『とりかへばや物語』

病ん病んyummy!
お久しぶりのそう、Akashiです。

突然ですが。
皆々様は『とりかへばや物語』という古典作品をご存知でしょうか?

由緒正しい貴族の家に生まれた「活発で男勝りな姉」と「大人しく女々しい弟」は、異母姉弟でありながらも瓜二つ。そこで、成人を迎えると共に姉は「男」として、弟は「女」としてそれぞれの職に就く。
しかし、紆余曲折を経て姉は「女」として、弟は「男」として生きていくこととなり、姉弟共に人臣としては最高位を得て、幸せになりましたとさーーという話です。

光源氏が理想の女性を育てていた時代にしては、かなりセンセーショナルな内容だと、これを読んだ中学生時分には強い衝撃を受けました。
一方で、アリストテレスが生きていた時代でさえ「最近の若者は云々…」という話がなされていたというのだから、いつの時代も人間は同じような感覚を持ち、同じような問題にぶち当たるんだなぁとも感じました。

だからこそ思うのです。
生物学的性差がある限り、社会的性差は絶対に無くならないーーと。

ジェンダーレスだのジェンダーフリーだの言われている時代に、何て時代錯誤なことを…と思う方もいらっしゃるでしょう。
それは承知の上で私が言いたいのは、「ジェンダーナントカ」と、敢えて言及する必要性を感じないということ。

例えば、「草食系男子」や「肉食系女子」という区分。
これは、男子が肉食系(恋愛に積極的)、女子が草食系(恋愛に消極的)という前提があってこそ。

つまり、告白やプロポーズをしたり、デートをリードしたりするのは男性側の役目で、例え強かに唆していたとしても表立っては動かず、待っているように見せるのが女性側の役目であり、そうでない新種生物を区別するために「草食系男子」や「肉食系女子」と呼んでいるわけで。
さらに言えば、この区分は「男らしさ」「女らしさ」という社会的性差が根底になければ生まれなかったわけで。富良野は寒いわけで。

だからね、たぶんね。
シミ抜きできないほど、私たちには社会的性差が染み付いているのです。

故に設けられる女子会や男子会。
女はそこで可愛らしいパンケーキの写真を撮り、男に媚びる女の悪口や同じミスを繰り返す彼氏あるいは旦那の愚痴を言い、「男って何を考えてるかわからない」と言う。
一方、男はそこで幼少から好物の唐揚げを貪り、大人になってから覚えた酒を酌み交わし、将来の展望を熱く語り合い、母親と同様に口うるさい上、いきなり不機嫌になる彼女あるいは嫁の愚痴を言い、「女って何を考えてるかわからない」と言う。

そもそも感覚がまるで違うのです。

彼氏に女子会で食べたパンケーキの写真をLINEで送っても既読無視だとか、彼氏に体調不良を訴えたら「病院に行った方が良いよ」と返されたとか、旦那に靴下を裏返したまま洗濯機に入れないでと何回言っても直らないとか、旦那に子どもを寝かしつけた後に帰宅する際は静かに帰って来てと何回言っても物音を立てるとか。
男からしたらパンケーキを食べたという報告を受けた時点でやりとりは終了、だけど女は「イイネ!」でも何でも自分に関心を持ってほしいわけで。
男からしたら体調不良なら病院で適切な治療を受けた方が良いというのが最適解、だけど女は「大丈夫?」とまずは心配して欲しいわけで。
男からしたら洗濯した後でも履く瞬間でも靴下の裏返しは直せる、だけど女は干すときから正位置であって欲しいし、同じことを何度も言わせるなと思うわけで。
男からしたら会社でも家でも神経を使うなんて苦痛、だけど女はそんなこと知ったこっちゃないし、旦那までもが世話の焼ける子ども状態じゃ困るわけで。

ーーと、こんな具合で。

元々の感覚が違うからわかりあえないのに、その差を無くすなんて無理難題。

「男らしく」「女らしく」という直接的な表現を控えろという潮流が生まれても、社会的性差に対する捉え方が穏やかな波になっても、完全なる凪状態になりはしない。

だからこそ。
これについて言及しなくて良いよーーと、私は言いたいわけです。

暗黙の了解というか、きっと誰もが頭の中ではわかっていて、だけど「ジェンダーナントカ」と言うことがトレンドだから社会的性差に過敏になっているだけ。

『とりかへばや物語』がそうであったように、生物学的性差を超越することは難しくて、だからこそ物語では元に戻る結末がハッピーエンドとして描かれていたのかもしれない。
だって、男性の身体の方が筋肉は付きやすいし、女性の身体の方が脂肪は付きやすいし、どこまで突き詰めても、どれだけ望んでも、男性に子どもは生めないもの。

生物学的性差はどうにもならないとわかっていて、敢えて社会的性差について問題提起なんかしなくて良い。
逆に、これに固執するヒトほど、社会的性差に対して厳しいのでは?だって、気にしてなければ話題にすら上がらないでしょう?

