サイト内記事検索

スポンサーサイト

2020/9/18|カテゴリー:同性愛|comment:



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

衝撃 SEX相手の肛門に睡眠薬を突っ込み、眠っている間に貴重品を奪う手口を続けていたホモ逮捕

2012/12/1|カテゴリー:同性愛|comment:5件

【衝撃】 SEX相手の肛門に睡眠薬を突っ込み、眠っている間に貴重品を奪う手口を続けていたホモ逮捕
1: オセロット(埼玉県) 2012/12/01(土) 18:36:19.24 ID:baFyfjX9P BE:3124040494-PLT(12000) ポイント特典
男性同性愛者の肛門に睡眠薬を突っ込み、眠っている間に貴重品を奪う−。
このような犯行を何度も繰り返していた男が11月13日、昏睡(こんすい)強盗容疑で神奈川県警に逮捕された。
被害の全容は明らかになっていないが、男いわく「覚えてないくらいの件数やった」。
また、同じ日には、神奈川県内で初めて風俗営業の禁止地域で女性に性的マッサージをしたとして
マッサージ師の男が逮捕された。立て続けに県内で発覚した性にまつわる“珍事件”を紹介する。(田中俊之)

――肛門に睡眠薬突っ込み眠っている間に…

男性同性愛者による昏睡強盗事件が起きたのは8月17日未明。容疑者として逮捕された男(33)と相模原市内に住む被害男性=当時(39)=は、
男性同性愛者専門の出会い系サイトで知り合い、前日の夜が初対面だった。

8月16日夜、相模原市内の駅で待ち合わせ、被害男性がすぐに同市内の自宅に誘った。
2人で家に入り、日付が変わってしばらくすると、“コト”が始まる。
男性は男に言われるがままに服を脱いで四つん這いに。すると、男性は肛門にローションのようなものを塗られ、
何かを肛門に入れられる感触がした。そして、次第に意識が遠くなり、そのまま深い眠りに落ちてしまったという。

男性が目覚めたのは翌朝で、男は部屋からいなくなっていた。間もなく自分の現金約11万円と携帯電話がなくなっていることに気付く。

 「盗まれた…」

男性はその日のうちに県警相模原北署に被害を届け出た。
同署の調べで、男が肛門に入れたのは睡眠薬成分を含む薬物だったことが判明。
同署は11月13日、昏睡強盗容疑で男を逮捕した。


以下詳細ソース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121201/crm12120118000004-n1.htm

14: スナネコ(三重県) 2012/12/01(土) 18:39:36.16 ID:U5dr9PUl0
僕「先生、どうでしょうか?」
医者「心配ないですよ。よく効く座薬がありますから、それを使いましょう」
僕はパンツを脱いで、お尻を先生の前に突き出しました。先生は肩に手を掛けました。
医者「いいですか?イキますよ。ハイ、力を抜いて」
僕「ううっ」
座薬が何個も入ったようでした。
医者「この座薬を毎朝、1週間続けてみてください」
僕「どうもありがとうございました」
翌朝。言われた通り座薬を入れようとしたが上手くいきません。そこで嫁に頼むことにした。
嫁「これをお尻に入れればいいのね。わかった。いくわよ」
嫁は右手で座薬をつまみ、左手を肩にかけました。
その時!
僕「うわぁぁぁぁぁぁ!!!」
嫁「どうしたの?!ごめんなさい、痛かった?大丈夫?」
僕「うわぁぁぁぁ!!違う、今、気が付いたんだ!うわぁぁぁぁ!!!」
嫁「なに?何に気づいたの?」


僕「あのとき先生は、おれの肩に両手を掛けていた!!」

「同性愛者はごく普通に、あなたの隣にもいる」 

2012/8/12|カテゴリー:同性愛|comment:32件

1 : バーマン(京都府):2012/08/11(土) 22:00:05.02 ID:nKyB1fup0 ?PLT(12000) ポイント特典

 

