まとめ更新情報

2019/12/12|黒歴史 ||
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

2012/7/7|黒歴史comment 4件
このエントリーをはてなブックマークに追加

86 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/05/22(火) 04:52:30.91 ID:HiZ+Tpqv
エロミステリアスな女を気取った時期があって、風で髪が揺れて首に当たるだけで真顔で「んっ…、」とか言ってた。
それだけでは飽きたらず、ある時何を気違ったか「教室ではクールなのにトイレで一人で我慢できずにいかがわしいことしちゃう私可愛い」と勘違い。
さっそく放課のたびにトイレに立てこもり、人の気配を感じたら指しゃぶってちゅぱちゅぱ水音たてつつ「…むぐ、はぁ」みたいな悩ましげな声出してた。
トイレに来たリア充たちが「なんか聞こえなかった?」とか言うのを聞いて内心ほくそ笑みながらなに食わぬ顔で水も流さず、ちょっと服を乱してトイレから出ていって授業受けてた。
結構長い間これ続けてたんだけど、どうやら皆にはうんこ食ってると勘違いされてたらしい。

2012/6/26|黒歴史comment 8件
このエントリーをはてなブックマークに追加

685 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 09:18:47.65 ID:0RIPpzJkO
エセ不思議ちゃんこじらせてCoccoとかそういう病んでる系に憧れてた時期があって
路上で気持ち悪い絵や詞を披露したり
土砂降りのなか傘も持たず白いワンピ着て裸足で外に出て
踊ったり悲しみに暮れてる感じを体全体で表現したり
黒いワンピを着て「私の中の泥の部分が〜」とか言って苦悩にのたうちまわる様を体現したりしてた。
思い出すだけで死にたくなる。

689 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 10:55:53.01 ID:0RIPpzJkO
>>686
キモい詩や絵は他人に向けたものだけど
あふれでてくるものを体現してたのは
発作的に家の中とか庭とか近所の公園とかでやってた自己満オナニーさながらだから…

いまだに実家に帰ると弟に模倣されて
うあああああああ!!!!!!!!!ってなる…

697 名前:689[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 12:49:27.88 ID:0RIPpzJkO
>>693
いや、弟が私を更正させてくれたw
始めは「うわぁ…」ってなってた弟が面白がるようになり
私が部屋や庭で表現し始めると乱入して表現をかぶせてくるようになって
始めは馬鹿にするなとキレたり無視したりしたんだけど
さすが姉弟、段々とシンクロ率が高まって
母親はそれがおかしくて仕方なかったらしくある日ビデオでこっそり撮影してて
それを兄が帰省して家族が揃った元日に上映されて
あまりの恥ずかしさと弟とのコラボがギャグすぎて(一人でも十分ギャグだが)目が覚めた。

結婚式のとき弟が作成してくれたプロフィールムービーに
こっそりその映像が入ってて憤死しつつも、色んな気持ちがこもった汁が目からだくだく出た。

ちなみに近所の方々にはミュージカルダンサー目指してると
母がフォロー入れてくれてたらしい。
あ〜恥ずかしい…

713 名前:689[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 17:32:52.24 ID:0RIPpzJkO
>>705
私19-20歳、弟は2歳下。
いい歳こいてました。

>>703
黒歴史なので…
シンクロと言うか、私が空を仰いだら
弟が私の前とか後ろで手を振り下ろし、キメッ!
私がこの世の悲しみに悶えたら
弟が私のまわりで私を悲しませるものを表現したり慰める何かを表現したり、そしてキメッ!
私が右へ移動したら弟が逆地点から左へ移動して交差してキメッ!
みたいな。
アホでした。

帰省して夫がいないときに雨が降ってたりすると
「姉ちゃん!雨!雨ふっとるよ!悲しみの雨!悲しいねっほらっ悲しみ!」
シュタッ(悲しみを表現
って感じで遊ばれてます。
ちなみに現在私30弟28。
お粗末様でした。

