うむ。

これまでやらかしてしまった人、というのは
やはり脳裏にこびりつくものですね。
男の人は結局好きでない人とも寝れるのだろうし、
やったらそれで終わりなんだろうな。

私はスケベなのかもしれないけど、しばしばその時の記憶がよみがえり、
またやってもいいかもしれないな、と思ってしまうこともある。
はあ。。
こうやって思うことは止められないけれど、行動は自分の意思で止められる。
だから、私は意図的に、だけど不自然にならないように
その人と距離を置くことにしている。
だって、、私とその人がまた寝てしまったらどうなるの?
1回目は、魔が差したとか、お酒を飲みすぎて、とかなんとでもいえると思う。
でも2回目は偶然ではすまされないし、何の言い訳もできない。
そして、その人は既婚者なんだよ?
どう考えてもだめでしょう。
結局は、その人の良心や、その人の家族を傷つけることになるだろう。
だから、あまり近づかないように。社会人として適切な距離を保つようにしよう。

沐浴デビュー

この土日ドライバーに誘われて、HaridwarとRishkeshに行ってきました。

この2都市はすでにお正月に1週間ほど滞在し、
十分堪能したにも関わらずまた行ってしまった。

本当は、RajasthanにあるBalaji Mandirという
幽霊が出ると噂のお寺に行きたかったけれど、
結局外国人の女性が行くのはやめなさいと
ドライバーの親族から諭されてしまったので
おとなしく、Haridwar& Rishkeshに行くことに決めたのでした。

Haridwarでは初めての沐浴体験。笑
1月に行ったときよりも、明らかにガンジス川が濁っており、
沐浴を躊躇したものの、私のために土日をささげてくれている
ドライバーの期待に応えなければ!という
サービス精神が働き、濁った水に首までつかることにした。
(さすがに顔をつける勇気はなかった)

日本人の感覚からすると、この時期のインドはすでに常夏。
でも、ガンジス川の水温は思ったよりも低くて、
がっつりクロールで泳いでいたドライバーは
川から上がると寒さに凍えてふるえておりました…。

でも、沐浴気持ちよかった!
ひとりでは絶対やらないだろうな。
やっぱり、ひとりでいるより二人でいるほうが
世界は広がるのだなあ、と思った。
何事も食わず嫌いにならず、チャレンジするのも悪くないよね。

あと、インド人と一緒に旅をしていて感じること。
それは、彼らの生活はチャイと共にあるのだなということ。
起床したらまずはチャイ、休憩でチャイ、目的地についたらチャイ。
1日3杯くらいは飲むんだな、という感覚。
学生時代の貧乏旅もそんな感じだったな、と思って
なつかしくなりました。

車にゆられている間、これまでの人生、これからの人生について
ぼんやり考えていました。
本当にこれまでの私は直観で生きてきたよね。
例えば、吹奏楽でオーボエを選んだのも名前の響きという直観だったし、
ヒンディー語を選んだことだって、正直ちゃんとした理由があるわけでもない。
よく、ここまで生きてこられたな。
でも、社会人となった今、この生き方じゃだめなんだろうなということも感じる。

インターンをしていたときに、インターン先の会社の仕事内容を
自分の言葉できちんと伝えられなくて、怒られたよな。ということを
思い出した。
そう。
学校の勉強には答えがあるけれど、
私は物事を深く考えたり、自分の言葉でうまく伝えることが苦手なのだな。
と思う。
それができる人は、本当の意味で頭がいいと思うし、
それが社会人に求められていることなんだろうなと思う。

特に挫折や悩みもなく、高校・大学を出てしまったために
本当に深みのない、かといって明るいわけでもない
中途半端な人間ができあがってしまったな、と思った。
そんな中途半端な自分が今はとてもしんどい。
人生で最も悩み、苦しい時期だな。

でも、前に進むしかない!

