" >



2次元を語る。チラシの裏


マンガ感想・評論ブログの姉妹ブログ。
本館で未公開の記事の一部を公開します。
毒舌率高めなので閲覧注意。


このブログのトップへ

2次元を語る。
本館へ







読書メモ・「キス×デス」…叶恭弘らしさの全然感じられないエセ叶作品。原作者は別人か? 〈ジャンプ+〉
読書メモ

かなり前から読んではいたのだが、
完結してコミックス最終7巻が発売されたようなので、
地雷作品避けのためのアナウンスとしてこの記事を書く。


■キス×デス

作者:叶 恭弘(「プリティフェイス」「エム×ゼロ」など)
連載媒体:ジャンプ+


この前完結
全7巻
7巻は6/4発売らしい


SF風味の高校生お色気ファンタジーバトル
ジャンルだけはいつもの叶作品


話がつまらない

主人公の造形が叶作品の主人公らしくない

騒動の元凶にして主人公のパートナーであるメーティスが
毎回無策で危険に飛び込んでは主人公を危険に晒すks
そのくせ自分の落ち度を自覚も反省も改善する気も見せず偉そう

この作者の売りの一つであるエロもいい加減

とにかくつまらない


このシナリオを描いているのは叶氏ではないと思う
キャラクターたちの言動にも作品テーマにも、
これ以外の叶氏の作品群に共通するこの作家の特徴が全然見られない

叶氏にも事情があるのかもしれないが、
こんなものを氏の名前で出すのはある意味、
叶氏の作品だと思って楽しみに読み、金を出して買う
多くの固定ファンをはじめとした読者たちに対する詐欺というか裏切りに近い所業ではないかと思う

ファンが読みたいのは、
叶氏が絵だけを描いた駄作ではなく
叶氏の手になる世界観やテーマやキャラ造形で描かれた物語だ


65点
叶氏の絵とおざなりなエロ以外に見るべきものはない

がっかりだ



:キス×デス…叶恭弘らしさの全然感じられないエセ叶作品。原作者は別人か?


2018/6/17 Sun

読書メモ・バイオレンスアクション…面白くないし萌えない。ちまたの高評価はステマ?
読書メモ

バイオレンスアクション

筆者は3巻と2巻を読了
1巻も読める状態だったが、2・3巻読了時点でそこまで読む価値があるとは思えなかったので読まなかった

65点
全然惹かれない

すごいとか面白いとかいう声をネットでよく聞くが、全然すごくも面白くもない
あれは金を貰って特定の商品を褒めるのが仕事の人々が行っているステマではないだろうか


若(くて、おそらく中高年男性読者から見ると可愛)い女の子の殺し屋が派遣されてクライアントを助ける話、らしい

萌えもの、バトルもの、アクションもの、少年漫画、青年漫画、
いずれの視点で読んでも面白くない

ストーリーもパッとしない
画力も特に光るものはない
(作者は女性キャラたちが可愛いと思って描いているのだろうが、
電撃あたりにこれを載せたら呑み込まれて消し飛びそうなほどしょぼい)

可愛さをアピールしようとするあまりにアクション時の人物のポーズがおかしいのも悪印象

(余談だが、Dr.STONEも女性キャラの太ももや股間付近を見せて読者の歓心を買おうとするあまりに
アクション時の人物のポーズがいつも滅茶苦茶で、大変に印象が悪い。
今からでも遅くないので、まともに絵が描ける人に作画担当を代えてほしい)


この作品を高評価するのは、若い女の子キャラが登場しさえすれば
画力が百人並みでも気にせず無条件に萌えられる
かなり高年齢の男性層ではないだろうか


2018/6/8 Fri

読書メモ・「鉤月のオルタ」
読書メモ

鉤月のオルタ(かぎつきのオルタ)

作者:麻日 隆

別冊少年マガジン
コミックス最新2巻 5/9発売


筆者は今回が初読
2巻を読了


史実?

少年〜若い青年の各国の統治者たちが
権謀術数や武力によって互いの命や土地を狙いつつ、覇権を手に入れようとする話らしい

どこか乙嫁語り的な画面と空気感
中東・トルコが舞台だからなのか


昔のガンガンに載ってそう

イケメンが多数登場

健全で男女どちらの読者も読める内容のようだが
女性読者がやや多そうだ


2018/5/17 Thu

読書メモ・「スカアレッド」…ゲームのコミカライズ。色々な面でいまいち
読書メモ

スカアレッド

となりのヤングジャンプ

ゲーム「スカーレッドライダーゼクス」のコミカライズ
オリジナルストーリーらしい


先日完結した

全2巻予定らしい
コミックス2巻は5/18頃に発売


5/13まで1〜8話無料だった
本当は無料期間中にこのブログで取り上げたかった


盛り上がりそうな雰囲気だけがあって
結局大したことは起きなかった

ライバルポジションの青年の性格と
ゲイめいたキャラデザに最後まで魅力を感じられなかった
鼻の描き方に難があり、ヒロインが団子っ鼻に見える
これらのため、読んでいて辛かった


