ワンダーショコラ

おもちゃ箱の国のアリス ジョーカー 感想C(旅立ちED)



おもちゃ箱の国のアリス

ジョーカー(ホワイトver)


『旅立ちEDルート』C




サーカスの子供たちの技を披露してもらった後

ホワイトさんから君も何かに挑戦してみない?と誘われたアリス

空中ブランコ、綱渡り、猛獣使い…ここで披露している曲芸ならどれでもいいよ、と

ホワイトさんはどんどん話を進めます

私、たまたまここを通っただけで
サーカスの入門に来たわけじゃないわよ?!と誤解を解こうとするも、

サーカスをただ見ているだけじゃつまらないだろ?

せっかく団員しか上がれない舞台に上がったんだから何か一つ技を身につけていきなよ♪とアリスとは反対にホワイトさんはノリノリで…

すると、さっき女の子と空中ブランコをしていた男の子が駆け寄ってきて、僕が受け止めてあげるから空中ブランコにしよう!と誘ってきました

いや…空中ブランコは…;

それは流石に自分にはハイレベル過ぎる…。アリスが遠慮しついると

今度は女の子の方が駆け寄ってきて、空中ブランコより、綱渡りをしましょうよ!と言いだして、空中ブランコを推す男の子と言い合いに…

アリス、完全に蚊帳の外w

そんな二人の言い合いを見ていたホワイトさんは、うちの団員がここまで誘ってくれるのは珍しいことだし、

少しはやってみる気になった?

と言って、念を押すようにもう一度誘ってきました

この子供たちといいホワイトさんといい、この世界の住人は人の話を聞かないし(特に白うさぎとか白うさぎとか)

ホワイトさんはそう簡単に引いてくれるような相手でもなさそうだし…

ちょっとだけなら…

すぐに滞在地に帰れば、大丈夫だよね…?

アリスは迷った末、少しだけ曲芸を体験させてもらうことになりました

しかし、了承した瞬間

「はぁ?!おまえにやれるのかよ?!」

ガキ同士で勝手にやってろと!
と吐き捨てて姿を消していたブラックさんがすかさずツっこんできました

無理無理、やめとけ、怪我したってうちでは責任とれねーからな!
とアリスが挑戦するのをやめさせようとしますが、

ホワイトさんはやめさせようとはせず、素人の彼女に怪我をさせないようにするのが俺たちの仕事だろ?と言って始める前から否定的なブラックさんを叱り

アリスの挑戦を歓迎してくれました

「こんな鈍そうな女のお守りなんかできるかよ!」と怒鳴るブラックさんに

「……あなたに面倒を見てもらうつもりなんてないわよ」

と怒り心頭で言い返すアリス

まさに売り言葉に買い言葉状態

本当、仲良いね!ブラックさんとアリス (えっ)

アリスに馬鹿にされたと思い、ついに姿を現したブラックさんは

「「ほう、言いやがったなこの〜◯◯◯女!」」

と吐き捨て、また規制されるような下品な言葉を浴びせてしまいます…

また下ネタですか?w

消えたり現れたり忙しいし、
現れたら現れたで暴言ばかり言ってくるし、こんな奴を相手にしてる自分って…

ますますエスカレートする暴言に呆れて言い返す気力も無くなるアリスですが、言われてばかりでは気が済まない!とブラックさんに応戦

ぎゃあぎゃぁと騒いでいると、そんな二人の言い争いを見ていたホワイトさんが

「アリスとジョーカーがそんなに仲が良かったやんて意外だよ」と笑いながら呟き

いつもの笑顔を少し曇らせ

「ちょっと………妬いちゃいそうだ」

そう言って、一瞬、

アリスに見せたことのないような暗い視線を送りました

「……っ?!」

そのいつもと違う雰囲気に、アリスは言葉を詰まらせます


うおおお…っ!

ホワイトさんの嫉妬キタ━(゚∀゚)━!!!!

ヤンデレホワイトさんキタ━(゚∀゚)━!!!!

ホワイトさんの闇の部分が!

否、本性がチラ見(ry


同じジョーカーで、同じくお気に入りのアリスと、片割れがイチャイチャ二人の世界って感じで(!?)話しているのが嫌だったんですね…ホワイトさん?←

冗談だよ、冗談 ^ ^

と、ホワイトさんはまたすぐにいつもの笑顔に戻ると

早く決めないと俺が勝手に決めちゃうよ〜?と意地悪な顔をしてアリスをあせらせます

ホワイトさんにあせらされ、
アリスが選んだ曲芸は

まさかの「 玉 乗 り 」

「一歩ずつ進んでごらん?
そう、最初は右……うん、いいね」


ホワイトさんにの手に支えられ
優しいレクチャーを受けるアリス

アリスはコツを掴めばなんでもこなせるとはいえ、
玉乗りなど本当に初体験で、しようと思ったことさえない

大丈夫?!本当に大丈夫?!;

おどけながらもホワイトさんに身を委ねているアリスと

紳士的にアリスを支えてあげるホワイトさんがなんだか良い雰囲気で…

会話だけ聞いているとまるで

デートで初めてスケートリンクに立つ彼女に指導をしてあげている彼氏みたいな、スケートリンクでいちゃつくカップルみたいなっ…!!!www
(例えがベタ過ぎる)

ブラックさんなら容赦無く手を離されてスパルタ訓練をされそうですが

紳士なホワイトさんならブラックさんよりは安心(?)できると思いアリスは玉乗りマスターになるべく本気で特訓を続けます



(続く→)

おもちゃ箱の国のアリス ジョーカー 感想B (旅立ちED)


おもちゃ箱の国のアリス

ジョーカー(ホワイトver)


『旅立ちEDルート』B




二人のジョーカーと久しぶりに再会し会話した後

せっかくだからサーカスの舞台裏を見て行きなよ☆と突然誘われ

アリスはホワイトさんに手を引かれ天幕の中に連れ込まれてしまいました

ホワイトさんほんと、毎度アリスを強引に連れ込んじゃうね…w

中には(ジョーカーの国のアリスで出会った)サーカス団員の子供たちがいて、後片付けをしていました

あ…この子供たちは…

子供たちはホワイトさんを見るなり、一緒に片付けを手伝ってくれないことに口々に文句を言いだしましたが、ホワイトさんの横にいたアリスを見て態度が一変

この子たちもアリスが大好きなので、ジョーカーだけお姉さんとお話ししててずるい!僕らも話がしたいのに!と今度は別の理由でブーイング

初対面の時と同じように取り囲まれてしまいました

そして相変わらず、子供とは思えない怪力さで手を握りしめられたアリスは嫌なことを思いだしタジタジ
(前に腕を折られそうになったから)

