" >



2次元を語る。チラシの裏


マンガ感想・評論ブログの姉妹ブログ。
本館で未公開の記事の一部を公開します。
毒舌率高めなので閲覧注意。


このブログのトップへ

2次元を語る。
本館へ







イッツマイライフ 75話 〈IT'S MY LIFE〉(1) シナリオを文字の羅列で説明するのはいただけない
IT'S MY LIFE (イッツマイライフ)

予定よりももう1週(だと思う)長く休載して75話

最終回かと思ったら、もう少しだけ続くらしい


しかし事件後の展開(世界の動向)を大量の文字で説明するのはいただけない

力尽きたのか


冨樫氏(キメラアント編途中から彼がするようになったナレーション多用も
マンガ家の精神が壊れてマンガで表現する意欲を失った結果としての
視覚表現で伝える努力の放棄であり、

「幽遊白書」がヒットしてから彼を過労死上等で使い潰す勢いでブラック労働させて酷使した
当時の編集部の責任が大きいようなので、読者の間でも同情的な見方が強く
あまり批判されないが、褒められることでは全くない)

の真似をしようとして失敗した新人作家たちもよくやらかすが
それはマンガでなく小説ですることだ

絵やコマ割りなどの視覚的表現を使えるマンガで活字の羅列に頼るのは
単に視覚表現をする努力の放棄にすぎない


ヒロアカ作者の堀越氏なら、セリフらしいセリフもないたった一コマの絵だけで
、人助けを重視し実際にやってのける実力もあるホークスの人となりや
文化祭の案を出す1-A生徒たちの熱気を表現できるのに
(堀越氏はこの方面の能力が特に高いので、ナレーション多用に頼る
怠慢な作家たちとの対比で引き合いに出すのは不適切かもしれないが)


2018/8/15 Wed

イッツマイライフ 75話 〈IT'S MY LIFE〉壊れて元に戻らないもの
IT'S MY LIFE (イッツマイライフ)

彼女の左目と彼の片手はやはりだめになってた

壊れたままで元に戻らないものもある
という作者の価値観の現れ

最終回付近になると死者も壊れたものも何でもかんでも元通りに復活して
ノーダメージで作品が終了する昨今

(とはいっても25年くらい前から。

死んだモブ超人たちが生き返るキン肉マンの終盤は、
当時それなりに斬新さのある展開だったように思う

そこから魁!男塾の「王大人、死亡確認!」で死亡詐欺を常に行うスタイルが
青少年向け娯楽もの漫画のメインストリームに出てきて、
「るろうに剣心」の不殺(ころさず)によって
"人を殺さない主人公"が漫画読者の大衆の意識に強く印象づけられたと思う

「るろうに」以降、主人公サイドの人物の殺人が
漫画読者たちの間で強くタブー視されるようになったように記憶している

この変遷をきちんと調べて研究したら論文が書けると思う)

の青少年向け娯楽作品より良いと個人的には思う


2018/8/15 Wed

最近の銀河英雄伝説(フジリュー版) (2)
最近のヤングジャンプ

サビーネ親子、退場
サビーネの魅力は初登場時がピークだった

脇役が不細工・駄目キャラ化するのはキャラのみならず作品の魅力も殺ぐ
近年のフジリューの悪癖だ
屍鬼より後からか

封神外伝で思い出してくれたかと期待したがやはり駄目だった




2018/8/15 Wed

最近の銀河英雄伝説(フジリュー版) (1)
最近のヤングジャンプ

ロイエンタール格好いい


メルカッツは最近のフジリューには珍しく、
不細工化・駄目キャラ化してない敵キャラ
敵役が見た目も言動も格好よく描かれてるのはやはりいい


2018/8/15 Wed

ヒロアカ考察・「犠牲者の気持ちを考えすぎて壊れた」荼毘の流血描写の意味…癒えない傷を心にも負っている?
僕のヒーローアカデミア


▼ヒロアカ考察・「犠牲者の気持ちを考えすぎて壊れた」荼毘の流血描写の意味…癒えない傷を心にも負っている?

〔僕のヒーローアカデミア・各話感想〕
Aug.2018

ホークス登場編終盤、
荼毘が「犠牲者の気持ちを考えすぎて壊れた」
という主旨の一人言を呟くところで
荼毘のツートンカラーになった皮膚からジワっと血が染み出ている


ツートンカラーになった皮膚は負傷らしい
荼毘自身または他の発火能力者の"個性"による火傷なのか?


負傷した皮膚は
おそらく過去に体が負った大怪我の後遺症

そこから血が染み出す描写、
つまり肉体の傷がまだ癒えていない

心の傷もまだ癒えていない?

「犠牲者の気持ちを考えすぎて壊れた」のが荼毘の精神だとすると
荼毘は心にも傷を負っていることになる
それも精神が「壊れ」るほどの深手を


このシーンの出血は、そういうダブルミーニングの籠もった描写なのだろうか




2018/8/15 Wed

ヒロアカ考察・OFA(ワンフォーオール)回想でデクを覆う影が荼毘の火傷と一致する意味
マンガ

ヒロアカ考察・OFA(ワンフォーオール)回想で デクを覆う影が荼毘の火傷と一致する意味

〔僕のヒーローアカデミア・各話感想〕
Aug.2018

OFA(ワンフォーオール)回想で
デクを覆う影が荼毘の火傷と一致する意味 予想


荼毘はかつてのワンフォーオール所持者の関係者?

元はヒーロー側の人物だった?