60点

薄味で強いテーマが感じられないシナリオ、
内面にも外見にも魅力を感じにくいサブキャラたち
(特にヒロインとライバル)のキャラ造形、

ヒロインの鼻の描き方がおかしかったり
隔月連載なのにやたらと背景が白かったりとつっこみどころのある絵

色々と残念


2018/5/15 Tue

読書メモ簡易版・「BASCULER(バスキュレ)」…ビースターズ+暗さと閉塞感+少女漫画風味
読書メモ

BASCULER(バスキュレ)

裏サンデーで連載中

「ビースターズ」+暗さと閉塞感+少女漫画チックな衣装


塔のような国
兎が狼を支配する
そんなさかさまな世界

作者はケモナーのようだ


世界の終末が身近に迫っている

寓話的な世界観



展開が遅い

絵が雑。特に人物の顔
手抜き絵を問題ないと考えて完成品として出してしまうのは、
一部の女性作家にみられる悪癖だ
(他には「王様の仕立て屋」、「応天の門」の作者など)
2作目にしてこの作者にしっかり付いてしまっている悪癖のようで、改善の見込みは低そう
それなら作画担当者を別につけてほしい

手抜きの絵を完成品として出すのは、
その作家の作品を気に入って金を出して買っている読者たちにとても失礼なことだという自覚を持つべき


65点
序盤は期待感が大きく、序盤だけなら75点
そこから、展開の遅さ、絵の手抜き感による悪印象、
へのマイナス評価を加えてこの点数


2018/5/5 Sat

読書メモ・「Sレア装備の似合う彼女」…ネトゲRPGと現実を行き来する男性向けお色気もの。毎週ただエロいだけの作品
読書メモ

読書メモ
■「Sレア装備の似合う彼女」


近江のこ
裏サンデー 連載中

コミックス最新巻6巻

そこそこ売れているようだ


男性向けお色気もの

ただエロいだけの作品
ややマニアックなエロと、
リョナ趣味も多少あり(おそらく作者の趣味)

オンラインRPGネットゲームと現実世界を行き来するストーリー

思春期男子の主人公を取り巻く10代(〜20代)の女の子がたくさん登場


毎週ただエロいだけ
真面目なストーリーは期待できない


「ゆらぎ荘の幽奈さん」よりも単純な肌面積自体は少ないがエロく、
「ゆらぎ荘」よりもストーリー性に乏しい

ただし女性の裸を見る機会が乏しい思春期の10代男子読者には、
ストレートに女性キャラの裸が乱舞する「ゆらぎ荘」の方がウケるかもしれない

原始的な性欲が落ち着いてきてよりマニアックなエロに惹かれる20歳前後〜の男性読者には
「Sレア」の方がエロさの点でウケるのではないかと思う


人体(腋など)の描き方がおかしかったりして
つっこみどころのある画力だが、女性キャラは可愛い
作者は貧乳萌えか


80点
とにかくただややマニアックなエロさがあるだけ
エロさと女性キャラの可愛さを評価して、この点数をつけておく
男性読者の視点でエロさだけを評価するなら90点くらい付けて構わないかもしれない