初対面時にこの子供たちに感じた謎の恐怖感が蘇り顔を強張らせていると

子供たちはホワイトさんに、お姉さんも僕たちと一緒に(次のサーカスの開催場所に)来てくれるんだよね?!と、さもアリスが自分たちの一員になったかのようなことを言ったので驚きます

子供たち曰く普段なら絶対人を入れないここに団長みずから部外者を連れてくるということは=その人は自分たちの仲間、という単純な理由らしい

もちろんアリスにはそんなつもりはないしたまたま森に来て、ジョーカー(ホワイトさん)に連れてこられただけだから完全なる誤解

側で子供たちのはしゃぎぶりを見ていたブラックさんは呆れ顔

アリス含め、ガキはガキ同士ではしゃいでろと言って後のことは全部ホワイトさんに押し付けました

ホワイトさんはやれやれと言いながらアリスから子供たちを離すと

とにかく今は片付けは一旦中止!と言って、今からアリスに自分たちの技を見てもらわないか?とゴネる子供たちに提案してきました

男の子は空中ブランコ

女の子は綱渡りをそれぞれに披露することに

先にどちらが披露するかでモメる二人に、ブラックさんがお前ら両方たいして上手くないんだからさっさと見せて(この女を)追い返せと言ってきて…

相変わらずアリスに対して塩対応過ぎるブラックさんw

「あなた、よっぽど私を追い返したいのね…」

口を開けば自分に暴言ばかり言ってくるブラックさんに流石にカチンときてしまったアリスは、本人に確かめるようにボヤきます

んなもん当たり前だろ?

頭の悪いガキは見るもん見たらさっさと帰れ!と、ブラックさんはよほどアリスに帰ってほしい様子

うむ……。
トゲトゲしい関係のブラックさんとアリス良いよ良いよ
いいぞ、もっとや(ry

あれだけ忌み嫌われたら好かれているなんてこれっぽっちも思わない

言うだけ言って去って行ったブラックさんを見ながら

「あの人、私のことが本当に嫌いなのね…」

と言って少し落ち込むアリス

アリスにとってブラックさんは苦手な相手とはいえ、どこか嫌いになりきれない部分があるので、本当はホワイトさんのように良好な関係でいたいのだと思いますが

ブラックさんがATフィールドを張り過ぎだから近寄るに近寄れずw

まぁ、ブラックさんの冷たい態度の裏には「なるべくサーカスに来てはいけない、自分たちに関わってはいけない」っていうアリスに対する超わかりにくい優しがあるんだでしょうけどね…

そこまで交流がないからアリスにわかるはずないですが…


余所者(自分)には基本的に優しいこの世界で、対応が酷過ぎるブラックさん

アリスからしたら不思議で仕方ないですよね…同じ存在であるホワイトさんが友好的で紳士だから余計に

誰からも好かれる世界唯一好意を向けてくれない人

傲慢な考え…それが当たり前になってしまったことが怖い
でも、それでも何故好かれないのか気になって仕方ない

自分は嫌われているんだ…
と言うアリスでしたが、それを聞いたホワイトさんはクスッと笑うと


それは誤解だよ。ジョーカーは君が嫌いなわけじゃない。」

「むしろ気に入られているんだ」
と言い、その根拠は

「だって、俺も君のことを気に入っているから、同じ存在であるジョーカー(ブラック)も君のことを気に入っているに決まっている」

とのことらしい

あの態度で実は好かれているとか…

ブラックさんどんだけーwwww
( 普段なら絶対見せないけど
ブラックさん個別EDでのアリスへのデレこそがブラックさんの本気の気持ちなんでしょうね )

典型的な好きな子ほど虐めたいタイプなんだろうなぁ

というか、、、

ブラックさん、

ホワイトさんに気持ちバラされてますよwww


その後、子供たちによる空中ブランコのお披露目

危うい動きにハラハラしながらも見ていたアリスでしたが、アリスの心配をよそに子供たちは見事な空中遊戯をきめ、楽しんでいる

呆然と見ていたアリスが凄い!と絶賛すると、いつの間にかホワイトの腰に付いている仮面に引き篭もったブラックさんが呆れた声で

あいつらはあれが「役割」なんだからあったりめーだろ

間抜け面が余計に間抜けに見えるから黙って見てろ!

とまた暴言を浴びせられ…

ひでぇ…www

でも、さっきホワイトさんからブラックさんの本心を教えてもらったアリスはそこまで気にすることはなく

むしろ、「あなた、向こうに行ってたんじゃないの?」実はずっと見ていたのねと言って、ホワイトさんと一緒にクスクス笑います

仮面に隠れてないで出ておいでよと呼ぶも、そんな馬鹿の近くになんかいるかよ今度は馬鹿呼ばわり

さすがのアリスも(実は嫌われていないとはいえ) 馬鹿呼ばわりされたのは感に触わったらしくムッとします

確かに、フラフラ目的もなくここに立ち入って、結果中に引き入れられてしまったから賢いとは言えないけど、そんな言い方しなくても…

アリスがブラックさんの言葉にヤキモキしているとホワイトさんに呼びかけられ、子供たちの空中ブランコから完全に目を離してしまっていたことに気づきます

アリスに目を逸らされ、空中ブランコじゃ物足りなかった?
綱渡りの方が良かった?と不安がる子供たち

どうしよう…機嫌を損ねてしまった…と慌てるアリスでしたが、ホワイトさんが上手くフォローしてくれたおかげでなんとか難を逃れました

子供たちの自分へ向ける期待の眼差しにアリスは、
この子達は私を本気で一緒に連れて行きたがっているのではないか

そんな風に思うようになりました

そう感じつつも、そもそもこの子供たちとはそこまで交流らないし、
自分はサーカス団員になろうなどとは思ってない

子供たちからの「観てほしい」の中に含まれた「来てほしい」という期待の眼差しに焦るアリス

するとホワイトさんから
何かしてみたいことはある?と突然提案されました

「何か」とはもちろん、このサーカスでしている演目のこと


(続く→)

おもちゃ箱の国のアリス ジョーカー 感想A (旅立ちED)


おもちゃ箱の国のアリス

ジョーカー(ホワイトver)


