会いたくて会いたくて

アモさんに会いたくて会いたくて震え、アルコールを煽ったら震えが止まったAkashiです。
そういえばアル中でした/(^O^)\ギャース

そんなこんなで。
私、夜泣きしました。

去る日曜日。いつも通り一人で馴染みのバーに行き、バーテンさんと他愛もない話をしながらお酒を嗜んで帰る道すがら。
ふとアモさんが恋しくなって電話を掛けてみると、その日は珍しく夜更かしをしていたようで。いつもなら寝惚けた声で「おやすみ…」と一方的に終話する薄情者のはずが、そんな素振りもなく。

だけど案の定、私が泊まりに行こうかと提案すれば、返答は「明日も早い」「もう寝る」「また今度」の常套句。

それはもう、腹立たしいやら哀しいやら。

様々な感情が混在し、昂ぶり、気が付いたときにはもう涙が頬を伝っているところでした。
いくら鈍感なアモさんといえど、鼻を啜る音と涙声には察しが付いたらしく、「何で泣いてるの?そんなに来たかった?来る?」とやや狼狽。
対する私は自分で自分が憎くなるほどの天邪鬼で、何一つ良くないにも関わらず「もういい」の一点張り。

「もういい。ほんともういい」
「どうした?何かあった?」
「何もない。もう大丈夫」

噎ぶほどに、止めどなく溢れてくる涙。
寸暇の静寂の後、とても静かに、だけど僅かに怒気を含んだ声でアモさんはこう諭しました。

「何でお前はいっつも強がるかな。俺はお前の彼氏だよ?何でお前はもっと素直に“会いたい”って言えないの?俺だって本当はお前のこと呼びたいよ。俺の家に来いって言いたいし、会いたいよ」

正直、アモさんがそんなことを言い出すとは思っていなくて。オドロキ、桃ノ木、山椒ノ木。

「よし、わかった。会えないから寂しくなるんだろ?じゃあ、明日の仕事終わりに迎えに行くから、暫く俺の家に泊まれよ」
「……やだ」

だけどやっぱり私は天邪鬼で。

「嫌なのかよ!何で!じゃあ今から来い!タクシー代出すから今すぐ来い!」
「お金は要らない。行かない。」
(泣きながらタクシー乗れるかバーロー!)

付き合い出した頃、私の家まで迎えに来たアモさんは「今まで付き合ってきた彼女には“会いたいならお前が来い”って言ってたから、だからお前は特別」と言っていたアモさん。
付き合いが長くなって、そんなマメさが鳴りを潜めた今日この頃。

「迎えに行くから。だから待ってろ」
「……わかった」

その言葉通り、あっと言う間に迎えに来てくれたことは嬉しかった。だけど。
車で僅か15分程度の距離にあって、近頃足が遠退いていたのは何故だろう?
そんな疑問と不満を抱かずにはいられなくて。

もちろん訊けませんでしたがm9(^Д^)

ではでは。
アモさんとの関係もメンタルも不安定なAkashiでした(^O^)/

続きを読む

        歯車

要するに、気が付くと九割九分九厘の確率で誰か死んでいるという短篇作品集なのです。』より、バックアップとプロモーションを兼ねて最新作をば。

御覧あれーヽ(´∀`)ノ

歯車

 

 

 

歯車
滞りない世界の部品

FIN.

すっかり忘れ去られておりますでしょうが主軸は文学なので、久しぶりに小咄でも。

そんなわけで夜分遅くにコンバンハ
社会の歯車ことAkashiです。そろそろ壊れます。廃棄寸前です。

何とゆーか。
働くって大変(ゝω・)☆

どうやら世間は三連休らしいという噂を小耳に挟んだものの、ブラック企業に勤める私には無縁なようで。
要するに明日(正確には今日)もお仕事です。

シニターイ!

兎にも角にも。
今の職場は完全に旧態依然。

上司や管理職は口を開けば「自分が若い頃は〜」を連呼し、スポ根運動部が如き上下関係の押し売りも然ることながら、勤務時間終了直後に退勤することも良しとしない原始人のみで、
某デーモンさんのような「致しません」が通用しないどころか、致さなくても良いことをも致さなくてはならないブラック振り。

もうね、
ダサイことこの上ありませんm9(^Д^)

ではでは。
あまりの時代錯誤振りに自分こそが時をかける少女だったのではないかと思い始めているAkashiでした(^O^)/

「浮気してもいい?」

皆々様ご機嫌よう★
良からぬことを企んでいるAkashiです。世界征服はまだしません。

さてはて。
先日お話したアモさんですが、コレがまあ薄情な男でして。故に私が企んでいる良からぬこととは…
上半期に大流行した浮気です/(^O^)\ギャース

とりあえず言い訳をさせてください。
浮気が悪い!