世の中には、女らしい女や男らしい男、男だと自覚している女や女だと自覚している男、女だけど女が好きな女、男だけど男が好きな男と、いろいろなヒトがいる。

それで良いじゃん!
人類皆キョウダイ!
ラブアンドピース!


例えば、男は連絡手段としてLINEするのに、女はコミュニケーションツールとしてLINEする。
女が送ってくるtwitterのタイムラインのようなLINEに、毎度毎度「イイネ!」とか、そこから話題を膨らませるなんて面倒臭い。(Akashi調べ)

例えば、女は腕枕だけで満足するのに、男はそれだけで満足するのは難しい。
それこそ男はコミュニケーションツールとして、愛情表現として、もっと濃密に触れ合いたいのに、手を繋いだり、頭を撫でたり、腕枕してあげたり、抱き締めたりする奉仕しか許されないなんて不公平。(Akashi調べ)

男の体、男の脳、女の体、女の脳、
幸福を感じるポイントはそれぞれ違う。

みんなちがってみんないいと寛容にならなければ、苦しくなるのは自分自身。

そりゃあね、私は身も心も「女」ですから「女」として思うところはありますよ。

「忙しい」という理由でLINEの既読無視や未読無視が24時間を超えた日には「へぇー。スタンプ1つも返信できない、LINEのトーク画面も開けないってことは、メシ食う暇もクソする暇も寝る暇もねぇくらい忙しいってことだよなコラ( ^ω^ )」なーんて。
(ついうっかり言葉遣いが荒れてしまいました(ゝω・)てへぺろ☆)

そんなときほど社会的性差があることを理解して、男女の処理能力は「男がシングルタスク」で「女がマルチタスク」だから「女」の私は仕事しながらでも、食事しながらでも、家事や炊事をしながらでも、何をしていようともLINEの返信をする暇を見つけられるけれど、「男」の彼は仕事中は仕事しかできないし、食事中は食事、煙草休憩は喫煙、おやつ休憩中はおやつ、ゲーム休憩中はゲーム、雑談中は雑談しかできないのよ、仕方ないと受容する。

え?棘?
ありませんとも( ^ω^ )

でも、まあ、うん。
男女で差があることを受け入れて、寛容に、血祭りに上げたい気持ちをぐっと堪えて←
お互いに「思い遣り」を忘れずに生きていきたいですよね。

ではでは。
「女」だけど「女」が煩わしくて、「女」だから「男」が疎ましいAkashiでした(^O^)/

睡魔に憑かれてるなう

病ん病んyummy!皆々様、ごきげんよう。
最近よりいっそうの気が酷いAkashiです。
いつも以上に病んでます。

まあ、とはいえ。
生まれてこのかた根毛からの根暗なので←
鬱になろうがなかろうがテンションは大して変わらないのですが、鬱が酷くなると何をする気にもなれず、終日ずーっと寝たきりになってしまうのが悩みの種でございます。はい。

そのお陰で、先日は身体が動かず欠勤。
自己嫌悪→泣く→疲れる→寝落ち→起きる→自己嫌悪→泣く→疲れる→寝落ち…という無様かつ贅沢な有給休暇を過ごしてしまいました。

明くる日、物理的にも精神的にも重い身体を起こして何とか出勤したものの、たった一日で机を覆う書類を目にしただけで気分はマントルまで下降。
もうね、いっそのこと突き抜けてブラジルにこんにちは!したい気分です。どんと来い躁鬱★

兎にも角にも。
何とか1週間を終え、仕事を持ち帰ってでも早く寝ようと帰宅。床に就いたのは金曜日の21時。何度かお手洗いに行き、ふと時計を見ると、日曜日の深夜2時!?どゆこと!?