『旅立ちEDルート』A



そんなこんなで

久しぶりにジョーカー(ホワイトさんとブラックさん)と再会したアリスは

しばらく三人で話をしますが

やはり釈然としないアリスは浮かない顔で…

でもそれを見たホワイトさんはまぁ、まぁ、そんな顔しないで

今はサーカスの撤収作業中とはいえここは楽しむ場所だから

楽しんでいきなよ♪と相変わらずのマイペースぶり

一方のブラックさんはやっぱりアリスを煙たがっていますがホワイトさんがアリスを帰す気がないので仕方なく話につき合っている感じで…

そんな辛気臭ぇ顔すんな、俺はおまえみたいなガキを宥める飴なんて持ってねーぞと言って呆れ顔

するとそれを聞いていたホワイトさんが、ジョーカー(ブラックさん)は何も持ってないけど

俺なら今キャンディーを持ってるよ、良かったら食べる?と言ってアリスに飴を差し出します

が、「いらない」と即答するアリスwww

まぁ、それなりにうち解けた仲とはいえ、一応監獄の所長だし不信感が完全に消えたわけでもないし

やっぱり…いくら自分に優しいイケメン紳士でも

どこか胡散臭いオーラが漂うホワイトさんからの差し入れ…

どんな怪しいブツ(!?)が混入されているかわからないし

慎重なアリスが即答で断っちゃうのも仕方ないですよねw

しかしそれでもめげないホワイトさん

「そんなこと言わないで食べてみなよ
これ、美味しいよ?はい、どうぞ」

と言ってアリスにキャンディーを差し出……と、思ったら

ホワイトさんは「あーん」

(つ^∀^)つ◯
と言って

アリスの口の中にキャンディーを放り込みました

ホ……ホホホホホワイトさんんんんんんんwwwwwwwww

「あーん」っっっって!!!!!!

「あーん」っっっって……!!!!!!

なにこの可愛い人!!!!

魅惑のISIDAボイスに即耳が昇天不可避でございましたwww

このホワイトさんの「あーん」の台詞がツボ過ぎて何回もリピートしてしまいましたwwww

しかし、半無理矢理、アリスの口の中にキャンディーを放り込むなんて…

なんか…………エロい←←←

ホワイトさんに簡単に手玉にとられ

ぐぬぬ…////; と悔しがっているアリスが乙女可愛いしほのぼのするw


そんなに警戒しなくてもこれは本当にただのキャンディーだよ

サーカスの露店でも売っていた人気商品なんだよ?と言って

飴を舐めながらも警戒するアリスを宥めるホワイトさん

「果物とも違う、甘いのにそこか苦い気のする不思議な味…

甘さの奥に隠されている味が、私の気持ちを惹きつける」


「どこかで味わった気がするのに、思いだせない」


甘いような、苦いような

アリスの心をざわつかせる不思議な味

まさか……それって…

ふてくされながらもキャンディーを舐めるアリスを見てホワイトさんは幸せそう

あんなたが放り込んだから、仕方なく食べてるのよ!?と

さも美味しそうに食べているように見られたアリスはそう反論しますが

細かいことは気にしない気にしない、と相変わらずマイペースなホワイトさんは突然アリスの手を取り、テントの方に向かって歩きだしました

どこに連れて行く気!?
と慌てるアリスに

せっかくだから、中を見せてあげるよと言って

反対するブラックさんを余所にアリスの手を引いてサーカスのテントの中に入ってしまいます

天幕の中に入ったアリスの目に飛び込んできたのは、懐かしく華やかな、サーカスの大ステージ

そこには昔アリスが交流したことのあるサーカス団員の子供達がいて

彼らは忙しそうに片づけをしていました



(続く→)

おもちゃ箱の国のアリス ジョーカー 感想@ (旅立ちED)



おもちゃ箱の国のアリス

ジョーカー(ホワイトver)


『旅立ちEDルート』編



まだダイヤの国のアリス ミラーの

ジョーカーEDシリーズの感想を書ききっていないんですが息抜きに…

最近買ったおもちゃ箱の国のアリスのジョーカーED感想を先に書いていこうと思います☆

おもちゃ箱と一緒にジョーカーの国のアリスも購入したんですが

例の恐怖のターンシステムでミスをしてしまい

狙っていたジョーカー(ブラックさん)のサーカスEDが見られなかったので

あまりにも悔しくてヤケクソになり

ターン制無しのおもちゃ箱の方に逃げました…orz

いや、でも、、、サーカスEDじゃなかったけど

ペーターがお迎えに来てくれたし(ジョーカーの好感度が足りず、結局お迎えEDになった)

ホワイトさんのドスの効きまくった「逃がさないよ…」のヤンデレボイスも聞けたし、幸せ (あの、いつもと違うホワイトさんの声シビれました///)

ブラックさんとアリスのラブラブ空中ブランコも見たかったけどね!すごく!!!www

ああああターン制怖いよーー_(:3 」∠)_ーー!!!


というわけで、

唐突ながらおもちゃ箱の方のジョーカーEDの感想です!!!


このおもちゃ箱の方は一応、ジョーカーの国のアリスでの

アリスとジョーカー(ホワイトさん&ブラックさん)とのサーカスでの思い出が継承されています

だからアリスは再び森でサーカスのテントを見つけて驚くんですよね

理由は、ジョーカーの国のアリスのサーカスEDの後半の出来事

華やかに開催されたサーカスのシーズンが終わり

旅役者の彼等はサーカスを撤収することになりました

アリスはそれを覚えているので

再びサーカスのテントを見つけもうサーカスは撤収してここにいないはずなのに?と、もちろん驚きます

ホワイトさんはあの時と変わらず、ジョーカーの国のアリスでのやりとりと同じようにアリスに季節を変えに来たの?と話かけてきました

アリスから、は?何でまだいるの?みたいな微妙な顔をされてちょっと傷つくホワイトさんwww

自分はただ皆を楽しませたいだけなのに君にも皆にも好かれない俺って、ほんと報われないよ┐(´ー`)┌

なんて言って胡散臭い悲壮感(笑)をただよわせつつ大きなため息吐いて

割と深刻そうに悩んでいるホワイトさんが、なんだか…

ダイヤの国での機械的な感情で動いていた(ように見えた)ホワイトさんと比べるとだいぶ人間味に溢れていて新鮮で、ギャップを感じる

綺麗なホワイトさんや…(笑)


「こうなってくると、団長も団員も関係なし、全員一致団結して撤収作業にあたっているってわけ^^」

そう言って、団員のみんなとの片づけを心から楽しんでいるホワイトさんがとても可愛いくて、(監獄の所長をしている時の怖いホワイトさんと違って)サーカスの団長としてのホワイトさんはまさに団員の皆のお父さんて感じで優しくて凄く気配り上手

一方のブラックさんは、反抗期真っ盛りのドラ息子って感じ?(笑)

アリスとホワイトさんが話し込んでいると

な〜にサボってんだジョーカー!
ちょっとは手伝えよ、と大荷物を抱えたブラックさんがやって来て

アリスを見るなりガキは邪魔になるだからあっち行け、シッシ!と言ってアリスを追い帰そうとします

野良(犬・猫)扱いですかw

そして「お前みたいな◯◯◯◯なガキ」って何なのさ

ブラックさんがアリスに浴びせる暴言はほとんど、アリスが絶句するほとの卑猥な台詞で即規制対象になるから隠れ文字が気になって仕方ないw

なんて言っているのか詳しく教えてブラックさん!?!?