そもそも浮気をする者には、その者を浮気に走らせる原因ーー欲求があるわけで。
男はイイオンナを抱きたいがため、すなわち性的欲求を満たすために浮気をするわけです。
一方、女はイイオンナだと確認したいがため、すなわち承認欲求を満たすために浮気をするわけです。

つまりはそう、男は妻や恋人に愛されていても浮気をするけれど、女は夫や恋人に愛されていれば浮気はしないもの。
愛されているかどうか不確かだから、自分が“女”として価値があるかどうか不安だから、そんな寂しさに対峙したとき、女は浮気に走るのです。

…と、御託を並べたところで。
私に堪え性がないだけなんですが。笑

互いの家までは電車で二駅(5分)
そんな距離にあって、かれこれ1ヶ月会っていない私たち。

LINEは毎日しているけれど、内容は私の帰宅報告。アモさんからのレスポンスは数日に一度の「お疲れ様」だけ。
電話は週に一度、お酒の勢いのまま「泊まりに行って良い?」と私がするくらいで、だけど返事はいつも「明日も早いから…おやすみ…」という寝惚け声。

アモさんが多忙なのは知っているけれど、私だって同じ職種なわけで。
忙しいなりに時間を割いてでも会いたいと思うのは、一目で良いから会いたいと思うのは、そんなに可笑しなことなのでしょうか?

これまでの恋人は所謂メンヘラばかりだったから、鬱陶しいと思うくらいに連絡がマメで、束縛が激しくて、結局それに辟易して別れていたけれど、此処まで放置プレイが過ぎると不安になるし、哀しくもなる。

私が元同僚()と飲みに行ったときもそう。
彼女が酔い潰れ、私がお水を買いに行く間に彼女を介抱してくれた通りすがりの男性がいたときのこと。私がお水を買って戻ると泥酔した彼女と通りすがりの男性は意気投合し、何故か三人でカラオケに行くはめに。
再び酔い潰れて彼女が眠り込んでしまった途端、その男性が私に発したのは「おっぱい大きいね。チューして良い?」という何とも支離滅裂なセクハラ発言で。私に引っ叩かれて憤慨した男性は帰ったものの、その話をアモさんにしてみれば。

「減るもんじゃないし、チューしたら良かったじゃん。」

・・・え?( ^ω^ )

その他、女三人の同窓会だと思って行ったら合コンだったという話をしたときも。

「良かったじゃん。」

・・・は?( ^ω^ )

アモさんが「どうした?」とやや心配してくれたのは、その合コンの場から私が「むり」とLINEを送ったときだけで。だけど、それ以上の詮索はなくて。
ほんとうはあのときも私の容貌や胸の大きさをテーマにした下世話が為され、女友達二人が席を外したときに「これからどっか行こうよ」と見ず知らずの男二人に誘われて気分を害していたというのに。だから「むり」だと貴方にSOSを発したのに。

貴方はまさしく釣った魚に餌をあげないタイプなのでしょうけど、逃がした魚が大きいと気付いたときはもう遅いぞ!\(`^´)/
(自分で言うのもアレだけど、私はモテるんだぞ!)

ではでは。
惚れたが負けは言い得て妙だと思うAkashiでした(^O^)/

       eyemake

今日の目ン玉

麦秋の候、皆々様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

と!共に!
放置してすみませんんん!

いやはや。
光陰矢の如しとは良く言ったもので、あっという間に今年も折り返し。
申し遅れましたが日に日にどうしようもない糞ババアと化していくAkashiですコンニチハ(・∀・)

とゆーわけで。
皆々様が興味を持とうが持たまいが意に介さず、勝手気ままに近況報告をさせていただきます。

不肖Akashi、去る2月…
アモーレができました。
めでたや〜(*´ ∀ ` *)どんどんぱふぱふ

告白されましたのが2月14日、
アモーレ男(以下:アモさん)と漫画喫茶に行き、さて仮眠でも取りましょうかとなった折でした。
ふと、彼が「真面目な話をして良い?」と切り出し、「付き合ってって言ったらどうする?」と問い掛けて来たのであります。が、しかし。その曖昧な告白に私が困惑している約30秒ほどの間にアモさん爆睡。挙句イビキまで掻きやがりまして、私は彼にフェアリーテイルをぶん投げてその日は終いと相成りました。

さて、それから10日。
私の「考えておく」を「ごめんなさい」だと解したアモさんに転機が訪れます。当時、同じ職場におりました私たちは喫煙所にて鉢合わせることが多く、2月26日の黄昏もまた同様でした。
少し気まずい沈黙の後、私が挙手をして一言。

「考えました」

ねずっちの「整いました」よろしく襟を正し、以下こんなやりとりがなされたのであります。

私 「付き合い…ます」
アモ「え?」
私 「…ません?」
アモ「いや、ます。予想外」
私 「どうして?」
アモ「“考えおく”ってダメな奴だと思ったから」
私 「“考えておく”は“考えておく”だろ」
アモ「そっか。いや、でも、嬉しい」

そう言って右手を差し出したアモさんと「よろしくお願いします」の握手を交わし、私が「条約締結みたいで嫌だな」と漏らして私たちは交際することとなったのです。

それから紆余曲折あったものの、何とか今日までアモさんとのお付き合いは続いております。
彼はどうか知りませんが、私は交際期間が4ヶ月を超えたことがございませんでチムドンドンな毎日です。

あとはまあ、これといってエキサイティングなことはございませんが。
転勤になったり、顧客が警察沙汰を起こしたり、行きつけのバーのマスターから好意を寄せられたり、メンヘラ再発しかけたり、自称彼氏を騙っていた男に犯されたりしたくらいですかね。

どれもこれもアモさんとの思ひ出に比べれば大したことのないものばかりなので特筆は致しません。

ではでは。
恋に恋する乙女チックなAkashiでした(^O^)/

前の記事へ 次の記事へ