、引っ越し業者の利用よりも相当安かったのを覚えています。


寝具や生活雑貨は転居先で買おうと思っていました。


なのでこうした方法での引っ越しも、可能だったのでしょう。

世間的にも、引っ越し先の挨拶回りは

世間的にも、引っ越し先の挨拶回りはご近所トラブルを未然に防ぐという意味でも大切ですよね。


挨拶には贈答品も必要になりますが、のしのマナーで戸惑う方もいると思います。


あまり堅苦しいのもお互い気詰まりになりますし、外のしを使うのが一般的ですね。


表書きはご御挨拶で、下には自分の苗字を記名すれば完璧ですね。


転居すると、転出・転入の手続きをしますが、使い続けるために、変更することになるものもあります。


固定電話の番号も、転居に伴って変わってしまうことがあります。


引っ越しが決まったら、NTTに連絡してください。


引っ越し先で新しい電話番号を使うための手順を確認しておきましょう。


今さらですが、NTTの電話番号は市外、市内局番と個別番号で構成されています。


もし、転居先が同じ市内局番の地域だったら電話番号の変更はありません。


引っ越し作業の予約を、あらかじめ入れておいた場合は、直前になってキャンセルをすると、業者からキャンセル料金を支払うよう求められるケースがあります。


業者は、実は見積もりを出す時に、どういった時にキャンセル料金が発生するかを説明することになっています。


ですが特に口頭で説明しなくてもいいので、書面での提示だった場合は書類をしっかり読まないと気付けませんから、引っ越しの予約を入れようとする時に、キャンセル料がいつ発生するか確認しておくと良いでしょう。


どれだけの荷物をどこまで運ぶのかによって引っ越し料金も変わります。


お得に引っ越しをするためにもまずは色々と情報を集めて大体の目安を付けるために相場を分かっておく必要があるのです。


こうして、凡その相場が分かったら複数の引っ越し業者の見積もりを比較検討し、相場より安価でサービスの良い引っ越し業者を見付けるのが良い方法だと思います。


いざ引っ越そうという時に、部屋のエアコンをどうすればいいか、という問題にお困りではないでしょうか。


自分で取り外しや取り付けをするのは、知識がないと相当難しく、そうであるなら、電気屋さんに依頼するのか、引っ越しの日に業者に頼めばいいのか、また、転居先での取り付けはどうするのか等々、わからないことが多くて困ってしまいます。


餅は餅屋と言いますから、エアコンの事はエアコン専門の「エアコンサポートセンター」に問い合わせをしてみるのも良いでしょう。

全て自分で行うのではなく、業者に依頼する引っ越しで

全て自分で行うのではなく、業者に依頼する引っ越しであれば、誰が、どこへいつ引っ越すかが決まった後に、いくらぐらいかかるかなどを決めるため、業者に見積もりを出してもらいこちらが納得いく結果を得られたところで作業を依頼する正式な契約を交わします。


費用を節約するため、自分で荷造りする契約であれば業者から必要な梱包材をもらい、準備しておきます。


引っ越し当日は、作業の流れについて業者が仕切ってくれると考えてください。


いよいよ明日は引っ越し、という日には、何時に、誰がどのように動くか確かめましょう。


何時に業者が来る予定か、作業終了の目標は何時かなどの決められた時刻を確認し、人の動きを調整します。


荷物は運びやすいように移動しておきましょう。


当日の関係者のために冷たい飲み物の準備をしておきましょう。


作業が終わったところで、飲み物を出せば夏だと、とても感謝されます。


近年においては、だいぶん廃れてしまったようですが、家族やお手伝いの人と、引っ越し作業のあとでソバをいただく、といった面白い習慣が、かなり以前からありました。


由来を見てみますと、ソバということで「細く長く」お付き合いをという、願いが込められていますし、この度お「ソバ」に引っ越してきたので、以後お見知りおきをというダジャレもこめてご近所のみなさんに振る舞ったのが、始まりだと言われているようです。


アパートなどの借りていた部屋から引っ越す時には、立会いという名の部屋のチェックが入ることを知っておきましょう。


管理会社から物件の担当者が部屋に来て、最後の時点の、室内点検があります。


退去時の立会いが終わったらめでたく退去が叶います。


全てに当てはまるわけではありませんが、払うべき公共料金の支払いはすっかり終わらせているべきですし、鍵についてはスペアを含め、全部返すことになっていますので、気を付けましょう。


仕方のないことですが、最近、マンションやアパートで隣に住んでいる人のことを全くはっきりしなくても何とかなるというのがごく普通になっています。


それでも、日常の挨拶や何かあったときに助け合うくらいの関係は保っていた方が良いでしょう。


お隣さんといい関係を作るために、取りかかりとしては転入したらできるだけ早く、おみやげを持ってお隣に挨拶に行くことがまず必要です。
前の記事へ 次の記事へ