どうしてまたここに来たんだい?とホワイトさんに聞かれますが、アリスにもその理由がわからず…

何故か、引き寄せられるように、いつの間にかまたここに来てしまっていた

ジョーカーに会いたかったから?とか

離れたいのに離れられない…とか

どうしても出会ってしまう、とか

あれ……?なんだか、なんだかそれって、、、、ディスティニー?←

ラブの波動を感じますぞwww

アリスがここに来た理由が結構アリス→→ジョーカーっぽいというか

ここでのアリスは(ダイヤの国での二人と違って)普通に気の知れた友人って感じでホワイトさんとうち解けているし、なんだかんだで彼の紳士的な優しさに絆されているし

ブラックさんのことも口は物凄く悪いけど実はおせっかいで根は良い人??…って感じでお互い苦手に思いつつ気になってしいて

もの凄く、もの凄〜〜〜く

(この時空では)ジョーカー×アリス全然イケるやん!っていう可能性を大いに感じてしまったのですよ…

こんな、アットホームで…、のほほんとしたジョーカーとアリスのやりとりが見られるなんて思わなかった

しかも思っていたより長いし

ホワイトさん×アリスと

ブラックさん×アリス両方

乙女ゲー的王道イベントがちゃんとあって

ジョーカー×アリスが大好きな人には理想のジョーカールートと言えるくらい素敵なイベント豊富で

むしろ、正規のジョーカー恋愛ルートと言っても過言ではないくらい、しょっぱなからニヤニヤする展開の連続でもう、興奮し過ぎて息が(;´Д`)ハアハア


(続く)

ダイヤの国のアリス ミラー ジョーカーED【鏡の中のサーカスC】


ホワイトさんが指さす先には鏡

沢山の鏡の中のその一つの鏡だけ

周りの鏡とは違う景色が映っていました

アリスとホワイトさんが沢山映っている鏡の中に一つだけ

それは赤と黄色で彩られた大きなサーカスのテント

「どうして?どうやってあんな風に…」

その一か所だけ違う光景が映っていることに驚くアリス

ホワイトさんはあれが君のゴールだよ、と言い

アリスをあそこに誘おうとします

でもその場所は「鏡の中」

幻が映り込んでいるだけのような作り物めいたものにしか見えない

ここはただのミラーハウス

あれは幻だ…
あんなもの実在するはずない

ふざけないで!あんな場所が私のゴールじゃない!

本当の出口を教えなさいよ!アリスはそう言って叫びますが

「違うよ。君はあそこに辿り着くためにここに来たんだ」

自分はそのガイドをするためにここにいるんだよ

と言って爽やかに微笑むホワイトさん
(じゃあ何でアリスにあんなディープキスしたんだwww)

そして片膝をつくとまたアリスに軽くキスをして

「俺はあそこで君を待っているよ。
君が来てくれるのを、とても楽しみにしている」


幻のように、姿を消してしまいました

ーーーまさか、あの鏡の中に!?

しかし鏡の中のサーカスのテントには何の変化もなく…

一人残されたアリスはそれでも出口を探そうとしますが

出口が見つかることはなく

冷たい凍えるようなミラーハウスに一人きり…


嫌だ…あんな得体も知れないところになんか行きたくない

それでも、アリスに残された道はただ一つ

鏡に映る鮮やかなサーカスのテント

「サーカスは、あなたの為のもの。
さぁどうぞ、おいでください。最高のステージをお約束しましょう」


どこからか響くホワイトさんの声に誘われるように

テントの映る鏡に歩きだすアリス

待ち構える観客はもっとも恐ろしい

鏡に映る自分自身…




と、いう結末で終わるこの鏡のなかのサーカスEDなんですが

よくわからないのは、

本当にアリスがその鏡の中に(物理的に)入れるのか

何故アリスにとってもっとも恐ろしい観客がアリス自身なのか…とか。

確かにミラーハウスの中で

自分が鏡に大量に映っているのは怖いですよね…^^;

うーーーーん…(;´・ω・)

教えてホワイトさん!!!!!

ジョーカーEDはどれも過程は非常に萌える…しかし、

結末はだいたい(このアリスシリーズの全作品の世界の謎を詰め込んだ)難解な考察の域に入ってしまうのがなんとも…

でもそんな謎だらけのジョーカーのEDが一番好きですwww←

このEDの続きはダイヤの国のアリス(Wonderful Wonder World)での

「二人だけのステージED」と繋がっている気がするのは気のせい?


君を待ってるよ☆と言いつつ

本当に待っているような気がしない胡散くさ過ぎるホワイトさんw


(終)

ダイヤの国のアリス ミラー ジョーカーED【鏡の中のサーカスB】


ジョーカーED恒例のディープキスキタァァアアーーー!!!!!

( ゚∀゚)o彡°( ゚∀゚)o彡°( ゚∀゚)o彡°( ゚∀゚)o彡°( ゚∀゚)o彡°( ゚∀゚)o彡°

ノルマキタ――!!!!

アリスはホワイトさんに拘束されたまま、深く深〜く

舌を無理矢理絡ませられながら濃厚なキスをされます

周りが鏡張りだからキスしてるふたりがいっぱい映っててはずかしいね!

アリスはそれどころじゃないけど!笑

あまりの激しい貪りぶりにアリスは息ができなくなって、ポロポロと涙が溢れ出ます

ホワイトさん、あかんwww

長く濃厚なキスからやっと解放されたアリスは、もちろんホワイトさんに激怒しますが

さっきのキスがあまりにも激しすぎて言葉が出てこないというなんとも屈辱的な事態にwww

うーん…アリスにはハードなプレイ過ぎるYOホワイトさん

ジョーカーコンビは(乙女ゲー的ニヤニヤはする絡みはあっても)アリスとの恋愛過程が無いから

そりゃあアリスからしたら本当、キスなんて予想外の行為だよね

なのにアリスに(問答無用で)やたら激しいキスをするホワイトさんとブラックさん、

好き(^p^)←

ホワイトさんにエネルギーを吸い取られてしまった(笑)アリスは

その場にヘタリこんでしまいます

まだ紅潮したままのアリスを上から無言で見つめるホワイトさんエロいw

そしてホワイトさんはミラーハウスの向こう…

遠くの一点を指さしました

何の変哲もないただの鏡

でもアリスがその鏡を凝視すると

その鏡にある光景が映りました

鏡に映ったのは、二色に塗り分けられた

巨大なサーカスのテント

その入り口は何故か開いていて…


(続く→)

ダイヤの国のアリス ミラー ジョーカーED【鏡の中のサーカスA】


ダイヤの国のアリス(mirror)

自分をいきなりミラーハウスに閉じ込めた道化師に怒りを覚えつつ

とにかく今は落ち着いて出口を探そうとするアリスでしたが、

見渡しても広がるのは先の見えない鏡の壁だけ……

アリスの他には誰もいる気配もなく

助けを呼ぶこともできません

すると突然、背後にさっきの道化師が現れ、アリスと道化師は二人きり、ミラーハウスの中で向かい合う状態になりました

ホワイトさん本当に神出鬼没(;'∀')

アリスが男に怒りをぶつけると同時に出てきた名前は

「「ジョーカー」」

ジョーカー…?