メッセージを書いたプラカードを掲げてパレードする参加者ら


同性愛や性同一性障害などの性的マイノリティーが
性の多様性を訴えるイベント「セイブ・ザ・プライド!」(実行委主催、東京都、米国大使館後援)が
11日、東京都渋谷区の代々木公園で開かれた。
野外音楽堂でエイズ防止の啓発やダンスショーが行われた後、
約600人が渋谷や原宿の街を約2キロにわたってパレードした。

参加者は、多様性を象徴するレインボーカラーの旗を身にまとったり
「同性愛は趣味や病気ではありません」と書いたプラカードを掲げて行進。

東京都内に住む、ともに26歳の男性カップルは
「同性愛者はごく普通にみんなの近くで暮らしていると知ってほしい」
と、ワイシャツにネクタイ姿で手をつないでアピールしていた。
mainichi.jp

美しすぎる男の娘写真集が凄い! これならチンコ付いてても許せる

2011/12/14|カテゴリー:同性愛|comment:9件

1 :名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/12/13(火) 19:28:13.70 ID:FhE9Itdj0 ?PLT(12000) ポイント特典

女装が密かなブームになる中、女装した“かわいい男性”ばかりを集めた写真集「Trap 〜オトコ
の娘の罠〜」(ミリオン出版、2940円)が発売され、話題になっている。
女装モノは漫画やアニメを中心に密かなブームになっていたが、今では専門誌も数誌刊行されて
いる。女性の衣服に身を包む若い男性が増える中、写真集では“彼女たち”の日常と非日常を映
し出している。
モデルは20代の男性6人。自分の部屋での何気ない生活風景から、遊園地でのデートの一コマ
、買い物中の横顔などを激写。さらに、制服、ブルマ、スクール水着姿などもバッチリ載っている。
www.zakzak.co.jp







新宿の乱交クラブ摘発 男性の入場料500円で月400万の売上

2011/11/2|カテゴリー:同性愛|comment:2件

1 :名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/11/02(水) 15:07:34.86 ID:r9ntvIMZ0 ?PLT(12845) ポイント特典

公然わいせつ容疑ほう助の疑いで逮捕されたのは、新宿区北新宿1丁目のゲイクラブ「デストラクション」の経営者、
増田浩容疑者(38)と同クラブ従業員、平安山傑(へんざん・すぐる)容疑者(25)=いずれも新宿区=の2人。

逮捕容疑は、10月29日午後6時半ごろ、同区北新宿の店内で、
客のアルバイト男性ら3人が全裸でわいせつ行為をする場所を提供した疑い。

男性客約25人の前で、わいせつな行為をしていた24〜36歳の客の男性3人も、公然わいせつ容疑で逮捕した。

増田容疑者らは「外で裸になるのはダメだが、室内なら大丈夫だと思った」などと容疑を否認しているという。

警視庁保安課では、個室には隣室との仕切りがあったが、上半分だけのカーテンだったり、のぞき穴などがあり、
周りの客のわいせつな行為が見わたせたため、公然わいせつ容疑ほう助にあたると判断したという。

同課によると、同クラブは1人500〜1500円の入場料をとって、1日約80〜90人の男性客を出入させていた。

客は受付で入場料を払うと、ロッカーのカギとタオルなどを受け取り、下着姿か全裸になって店内で過ごす。
店は雑居ビル2階の約200平方メートルの広さで、迷路のような狭い通路と約20室の個室、談話室などがあった。

客は談話室や通路で、出会った気に入った客と意気投合すると、そのまま個室に入るという。店では曜日ごとにテーマを決めており、
事件当日の土曜日は「坊主・短髪・イケメン・B系肉欲乱交デスナイト」(B系=HIP−HOP系の割りとルーズなファッション)だった。
同課では薬物使用者が同店に出入りしているなどの情報があったことから、内偵調査をしていた。

同課によると、店は1997年ごろから営業。年中無休で24時間営業。月に約400万円の売り上げがあったとみられている。

前の記事|次の記事 

  

最近の記事一覧