.
.

2次元を語る。チラシの裏


マンガ感想・評論ブログの姉妹ブログ。
本館で未公開の記事の一部を公開します。
毒舌率高めなので閲覧注意。


このブログのトップへ

2次元を語る。
本館へ







考察・出会って5秒でバトル ショウ仲間入りの可能性について
出会って5秒でバトル

.

72話のバトル終了までショウを主人公たちが名前呼びしないのは
仲間入りフラグではないだろうか


外見からの予想だがおそらくショウは15歳の主人公より年上
年上なので呼び捨てはしにくい

また下の名前なので、敵対している今の時点で呼ぶと親しげな感じが出て不自然になる
さん付けも不自然

仲間入り後は本人の許可を得て、ショウと呼ばれるのではないか

今回最後まで名前を呼ばせなかったのは
仲間入り後の呼び方と齟齬が出るのを避けるためではないだろうか

2018/7/17 Tue

出会って5秒でバトル この作品にみられるヒロイン・ユーリの特殊性 …ヒロインとしては変則的、しかし主人公の相棒キャラとしては王道
出会って5秒でバトル

ユーリについて

高い身体能力、腕っぷしが強い
頭はよくないが正義感と善良な心を持っている

ユーリは少年マンガにおける主人公の相棒キャラとしては王道
ただしこの役回りは通常なら主人公と近い年齢の男性キャラがやるもの

女性キャラでありこの立場とヒロインを兼ねているのがこの作品の特殊な点

2018/7/17 Tue

出会って5秒でバトル 72話-2 感想(2)
出会って5秒でバトル

ユーリの胸のボリューム感がわがままボディすぎるw


この世界での肉体的ダメージはとても軽いようだ

ショウとの戦闘中に左腕をねじ折られても大して痛がらないうえに
今回の手当ても包帯ギュッ痛ててですませるユーリ

ついでにマンションで怜司のクレイジーダイヤモンドによる
壺の破片修復によって足を切断されたときも叫び声一つ上げない主人公


アキラは殺されることを予期していた
そこまで織り込み済みの作戦
そのことを聞かされて怒るユーリ

ユーリがなぜ怒っているか理解できず、
また肉感的な身体を隠しもしない格好のユーリに迫られても全く動じないあたりが
主人公のサイコパス感

2018/7/17 Tue

出会って5秒でバトル 72話-2 感想(1)
出会って5秒でバトル

出会って5秒でバトル
72話-2
7/5更新


ショウ、戦闘不能(リタイア)
ジョジョ感のある言い回しだ


相変わらず敵側の人物は容赦なく死なせていくスタイル
主人公たちの手を極力汚させないのは作者たちなりの倫理的な一線なのか


それにしてもショウが切ない

主人公にさえ鉄砲玉扱いされモンスター呼ばわりされる

このキャラを最後まで主人公たちが名前呼びしないのは仲間入りフラグだろうか

2018/7/17 Tue

かぐや様は告らせたい 100話感想 (アニメ化告知回) …石上の反応≒作者の反応か。そっけない振りをするのは傷つきたくないから
かぐや様は告らせたい

かぐや様は告らせたい 100話


アニメ化記念、メタ感のある回

石上はみんなの弟

石上の反応≒作者の反応か


応援してきた漫画がアニメ化されて嬉しい石上

嬉しいのにそっけない口振りをするのは、
もし手放しで喜んだら、実際にできてきたものが期待外れだったときに傷つくから
傷つくのが怖いから、傷つかないためにポーズとして覚めた態度を取っている

メタ回だけどこのキャラの性格がしっかり描かれている


そっけない口振りだけど石上の表情は終始柔らかい
本音では、応援してきた漫画がアニメ化されて嬉しいと思っている



アニメ化記念のメタ風味な回の感想で
石上のことばかり書いている筆者が我ながら気持ち悪い(何)