ジョーカーって…?

・・・・・・・。

「!!??」

その名前を叫んだことで、アリスは全てを思い出しました

自分をここに閉じ込めた目の前にいる道化師の男はサーカスの団長、ジョーカー

幾度となく現れ、自分を惑わす危険な男……ジョーカー、ホワイト

私はこの男にここに連れこまれた

何故今まで忘れていたんだろうと

動揺するアリスを気にする様子もなくホワイトさんは、ミラーハウスを抜け出すコツは壁から絶対に手を離さず進むことだよ、と教えてくれます

しかしアリスが聞きたいのはもちろんそういうことではないので

今すぐここから出しなさいよ!と怒りをぶつけますが……、

このミラーハウスに入ったからには出口は自分で探すしかない

俺は細やかな道標しかできない、と

やたら格好つけて(笑)笑うホワイトさんにアリスの怒りはついに大爆発

ジョーカーに掴みかかかるもあっさりと腕を拘束されてしまい

そしてミラーハウスの中でキス‥

キス……

恒例の、ジョーカーの強引なキスきましたぁぁあぁあぁぁ(∩´///`)∩


(続く→)

ダイヤの国のアリス ミラー ジョーカーED【鏡の中のサーカス@】


ダイヤの国のアリス ミラー(mirror)

ジョーカーEDの感想
『鏡の中のサーカスED』編

鏡の中のサーカスEDの詳細感想です。

今回もネタバレ多めです

ジョーカーEDの詳細全開なので回避したい方はご注意ください!



『鏡の中のサーカスED』
(ジョーカー/ホワイトED)

鏡の中のサーカスEDはボリスルート後半から分岐します

ちなみにこのジョーカーEDはホワイトさんの担当

このルートも他のジョーカーEDと同じく

アリスが再び鏡の湖に引き寄せられ

ジョーカー(ホワイトさん)に捕まったことで始まります



EDの内容詳細 ↓ ↓ ↓ ↓


ホワイトさんによって

何処か別の場所に飛ばされてしまったアリスは、いつの間にかあの不思議な場所……矢印の森に移動していました

自分はどこに向かおうとしていたのか、誰かに会いに行こうとしていたのか、そもそも何故自分はこんな場所にいるのか

アリスは半分記憶喪失になっていました(ジョーカーの力で思い出すことを封印されている状態)

意識が朦朧とする中、アリスは矢印の森をあてもなく進みます

するとその先に、平屋建てで色彩豊かな、サーカスのテントのような建物が…(いかにも怪しい)

ドアの前に立っている怪しい道化師の男

「これはこれは。お待ちしておりました、お客様」

営業スマイル全開な挨拶で微笑むのは、もちろんジョーカー、ホワイトさん

アリスはホワイトさんのことも完全に忘れてしまっているので、彼は単なる見世物小屋の役者だと思い込んでいる

アリスが記憶を失っていることを知っているホワイトさんは、まるで、さも初めて出会った人のようにアリスに語りかけ、

半ば強引にアリスを中へと誘導しようとします

が、いくら意識が朦朧としているとはいえ流石に怪し過ぎるので
アリスはホワイトさんの手をとることを躊躇します(ですよねw)

しかーし!

往生際が悪すぎると定評のあるホワイトさんは、強引にアリスの手を掴み、ドカーン☆と中に入れられてしまいます

本当毎回容赦ないね、ホワイトさん…w

強引に建物の中に入れられてしまったアリスの目の前には、鏡、鏡、鏡……

アリスが入れられた建物は、遊園地の中にあるような、どこまでも広がる不気味なミラーハウスでした

慌てて逃げようとドアに手をかけるも、ドアは外から鍵がかけられていて逃げられない
(怖い状況なのにBGMがのほほんとしているのがなんとも…)

おのれホワイトさん!

なんて陰湿なことを!

そんなことするからアリスから犯罪者呼ばわりされてるんだよw



(続く→)

ダイヤの国のアリス ミラー ジョーカーED【白のキャンパスC】


ホワイトさんによって監獄に収監されてしまったアリス

優しく、額にキスをされます

ホワイトさんにとっては歓迎のキスでもあり

ようやく自分のものにできたっていう達成感と独占欲からくる行為なんだろうか

ホワイトさんのアリスへの想いは歪んでいるとはいえ

(異性として)愛しているっていう気持ちは一応あるみたいだし

ずっとアリスを収監することに執着していた彼にとっては最高の結末なんでしょうね

アリスにとっては嫌な結末だけど…

どう見ても完全なるバッドED

しかし……

このゲームは乙女ゲーム

いつか、収監されている内にホワイトさんと親密になっていって、ラブな関係に変わることもありえるのでは

と、二人の今後を妄想してみたり

洗脳とか、諦めとか、それがアリス自身の本来の意志ではないにしても

アリスにはもう彼(とブラックさん)しか頼れる人がいない状況ですし可能性はゼロではないのでは???
(ジョーカー達と同僚という設定のエースはこのルートでは登場していないので助けてくれる可能性は低い)

アリスがここで生きる為には嫌でも彼らに靡くしかない…

いや、まぁ、アリスにとってホワイトさんは嫌いな相手とはいえ、

アリスは結構な面食い

で、押しに弱いタイプ

ペーターの時と同じくホワイトさんのことも「顔だけは良い」って感じで美形認定していたし(笑)

なんだかんだでホワイトさんからのアプローチにドキドキしていたし

いつか、同居生活が続く中でラブい関係になりえる可能性もなきにしもあらず?