むむ

インドを旅するよりも、
インドで働く方がよっぽど価値観が変わるし、
自分とはどういう人間なのか?
について感じたり、考えたりする機会が増える。

私は昔インドが大好きだった。
でも今はインドでの仕事が上手くいかなくて
インドを楽しむ元気がなくなっている。
ずっと部屋で寝ていたいなと思ったりする。

じゃあ1日中ぐうたらすると、
何かやりたいことが湧いてくるのか?
いてもたってもいられなくなるのか?
と思う人もいるだろうけど、
私の場合はどんどん行動できなくなって
萎縮して、死にそうになってくる。
鬱病患者のできあがり!

だから、何かに誘ってくれる人はとてもありがたい。
そういう人に感謝しながら暮らしていこう。
そして、できる限り自分を奮い立たせて
外に遊びに行くようにしよう。

また

また、とんでもないことをやらかしてしまった。
何で私はこんなに貞操観念がないのだろう。
求められたら断れない。
ノーと言えない典型的な人間やな。

ノーと言う勇気がない。
なぜなら、人を拒否することで相手を傷つけることが怖いし、傷つけた自分のことも嫌になりそうだから。
結局は自分の保身のため。

それでも、断るべきだったんだろうな。
相手はお酒に酔っていて、記憶もほとんどないみたいだった。
相手は20歳以上も年上。
そんな年の方でも性欲があるということを
私は知らなかった。
勃起なんかしないものだとおもっていたし
そもそもそういう対象として見ていなかった。

はあ。
何かもう1日中、頭がぼーっとしている。

よく分からない人だった。
首を絞められたし、うめき声が多かった。
きっと隣の部屋まで届いていたと思う。
そしてずーっと舐めていた。

まあ魔が差したと言うやつですな。
私はよく魔が差したときのはけ口になってしまっている気がする。
きっと手頃で都合のいい女と思われているやろうな。
これで、たくさんの人間関係が壊れてきたじゃないか。
なぜ、私は断れなかったんだろう。
弱い自分が嫌になるな。

Aさん

今日は昔所属していた合唱サークルの方の追悼ミサに行ってきました。
その方はいつもにこやかで、穏やかで、優しくしていただいた覚えがある。
最後に会ったのはもう6年くらい前だけど、まだ信じられない。
たぶん最後の姿を見ていないのもあって、今もどこかで生きているような
そんな感じがします。

昔所属していた合唱サークルは、インドという土地柄、
入れ替わりが激しくて、知った顔はもう1名だけになっていた。
でも、その1名がこの合唱サークルの核メンバーになっているものだから、
集まってくる人の系統も昔と変わらないような気がして、
そんなに居心地が悪いものではなかった。
突然おじゃましたのに、受け入れてくれてとてもありがたいと思った。

そこで聞いた、あるお方のお話。
まあ私が今住んでいるホテルの副社長なのだけど。
同じホテルに住んでいる駐在員からも、詳しい理由は聞かされなかったものの
あの人にはあまり近づかないほうがよいと忠告されていた。
昨日は色んな話を聞いてびっくりしてしまったので、忘れないように書いておこうと思う。

その方は、このホテルで女王様になりたいと思っており、目障りな人たちは排除したい。
ホテルに入っている旅行会社、レストラン、マッサージ屋などに
べらぼうに高額な家賃を提示したり、悪い噂を流すなどして追い出そうとしている。
ただし勝てないと分かっている団体にはあまりたてつかない。
また、理論が通用しないためある意味最強とのこと。
その方が雑貨やスイーツを作っている方にホテルのスペースを貸し出しますという話になったとき、
出展側が家賃も支払うわけだから、そのスペースのあり方とか打ち出し方を決めていいはずなのに、
家賃は払え、ただしお店のコンセプトはこちらで決めさせてもらいます。
だってここは私のホテルだから〜!という感じで、何やら通じない様子。
そして、はじめは低姿勢で接してくるが、あるときからマウントを取り始めて
上から来るのだそう。私にお願いしないと物事進まないよね?みたいな感じで。
また常連のお客さんとの契約を打ち切り、新規顧客をとるために営業活動をしているらしい。
なんだかよく分からんけれど、おだてたらうなぎのぼりしそう。
まあ近づかない方が懸命ということね。

前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年05月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ
カテゴリー