2018/5/4 Fri

青春×機関銃 ざっと読み…イケメンたちがサバゲーに似た競技で真剣に疑似的な戦争をする物語。女性向けワールドトリガー
読書メモ

Gファンタジー

一迅社っぽい、つまりBL風味

ワールドトリガー的なこと(つまりサバゲー風の競技)をBLっぽいキャラたちがする

題材となる競技は、サバゲーを元にした架空の競技
広義のウォーゲームもの


男性の需要に応えられるかどうかは、文豪ストレイドッグスと同じ程度
男性の需要にはあまり応えられなそう
女性キャラが少ない、恋愛がない、エロがない

女性向け
たくさんのイケメンと少しの女の子
恋愛はなし

腐女子もノーマルな女性も楽しめる
多彩なイケメンが登場

作者は色々と残念な人らしいが
作品はなかなか悪くない


85点

特に4〜6巻はネーム(ストーリー)がおかしく、ストレスを感じるが
それをイケメンたちの存在と画力でカバーしている


5/2追記
ワールドトリガー+女性向け要素(大勢のイケメンキャラ)−シミュレーションゲーム風味・緻密な戦略性−世界を救う+日常


2018/4/28 Sat

読書メモ・「十二大戦 漫画版」
読書メモ

十二大戦 漫画版

原作 西尾維新

ジャンプ+連載中

45点

企画ありきでいい加減にこしらえた駄作。読む価値はない

登場人物が戦況の簡単な先読みもできないアホしかいなくて白ける

特に、強キャラ感を出してる割に
ちょっと強いロットン・ザ・ウィザード程度の
実力しかない「牛」の戦士・失井の張り子のトラ感が激しい



シナリオは駄作としか言いようがなくダメダメすぎるが、
画力の高さでカバーしている
キャラデザもまあまあ

鳥のキャラデザがけしからん
しかしジャンプ+メイン層のキッズには
もっとわかりやすいお色気ナイスバディの猪が人気のようだ

ちまたの評判でも、細々としたキャラ人気以外に
作品に魅力があると評価する声はほとんどないようだ




2018/4/26 Thu

読書メモ「新米姉妹のふたりごはん」(2)…きらら系の少女の園な世界観。主人公は黒髪ロングクール有能無口美少女 〈柊ゆたか、月刊コミック電撃大王〉
読書メモ

新米姉妹のふたりごはん


筆者は5巻をざっくり読了

ピザが美味しそう

主人公らしい少女キャラは、クール有能無口コミュ障美少女。
黒髪ロングストレート、セーラー服
「古味さんはコミュ障です。」の古味さん(+有能さ)や、
「からくりサーカス」初期のしろがねエレオノール日常版
(+コミュ障・怖さ・黒髪)に似てる

5巻の山菜採りエピソードでは、アウトドアクッキングのレシピと小技も披露される
ちょっと「ゆるキャン」っぽい


「古味さん」と異なり、男性キャラを排して
少女キャラがキャッキャウフフする世界観にしたのは、
美少女ゆる萌えものとしての読者ウケを考えると正解だと思う

きらら系に載ってそう
ただし単なる美少女鑑賞ゆる萌えものではなく、
料理漫画としても内容がしっかりしてる

料理のレベルは、味噌玉からピザまで
幅広い
女子高生が実際に自宅で作れるレベル

「ゆるキャン」では、女子高生が一人でソロキャンプするという、
萌え漫画の中でのみ可能な幻想であり、
現実にはおよそ不可能なこと
(実際にそんなことをしたら、キャンプ地への行き帰りやキャンプ地近辺で
がらの悪い男たちに連れ去られて、
強盗・殺害・集団レイプなどの犯罪に遭うことは火を見るより明らか。
若い女性一人でのキャンプは絶対にするべきではない)を描いているが、
本作ではこれを読んだ女子高生にも実際に可能なものを描いている点が
「ゆるキャン」とは根本的に違うところ..

主人公の有能クール黒髪ロング美少女と
彼女が「姉さん」と呼んでいる相手の平凡っぽい少女は何か訳あり?
本物の姉妹ではないらしい
「姉なるもの」的な関係なのか
(「姉なるもの」では、人外の存在と召喚者の人間が、契約を交わして疑似的な家族になる)


5巻カラー中扉(27話本誌掲載時カラー表紙の流用らしい)は
横乳・裸エプロン姿の主人公少女かと一瞬思わせるが
実際は肌色っぽいトップスの上にジャンパースカートを着ているだけというフェイク
あざといぞ作者w
だが男性をメイン読者層に想定した少女ゆる萌えものとしては正しい狙い方だと思う


2018/4/13 Fri


<< newer top older >>
 

PR for PC

PR for PC





マンガ(8)
SS(4)
読書メモ(10)
コミックス情報(4)
その他コミックス情報(0)
本誌情報(1)
出会って5秒でバトル(19)
ビースターズ(BEASTARS)考察(4)
ビースターズ(BEASTARS)各話感想(5)
ビースターズ(BEASTARS)その他読解(1)
ビースターズ(BEASTARS)語り(0)
その他(2)
地獄楽あらすじ(0)
地獄楽考察(0)
地獄楽各話感想(7)
地獄楽その他(3)
最近のジャンプ(7)
最近のヤングジャンプ(11)
最近のその他ジャンプ系(ジャンプ+等)(0)
最近のサンデー(8)
最近の裏サンデー(2)
最近のチャンピオン(3)
最近のマガジン(1)
最近の連載漫画(0)
その他漫画など(4)
漫画業界ニュース、最近の4大週刊少年誌事情(0)
ジャンプ本誌情報(話数など)(0)
ヤングジャンプ本誌情報(話数など)(1)
過去のジャンプ系作品(1)
過去のマガジン系作品(0)
その他 過去の連載作品(0)
押さえておくべき古典・名作(2)
ゴールデンカムイ(14)
かぐや様は告らせたい(2)
サマータイムレンダ(10)
IT'S MY LIFE (イッツマイライフ)(7)
僕のヒーローアカデミア(3)
僕たちは勉強ができない(1)
とんがり帽子のアトリエ(3)
薔薇王の葬列(4)
未分類(0)


<< 2018年10月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
T:0 Y:0 TOTAL:777


2次元を語る。チラシの裏



本館へ




このブログについて

漫画感想&評論ブログの姉妹ブログです。
本館で公開する前の記事の一部を
こちらで公開します。


管理人について

漫画読み。




-エムブロ-