そんな二人を見たらブラックさんがドン引きして出ていきそうw

ホワイトさん、これからは毎日アリスに嘘臭い笑顔で愛を囁くだろうな…

ジョーカーコンビは歪んだ形でしかアリスを愛せない存在らしいけど

それはホワイトさんに限ったことだと思うけどなぁ…

ブラックさんの場合は歪んでいるというかむしろ清々しいくらいストレートな時があるし、アリスに対して本気っぽさを感じるEDもありましたし…もちろん恋愛的な意味で

彼は不器用ながらも人間らしい情と優しさがありますからね
(逆にホワイトさんは機械的な優しさ)

ホワイトさんの歪んだ愛を象徴しているこのアリス収監ED…

これから始まる恐怖の監獄生活

アリスの無事を祈るばかりですが…

このスチルのホワイトさん、ほんとイケメン過ぎてつらい////www→


(終)

ダイヤの国のアリス ミラー ジョーカーED【白のキャンパスB】


白のキャンパスED続き


ジョーカー、ホワイトさんに促されるまま壁を塗ったアリスの目の前に現れたのは本物の監獄でした。

夢で何度も見た光景

そして記憶の中に封印していた光景

森の中のサーカス…監獄…そしてジョーカーという赤髪の二人の男達

アリスはここにきてようやく、

目の前にいる男の正体に気づきます。
(このアリスは色んな次元を移動しているから過去にジョーカー達と出会ったジョーカーの国での出来事も覚えていた?ということなのかな?)

この男はサーカスの団長、

そして監獄の看守


この男は危険だ、と

アリスはもちろん逃げ出そうとしますが、ホワイトさんはアリスの腕を掴み離そうとしません

ホワイトさんはこのアリスが大事な記憶をほとんど失っていて、
みんなのことや、帰るべき場所すらも見失っていることを知っているからなんだと思いますが

アリスを騙してここ(監獄の一歩手前)までおびき寄せた

これは最大のチャンスとばかりに帰す気はさらさらないホワイトさん

わ〜っっっお助けナイトメアさん!

アリスを助けてあげてぇぇぇぇ(^^;;

ホワイトさんてばここにアリスを収監して、毎日あんなことやこんなことをををををををををを(ry
ブラックさんも参加してっっry
放送禁止放送禁止ぃぃぃぃ!!!
うわあああああああああー!!!

(落ち着け)

と、いうわけで、アリスはホワイトさんの正体に気づいて逃げようとしますが誰も助けに来てくれずもはや絶対絶命に…

ホワイトさんは「おいで囚人さん」と言いながらアリスに手錠をかけようとします…笑顔で…

表情は爽やかだけど台詞が恐ろしいよホワイトさん((((^^;;)))

でもそんなあなたが好き←


(→続く)

ダイヤの国のアリス ミラー ジョーカーED【白のキャンパスA】


ダイヤの国のアリス

白のキャンパス続き

ホワイトさんは動揺するアリスにお構いなく、壁に塗料を塗る為のハケを持つよう促してきて

一緒に壁に絵を描こうよ☆と、突然突拍子もないことを言い出します
(嫌な予感しかしない)

ホワイトさん、相変わらず意味不明過ぎるけど、それはいつものことなので(笑)

アリスは仕方なくハケを手にし壁を塗ることに…

しばらくしてホワイトさんがパチンと指を鳴らすと、まるでマジックのように白い壁にカラフルな色が塗られました

よく見るとその色の隙間から覗くように、何か絵のようなものが見えていて

それはまるで割れ目から何かが覗いているように不気味な光景

それと同じように、アリスが色を「塗った」箇所は色が塗られるどころか、逆に壁の白が塗ればぬるほどどんどん「剥がされて」いって

白壁の下に隠れていたものの正体が見えてきました

見えてきたのは鉄格子と割りふられた幾つもの部屋

そう、その絵の場所はまるで…

不気味さを感じたアリスは手を止めますが……それに気づいた時には時、既に遅し

壁の白い部分かほとんど消え、アリスの前に現れたのは、

暗い監獄…

恐怖の監☆獄


・・・・・・。


白壁の向こうは、

本物の監獄でした……………

監獄キター!!!!
(((( ;゚Д゚)))



ひえええええwwwwww

なんか嫌な予感はしてたけど!

不気味さめちゃくちゃ感じてたけど!

やっぱりね!!!wwwwww

ホワイトさん流石だよwwwww

「見えてきたよ、俺と君の部屋が」


って、、、、まるで
「ここが俺たちの愛の巣だよ^^」

みたいなメルヘンなノリで言わないでくださいホワイトさん…

綺麗な白壁の向こうに地獄を隠してアリスに塗り剥がさせたり、冷たい真っ暗な監獄が俺たちの部屋だよとか言っちゃうホワイトさん、マジ歪んでますな…

怖いよっっーーーwwww

そして堂々たる「もう帰さないよ」宣言にさらに増す恐怖感…( ˘ω˘ ;;)



(続く→)

ダイヤの国のアリス ミラー ジョーカーED【白のキャンパス@】


ダイヤの国のアリス ミラー

ジョーカーED感想
『白のキャンパスED』編

白のキャンパスEDの詳細感想です。

かなりネタバレを含みます。

ジョーカー関連のネタバレ全開なので回避したい方はご注意ください!





『白のキャンパスED』
(ジョーカー/ホワイトED)


このEDは名前のとおりジョーカーのホワイトさんが担当のバッドEDです。

ホワイトさんのEDは、どれもだいたい、「ほわ〜と上げて一気に地獄に叩き落とす↓」スタイルが基本なんですが

このEDは特にそれを集大成にしたような、無慈悲なEDであり

ホワイトさんの真の恐ろしさを体感できる恐怖のEDですw

「キャンパス」、なんてタイトルだからメルヘンな感じがしていただけに油断しました…orz

このEDは隠されていたとあることがわかった瞬間、私もアリスと一緒に全身でゾッッとしました

ホワイトさんの笑えない悪戯全開で

今まで見てきたホワイトさんのEDの中でも、個人的にこれが一番怖かったですw

キスシーンが多いジョーカーEDですから、まぁ、怖くてもちょっとときめく場面もありますが…^^;;;


そのホワイトさんによる「白のキャンパスED」の内容なんですが


このEDは相方ブラックさんの「黒のマリオネットED」と対になっているようなEDなので

結局アリスは監獄に送られるのです…

が、、、

ブラックさんの時はブラックさんの(不器用な優しさ?)に触れながらアリスは自分の運命を静かに悟った感がありましたが

ホワイトさんのこのEDでは突然絶望的運命を告げられてしまうので、アリスの精神的なダメージはこっちの方が数倍あります…。

最初から最後までホワイトさんだけがノリノリだからアリスとの温度差が凄まじい…w


アリスが再び鏡の湖に引き寄せられ、ホワイトさんにより異空間に飛ばされる過程はブラックさんと同じ。

今度はどこもかしこも真っ白で、ドア以外何も無い不思議な部屋で目を覚まします。

記憶を半分失った状態で
(これも黒のマリオネットEDと同じ)

思い出そうとすると激しい頭痛がして思い出すことができなくない
(ジョーカーの力なのか、この不気味な部屋の影響なのか不明)

すると、そこに白いスーツに衣装チェンジしたホワイトさんが部屋に入ってきます。

白スーツホワイトさんんん//////www

怖い人ってわかってるけど、もうっっっ、本っっっ当に格好良すぎて憎いですwww←

台詞だけは紳士だし。内なる心は真っ黒だけど(ry

穏やかな声で頭痛を心配しつつ

困惑するアリスに、


何を言ってるの?

