スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

ネガティブマスター


みなさんこんばんは。

ネガティブマスター、やぎです。


まずはレポート再提出だよね。
あんな後出し情報ばっかでレポートかけるかよ。
ちゃんと情報はしっかり出してよ。
それで再提出って納得できないよ。


まぁ再試験もだよね。
おんなじだよね。
キツい。


実習の事前学習もだよね。
終わらんて。
上二つに何やればいいかわからん事前学習とか。


ネガティブマスターは言います。




















やっちゃるぜぇぇぇぇ!


続きを読む

愚痴(

ヒントは記事名

マックス


第3番惑星の奇跡は名作。
異論は認めない。

やっぱり殴られたら殴り返すじゃ通用しないんだなぁ。
解決する道を探していかないと。


科学が発達すればするほど、危険だったものが身近になっていく。
身近になって、危険だって意識が薄れてきたころに牙を剥く。

そんな感じのもの、多いんじゃないかなぁ。

卒業式


僕がとてもお世話になった先輩が卒業する。
先輩は父子家庭で、最近はお父さんとの関係がうまくいってなかったようだ。
家では会話らしい会話もなく、共通の趣味で始めたテニスも、今はラケットが悲しく転がっているだけになっていたらしい。

「なんか、ちょっと寂しい気がするんです」

そんなことを僕は生意気にも先輩に言った。
先輩は辛そうな顔をして、僕にぽつりと言った。

「そんなもんなんだよ」
「他人の家庭なんて、他人から見れば寂しいようなもんなんだよ」

そう言った先輩の背中が、とても悲しそうだったことを今でも覚えている。


僕の学校では、卒業式の後に塔に登る習慣がある。
いつから始まったかは知らないが、親子で登り塔の頂上で今までの学生生活を振り返るのだとか。
その先輩も、しぶしぶお父さんと登り始めた。
なぜか、僕も一緒に。
先輩の家に遊びに行ったときに、顔見知りではあった。
だけど、この塔に一緒に登るような関係では間違いなくないのだ。

「どうして僕なんですか」
「…なんとなくだよ」

頂上まで、先輩とお父さんの会話はなかった。
僕と先輩、僕とお父さんの会話はあったから、二人とも話すのが嫌いというわけではなさそうだ。
ここまで仲が悪くなるような出来事でもあったのだろうか。
そこまで踏み込む勇気は、僕にはなかった。


頂上につくと、先輩がお父さんにむけて言った。

「ありがとう」

短い言葉だったが、とても想いがこもった言葉だった。
実際お父さんは泣いていたし、僕も泣いた。

「ありがとう」

繰り返した先輩も、泣いていた。


僕はこのままじゃいけない、と思った。
思ってしまった。
気付いたら二人の手をとって、塔を降りていた。
二人の質問には答えず、目的地に向かって歩いた。
今日ばかりは勝手に使っても、学校側も怒らないだろう。
そんなことを考えながら、僕はテニスコートへ向かった。

「最後なんですから、思いっきりテニスやりませんか」

部室に転がっていたラケットを先輩とお父さんに渡す。
コートの隅に転がっていたボールは、先輩に押し付けた。



















…って夢を見たんですよw
一体どんな夢なんだ、と。

僕が通っていた小中高、今通っている大学にも塔に登るような習慣はありませんwww
てか、そんな習慣がある学校ってなんだよwww

ただ目が覚めた時はボロボロ泣いていました。
なんか、来るものがありましたよ。

僕の拙い文章では、伝わらないと思いますが。

それに父子家庭の先輩がいたことはないし、先輩とそこまで仲良くなったこともないです。
なぜこんな夢をみたのか…

続きを読む

ペプシ塩スイカ


びみょ〜…

もっと挑戦してもよかったんじゃないか。
前はもっとアレだったよ?


今日レポートひとつ提出。
明日はテスト。
金曜日までにレポートひとつ。
んで来週月曜にはレポートひとつ。

それでテストは一通り終わるぞぉぉぉぉ!


終わったらカラオケ行きたいなぁ。
お酒も飲みたいし、遊びたい。

だれか誘ってクレヨン?

前の記事へ 次の記事へ
つぶやき
プロフィール
やぎさんのプロフィール
性 別 男性
年 齢 26
誕生日 12月17日
系 統 おとなしめ系
職 業 大学生
血液型 O型