 土曜日さーん!いずこー!


鬱の気が酷くて惰眠を貪る?
それにしたって寝過ぎだろ。
わしゃ成長期か!爆

いや、でも、未だに成長痛を感じたことないし、152pで打ち止めかと思ったけれど、もしかして、まさか、成人してから成長する…?

( ^ω^ )・・・。

(ヾノ・∀・`)ナイナイ。

そんなこんなで。
理由はわかっています。
現実逃避です。

起きていると、いろいろなことに追われ、いろいろなことを考え、ただひたすら、刻々と自分の身も心も摩耗していく感じがする。
だけど、寝ているときは全てが停止する。活動も思考も、ぐちゃぐちゃしたものから解放される。
だから寝る。だから現実逃避なのです。

無論、いずれは起きなければならないのですが、とりあえず今はゴロゴロさせてください。
そして、お暇ならば私の独り言にお付き合いください。

言い知れぬ不安と焦燥に心臓が唸り、何故か悲しく辛く泣けて来る。
此処2週間は特に酷く、そんな毎日です。

泣き過ぎて瞼が腫れると、それはそれで憂鬱。もはや憂鬱になる理由は何でもアリかと可笑しくもなります。

しかし実際、理由や原因なんて大したことじゃないのです。たぶん。
ほんの些細なことが積み重なって、チリツモ方式で、自分の力だけでは持ち上がらないほど重くなって、その結果がコレなのです。
要するに、私はストレスを解消することが壊滅的に絶望的に下手糞なのです。

原則、「ストレス発散した〜(´□`)」と、伸び伸びした晴れやかな気分になることがまずありません。
呑んでも食べても泣いても笑っても寝ても起きても、何処かしらに後悔してストレスを感じ、どうにもスッキリしないまま日常で更にストレスを感じる。
何とも残念なループでストレスを蓄積していき、そして必ずキャパオーバー。強烈な眠気と倦怠感。ピクリとも動かない身体。起き上がることへの拒絶。
そんな強制的休養を経て、自分の堕落した精神を矯正し、そして再び起動する。
結局ストレスは解消されないまま、毎回それの繰り返し。

嗚呼、また睡魔さんが…。
すいません…(˘ω˘ )


ではでは。
独り言も半ばに寝落ちするAkashiでした(^O^)/

満足感と満腹感と錯覚

病ん病んyummy!皆々様、ごきげんよう。
そろそろ本気で隠遁したいAkashiです。マンション内見が近頃の趣味です。

まあ、そんなことは扨置いて。
あ。コレで扨(さて)と読むんですってー。
勉強になるー。_φ(・_・


過食嘔吐が出来なくなりました。
つまりただの大食いです。ただの肥満です。

もともと胃下垂だとは言え、イコール絶対に太らないわけではなく。
個人的見解としては、同じ体格の人間と比較して太りにくいだけで、一食に米三合も食べてりゃ太りますよ/(^O^)\爆

つまるところ。トイレの話ではなく←
ストレス発散に暴飲暴食して寝るという生活は如何なものかと、代謝の良さと嘔吐で何とかしていた若さを失った今、力士を目指すのかと。
まあ、そんな話です。

ストレスフリーに生きたいとは誰もが思うこと。
だが現実は哀しい哉、ストレスフルなわけです。

繁忙期は朝の6時半に家を出て、夜の11時前後に帰宅する社畜っぷり。休憩するの間もなく、一日の食事は社食で手短に摂る昼食のみ。週休二日制といえど、それは自宅に仕事を持ち帰って初めて成立する名ばかりの体制で、このとき暴飲暴食をして体重を増やしても平日を乗り切れば元通り。

ほんとさ、
何のために働いているんですかね。

生きるために働いているつもりでいても、その実は死に急いでいるだけなんじゃないかと。
死ぬために働いているんじゃないかと、そう思うわけですよ。

だけど、この歳になると女友達は得てして結婚を望むようになり、妊娠・出産・子育てを機に会社からフェードアウトしようと試みる。
セクシャル・マイノリティに生産性が無いと宣った議員が言っていた通り、完全なる男女平等は存在せず、男尊女卑とか、男が外で働き女が家庭を守るみたいな風潮は未だに御健在なわけで。だからこそ何処ぞの医大は女子受検者に厳しいわけで。
無論、それを公言すると爪弾きにされる本音と建前の國だからこそ沈黙は金ですが、敢えて言うならば逃避の手段の一つとして専業主婦になってみたいものです。無い物ねだりなんでしょうけど。