2012/5/23|黒歴史comment 8件
このエントリーをはてなブックマークに追加

118:彼氏いない歴774年 :2009/11/06(金) 15:05:11 ID:P/uxGUOI [sage]
班の学習発表か何かの課題のとき,なぜか私の好きな人の家でやることになった。
嬉しくて、母が以前買ってくれた3段になったスカートをはき、手土産の駄菓子も買い、いざお宅へ。
彼のお母様に「この子は違うわ!」って思われたくて、みんなが「こんにちわー」とにこやかに挨拶している後方で、スカートのすそを親指と中指でつまみバレリーナポーズ。
あぜんとしているお母様を尻目に玄関を通過。
すると前方の女子が「わあ!」と何かに感動している様子。
ここは一つ私の出番と「いかがしたの?」としゃしゃり出ると、大きな花瓶に生けられたカサブランカのつぼみが今にも開きそうになってた。
素直に感動できる女の子はかわいいはずと思い、奥歯で頬の内側を噛んで涙目になり「生きてるのね・・・」と薄幸そうな微笑。(ただの薄ら笑い)
みんな、ドン引きしてるのに、「・・・私に見とれてるんだわ」と勘違いし悦に入った途端、バボン!と屁が出た。
しかもその振動波でカサブランカのつぼみが開花。
その後、授業の与太話で先生が『グリーンフィンガー』について軽く話したものだから、私のあだ名は『グリーンガス』略してGGになった。
BBみたいで可愛いと、しかも喜んだ。死にたい。

2012/4/27|黒歴史comment 0件
このエントリーをはてなブックマークに追加

172 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/03/25(水) 17:34:59 ID:qYtYDUoc
儚く神秘的な、天使っぽい少女に憧れていた。


すれ違った主瞬間、羽がフワッと舞って、「あの子、まさか天、使…?」みたいな展開にwktkしながら、
羽布団を解体し、羽毛を髪に散らしていました。

すっかり天使になりきった私は、友達に頭にたくさんゴミついてるよ…
と何度も注意されたが、下界の者の忠告なんてと無視し続けた。

羽毛布団が使いものにならなくなったと親にめちゃくちゃ怒られた天使は、
鶏小屋の掃除を名乗りでて、羽を無心で集めた。

羽毛布団の中身より大きい羽にテンションがあがり、一枚拾うごとに「あぁ、大天使ミカエル様、あなたも下界にきていただなんて」と呟き、すっかり頭が天国だった。

ミカエルの羽は大きめだったので頭に散らしてもすぐ落ちてきてしまうので、
100均で買ってきたヘアバンドにさして装着した。


あだ名がインディアンになったころ、自分は天使じゃないんだと気づいた。

2012/4/24|黒歴史comment 4件
このエントリーをはてなブックマークに追加

837 名前:彼氏いない歴774年[] 投稿日:2009/03/14(土) 22:19:13 ID:hymqX12i
中学の頃に雑誌モデルの口元のホクロがsexy☆と思いボールペンで偽ホクロを書いた。口元一つでこんなにsexyなんだからもっと書けばよりsexyと思い顔中に書いて登校。あだ名チョコチップ

2012/4/21|黒歴史comment 2件
このエントリーをはてなブックマークに追加

875 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/03/04(水) 20:32:48 ID:meQ0cWKX
足が速かった中学生時代
県の記録作ったりと活躍してた
実績とは裏腹に暗い
勿論顔も残念
ある日好きな男の子に近づきたいと思い,どうしたらいいか考えた
そうだぁ☆足が速いのアピっちゃお!
走ってる所を見せればいいんじゃない?!