このキャラは読み込み甲斐のあるいいキャラだと思います

2018/7/16 Mon

地獄楽24話 てんせん様2人目の性転換の意味に関する予想…性別で能力が変わる?
地獄楽各話感想

地獄楽24話 てんせん様2人目の性転換に関する予想

性別で能力が変わるんじゃないかと予想してみる。


・男形態
戦士タイプ
高フィジカル、殴り合い向きのスペック
魔法(遠隔攻撃)は使えない

・女形態
魔法使いタイプ
低フィジカル、後衛向きのスペック
魔法(遠隔攻撃)が使える

2018/7/16 Mon

地獄楽 24話 簡易感想
地獄楽各話感想

てんせん様その2vs主人公。


この作品はようやく軌道に乗ってきたと思う。

ここまで見守ってきた甲斐があったというものだ。


でもガードとか攻略法とかいうセリフ回しは、
悪い意味でゲーム的で薄っぺらさを感じるからいらない。

2018/7/16 Mon

シンマンショートGP2018No.1「ここで逝こう、と彼女は云った」…作者の能力はまずまず。エロが蛇足
最近のヤングジャンプ

シンマンショートGP2018の開幕告知ページで
エントリー作品No.1〜4の作品紹介を見て
どの作品もつまらなそうだと思ったが、案の定つまらない

ストーリーの中身が乏しく
エロに頼って客に媚びようとする作家・作品はそれだけで悪印象

しかし新人企画ということを考慮して、やや丁寧に優しいコメントをしておく


■シンマンショートGP2018
エントリーNo.1
「ここで逝こう、と彼女は云った」
作者 新谷信貴


この作者の能力ならエロ抜きでやった方がいいと思う
エロに頼らず読ませるだけの力はあるという印象

ヤバイ霊、血迷う、などのセリフ回しやギャグは面白い
画力と女性キャラの可愛さもそれなり

主要キャラが男子高校生と女子生徒の霊で
10代後半男性読者に親近感を持たせる設定も悪くない

エロが蛇足

2018/7/9 Mon

ヤングジャンプ・シンマンショートGP2018開幕 31号〜
最近のヤングジャンプ

ヤングジャンプ

シンマンショートGP2018開幕
31号〜


シンマンGPのショート部門
今回が初開催らしい

エントリー作品は7つ

開幕告知ページの4作品の作品紹介を見る限り
"ショート"とはいいながら
実質的にはエロ・ゆる萌え・腐女子向けものばかりのようで
どの作品も個人的にはつまらなそうな気配が濃厚

食指が動かない


私はこの企画をスルーするかもしれない


案の定1作目は中身のないエロものでつまらない

2018/7/9 Mon


<< newer top older >>
 

PR for PC

PR for PC





マンガ(5)
SS(3)
読書メモ(10)
コミックス情報(4)
その他コミックス情報(0)
本誌情報(1)
出会って5秒でバトル(17)
ビースターズ(BEASTARS)考察(4)
ビースターズ(BEASTARS)各話感想(5)
ビースターズ(BEASTARS)その他読解(1)
ビースターズ(BEASTARS)語り(0)
その他(2)
地獄楽あらすじ(0)
地獄楽考察(0)
地獄楽各話感想(6)
地獄楽その他(3)
最近のジャンプ(4)
最近のヤングジャンプ(9)
最近のその他ジャンプ系(ジャンプ+等)(0)
最近のサンデー(8)
最近の裏サンデー(2)
最近のチャンピオン(2)
最近の連載漫画(0)
その他漫画など(4)
漫画業界ニュース、最近の4大週刊少年誌事情(0)
ジャンプ本誌情報(話数など)(0)
ヤングジャンプ本誌情報(話数など)(1)
過去のジャンプ系作品(1)
過去のマガジン系作品(0)
その他 過去の連載作品(0)
押さえておくべき古典・名作(2)
ゴールデンカムイ(12)
かぐや様は告らせたい(2)
サマータイムレンダ(9)
IT'S MY LIFE (イッツマイライフ)(5)
未分類(0)


<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
T:3 Y:4 TOTAL:595


2次元を語る。チラシの裏



本館へ




このブログについて

漫画感想&評論ブログの姉妹ブログです。
本館で公開する前の記事の一部を
こちらで公開します。


管理人について

漫画読み。




-エムブロ-