とはいえ。
そもそも貰い手がいませんけどねっ!
べ、別に泣いてねーし!・゚・(゚´Д`゚)・゚・

ではでは。
現実逃避する方法を模索しているAkashiでした(^O^)/

  人間嫌いの営業職

去る1月20日土曜日1時18分。
我が仮死状態にて御手紙を頂戴いたしましたので御返事をば。

親愛なるねこぽんうさぽん様。

季節外れの雪が舞い降りる寒さ厳しき折、如何お過ごしでしょうか?
拙作をお褒めくださりありがとうございます。私は元気です。

さて、生存が危ぶまれているようですので近況報告をば。

まあ、特にありません。爆

強いてスベらない話?を挙げるとすれば、社長に愛人にならないかと誘われたことと新しい彼氏を作ってみたもののハグされただけで身の毛が弥立ちサヨナラしたことくらいですかね。笑

前者については半年ほど他言せずにいたのですが、先日催された同じ課の飲み会で「社長には以前から女好きの噂があり、昨年度は後にデキ婚退社した新卒女子を口説いていた」という話からそういうことはないかと訊ねられたので一応ホウレンソウ。
社長と折り合いが悪く、移動が決まった直属の上司は一言「スケコマシ」と感想を仰っておりました。そして私は「スケコマシ」というワードを初めて知りました。勉強になりました。はい。

そんなこんなで。
相変わらずブラック企業で馬車馬の如く働く毎日ではありますが、故に春休みを取りたいなぁーなどと画策し、今年度中の仕事を終わらせてやりました!\(^O^)/わーい

ところがどっこい。
そう易々と休めないのがブラック企業。

職場で私がやらなければならないことは今年度いっぱい最早ないのですが、飲みニケーションなる前時代的イベントに強制参加せねばならず、つまり心此処に在らずでも肉体を置いておかなければならない為に出勤しております/(^O^)\ぎゃーす

今日から今月が終わるまで休めるくらい、年明けから毎日15時間労働で頑張ったのに…とボヤいても致し方ないのですが、兎にも角にも私は元気です。生きてます、26歳。

ではでは。
休日は泣き暮らしてストレス発散するAkashiでした(^O^)/

続きを読む

愚かで醜い私を愛して

実は私、
みかん肌&いちご鼻です。

これまでの私は、
肌荒れを起こす食品を排除し、
基礎化粧品にお金を注ぎ込み、
ファンデーションを塗り込み、
至近距離での撮影をお断りし、
撮影時のライティングに拘り、
可能ならば写真を美肌加工し、
毛穴が目立つ昼は外出を避け、
闇夜に紛れて生きて参りました。

そんな私が夜の世界から離れ、
昼日向に働くようになってもうじき3年。

明るい世界に居たくない!

最初の1年目はどんなに多忙でもキチンと化粧をしていました。
それこそ職場にアモさんがいたので少しでも綺麗でいようと心掛けていました。

しかし2年目。職場が変わり、仕事が増え、15時間勤務が続き、心身共に疲弊し、身内に不幸があり、アモさんが離れて行く中、身なりを整えることの優先順位はガクッと急落。

そんな1年で体重は5kg増。
肌荒れも酷くなり、心は荒み、一泊でも新幹線で片道4時間の実家へ帰省してひたすら眠ることも儘あり。

私はますます醜くなりました。

アモさんが愛想を尽かすのも当然。

また好かれたい。

綺麗になりたい。

そう思って数年振りに始めたストイック生活。
体重を落とし、食事制限をし、美容皮膚科でレーザー治療。

治療後には熱を帯びて赤く染まり、ヒリヒリと痛む肌。
画像は最初の治療から本日までの推移。吹出物や毛穴の開きで凸凹肌の治療1回目、毛穴の開きが目立つ治療5回目、まだまだ毛穴が塞がらない治療9回目。費用は30万。

もっともっと綺麗になりたい。

もっともっと外見も中身も磨きたい。

アモさんに好かれたい。

ほんと、狂ってますね。

ではでは。
目鼻立ちより肌質こそ美人の基準だと思うAkashiでした(^O^)/

前の記事へ 次の記事へ