と何を思ったかターゲットの男子を見付けると猛スピードで取り囲み男子を中心にグルグルと旋回し出した
男子が歩くと一緒に動く
見事な足さばきで円は最短距離を描く


本当ごめん
マジごめん
怖かったよね
何も言い出せなかったんだね
でも無言で傘で指された時自分の痛さに気付いたよorz

2012/4/21|黒歴史comment 2件
このエントリーをはてなブックマークに追加

870 名前:彼氏いない歴774年[] 投稿日:2009/03/04(水) 19:12:32 ID:LVh9SXUI
中二病全開のリア中時代。
平均よりちょっと高身長で痩せてただけなのに、『アテクシ他の人と違う!クールビューティ!』って思ってた。
実際は天パで細目の残念な顔だったのに。
「自分は宇宙で生まれて、超能力的なパワーが強くてハンターに追われて地球に来た。
だがかなり弱っていたので人間の受精卵に憑位して人間として産まれた。
宇宙生まれの姉妹がいて一緒に地球に逃げて来たが、姉妹たちも別の受精卵にヒョウイした。だからこの世のどこかに本当の姉妹がいる」
って妄想がお気に入りで、
「本当の姉様を探さなくちゃ」と放課後は裏路地とか抜け道とかをひたすら歩いてた。
神社の裏からたんぼに続く畦道があり、その道は隣の市に繋がってた。
それを発見してから毎日そこを通り、隣の市から遠回りして帰宅してた。
もし誰かに見られても
『姉様だって私を探してる。この道は懐かしい感じがするの。きっと近くに姉様がいるわ』
って言い訳するつもりだったし、むしろその関連の台詞を言いたくて仕方なかった。
いつまで経っても誰にも発見されなかったけど、隣の市の主婦が私をよく見かけてて不審に思ってたらしく、学校に連絡された。
先生に呼ばれて理由とか聞かれて、チャンス!と思って
「どこにもいないんです…でもきっと近くにいるんです!姉さ…あ、むこうだって私を探してるはずなんです。普通の人から見たら、そりゃ変わった子に見えると思います。
でも…許してください。お母さんだって…知らないで育ててくれましたし…」
憂いを帯びた美少女が謎の台詞を淡々と…!年上にゃ興味ないけど先生も落ちたなコリャ。
と内心最悪な妄想してたら
「ん?いや、そういうのはいいです。ウチのジャージでうろうろするとね、何かあった時に君が疑われますよ。
受験勉強してますか?数学何点だったか覚えてますか?」
と返され一気に血の気がひいた
つまり目が覚めた。
筋金入りのナルシストだったし中二病でもあったから、職員室にいた他の教師や生徒にも聞こえるように↑の台詞を言って悦に入っていたので尚更死ねるっす
同窓会参加しちゃったっす
アイターっす

2012/4/19|黒歴史comment 3件
このエントリーをはてなブックマークに追加

608 名前:彼氏いない歴774年[] 投稿日:2009/02/25(水) 11:35:27 ID:4RoKHfJQ
どっかに書いたけど、中学時代アサシンに憧れてエロ混じりの小説を自作してた。
主人公のクール系美少女サヤを自分に重ね、学校や家でもサヤになりきってた。
ずっと喪女だったから、ヤンキーと言われる人たちに憧れたんだろうね…言いたいこと言ってやりたいことやって自由に見えたから。
サヤになりきる時はDQN系になってるつもりでピンクのダボトレーナー・HARDのシャカパン(死語?)着てた。
んで黒髪天パニキビメガネ。
背は高いし痩せ体型なのを安心材料にして、その恰好で地元をぐるぐる歩いてた。
桜の木の下で
「あんた(桜)は美しいね、何も知らないから。あたしは闇の世界を知りすぎた…」とか一人で言ってた。
道を歩く時も、無駄に俊敏な動きで追っ手から逃げてる風を装ってた。
たいしたことなく感じるけど、身長165のメガネ女がピンクのトレーナー着て街中徘徊すんのは痛いです。
こないだ久々に実家に帰ったら近所のおばさんに
「あなた中学の時はよく散歩してたわね。ピンク色が遠目によく見えてたのよ^^」
たぁぁぁぁぁああ!!

前の記事|次の記事