スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

いろどりきみどり




季節が過ぎるのはとても早いというもので。我が家の新入り、白黒猫を迎えて早2ヶ月。怒涛、っちゃ怒涛。



ふつふつとこみ上げるのは愛しさか、苛立ちか。物事は進んでいるのか、否か。こんなに苦しんでいる姿を目の当たりにしてもなお、遊び続けれる神経を疑いたい。どうなってんのなんの?



いらいらしすぎて後頭部が痛い。痛過ぎる。手もなにも。痛い。一番痛いのは私自身。



もう誰か助けて下さい限界です限界です。殺してくれ、頼む。今の私はほんとうに素顔を隠した殺人鬼のごとく。殺意殺意殺意。いらだち、ストレス。



もうどないしたらええのです?




iPhoneから送信

かじかむ雨雨





どこにも行き場のない不条理はいったい、誰の何を背負ってどこまで大きくなるんだろうね。いっぱしの人間に、ここまで出来た憎悪が創り出せるとは。




梅雨時期はどうもいろんなものを湿気させるらしい。ジメジメ。雨に濡れた靴からどんどんどんどん苛立ちは湧いてくる。誰のせいでもない、都合ばかりが矛先を変えて自分に突き刺さる。痛くはないけど、充分重い。



歩けないのは錘のせい。この一年で大分錆びれた足枷はまだ壊れない。ガッチリ頑丈に結んだのは自分。付け方は簡単だけれども、解き方は本当に困難。いろんなものを無くしてしまってさあ大変。その度胸さえ、ここには無い。






天気にやられることもない、気晴らしは上手。






イライラ以来ラララ




この生活のどこに未練を引き摺るべきところがあるのだろう。強いていうなれば、海が近くで見れなくなること。




最近はなんとも言えない苛立ちに頭を痛めております。今に始まった事ではない頑固にさえ、楯突いては無駄に悪態を吐く。足掻いて見せているようで、まるで不動。私は一体何を待っているのでしょうか。



隣が生み出す寝息でさえ、夜の風では誤魔化せないほどの苦痛。この際だから全てを捨て置いて、私らしく道を行きたい。こんなところで私はうじうじしている場合ではない。そんな気がする。気がするだけで、特に何もないのだ。





ここが分岐か分かれ道か。全てを捨てるのは凶か吉か。棒を振るのか未来を振るのか。すべてこの決断にかかっている。




しかしまぁ決断したとしても、行かなければ動かなければ裁断不能なのは目に見えて居まして。行く、しか選択肢がないとしたのならば。だれか背中を押してくれ、私はここには居ては行けない!




足枷が思っていたよりも、固く重い。









iPhoneから送信

混沌トコトン





春の訪れですね。わたしにとっては自律神経が乱れ狂う魔の訪れとあい変わらない、素敵な季節でございます。



ガンガンと鳴り響く頭痛と、唇に生まれた小さな炎症がやる気をトコトン搾取してしまっている現状。その他もろもろが、ストレッサーになりかねません。



どうしてこうも。待てが出来ないのは生まれつき。苛立ちを抑えきれないのは育ちの悪さ。金遣いは誰に教えて貰ったのでございましょう。性悪は先天性か後天性か。どちらにせよ今ここで発揮してしまったのは正解ではないだろうか。



寝付きが悪い。どうも溜まっている何かが爆発してしまいそうな。どこにもいけない苛立ちは的を見つけて追い回す。逃げろと助けて、どちらが先に矢を放つか。まぁまぁ春には少し物騒な話題でした。




キテレツ!始まってしまった鬱は終わりを知らないのです!どうなるどうする?何を戯言、全ては自分次第なのを理解しているクセに、厚かましい!




これ芝居にしばし付きおうてもらいたいものでした。めでたしめでたし?







iPhoneから送信


iPhoneから送信

ガガガがが





壊れた人形に話しかけているような

直らない人形を世話しているような

自分も壊れそうなほどの

虚無感





なんもないわ何も何も。見返りもいらないからさっさと寝て治しておくれ。大きい赤子だこと。やれ痛いやれ辛いだの、言って治るもんじゃなかろうもん。痛み苦しみに滅法強い私が言えたことじゃないけれど、もう少し根気を強くおもちなさいな。




とか、重病人の前で言えちゃえる健康な私は真っ黒なんでしょうね。寝ちゃえる寝ちゃえる。このまま知らんぷりも出来ちゃえる。



辛いわねーどうしたらその辛さが私に移るか、出来ることなら被ってやりたいんだけれどね。




そーそーそーそーそー
壊れる寸前トントントン





iPhoneから送信
前の記事へ 次の記事へ