ここは俺と君の部屋、俺と君のキャンパスだよ☆

とニコニコしながら答えます

・・・・ファ???(^p^)

キャ……キャンパ……???

すいません、ホワイトさん、

本っっっ当に意味がわかりませんwww



(続く→)

ダイヤの国のアリス ミラー ジョーカーED【黒のマリオネットC】


そしてキスの後ブラックさんはアリスを縛っていた糸をナイフで切ってくれます(アリスが殺されるのかと思って冷や汗が出た)

ブラックさん曰く、ここまで迷いこんでしまったらもうどうしようもないし、手遅れ

自分にはアリスを監獄まで誘導する役割もあるしで

結局監獄に送る為、アリスを縛っていた糸を切ってくれます

敵であれ、監獄行きのことを抜きにすればブラックさんは心のどこかでは

自分の「罪」から逃れられずがんじからめになっているアリスを解放してあげたかったんじゃないかなと思う

Wonderful Wonder Worldでも、ホワイトさんの魔の手に落ちかけたアリスを一度は逃がしてくれたし

素っ気ないのは感情を隠しているからで…とか思ったり…?

ブラックなりの(全然)素直じゃない優しさか滲み出ている気がする

アリスがそんなブラックさんから感じた「寂しげ」な感情は事実だったんだと思う(同情と悲観)

最後に、アリスに手を差し伸べてエスコートしてあげるブラックさん

二人はこのまま手をつないでホワイトさんが待つ監獄まで行くのかな…

その姿を想像すると非常に可愛らしいのですが

閉じ込められる運命のアリスが可哀想…

「糸の切れたマリオネット」の結末の最後の描写が不吉過ぎる…

まぁ、しかし

ホワイトさん&ブラックさんによる監獄連行というバッドEDなのに

アリスがブラックの本心(本当は自分を監獄に送りたくはないということ)を知ったという点では

ほんのちょっと救いのあるEDだったのではないかなと思ってしまいました

足掻いても、もうどうしようもないことはアリスも感じているみたいですし
(グレイのことや、ダイヤの国のこと、大切な記憶も無くしてしまっていますからね…切ない…)

アリスは今後、この黒のマリオネットEDの対になる「白のキャンバスED」のように手錠で監禁されて

毎日絶望と恐怖を味わいながら生きていかなければならないのかと思うと…怖いよぉ…^^;

ブラックさんはともかくホワイトさんは「愛してるよ」ってニコニコ笑いながらアリスに酷いことしまくりそうだからなぁ…

役割とはいえブラックさんだけならまた見逃してくれる可能性もあったかもしれないけど

ホワイトさんが…ね…w

往生際の悪すぎる不死身のストーカー、ホワイトさんが生きている限り

アリスにもブラックさんにはどうしようもないですからね…

結局ブラックさんはもう諦めてて、
ホワイトさんが楽しみにしているアリス監禁生活につき合うしかないんでしょうね…

ブラックさんの心中お察しします…


バッドEDですが

やはり萌えるものは萌えるから仕方ない!!!←

数あるジョーカーEDの中でもこのEDが一番好きです

ブラックさん素敵…w


(終)

ダイヤの国のアリス ミラー ジョーカーED【黒のマリオネットB】


ダイヤの国のアリス ミラー
黒のマリオネットED感想 続き


ブラックさんんんwwww

どさくさにまぎれてなにをっっっ

ファーー(^p^)ーーッッッ!!!!

……まぁ、真面目に考えれば

アリスがいずれ、普通の人間ではなくこの世界の住人のように心臓が時計になって

心音が時計の音に変わってしまうんだぜ、って忠告をしたいだけなんだろうけど

とはいえ、アリスの反応は正しいw

某イベントで、ガキのまな板胸だしくっつかれても全然嬉しくも羨ましくもないって馬鹿にしていたアリスの胸を…ブラックさん…あんた…

アリスに「放送禁止なことでも考えてんじゃねーのか、このセクハラ女!」

とか言っていたくせに自分がセクハラしているじゃないかwwwww

ガキには興味無いってかっこつけていたけど

嘘ですね、ハイ(笑)

ブラックさんて、実は結構アリスに好意があると思う

本人は死んでも認めないだろうけどw

というか、お前みたいな幼いガキが嫌いな男(グレイ)をたらしこんだくらいだから、、、って発言はつまり

グレイとアリスの交流とか情事をこっそり見ていたってことですかね…

あの密室での激しいイチャイチャを見ていたの…か…?w

ホワイトさんといいブラックさんといい本当に、ジョーカーコンビはアリスのプライベート覗き見放題でけしからんですな!

なんでキスなんてするの?

と聞くアリスに

わざわざ探しに来てやったんだから、これくらいは役得だろって…

これくらいって

喉を犯すくらいのディープなベロチューが「これくらい」なのかw

アリスはブラックさんとお付き合いしたら大変なことになりそうだな放送禁止的な意味で←

この時のスチル側でのアリスの表情が見えないのがちょっと残念ですが

アリスに優しく笑いかけるブラックさんはまるで恋人のようで…←

普段との差に萌えます////

馬鹿女!ナメクジ女!マヌケ!とか酷いこと言ってキレていたあのドSなブラックさんはどこへ???w

ああ…

もしブラックさんルートがあったなら、こんな強引なキスだけじゃなくいつかはアリスと両想いになって純愛なキスができたんだろうなぁ…とか思うと

ハートの国のアリス、ダイヤの国のアリス共に、白黒ジョーカールートが無いことが本当に悲しくて叫びたくなるw


(→続く)

ダイヤの国のアリス ミラー ジョーカーED【黒のマリオネットA】


『(そのキスは) 触れるだけのものではなく、もっと執拗に。こんなことをする相手でもないのに、遠慮なく舌が唇を抉じ開け、滑り込んでくる。』

『歯列の裏から口腔、喉まで。
強烈に躊躇しつ呼吸を奪っていく。』


・・・・・・。

エロいwwwwwww


けしからん文章ですな!