だとすると、ホークス登場編終盤での
「犠牲者の気持ちを考えすぎて壊れた」という荼毘の一人言とも噛み合う

ヒーローは敵と戦うだけでなく
本来は人々を守るものだから
犠牲者の気持ちも考える


荼毘は闇堕ちしたヒーローなのか?


もしそうなら
デクがジェントルと戦った文化祭編にはさらに深い意味が出てくる


ジェントルはヒーロー志望者が闇堕ちした者
彼を倒したデクは、闇堕ちする可能性があったヒーロー志望者

この先戦うことになりそうな荼毘は、闇堕ちしたヒーロー?

ついでに、ホークスは
闇堕ちするわけではないと思うが
任務のためにやむを得ず悪(ヴィラン)の側に立つヒーロー


最近の展開の背景には
「ヒーロー側の人物が闇堕ちする」という
中期的な作品テーマがあるのかもしれない


2018/8/15 Wed

ゴールデンカムイ…作中に登場する女性キャラがみんな「強い」件
ゴールデンカムイ

▼ゴールデンカムイ…作中に登場する女性キャラがみんな「強い」件

〔ゴールデンカムイ〕
Aug.2018

この作品に登場する女性キャラは
みんな肉体や精神がとても強いような気がする


例を挙げると、

アシリパ
お銀
インカラマッ
(家永←中身は男だが)
偽アイヌに乗っ取られていたコタンの女性たち
江戸貝の母親
ならず者の街の悪人の頼りない息子の母親
フミエ先生
エノノカ
新キャラのロシア人女性の囚人


やはり強い女性がいっぱいだ


強い女性が作者の萌えなんだろうか

そういえばサトル氏と同じ北海道出身の荒川弘氏
(「鋼の錬金術師」、「銀の匙」)も
心身が強くて体つきがしっかりした
(キャラプロフィールを見ると、
二次元作品の女性キャラにしては体重が重い≒筋肉質)
女性キャラが数多く作品に登場する


強い女性を好ましく思うのは
彼らの出身地である北海道の風土とも関連があるのかもしれない



2018/8/15 Wed

先週のゴールデンカムイ…ロシアの囚人登場。すごい貫禄だがなんと女性
ゴールデンカムイ


▼先週のゴールデンカムイ…ロシアの囚人登場。すごい貫禄だがなんと女性

〔ゴールデンカムイ〕
Aug.2018

先週のゴールデンカムイ


尾形=山猫というのを強く推してる回
しかし今週はやや滑ってる感じがする

作者が尾形と山猫を重ね合わせて
何を表そうとしてるのかがいまいちわかりにくい


最近は変態ばかりだったが久し振りに囚人登場
ただしロシアの監獄の囚人
すごい貫禄だが、なんと女性だ

この作品に登場する女性キャラは
みんな肉体や精神が強いような気がする



2018/8/15 Wed

最近のヒロアカ…過去回想でデクを覆う影が、荼毘の火傷と一致。この事実の意味は?
僕のヒーローアカデミア

▼最近のヒロアカ…過去回想でデクを覆う影が、荼毘の火傷と一致。この事実の意味は?

〔僕のヒーローアカデミア・各話感想〕
Aug.2018

最近のヒロアカ


荼毘の体でツートンカラーになってる部分の皮膚は
どうなってるんだろう、とホークス登場編を読みながら思っていたら

(二次創作をするには、たとえ短いSSでも
元になる原作シーンの状況・
登場キャラの特徴や思考などを
ある程度把握しないといけないので、
その分作品を丁寧に読む必要がある)、

現エピソードのOFA(ワンフォーオール)回想で
関連がありそうな描写が出てきた


OFA回想でデクに付いてる影と
荼毘の皮膚が焼けてる部分が同じ


このことは何を意味しているんだろうか


遠からず謎が明かされるかもしれないと期待してみる



2018/8/15 Wed


<< newer top older >>
 

PR for PC

PR for PC





マンガ(8)
SS(4)
読書メモ(10)
コミックス情報(4)
その他コミックス情報(0)
本誌情報(1)
出会って5秒でバトル(19)
ビースターズ(BEASTARS)考察(4)
ビースターズ(BEASTARS)各話感想(5)
ビースターズ(BEASTARS)その他読解(1)
ビースターズ(BEASTARS)語り(0)
その他(2)
地獄楽あらすじ(0)
地獄楽考察(0)
地獄楽各話感想(7)
地獄楽その他(3)
最近のジャンプ(7)
最近のヤングジャンプ(11)
最近のその他ジャンプ系(ジャンプ+等)(0)
最近のサンデー(8)
最近の裏サンデー(2)
最近のチャンピオン(3)
最近のマガジン(1)
最近の連載漫画(0)
その他漫画など(4)
漫画業界ニュース、最近の4大週刊少年誌事情(0)
ジャンプ本誌情報(話数など)(0)
ヤングジャンプ本誌情報(話数など)(1)
過去のジャンプ系作品(1)
過去のマガジン系作品(0)
その他 過去の連載作品(0)
押さえておくべき古典・名作(2)
ゴールデンカムイ(14)
かぐや様は告らせたい(2)
サマータイムレンダ(10)
IT'S MY LIFE (イッツマイライフ)(7)
僕のヒーローアカデミア(3)
僕たちは勉強ができない(1)
とんがり帽子のアトリエ(3)
薔薇王の葬列(4)
未分類(0)


<< 2018年08月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
T:0 Y:1 TOTAL:778


2次元を語る。チラシの裏



本館へ




このブログについて

漫画感想&評論ブログの姉妹ブログです。
本館で公開する前の記事の一部を
こちらで公開します。


管理人について

漫画読み。




-エムブロ-