いいぞ、もっと(ry

アリスが腰砕けになるくらい濃厚で激しいキスで

しばらくはペロペロしながらの二人の色っぽい零れ声での会話が続きます(笑)

突然の激しいプレイにもうアリスの頭の中は真っ白

だって、まぁ、アリスからしたらブラックさんとは相容れない口喧嘩ばかりの嫌な相手だったし、アリスはあれだけ罵声を浴びせられていただけに好意なんて微塵も感じなかったから、ブラックさんが自分にこんな恋人同士でもなかなかするようなことじゃないCERO:Eレベルのプレイをしてくるなんて信じられませんよねw

いや〜ほんと野獣ですねブラックさん!!!

釘をさすようですが

このEDは(というかジョーカーEDは全部)他の攻略キャラとの恋愛の最中、しかも結構良い仲になった途中から分岐するEDなので

NTR感が凄まじいw

ぬるいNTR感ではあるものの

イケメンの敵×ヒロイン…。

うん、、、( ^ω^ )

迂闊にもそれに萌えてしまいまったごめんグレイっっっっ!!!orz

アリスはもちろん嫌がりますし
拘束が解かれていないので抗いようがないんですが、なんだかだんだん良い雰囲気になってきて…

さりげなくアリスの胸を触るブラックさん

うわぁあああー!!!!

ブラックさん、手!!!!

手がイケナイところに触れてますよ!!!


(→続く)

ダイヤの国のアリス ミラー ジョーカー ED【黒のマリオネット@】


ダイヤの国のアリス ミラー(mirror)
ジョーカー感想です。

ダイヤの国のアリスでのジョーカー達はハートの国でのナイトメアと似た立ち位置なので各所でアリスと関わり、謎めいた発言で彼女を翻弄し続ける存在です。

ナイトメアと違うのは、悪い方向にアリスを導き、堕としめようとするところです

つまり今作(ダイヤの国のアリスシリーズ)におけるラスボスのような存在

このダイヤの国のアリスにおいても彼ら二人の個別ルートはなく、バッドED要員として、メイン攻略キャラの攻略途中にルート分岐する個別EDが何種類もあります

ジョーカー二人、ではなくホワイトさんorブラックさんのどちらかという形で

この黒のマリオネットEDは名前の通りジョーカー、ブラックさんの担当

黒のマリオネットってタイトルなので多分アリスが「ジョーカー/ブラックのマリオネット」になるっていう意味だと思うんですが…

このバッドED、、、、

迂闊にも、迂闊にも

バッドEDなのにもの凄く萌えてしまいました。

私のネタバレ感想ではこのEDの素晴らしさは伝えきれないので

興味のある方はぜひ、実際ダイヤの国のアリス・ミラーをプレイして、CV.石田さんのドSな声付きで見て欲しいキュンとするEDです。

そもそもブラックさんかといえば…

普段の (特にホワイトさんの前での)ブラックさんは、
アリスに対する度を超えた暴言、罵声、品の無い言葉で虐めるイメージが定着していましたが、

このEDでそのマイナスな固定概念がちょっとだけ覆されました。

本人はまったく優しくしているつもりはないだろうしからかって遊んでいるだけなんだろうけど

なんとなく、

言葉の端々に優しさを感じるし

自分の「罪」から逃れられず囚われてしまったアリスに同情している感がほんのり伝わってきました

いや、でも相変わらず馬鹿にしてくるし口はめちゃくちゃ悪いんですがw

アリスは、特に後半でのブラックさんとの会話でそれを感じとるんです

彼は本心ではアリスの監獄行きを望んでない…と

顔には出さないけど、この結末を実は悲観していることもアリスに伝わりますからバッドEDだけどちょっと切ない萌えがあって…っ!

で……、やたら長いんですが

ここでちょっと黒のマリオネットEDのあらすじを!↓↓↓


グレイルート後半からの分岐

ジョーカー二人に捕まり

完成された水鏡に自分(今まで隠されていた真実の姿)を映し出されそうになり逃げだしたアリス

一度はユリウスに助けられますが

再び湖に引き寄せられてしまいます

そしてそこで待ち受けていたブラックさんに確保され

いつの間にか「ジョーカーの支配する異空間」に飛ばされてしまいます

そして監獄に繋がる真っ黒な部屋、ブラックさんをイメージしたような部屋で目を覚ます

アリスはそこで両手両足をピアノ線……糸のようなもので拘束されていて、身動きがとれない状態になっていることに気づきました
(人形芝居に使われる操り人形と同じ姿)

しかも糸どころか服装が変わっていて、背中丸出しのセクシーな黒のフリフリドレス、さらに髪型まで変わっているからアリスはさらにビックリ

まさか、ブラックさんがアリスが寝ている隙に着替えさせたのか?

実はこういう(操り人形)プレイが好きなのか?

と色々変な想像を巡らせていたら、ブラックさんが突然部屋に入ってきました

わ〜っっっ!なんか嫌な予感がするううううーーっっっ|д゚;)と思ったら…

ブラックさんはいつもの看守服でも、サーカス服でもない、珍しくラフな格好をしていました

うおおおお…っ!

ブラックさんの私服??かっけぇぇぇぇぇ

黒スーツ姿のブラックさん、格好良すぎてドキドキがwwww


これが(オフの日の)普段着なのか?

ホワイトさんといい、ジョーカーコンビのスーツ姿は新鮮でドキドキします////w←

それはともかく(笑)

入ってきたジョーカーさんは動揺するアリスに、

お前こんなところで何してるんだよと呆れ顔

自分は服を着替えさせたり、拘束もしていないし

それどころか行方をくらませたお前を探しに来てやっただけだ、と言って呆れます。
(ブラックさんはこの部屋を「こんなところ」って言って嫌悪して?いたのはこの部屋に拘束されることがどういう意味か知っていて、ブラックにとってはここは気に食わない部屋、のようなニュアンスに聞こえる。自室なのか、それともアリスが囚われていいような場所じゃないといいたいのか…)

詳しい理由はわならないけど、アリスが抱えていた様々なことに対する『未練』の気持ちがこのジョーカーの支配する異空間の力で具現化

監獄へと繋がるこの黒い部屋で

マリオネットとなって自分を縛り

閉じ込めてしまった、、、らしい
(何故マリオネットなのかがわからない…)

ブラックさん……アリスがなかなか監獄に来ないから、あちこち探し回っていたのか、、、

想像するとちょっと可愛いなw

糸のせいで身動きがとれず床に倒れているアリスを小馬鹿にしつつ

アリスの、まさに『お人形』状態になってしまった身体を動かして遊びます。

その後ブラックさんに (拘束を解かないまま ) 起こしてもらったアリスは、いきなりキスをされてしまいます。

しかも、濃厚な、ベロチュー。

ベロ…ちゅう…

ブラックさんのベロチューきたー!!!!!!wwww

(続く→)
prev← →next